コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > サトシ・ナカモトとは? >

サトシ・ナカモトとは?

2021-04-23 08:43:19

2008年10月31日、金曜日のことです。UTC(世界標準時)18時10分頃、サイファーパンクのメーリングリスト「metzdowd.com」の購読者に、奇妙なメールが届きました。メッセージはこう始まります、”私は、完全にピアツーピアで、信頼できる第三者が存在しない新しい電子マネーシステムを研究しています。論文はこちらで読むことができます。

奇妙なことに、このメールはすぐに称賛と評価を受けました。Eric Hughesがサイファーパンクマニフェストを発表して以来、15年以上の極度に苦しい戦いが続いていました。ついに、世界中の暗号通貨技術者がキーボードを置き、シャンパンを飲み、偉大な勝利を記念する-つまりビッグブラザーの頭にトドメを刺した日- が来たのです。

しかし、残念なことにそんなことは全く起こりませんでした。

最初は何もありませんでした。2日間の沈黙の後、ハッシュキャッシュ方式のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)による電子キャッシュシステムのコンセプトに対する懸念が増大した。その沈黙を破った返信は次のようなものだった。

「私たちはそのようなシステムを非常に必要としている。しかし、私があなたの提案を理解した限りでは、求められている規模まで拡張することはないようです。」

他の有識者も同様に、アイディアに驚き感嘆したが、誰も実現できるとは信じていなかったのです。少なくとも、サトシ・ナカモトの思い描く通りには行かなかったのです。

そして2009年1月3日、GMT標準時の18時15分05秒きっかりに, 最初の “ジェネシス” ブロックが採掘され、ビットコインが生まれました。12年と669,000ブロックを経て、ビットコインの時価総額はおよそ8000億ドルに達しています。現在、地球上でビットコインの名前を知らない人はいないでしょう。あとは、歴史の通りです。

satoshi-nakamoto

サトシナカモトは誰なのか?

ここに、ビットコインの重要な矛盾があります。ビットコインのブロックチェーンは、その取引やデータの全てに透明性があります。ソフトウェアのプロトコルはオープンソースです。非中央集権制で種駅ベースな開発ではありますが、この物語の主人公、サトシナカモトが誰なのかは、誰も知らないのです。

サトシについて知っているのは、彼のアーカイブされた電子メールやbitcointalk.orgのフォーラムへの投稿から得られた情報だけ。しかし、この情報はビットコインの話ばかりで、サトシの本当の姿を示すものではありません。私たちは彼の本名さえ知りません。私たちは、サトシ・ナカモトは偽名であると考えています。結局のところ、自分の実在性を守るためにこれほどの努力をしておきながら、ホワイトペーパーや公的なコミュニケーションには実名を使うというのは、実に奇妙なことです。

確かなことは、彼が優秀で風変わりなコーダーだったということ。2010年にサトシナカモトの許可を得てビットコインの主要開発者を引き継いだギャビン・アンドレセンは、このことを保証しています。そして、それは彼だけではありませんでした。ビットコインの黎明期にサトシナカモトと一緒に仕事をする機会に恵まれた誰もが、サトシは特別だという印象を持っていたのです。

10年以上経った今でも、ビットコインの発明者は完全に匿名のままです。サトシナカモトと直接仕事をしたり連絡を取ったりした人も、メールでのやりとりだけで、彼の声を聞いたり直接会ったりしたことはありません。

2010年12月、サトシナカモトがギャビンにバトンタッチして完全に姿を消したことで、彼の正体を明らかにしようとする動きが活発化しました。それ以来、業界内外からさまざまな説が出てくるようになりました。中には、自分が本物のサトシナカモトだと主張する人もいます。

しかし、決定的な証拠があるかといえば、少なくとも、今のところはありません。すべての説は、疑惑と陰謀に過ぎないのです。同様に、ビットコインを発明したと主張する人たちも、真の創造者にとってそうすることがいかに簡単であるかにもかかわらず、決定的な証拠を得ることができていません。

では、サトシ・ナカモトとは何者なのか、という疑問が残ります。誰かがそれを突き止めようとしたことはあるのでしょうか?

 

いつもの容疑者たち

クレイグ・スティーブン・ナイト (Craig Steven Wright)

サトシ候補のリストはやや広範囲にわたっているが、クレイグ・スティーブン・ライトから始めるのがいいでしょう。物議を醸したこの人物は、この6年間一貫して本物のサトシだと主張してきました。ある時は、Gavin Andresenを騙したこともあります。

彼が初めて話題になったのは、2015年に自分がビットコインの偽名の生みの親であると宣言したときでした。それ以来、彼は現在、Bitcoin Satoshi Vision(BSV)族を信奉するプロシュートを中心に、大切な支持者を集めています。知らない方のために説明すると、BSVはビットコインのフォークであるビットコインキャッシュのフォークです。クレイグの主張は、彼の非常にニッチで緊密なBSVの信者を除き、より広範な暗号コミュニティで広く拒絶され、しばしば嘲笑されています。

CSWの支持者たちは、「CSWは、学歴、職歴、プロジェクトへの近さなど、サトシ・ナカモトになるためのあらゆる資格を持っている」と主張していますが、クレイグは、その主張を裏付ける決定的な証拠を提供することを公に約束したにもかかわらず、これまでのところ何も提供していません。

2016年5月、CSWは、サトシのものだと広く信じられているアドレスのいくつかからビットコインを移動または使用することを約束しました。また、後に削除されたブログ記事では、自分がビットコインを作ったという決定的な証拠を提供すると約束。しかし、いざとなると、CSWは謝罪する代わりに、セキュリティ上の問題を理由に約束を取り消しました。

クレイグの主張はまだ決定的には反証されていませんが、証明されているのは、彼がブログ記事PGPキー契約書、電子メールを偽造したことです。さらに、サトシの公開鍵の署名を失敗したこと、ビットコインやビットコイン以外の関連文書を捏造したこと、ビットコインのホワイトペーパーの要旨を盗用して遡及したこと、そして現在、オーストラリア税務局(ATO)による犯罪捜査を受けていることなどが証明されています。

さらに、クレイグの技術的な専門性もたびたび疑問視されてきました。すなわち、彼がコードを書けるという直接的な証拠はなく、数学のスキル基本的な暗号技術の理解度には疑問が残り、nChainのチームメイトは彼の技術力のなさに困惑していたとされ、ビットコインの採掘に関する論文を丸ごと盗用していたなどです。

ハル・フィニー(Hal Finney

多くの人は、ハル・フィニー(悪名高いサイファーパンクの暗号解読者で、初期のビットコイン開発者)がサトシ・ナカモトの容疑者である可能性が高いと考えています。

暗号の世界では、Hal Finneyは神のような存在です。彼は、90年代初頭のサイファーパンク運動の中心人物の一人です。フィニーは、フィル・ジマーマンとともに、Pretty Good Privacy(PGP)の開発に尽力しました。PGPは、電子テキスト通信の署名、暗号化、復号化に使用される、最初の主流のオープンソースプログラムの1つです。

2004年、Hal Finneyは既存のPOW(プルーフ・オブ・ワーク)のコンセプトを基に、ハッシュキャッシュをベースにした初のPOWプロトコル「Reusable Proofs of Work(RPOW)」を開発した。フィニーはRPOWプロトコルをトークンマネーとして利用することを構想していましたが、このシステムは経済的に意味のある使い方をされることはありませんでした。しかし、ビットコインが登場し、フィニーが考案したものとよく似たハッシュキャッシュベースのPOWシステムが登場したのです。

これらの事実は、いかにもサトシ・ナカモトらしい雰囲気を醸し出していますが、次の展開には及びません。

ハル・フィニーは、(同一人物ではないと仮定した上で、サトシから直接)ビットコインを受け取った最初の人物であり、ビットコインを採掘した2番目の人物です。さらに彼は、サトシ・ナカモトが暗号メーリングリストでビットコインのアイデアを流したときの最初の支持者の一人であり、ビットコインの初期の頃にサトシと直接仕事をし、コミュニケーションをとった数少ない人物の一人でもあります。

https://twitter.com/halfin/status/1110302988

偶然にも、フィニーはドリアン・プレンティス・サトシ・ナカモトという日系のシステムエンジニアの家の、数ブロック先に住んでいました。

繋がりは延々と続きます。ハルはリバタリアンで、アイン・ランドの大ファンでした。また、世界初のデジタル通貨「デジキャッシュ」を開発したデビッド・チャウムの作品に親しみ、影響を受けたという記録も残っています。彼は内向的で、数学とコーディングの天才であり、公共の義務感にあふれた利他主義者でした。言語分析会社のJuola & Associatesによると、フィニーは文章のサンプルから最も優れたサトシ候補だったといいます。

誤解を恐れずに言えば、ハル・フィニーは誰もが想像するサトシ・ナカモトのすべてなのです。しかし、この説の唯一の問題点は、フィニーがサトシであることを常に強固に否定していることにあります。2014年、元フォーブスのセキュリティスタッフライターであるアンディ・グリーンバーグは、フィニー家と会って話をし、この説を否定する実質的な証拠を提示されたと主張しています。例えば、ハルの息子であるジェイソン・フィニーは、アンディに父親のGmailアカウントと、2009年1月にさかのぼってハルとサトシ・ナカモトの間で交わされた約15通のメールを見せました。次にジェイソンは、アンディにハルのビットコインウォレットの取引記録を閲覧させました。そこには、2009年1月11日にサトシの10ビットコインのテスト取引をフィニーが受け取ったことが明記されていました。

このような証拠を偽造することは困難であり、ハル・フィニーが偽造者や嘘つきだと思われていなかったことを考えると、この証拠は妥当であると思われます。ビットコインがまだ世に出ておらず、誰もその成功を信じていなかった時代に、フィニーが2つの異なるGmailアカウントを設定して自分との会話を偽装し、人々を追跡から外すことができたという考えは、ありそうになく、いささか馬鹿げているでしょう。

ニック・サボ(Nick Szabo

ニック・サボは、サトシ・ナカモト候補のトップ3に入ることは間違いなく、それには理由があります。サボは多才な人物であり、暗号の世界では正真正銘の伝説です。数学者、コンピュータエンジニア、法学者であり、デジタル通貨の分野ではビットコインが構想される前の90年代まで遡ることができます。

 

1996年、サボは何年も後にイーサリアムの中心的な機能となる、スマートコントラクトの概念を提唱しました。2005年には、有名なブログ「Unenumerated」で、ビットコインに似たデジタル通貨「Bit Gold」の概念を発表しました。その中で、サトシは自分のデジタル通貨を「信頼できる第三者に最小限の依存をしながら、偽造できないコストのかかるビットをオンラインで作成できるプロトコル」と表現していました。その4年後、サトシはビットコインのホワイトペーパーを発表しましたが、そこにはサボの研究を引用したものはなく、明らかにサボからインスピレーションを得たものだったのです。

サボは、ビットコインの作成を明確に否定していますが、多くの著者や研究者は、サトシの最有力候補として彼を挙げています。サボは、ハル・フィニーと同様、初期のサイファーパンクであり、デジタル通貨の創造に強い関心を持っていた数少ない人物の一人でもあります。Bit Goldでの仕事はもちろん、かつてChaumのDigiCash社で働いていたという事実が、疑惑をさらに裏付けています。

2011年、サボはビットコインとその匿名の生みの親について、次のように述べています。

このアイデア(ダイ氏の場合は彼の関連するアイデア)を気に入り、聡・ナカモト氏が登場するまで大々的に追求したのは、私、ウェイ・ダイ氏、ハル・フィニー氏の3人だけでした。

