コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Hathor Network(HTR)とは?スケーラブルな代替暗号通貨 >

Hathor Network(HTR)とは?スケーラブルな代替暗号通貨

2021-12-06 08:57:31

概要
  • Hathor Network(HTR)は、軽量な金融取引・契約のために設計されたプルーフ・オブ・ワークのブロックチェーンネットワークです。
  • Hathorは、取引手数料を排除し、アトミックスワップやいわゆるナノコントラクトを内蔵することで複雑さを軽減することも目的としています。
  • Hathorの提案は堅実であり、ビットコインよりも優れたスケーラビリティとイーサリアムよりも優れたアクセシビリティを提供することだけを約束しています。

HTR Hathor Network

2020年に発表されたHathor(HTR)は、軽量な金融取引と契約のために設計されたプルーフ・オブ・ワークのブロックチェーンネットワークです。HTRは1トークンあたり1.41ドルで取引されており、流通供給量は1億8,000万、時価総額は2億5,480万ドルとなっています。

Hathor(HTR)とは?

暗号通貨は、サトシ・ナカモトが2009年初めに初めてビットコイン(BTC)を発表して以来、長い道のりを歩んできました。暗号通貨の先駆者たちは、ナカモト氏のビジョンを超えてトークンを拡大しようとしましたが、ビットコインの基本設計の多くは、スケーラビリティとアプリケーションの両方に制限があることが浮き彫りになってきました。

暗号通貨の開発は大きく3つの方向に分かれました。Bitcoin Cash(BCH)のように、Bitcoinをハードフォークすることで大きな問題を解決しようとするものがありました。ビットコインの熱心なコミュニティは、ライトニングネットワークのように、トークンの限界を超えてスケーラビリティを向上させようとしました。一方、Vitalik Buterinのような開発者は、Ethereum(ETH)のスマートコントラクトやERC-20トークン規格など、新しい技術の導入に動きました。

ブロックチェーン技術が高度化するにつれ、トークンも複雑化していきました。多くのトークンがスケーラビリティを向上させていますが、ほとんどのソリューションはビットコインの当初のビジョンを犠牲にしています。イーサリアムの技術の複雑さは、プロジェクトの歴史の中で数多くのセキュリティ違反を引き起こし、その中には論争の的となったハードフォークにつながったものも含まれています。

$ 100ウェルカムボーナス

ビットコイン自体も、マイニング(採掘)が高度な技術を持つマイナー以外には手の届かないものとなり、中央集権化が進んでいます。2014年7月には、マイニングプール「gHash.IO」がネットワークのハッシュパワーの半分を超えたことで、51%攻撃の懸念が生じました。ビットコインのハードフォークの中には、もっと悪い結果になったものもあります。2018年5月には、Bitcoin Gold(BTG)が51%攻撃を受け、強制的な二重支出によって約1,800万ドルが盗まれる事件が発生しました。

Hathorは、同社が「ビットコインのブロックチェーンの自然な進化」と呼ぶ、中央のコーディネーターやマスターノードなしで毎秒200以上のトランザクションを実現する分散型台帳を提供しています。また、有向非環状グラフ(DAG)とブロックチェーン技術を組み合わせた分散型台帳アーキテクチャにより、スケーラビリティが保証されています。

ナノコントラクトとは?

Hathorでは、取引手数料をなくし、アトミックスワップやナノコントラクトと呼ばれる契約を内蔵することで、複雑さを軽減することも目指しています。Hathorのナノコントラクトは開発途中ですが、スマートコントラクト機能をより安全かつ軽量にしたものを目指しています。

Hathorコインの機能は?

