コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > マーケット・コレクション(Market Correction)とは?2021年の暗号市場の修正についての解説 >

マーケット・コレクション(Market Correction)とは?2021年の暗号市場の修正についての解説

2021-10-27 05:53:40

市場の修正とは、市場のクラッシュ(Market Crash)よりも程度の低い、市場のパフォーマンスの短期的な下落のことです。暗号市場ボラティリティーを考えると、訂正はよくあることです。

2021年の最初の9ヶ月間だけでも、暗号通貨市場は、1つの深刻な市場クラッシュに加えて、4つの修正を経験しており、さらに1つの修正または、おそらく別のクラッシュの初期段階である可能性がある進行中の市場イベントがあります。

投資家にとっては、暗号市場の修正とは何かを知り、修正が起こる理由を説明し、2021年のすべての修正の詳細を提供することが重要です。

crypto correction

市場の修正とは何なのか?

市場の修正とは、市場のパフォーマンスにおける直近のローカルピークから10%から20%の比較的短期間の下落を指します。相場の修正後には、チャートが上昇します。相場の修正は数日、数週間、あるいは数ヶ月続くこともあります。修正は、暴落(クラッシュ)に比べて市場の下落の度合いは小さいです。また、市場のディップリバーサルとは区別する必要があります。

$ 100ウェルカムボーナス

暗号市場の修正とその他のマーケットイベントの違いは?

暗号市場の修正と暗号市場の暴落

修正は、それほど深刻ではない一時的なイベントですが、市場の暴落は、1日または数日、数週間、あるいは数ヶ月にわたって起こる市場の急激な(20%以上の)下落のことです。

暴落の後、市場が何ヶ月も、あるいは数年に渡って下落を続ける場合、それは弱気相場に分類されます。例えば、2018年初頭の暗号化市場の暴落は、2019年1月まで続く1年間の弱気市場につながりました。

Overall Cryptocurrency Market Cap (1)2017年から2021年までの暗号通貨全体の市場規模(出典:TradingView.com)

2018年の弱気相場とは異なり、2021年5月~7月の市場下落は、比較的短期間ではあったものの、非常に激しい暴落でした。5月中旬に始まり、6月下旬には再び上昇基調に転じました。

1日だけの激しい暴落の例としては、BTCが取引日中に価値の37%を失った2020年3月12日のBlack Thursdayイベントがあります。

暗号市場の修正とディップ(DIP)の比較

市場のディップとは、補正よりも深刻ではない超短期のわずかな下落のことで、つまり10%未満の下落となり、1日またはせいぜい数日で起こるものです。ただし、毎日の小さな下落が継続している場合、これらの下落が累積して期間中の市場の下落率が10%を超えると、修正になる可能性があります。

暗号化市場の修正と反転

反転は、市場が長期的なトレンドの方向を変えるときに起こります。一時的な短期的下落である修正とは異なり、市場の反転は、長期的、通常は数年単位で市場の新しい方向性を設定します。

2009年に始まった暗号通貨市場は、複数年の長期トレンドで測ると力強い成長を続けており、そこに反転が起こったことはありません。

暗号市場の修正の原因は何なのか?

市場の修正は一時的で短期間であり、クラッシュに比べてそれほど深刻ではないため、明らかな原因を特定するのは難しいことが多いです。いくつかの要因があり、中には比較的軽微なものもありますが、市場の修正につながる可能性があります。

その理由は下記ように様々です。

  • バイヤーが供給問題に遭遇するからです。これは、従来の株式市場よりも暗号通貨市場で頻繁に起こる可能性があります。
  • ブロックチェーンプラットフォームへのハッカーの攻撃や、今後の政府の規制などの市場のニュースによって引き起こされる、より強い売りのセンチメントとなります。
  • 市場が “過熱している “というアナリストの意見によって、より強い売りセンチメントが引き起こされること。このような意見は完全な暴落につながることもありますが、どちらかというと修正などのマイナーなイベントの原因になることが多いです。
  • 過度に熱狂的短期的な投資家によって引き起こされた持続不可能な成長軌道から市場が揺らいでいること。
  • 最後に、そして最も重要なのは、暗号通貨の世界とそれ以外の世界の両方で、無数の他の要因です。補正は説明が難しいことで知られており、重要ではない多くのイベントが補正を引き起こす可能性があるため、予測はさらに難しいことを強調しておきます。
設定できるレバレッジは最大100倍

今後の市場修正を予測することはできるか?

この質問に対する答えは、はっきり言って「NO」です。市場の修正を予測することは非常に難しく、寝不足になるほどのものでもありません。

相場の修正は、一時的で比較的小さな下落を引き起こします。その後、チャートは上昇トレンドに転じ、通常は数日から数週間、長くても数ヶ月以内に市場は修正前のレベルまで回復します。2018年のように反発がすぐに起こらない場合は、修正ではなく、より長期的な市場の下落を迎えることになります。

市場を長期的に見ている慎重な投資家にとって、補正は無視するのが一番です。また、補正の結果として、あるいは補正を見越して、投資戦略を変えるべきではありません。

手数料0

2021年の暗号通貨市場の修正

今年に入ってから、暗号通貨市場では4つの訂正があっただけでなく、1つの市場暴落があり、さらに1つの訂正または別の暴落の初期段階である進行中の市場展開がありました。

市場全体では、BTCと、それよりも程度の低いETHが優勢であるため、これらの上位2つの暗号通貨への影響から修正が生じました。他の暗号資産も、BTCとETHが大幅に下落すると、ほとんどの場合、追随します。また、上位2ペアは0.9前後の非常に強い相関関係を共有しており、価格チャートが似たような動きをすることを意味しています。

2021年1月の修正

今年の最初の修正は1月11日に始まりました。この日、BTCは7%下落しましたが、ETHは14%急落しました。その後10日間は、比較的緩やかな下落傾向が続きました。しかし、修正の最終日となった1月21日には、BTCは前日比13%減、ETHは19%減とありました。

1月22日からは、市場は再び成長に転じました。修正は合計で11日間続きました。暗号通貨市場の総資本は、1兆800億ドルから約8億7000万ドルへと、19%も減少しました。市場はこの損失を回復するのにわずか2週間ほどしかかからず、2月初旬には暗号通貨市場は1.1兆ドルの価値を持つようになりました。

 2021年2月の修正

2月22日に始まった2回目の修正を市場にぶつけるのに時間はかかりませんでした。修正の最初の2日間で、BTCとETHは修正前の値のそれぞれ15%と19%を失いました。

2月の修正は1週間しか続かなかったが、結果的には1月の修正と同じ19%の市場下落となったです。全体の時価総額は、1.7兆ドルから約1.38兆ドルまで下がりました。

BTCとETHは、3月の初日に1日あたり10%の上昇で修正の終了を祝いました。11日後の3月11日には、市場は修正前の総価値に戻しました。

2021年3月の修正

2月の修正が終了してから2週間後、3月14日に始まった別の修正によって、暗号通貨市場の成長トレンドは停止しました。この修正は、今年の最初の2つの修正に比べて、ダメージがやや少ないことがわかりました。

3月の修正の12日間で市場はその価値の14%を失い、時価総額は1.8兆ドル強から1.57兆ドル程度にまで減少しました。3月25日に修正が終わってから4月1日までの約1週間で、市場は修正前の水準まで跳ね上がりました。

2021年4月の修正とそれに続く5月~7月の市場暴落

暗号通貨市場の修正傾向は、4月にも続きました。月の16日から25日の間に、10日間の修正で、市場は2.2兆ドルから1.8兆ドルまで下がり、全体で18%の下落となりました。

この修正は4月26日に終了し、その日のうちにBTCは10%、ETHは9%上昇しました。5月初旬には、時価総額は修正前の水準である2.2兆ドルに戻りました。

この修正が終わってから1ヶ月も経たないうちに、暗号通貨市場は大暴落の母に見舞われ、5月12日から7月20日までの間に市場の総価値が半減し、2.4兆ドルから1.2兆ドルになってしまいました。これは、失われた価値の合計で測ると、史上最悪の暗号市場の暴落となりました。

1年間の弱気市場をもたらした2018年の暴落とは異なり、2021年の暴落は、残忍さでは劣らないとしても、比較的短期間でありました。7月下旬には、市場に強いプラスのトレンドが戻ってきました。

2021年9月-修正か暴落か?

5~7月の暴落の後、市場の大部分のプラスのトレンドは7月21日から9月6日までの48日間続きました。9月7日からは、暗号化市場は再び負のトレンドに転じました。それ以降、市場は20日間にわたって大きく下落しています。

この期間中、市場は約2.3兆ドルから1.93兆ドルへと、16%の減少となりました。技術的には、この数字は修正の範囲(10%~20%)に入っています。しかし、市場全体はまだ大きく下降傾向にあります。したがって、現在進行中のこの出来事を修正と呼ぶのは時期尚早です。今後数週間のうちに市場がプラスのトレンドに戻れば、2021年のもう一つの修正が観察されただけかもしれません。もし市場が下降トレンドを維持し、現在の16%を超える損失が発生した場合は、再度の市場暴落の初期段階を目撃することになるかもしれません。

Market Corrections and Crashes (1)

2021年の市場の修正と暴落(出典:TradingView.com)

結論

市場の修正とは、市場の全体的なパフォーマンスの中で、それほど深刻ではない、より短期間の下落のことです。一般的には、数日から数週間、まれに数ヶ月の間に10%から20%の下落があった場合、修正に分類されます。

相場の変動は比較的小さく、一般的なものであるため、信頼できる原因を見つけるのは非常に困難です。長期的な投資戦略を持つ経験豊富な暗号化投資家は、通常、その存在を無視します。市場の修正、またはその予測に基づいて投資戦略を変更することは推奨されません。

2021年の最初の9ヶ月間で、1月、2月、3月、4月の4回の市場修正が暗号通貨市場にその存在感を示しました。4月の修正の後、すぐに5月から7月にかけて大規模な市場の暴落が展開されました。

暴落が終わり、市場が成長領域に戻ってきた直後の9月初旬に、チャート上では別の下落が始まっています。現在、市場は約20日間にわたって下落を続けており、これまでに時価総額の16%の損失を被っていることになります。今回の動きがもう一つの修正なのか、それとも2021年の2回目の市場暴落の始まりなのかは、すぐに明らかになるだろう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します