能力に関しては、ニック・サボは、疑いなく合格です。彼にはビットコインを作るための理論的裏付け、哲学的傾向、そしてC++の高度な技術力がありました。さらに、アストン大学の法言語学の専門家グループは、サボとサトシの文章を分析・比較し、両者が同一人物である可能性が高いと結論づけています。

サボがビットコインに関与していることで注目されるのは、ハル・フィニーやウェイ・ダイとは異なり、サボとサトシの間に電子メールのやりとりがないことです。さらに疑わしいのは、ビットコインが稼働してからしばらくして、サボが2005年のビットゴールド論文の日付を2008年12月27日に修正したことです。サボがこのようなことをしたという証拠は残っていますが、その理由を説明する記録はありませんでした。

ニック・サボは、今日に至るまで、ビットコインの創設への関与を否定しています。しかし、彼は今でも暗号通貨業界で最も影響力があり、尊敬されている人物の一人です。

 

その他の候補者

ニック・サボ、ハル・フィニー、クレイグ・S・ライトのほかにも、あまり知られていない名前が容疑者候補として出回っています。

その中でも最も注目を集めているのは、先に述べた日系アメリカ人のシステムエンジニア、ドリアン・プレンティス・サトシ・ナカモトと、イギリス人の暗号学者、サイファーパンク、そしてHashcashのインバーターであるアダム・バックです。

ドリアン・ナカモトは、2014年にNewsweek誌のレポーターであるリア・マクグラス・グッドマン氏が、この人物を悪名高いビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトと同定したことで、大きな話題となりました。記事では、ドリアンに関するいくつかの状況証拠を挙げています。それによると、彼はシステムおよびコンピュータエンジニアであり、テクノロジーおよび金融情報サービス企業の機密防衛プロジェクトに従事していたことや、リバタリアンであることが指摘されています。しかし、Newsweek誌の最も重要な証拠は、誤りであること判明しました。

対面取材の際、記者がドリアン氏にビットコインについて質問したところ、彼はこう答えたという。私はもうそれには関わっていませんし、それについて話すこともできません。それは他の人たちに引き継がれています。彼らが管理しています。私はもう何の関係もありません。 当初、これは真っ当な告白のように見えました。 しかも、サトシが同僚に送った最後のメールの一つが、“私は他のことに移りました。Gavinとみんなに任せておけば大丈夫です。”だったのです。

しかし、後になって、ドリアン・ナカモト氏はグッドマン氏の質問を誤解し、以前の軍事請負業者との仕事に関連していると考えていたことが判明した。その後の本編インタビューでは、ビットコインとの関係を否定し、「今まで聞いたことがない」と述べている。

アダム・バックに関しては、彼が公にサトシの候補とされたのは、2016年のフィナンシャル・タイムズの記事で、その記事はほとんど注目されませんでした。しかし、2020年になって、「BarelySociable」という人気の高い陰謀研究のYouTubeチャンネルが、バック氏がビットコインの生みの親である可能性を示す状況証拠を提示しました。しかし、Backはビデオの中の疑惑をすべて断固として否定しました。

 

結論

サトシが誰であろうと、彼の仕事と世界への貢献は否定できません。私たちは、サトシの作品によって、デジタルと通貨の革命の可能性を目の当たりにしているのです。誰もがこの謎を解き明かしたいと思っていますが、私たちが時間を使うべきなのは、前を向いて未来に備えることでしょう。また、サトシ・ナカモトには永遠に匿名でいたい理由がたくさんあります。ビットコインの黎明期にサトシが採掘したビットコインは約100万枚と言われており、これはビットコイン全体の供給量の約4%にあたります。現在、1ビットコインの価値が約45,000ドルであることを考えると、ナカモト氏の財産は450億ドルになります。つまり、世界からのターゲットになるかもしれないということ。

 

一人でいることは、匿名でいつづけるには十分なのです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE