コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ポリゴン(MATIC)とは。イーサリアムのブロックチェーンのインターネット化 >

ポリゴン(MATIC)とは。イーサリアムのブロックチェーンのインターネット化

2022-07-04 03:30:52

概要

  • Polygon(ポリゴン。旧Matic Network)は、Ethereumのスケーリング用に設計されたインフラストラクチャーソリューションです。
  • ポリゴンの技術は、EthereumのDAppsを、イーサリアムネットワークのセキュリティとエコシステムの利点を保持したまま、接続されたブロックチェーン(例えば Polkadot)に移行します。
  • Polygonの成功は、ネットワークのパートナーシップ、知名度の高いプロジェクトからの採用の増加、従来の仮想通貨取引やDEXでの高い可用性によって築かれています。

2017年にローンチされたPolygon(旧Matic Network)は、Ethereumのスケーリングのために設計されたインフラストラクチャーソリューションです。Polygonはトークンあたり$0.849で取引され、流通供給量は51億8800万、時価総額は44億3000万ドルとなっています。

ポリゴン(マチック・ネットワーク)とは?

非中央集権型アプリ(DApp)の開発と採用の両面で、イーサリアム(ETH)ほど成功したブロックチェーンはありません。しかし、その相対的な成功にもかかわらず、Ethereumネットワークには、そのスケーラビリティとユーザビリティを妨げるいくつかの大きなボトルネックが残っています。

イーサリアムのスケーリング問題

イーサリアムはビットコイン(BTC)など他のプルーフ・オブ・ワーク型ブロックチェーンよりも高速に動作しますが、全体のTPS(Transactions Per Second)は15程度と低い水準にとどまっています。これは、しばしば他の問題に飛び火する大きな問題です。例えば、誇大広告によってイーサリアム構築プロジェクトの大幅な導入が推し進められると、ネットワーク全体の速度が低下し、ガス価格が高騰することがあるのです。

スケーリングを継続するために、多くのプロジェクトが、ネットワークから離れることなくイーサリアムの限界を緩和するイーサリアム互換のブロックチェーンを模索しています。重要な問題は、そのようなブロックチェーンを構築するための専門的なフレームワークが存在せず、それらを接続するためのプロトコルも存在しないことです。そのため、開発プロセスが複雑になり、エコシステムが分断される危険性があるのです。

出典:ポリゴン社ホワイトペーパー

ポリゴン(MATIC)の仕組みについて。

ポリゴン(MATIC)は、レイヤー2ソリューションで shardingのサポートで、65,000 TPSと2秒のブロック確認時間を提供するサイドチェーンを通じて、ブロックチェーンプロジェクトの大量採用を促進しようとするものです。ポリゴンの技術は、イーサリアムネットワークのセキュリティとエコシステムの利点を維持したまま、イーサリアムDAppを接続されたブロックチェーンのシステム(例えば Polkadot)に移行します。

スケーラビリティに加え、Polygonはパーミッションレスデザイン、完全な技術主権、モジュラーセキュリティソリューションにより、開発者のエクスペリエンスを向上させることを目指しています。また、通常のユーザーは、低ガス価格や迅速なトランザクション、およびMetamaskのようなイーサリアムツールとの完全な互換性の恩恵を受けることができます。

ポリゴン(MATIC)のメリット

Polygonのブロックチェーンは高い相互運用性を誇り、ブロックチェーン同士やイーサリアムのネットワークと通信することができます。このソリューションの技術スタックは、セキュアードチェーンとスタンドアロンチェーンという2つの主要なタイプのブロックチェーンネットワークで構成されています。

  1. セキュアードチェーン
  • セキュアードチェーンとは、独自のバリデータ・プールの代わりに「Security as a Service」モデルを使用するネットワークです。このサービスは、イーサリアムネットワーク自体、または(Polkadotの「共有セキュリティ」実装のように)専門のバリデータの共有プールのいずれかによって提供されます。セキュアードチェーンは、独立性と俊敏性を犠牲にすることで、セキュリティの向上を実現しています。

これまでセキュアチェーンは、イーサリアムの共同創設者であるVitalik Buterin氏の提案に基づくフレームワーク、Matic Plasmaを通じて実装されてきました。このフレームワークでは、Ethereum Virtual Machine(EVM上でスケーラブルな自律型スマートコントラクトを簡単に実行できますが、Maticネットワークからのすべてのトークン引き出しに7日間の引き出し期間を課しています。

  1. スタンドアローンチェーン
  • スタンドアロンチェーンは、独立したバリデータのプールを持つ完全な主権ネットワークです。これらのチェーンは、セキュリティを確立するのが難しいという代償を払って、独立性と俊敏性を向上させています。これまで、Matic PoSチェーンを通して実装されてきました。決定的な違いは、Matic PoSは分散型金融(DeFi)とマーケットプレイスアプリケーションにより良いサービスを提供するために、より速い引き出しを提供することです。

PolygonのネイティブERC-20トークンであるMATICは、ネットワーク上で動作するサービスへの支払い、エコシステム内のユーザー間の取引決済、Polygonサイドチェーンでの取引手数料に使用されています。

ポリゴンが提供するものとは?

Polygonのエコシステムの迅速かつ低料金な性質は、Ethereumの周期的に高いガス料金の下で苦しんできた開発者の大きな関心を集めています。特に、Polygonは知名度の高いDeFi、分散型取引所(DEX)、暗号通貨ゲームアプリケーションに多く採用されています。

ポリマーケット(Polymarket)とは?