Hathorでは、ERC-20ガス料金などを気にすることなく、独自のトークンを作成することができます。このトークンは、HTRと同じプロパティを継承しており、ERC-20トークンと同じ機能を持つことができます。

ERC-20規格とは異なり、Hathorのカスタムトークンはミンティングバーンにも対応しています。ネットワーク上で作成されたカスタムトークンは、すべてのミンティング作業に対し1%のHTRデポジットを必要としますが、これは対応するカスタムトークンがバーンときに返金されます。

設定できるレバレッジは最大100倍

Hathorの主な利用者

Hathorは、使いやすいデザイン、高いスケーラビリティ、ガスを使用しない一方、複雑な機能を犠牲にしていることから、専門家ではない方にとっては理想的な候補となります。プロジェクトは現状初期段階にありますが、Hathorは開発者の注目を集め、既に複数のパートナーシップを結ぶに至っています。

Hathorを最初に採用したのは、モントリオールに拠点を置く開発チーム「HTRFDT」で、ネットワークの上にレイヤー2のインフラを構築することを目指しています。このチームは、分散型金融(DeFi)アプリケーションを悩ませているガス価格の上昇を解決するために、現在「HathorSwap」というプロジェクトに取り組んでいます。チームによれば、これは初のノーガス分散型取引所(DEX)になるとのことです。

2021年2月、Hathorはプライベートデータ交換のソリューションを提供するために設計された完全分散型トークンであるHOPRとの提携を発表しました。HOPRのCEOであるSebastian Bürgel氏は、Ethereumの遅い取引速度と高いガス料金がネットワークの可能性を制限していると指摘しました。Hathorは、そのスケーラブルなアーキテクチャと手数料の無さで、これらの問題を軽減しようとしているため、HOPRのニーズに適していると判断されたと考えられます。

4月上旬、Hathorは、30以上のブロックチェーンにノードを展開・管理できるプラットフォームを提供するAnkrとパートナーシップを締結しました。Ankrプラットフォームは、エコシステム開発に不可欠なツールを提供し、Hathorネットワーク上に構築しようとする分散型アプリケーション(DApp)開発者を支援します。

Hathorの創設者

Hathorは、Marcelo Brogliatoがブラジルの大学兼シンクタンクであるFGVの博士論文で提案した斬新なアーキテクチャ・ソリューションに端を発しています。この論文では、ブロックチェーンがセキュリティの保証、および少量の取引を処理を行い、DAGをシステムの拡張に使用するという手法が提案されました。

Brogliato氏は以前、さまざまな企業向けのネットワークソリューションを提供するインターネットサービス企業「Vialink Informatica」を経営していました。Brogliato氏は2018年に同社を退社し、CEOのYan Martins、CFOのLayla Mendes、そして数名の元Vialinkのエンジニアと共同でHathor Labsを設立しました。現在は同プロジェクトのCTOを務めています。

Hathorプロジェクトは、アカデミアとの結びつきが強いのが特徴です。プロジェクトのリーダーたちのほとんどは、FGVやブラジル軍が運営する工学研究所IMEを卒業または勤務しています。プロジェクトチームには、スタンフォード大学を卒業し、GoogleやMicrosoftでの勤務経験を持つEric Nicholsをはじめ、ブラジルの暗号通貨業界からもアドバイザーが参加しています。

このプロジェクトは現在、Hathor社の創業者がケイマン諸島で設立したHathor Labs社によって運営されています。同社の目的は、プロジェクトの初期段階での管理、開発を支援するための資金調達、計画中のHathor Foundationのために確保された採掘済みのHTRを保護することにあります。

手数料0

このチームは、スイスでハトホル財団を設立する予定です。Hathor Foundationは、Ethereum Foundationなどと同様に、プロジェクトの開発を担当する非営利団体です。この財団は、Hathor Labs、戦略的投資家、および “コミュニティリーダー “によって管理されています。

HTRコインの価格推移

Hathorの価格は、年初から安定したペースで上昇しています。トークンは1月22日の0.25ドルから4月21日の1.41ドルまで上昇し、3ヶ月間で約403%の上昇となりました。トークンの価格は過去1ヶ月間で徐々に調整されており、3月の史上最高値から約19%減少しています。

