コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Litecoin(LTCとは):“手軽な”ビットコイン >

Litecoin(LTCとは):“手軽な”ビットコイン

2021-05-20 04:05:45

ライトコインとはオープンソースかつティッカーLTCの分散型のP2P仮想通貨です。最近このLitecoinはブロックチェーンベースの仮想通貨の中では9番目にランクインしており、110億ドル以上の資産を保持しています。ライトコイン一つあたり、最近の価格では約185ドルほどになります。

What is Litecoin

ライトコイン VS ビットコイン

元のビットコインの中心顧客の中でも、初のソースコードフォークスの一つであるライトコインはしばしば“ビットコインが金だとすれば、ライトコインは銀”と考えられています。実際に、“手軽な”タイプのビットコインには主要な仮想通貨との多くの共通点があります。しかし、このタイプのビットコインは早く、かつ安く取引できる点が特徴であると言えます。

ビットコインに関する規模の問題は、2017年後半のとてつもない平均停止時間と、料金の急激な高騰が起きてから、大きく改善されてきました。しかしこれはまだまだ遅い(時に高い)とされており、取引の量がより少なくなっていることを意味します。ビットコインネットワークの平均停止時間はだいたい10分程度とされており、2021年2月時点で平均手数料は30ドル越えとされています。

しかし、ライトコインの平均停止時間は2.5分で、平均取引手数料0.03ドル以下とされています。これにより毎日のP2Pの支払いを小さくし、ライトコインをより手軽に利用することができるようになります。より安い取引手数料は、集中型仮想通貨からの安い引き出し手数料を可能にします。このような理由からライトコインがクロス取引所での売買で人気の仮想通貨の一つとなりました。

 

ライトコインを今すぐ買う!

 

ビットコインネットワークと同様に、ライトコインネットワークの全体のコインの供給量も良い傾向にあります。しかし、ライトコインはビットコインと同様に四倍の8400万コインを超えたことで、多くの人がよりライトコインを保持しやすくなりました。

しかし、ライトコインは実際のところ未だ多くの人に知られていません。ライトコインの全体トレード量は、ビットコイン取引量のたった10パーセントのみになります。また、実際のビットコインネットワーク上での取引数は毎24時間につきライトコインの約2.5倍以上になります。

ライトコインの所有

ライトコインは非集中的スクリプトハッシングアルゴリズムを使用しており、これはビットコインのSHA-256ハッシングアルゴリズムよりも軽いシステムを採用しています。高速RAMの観点からすると、ライトコインはより簡単に誰でも使用でき、かつ非集中型と言えます。

ビットコインブロックリワードなどといった、少数派に対するライトコインブロックの利益は約四年ごとに半分に減少しています。さらに、ライトコインの利益は840,000ブロックごとに分配されます。最近のほとんどのライトコインは、ブロック利益が25LTCから12.5LTCに減少した2019年8月に分配されました。次のライトコインの分配は6.25LTCまで減少されます。また、新しいライトコインの供給はさらに50パーセント減らされる予定です。

ビットコインハッシュレートとは異なり、ライトコインハッシュレートはここ三年で上昇はしていません。出典: CoinWarz.com

誰がライトコインを開発したの?

ビットコインの生みの親の正体は分かっていませんが、その最初のスピンオフを作った人物については詳細が明らかになっています。ライトコインは、ブロックチェーンの世界では有名なCharlie Lee氏が2011年に設立しました。Lee氏はTwitterで「@SatoshiLite」というハンドルネームで活動していますが、これは彼とプロジェクトのインスピレーションの源を示唆しています。

Lee氏はライトコインへの継続的な関与や出資について、非常にオープンで透明性が高いことを証明しています。しかしこれは他の業界関係者からの批判の対象にもなっています。

最も注目すべきは、Charlie Lee氏が2017年12月に保有するすべてのLTCを「売却して寄付した」と発表したことです。当時アルトコインは史上最高値を記録していました。Lee氏は、彼の売却は「市場をクラッシュさせなかった」と主張しましたが、LTCの価格はすぐに下落し、回復することはありませんでした。

ライトコインの生みの親であるCharlie Lee氏は、201712月に保有するLTCの全財産の売却寄付を発表したが、これはアルトコインの史上最高値と重なっていた。資料:トレーディングビュー

ライトコインの今後は?

2020年に暗号通貨の強気市場が更新されたにもかかわらず、ライトコインのパートナーシップや採用に関するニュースは近年減少しています。

MimbleWimble

特に注目すべきは、ライトコインの開発者がプライバシーとスケーラビリティを重視したトランザクションの構成・保存方法である「MimbleWimble」をブロックチェーンのプロトコルに実装する作業を行うことです。MimbleWimble Extension Block技術の実装は、2021年3月15日に開始される予定です。

いくつかのプロモーションプロジェクトが日の目を見ることができなかったため、一部の業界関係者は今後のライトコインの開発に懐疑的な目を向けています。最も注目を集めた失敗例は、専用の仮想通貨ウォレットとデビットカードを介してライトコインの普及を促進することを目的とした決済プロセッサー「LitePay」でした。このプロジェクトは2018年に閉鎖されましたが、Lee氏は “良すぎるものに興奮しすぎて、多くの警告サインを楽観的に見過ごしてしまった “と謝罪のツイートをしています。

主流になるという意味では、ライトコインがPayPalに加わったことは大きな後押しとなりました。PayPalではLTCの売買や保有ができるようになり、ビットコインの弟分であるLTCをより多くのユーザーに知ってもらえるきっかけとなりました。

またGrayscale Investmentsは、大量のLTCを保有資産に加えています。最近の報道によると、このデジタル通貨投資大手は2021年2月に174,000コインを保有資産に加え、ライトコインの保有総額は約2億5,000万ドルに達しました。このような積極的な投資を行っていることから多くの業界アナリストは、Grayscale社が機関投資家のお客様や投資家からのLTCエクスポージャーの需要が高まることを予測しているのではないかと考えています。

ライトコインはビットコインのように純粋なピアツーピアの仮想通貨であるため、スマートコントラクトのサポートをプロトコルに実装する計画はありません。このため、ライトコインは、分散型金融(DeFi)非代替性トークン(NFT)に注目している市場参加者にとってはそこまで魅力的には映っていません。

まとめ

基本的に、ライトコインは意図された通りに機能します。ライトコインはビットコインの「軽量版」であり、ピアツーピアの取引をより速く、より安く行うことができます。

2011年に設立されたアルトコインが10年近く経った今でも人気であり続けているのは、そのデザインやユースケース、そして基本的な価値提案が評価されているからです。ほぼすべての主要な仮想通貨取引所で利用可能であり、現在、ブロックチェーンベースのデジタル通貨や資産のトップ10に入っています。

今すぐLTC/USDを取引する

ライトコインは、そのシンプルさと使いやすさが評価されています。しかし、そのシンプルさゆえに、高度なスマートコントラクトプロトコルによる分散型金融や非代替性トークンの発展など、より複雑な取り組みと比較して開発が停滞しているのが現状です。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE