コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > RSI(相対力指数)とは?RSIインジケータを活用してビットコインを上手に取引する方法 >

RSI(相対力指数)とは?RSIインジケータを活用してビットコインを上手に取引する方法

2022-09-09 09:25:17

概要

  • RSIは、資産の価格が変動する勢いと速さを測定する指標
  • RSIの計算は、RSI 70%以上=買われすぎ、RSI 30%未満=売られすぎ

RSI(相対力指数)インジケータは、ビットコイン(BTC)などの資産価格の動きの「勢い」や「速さ」を測る、テクニカル分析でよく用いられる指標です。ビットコインチャートの見方を劇的に改善させることもできます。

RSIインジケータは、暗号資産、株式、FX、その他の金融市場で使用されています。RSI暗号資産インジケータは、Phemexのすべてのトレーダーに無料で提供されています。取引を成功させるためにどのようにそれらを使用するかを知るには、下にスクロールしてください。

RSIとは?

RSIは、暗号資産の価格が変動している勢いと速さを測定する指標です。RSIは暗号資産取引に最適な指標の1つとして、ベテラントレーダーの間で人気があります。このインジケータを分析することにより、ビットコインなどの資産が買われすぎか売られすぎかを判断することができます。

この指標の核となるのは、一定期間の平均的な上昇価格変動と平均的な下降価格変動を比較したものです。

RSIの計算方法は?

「RS」(Relative Strength、相対力)は、「N」回の終値の平均を「N」回の終値の平均で割ったものです。この値を次の計算式を用いて100に指数化します。

RSI = 100 – (100/1 + RS)

Phemex RSIインジケータで使用されているRSIの計算式

RSIは0~100までの値で表せられます。このため、この指標は “オシレーター “と呼ばれています。

この計算の標準的な期間設定は、選択した周期性に基づいて14日間にわたって行われます。日足チャートは過去14日間を、週足チャートは過去14週間を、といった具合に過去に遡って分析することになります。

Phemexは、RSIインジケータに最適なアプリを提供しています。BTC/USDTなど任意のチャートで「指標」の下に「RSI」と入力すると、その下にRSIのインジケーターが表示されます。

The RSI indicator used on the BTC USDT chart
The RSI indicator used on the BTC USDT chart

BTC/USDTのチャートで使用されているRSIインジケータ

RSIインジケータの読み方

買われすぎを表すRSIと売られすぎを表すRSI

  • RSI値>70%=買われすぎ
  • RSI値<30%=売られすぎ

trade crypto contract up to 100x leverage

RSIの値は数字で表示されます。この数値は私たちに洞察を与えてくれ、任意の資産が「買われすぎ」または「売られすぎ」のどちらかであることを示します。70以上のRSI値は買われすぎの領域にあるとみなされ、30以下の値は売られすぎと言われています。

買われすぎ(>70)であれば、資産価値が上がっていることを意味し、下降に転じる可能性があります。売られすぎ(30>)の場合は、資産価格が下落していることを意味し、上昇に転じる可能性があります。

ただし、これらの基準を単独で適用すると、好ましくない結果になることがあります。その代わりに、RSIを使用する際に有利になるように、RSIのより良い使用例について把握しておいてください。

このインジケータは、他のインジケータと組み合わされたときに最も効果的です。例えば、RSIと出来高のデータを組み合わせると、出来高が複数の地点でピークを迎え、上昇する値動きを正当化するのか、それとも一度だけピークを迎え、その後は値崩れしそうなのかを知ることができます。

ストキャスティック(Stochastic)とRSI。その違いは?

StochRSI は、オリジナルの RSI インジケータをベースにした人気のインジケータです。オリジナルとの主な違いは、RSIは暗号資産の価格変動に基づいてデータを導き出し、計算を実行することです。

一方StochRSIは、RSIインジケータから計算を再確認し、RSIインジケータ自体から派生したものです。最大の違いは、StochRSIとRSIの動く速さです。StochRSIは買われすぎから売られすぎまでの動きが速く、RSIはゆっくりと動く傾向があります。

BTC/USDTのペアでストッホRSIとRSIを組み合わせたもの

 

Phemexでは、この2つの指標を組み合わせることで、トレーダーが現在の価格状況をよりよく把握することができるようになっています。

RSI & MACD戦略とは?

移動平均収束発散(MACD)は、すべての取引ペアでPhemexで利用できる信頼性の高いインジケータです。MACDは、RSIのように、ビットコインまたは別の暗号資産の移動平均の間のバランスを表示する勢い追従型指標です。

RSIとMACDの戦略は、一緒に使うのが一番効果的です。チャート上でMACDインジケータの位置を確認した後、両者を組み合わせて取引を計画することができます。

The MACD combined with the RSI indicato
The MACD combined with the RSI indicato

MACDとRSIを組み合わせた指標

MACDとRSIの主な違いは?

MACDとRSIの主な違いは、MACDが2本の指数移動平均(EMA)を比較するのに対し、RSIはトップからボトムまでの価格変化の割合を測定することです。両社を一緒に組み合わせることで、ビットコインの価格が動き出そうとしているときに強いシグナルを把握することができます。

MACDはボラティリティの高い市場に有効で、RSIは70~80のレベルで頂点に達し、30~40のレベルで底を打つ傾向があります。これらは最も信頼できる指標の一つですが、100%正確なシグナルを出すわけではなく、時には誤解を招く可能性もあります。

RSIをよりよく理解するために

  1. RSIでは買われすぎ、売られすぎの状態がかなり長く続くことがある

強気相場では、ビットコインはしばしば買われすぎの領域に留まり、実質的な変動要因はなく、弱気相場ではその反対であることがわかります。RSIはモメンタムオシレーターであり、価格が長期間にわたって一方向に推移している期間を指摘し、明らかにするのに有効です。