Polygonの技術で作られた最も成功したDAppsの1つがPolymarketです。この自律した分散型予測市場では、ユーザーは選挙やサッカーの試合など現実世界の出来事の結果を推測することができます。

Polymarketでイベントに賭けるには、ユーザーはイーサリアム・ブロックチェーン上のカウンターパーティに対して、バイナリ結果(「Yes」または「No」)にトークンを賭けます。そのために、ユーザーは任意の結果に対する市場の期待値(常に0.01ドルから1ドルの間)に応じて価格を設定した「結果シェア」を購入します。ユーザーが正しい結果に賭けた場合、購入したエクイティは1ドルずつ現金化されます。もし、間違った結果に賭けた場合は、その株は無価値になります。

出典:Polymarketのホームページ

多くのDEXアプリケーションと同様に、イーサリアムネットワークの混雑を回避しながら大量のトランザクションを処理することは、Polymarketにとって継続的な懸念事項となっています。ポリゴンのサイドチェーン上に構築することで、予測市場はセキュリティや分散化で妥協することなく、より低い手数料と迅速な決済をユーザーに提供することに成功したのです。

ポリゴンとAave

Polygonはまた、Ethereumブロックチェーン上で貸し借りを行うDeFiプロトコルの代表格であるAaveと提携し、普及が進むことで生じる混雑の問題に対処しています。CEO兼創業者のスタニ・クレチョフ氏は、同プロトコルの利用はまだ5桁のポートフォリオを持つユーザーにほぼ限定されていると述べています。

Aaveは、ユーザーがPolygonのサイドチェーンに資産をシームレスに移動できるようにするスマートコントラクトブリッジを通じて、より低いガス料金を提供し、アクセス性を拡大することを目指しています。Aaveチームによると、Polygonはそのセキュリティと、Aaveと統合する他のDAppsとの高い相互運用性を可能にするモジュール性から選ばれました。

Aavegotchiとは?

もう一つの採用分野は、DeFiと非代替性トークン(NFT)をユニークな方法で統合したAavegotchiのような暗号コレクティブルゲームです。このゲームでは、属性、担保、消耗品、希少性などの要素で評価される自分のアバター(Aavegotchis)を、ゲームのメタバース上で利息を生むトークンに賭けることができます。

プレイヤーは、ミニゲーム、ガバナンスイベント、コミュニティミートアップに参加することで、メタバースと交流することができます。他の暗号メタバースと同様に、Aavegotchiは統合されたNFTマーケットプレイスを備えており、ユーザーはそこでコレクターズアイテムの売買や取引を行うことができます。

出典:Aavegotchiバザール

投機的価値に加え、Aavegotchi NFTは「現実」の金融価値に裏打ちされています。ゲームのステーキングメカニズムは、DAITether(UDST)、ChainlinkLINK)、またはAAVEなどのトークンに変換可能なネイティブ「aTokens」を生成します。

そのため、Aavegotchiチームにとって重要な関心事の1つは、十分な分散化、セキュリティ、EVM互換性を提供するスケーリングソリューションを選択することでした。Aavegotchiは、DeFiアプリケーションと同様に、Polygonの高い相互運用性に注目し、他のNFT DAppsと統合することでその利点を生かすことを望んでいます。

SushiSwapやEasyfit(Compound AAMのフォーク)、Decentraland(MANA)なども、自社のスマートコントラクトをPolygonのサイドチェーンにデプロイしています。これらのデプロイは、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、イーサリアムネットワーク上での持続可能な運用を保証するのに役立っています。

ポリゴンを支えているのは誰か?

Polygonは2017年にJaynti Kanani、Sandeep Nailwal、Anurag Arjun、Mihailo Bjelicの4名によって設立されました。Kananiをはじめとするコアメンバーは、Polygonに参加する前にEthereumのエコシステムに大きく貢献しています。Kananiはフルスタック開発者とエンジニアの両方の経験を持ち、Ethereum上でのWeb3の実装で大きな役割を果たしました。現在、PolygonのCEOを務めています。

MATIC価格推移

2020年まで比較的安定を保っていたMATICは、2021年に入り高騰しています。トークンは1月28日の0.042ドルから4月28日の0.849ドルまで、3カ月でおよそ1,657%上昇しました。

出典:トレーディングビュー

Polygonの成功は、ネットワークのパートナーシップ、知名度の高いプロジェクトからの採用の増加、従来の暗号取引やDEXでの高い可用性によって築かれています。

まとめ

ポリゴンはスケーラビリティ・ソリューションのリーダーですが、AvalancheCosmosPolkadotそしてSkaleなど多くのプロジェクトとの激しい競争に直面しています。ポリゴンはイーサリアムの相互運用性に向けたポジショニングが功を奏していますが、万が一イーサリアムネットワークが衰退した場合、その市場シェアを低下させる可能性もあります。

ポリゴンのもう1つの重要な利点は、大小さまざまなプロジェクトからの豊富な採用実績です。すでに100以上のアプリケーションがPolygonのサイドチェーン上でホストされており、そのモジュール性と低料金に惹かれる大企業によって、採用が加速しているのです。

開発者にとっては、Polygonのサイドチェーンを活用することで、他のDAppsを通じてユーザーに価値を提供できるため、Polygonの相互運用性は大きなセールスポイントになっています。これにより、相互運用性によってアプリケーションが集まり、他のアプリケーションがエコシステムに参加するインセンティブが大きくなるという好循環が生まれています。

Polygonは、DeFi、DEX、NFT DAppsが経験している成長の波に乗るのに適した立場にあります。取引量が増加し、より多くのイーサリアムプロジェクトが低ガス価格でスケーラブルなソリューションに注目する中、Polygonはイーサリアムそのものに値するエコシステムに拡大する可能性を秘めています。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th