HTR price

出典:CoinMarketCap

Hathorは現在、時価総額で221位です。HTRは供給量の上限はありませんが、マイナーに発行されるブロック報酬は年に1回半減するように設定されています。HTRのブロック報酬は現在64で、2023年には8まで減少すると予想されています。Hathor Labsは、2020年1月3日のジェネシスブロックの作成時に、10億HTRを事前にマイニングしました。彼らのトケノミクス・ペーパーによると、プレマイニングされたトークンのほとんどが開発に割り当てられるといいます。

hathor token

出典: Hathor Labs トークン・エコノミクス・ペーパー

HTRはステークできる?

Hathorはプルーフ・オブ・ワーク・トークンなので、トランザクションを安全にするためにバリデータを利用しません。そのため、ステークはできません。HTRはビットコインと同じ方法でマイニングされ、マージ・マイニングメカニズムをサポートしています。これにより、マイナーは追加のマシンパワーを必要とせずに、同時に複数のチェーンでマイニングすることができます。現在、HTRはビットコインとライトコイン(LTC)のマージ・マイニングに対応しています。

Hathorの将来性は?

ネットワークの多くはまだ開発中であり、ほとんどのアプリケーションは未開拓です。HathorSwapが成功すれば、DEXはDeFi界隈におけるトークンの可能性を示すモデルケースとなります。Hathorの初期のパートナーのパフォーマンス次第で、今後の開発の方向性が大きく左右されることが予想されます。

年初、Hathor Labsは2021年のロードマップを発表し、ナノコントラクト技術の実装完了、DeFiとノンファンジブルトークン(NFT)のアプリケーションの探求、採用の拡大に焦点を当てていることを公表しました。また、Hathorチームは、DAppのユースケースに資金を提供することを目的とした「Hathor Network Grant Program」で資金提供されたプロジェクトについて、最初の発表を行うことに意欲を示しています。

hathor roadmap

出典: Hathorロードマップ2021

UniSwap(UNI)やDeFi、Zilliqa(ZIL)やシャードベースのスケーラビリティのように、特定のアプリケーションに重きを置く多くの新しいプロジェクトとは異なり、Hathorはより一般的なアプローチを選択しています。Hathorの提案はより堅実で、ビットコインよりも優れたスケーラビリティとイーサリアムよりも優れたアクセシビリティを提供することだけを約束しています。

Hathorが公約している200トランザクション/秒(TPS)は、数万TPSの可能性を主張する他のプロジェクトと比較して低いと思われるかもしれません。しかし、Hathorのチームは、最近の技術論文の中で行われているそのような主張に対して懐疑的な見方を示しています。

結論

他の多くの新トークンが最先端のイノベーションを大々的に約束して差別化を図ろうとしている一方で、Hathorはスケーラビリティに向けてより堅実で王道的な道を提案しています。

2021年の主な課題は、ナノコントラクトの実装を最終的に決定し、ネットワーク上で意味のあるユースケースの開発を加速させることです。Hathorがガスレスであることを考えると、ネットワークがより野心的な主張を持つ競合他社との引き合いに出される限り、DeFiとNFTに先を越される可能性は否定できません。

開発の初期段階であるためか、HathorはまだICOを実施していません。トークンの開発において、チームの友人や家族からの個人的な投資と、ジェネシスブロックの初期プレマインが主な資金源となっています。Hathor Labsは、機関投資家からの投資を求めていることを明らかにしていますが、実現の見通しは立っていません。

また、Hathorの価格上昇は近い将来収束すると見られていますが、主要な取引所に上場することになれば、トークンは再び上昇するかもしれません。現時点では、一般の人がトークンを入手するのはかなり困難です。イーサリアムの機能をより使いやすく軽量化したトークンという位置づけを考えると、これは普及のための大きな障壁になるかもしれません。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します