しかし、RSIの効果が発揮されるのは、これらのような状態が普通であるような時です。このため、RSIは、トレンドに注意を払い始めるためのシグナルや警告として、また、どちらかの方向に偏りすぎている可能性があるなどの兆候を示すものとして使用するのが最適かもしれません。したがって、これらの兆候が出たからと言ってすぐに行動を起こすべきものではありません。

  1. RSが値動きを決定する

RSIインジケータの変動と分析結果が、観測されている実際の価格変動とどのように関係しているかを理解することが重要です。価格が比較的狭いレンジで長期間推移している場合、RSIは中立を示す可能性が高いでしょう。

したがって、その後に続く衝動的な動きは異常値として作用し、指標をある極端な方向に変動させることになります。これは、継続性のあるブレイクアウトになる可能性があります。したがって、このような動きは、取引に値するような売られすぎや買われすぎの状態と見るべきではないでしょう。

  1. RSIは、最も適した取引環境で適用するのがよい

移動平均(MA)指標と同様に、RSIはその最も適した取引環境において適用されるのがベストなものです。移動平均の場合、これはトレンドそのものです。一方RSIは、しばしば、極端なポイントで勢いが落ちることが反転の予兆の1つとなるようなレンジで使用するのが最も適しています。

トレンドの強い環境でRSIを適用すると、誤ったシグナルで行動することになる可能性があります。しかし、トレンドのある市場でRSIの乖離を見つけることは、トレーダーにとって非常に一般的なことです。

重要なことは、すべてのトレンド相場は、衝動的な価格変動の後に発生する非常に正常な統合期間を考えると、RSIダイバージェンスで満たされることになるということです。これらは常に、モメンタムのダイバージェンスとして読み取ることができます。

ボリュームを利用してトレードを向上させる方法とは?レンジとトレンドの取引を確認

RSIインジケータの使い方

PhemexでRSIインジケータを使うのは簡単です。必要なのはアカウントを登録することだけで、すぐにご利用になれます。このインジケータは、すべてのユーザーが無料で使用できます。

  1. RSIインジケータを有効にする

RSI インジケータの使用を開始するには、PhemexのBTC/USDTETH/USDTなどのペア画面に移動します。

RSIインジケータは、すべてのトレーダーが無料で利用することができます。チャートの上にある「指標」をクリックし、「RSI」を検索してください。

The RSI indicator is a free tool available on all Phemex chart
The RSI indicator is a free tool available on all Phemex chart

RSIインジケータは、すべてのPhemexチャートで利用可能な無料のツール

  1. バイアスやモメンタムのコンテキストチェックとしてRSIを使用

RSIが50ラインを越えて取引されている場合、トレンドが強いことを価格動向で確認し、場合によってはロングを探す必要があります。価格が下で取引されている場合、トレンドが弱いことを意味するので、ショートの機会を探すことになります。

多くの場合、下降または上昇トレンドにおいて、ラインは緩やかなサポートまたはレジスタンスゾーンとして機能し、一度取り戻せば、勢いに関して文脈が変化したことを示すことがわかります。再び上昇に転じるか、あるいは突然勢いを取り戻すことができなくなるかのどちらかの可能性があります。

Bitcoin’s RSI performance on the BTC/USDT chart
Bitcoin’s RSI performance on the BTC/USDT chart

BTC/USDTのチャートで見るビットコインのRSIパフォーマンス

  1. ダイバージェンスを、他のモメンタムの強さ・弱さが存在することを再確認する理由、またはサポート材料とするために使用

前述したように、このような形での適用には注意が必要です。後から見ると、確かにそうだと思えることが多いのですが、大抵はサクラのようなもので、実際よりも良く見えるものです。

RSI 14の意味とは?

RSIインジケータは、長さを測定するために14という数字を使用します。これは、過去14日間または14週間のRSI分析を見ることを意味します。

これは、トレーダーの希望に応じて変更することができます。もし、期間を伸ばしたい場合は、左上の歯車のアイコンをクリックし、適宜調整することで簡単に行うことができます。

チャート下のPhemexの初期設定では、RSI指標の横に「14」という数字が自動的に表示されます。

良いRSI値とは?

暗号資産をショートするのに適したRSIの数値は70-80で、暗号資産をロングするのに適したRSIの数値は20-30です。トレーダーは、これらの測定値を使用して、RSIインジケータに基づいて有益な取引を行うことができます。暗号資産取引でお金を稼ぐために、トレーダーは “安く買って高く売る”ように教えられています。RSIは、トレーダーが適切なタイミングで売買するのを助けます。RSIは、特に価格レンジのボトムとトップのタイミングを計るために設計されたインジケータなのです。

弱気トレンドと強気トレンドでRSIを活用する

RSIが40以下の場合は買い、70以上の場合は売りとなります。弱気トレンドの場合、強気のダイバージェンスとは、価格が安値を更新する一方で、RSIが上昇し始めたときです。反対に強気トレンドの場合、弱気のダイバージェンスとは、価格が高値をつける一方、RSIが下降し始めたときです。

しかし、RSIをダイバージェンスに使用すると、早まった行動をとってしまうという問題があることに注意が必要です。例えば、資産価格が一定期間横ばいで推移した後、上方へ衝動的に上昇したとします。RSIは価格上昇衝動の直後にフラグを形成し始め、RSIは上昇していきます。

最初のインパルスの後、RSIは非常に買われすぎを示すことになります。その直後に形成されるコンソリデーションは正常なものですが、RSIは、資産価格が最初のインパルス・キャンドルと同じ速度で上昇を続けなかった場合、この価格行動の「勢い」が弱いものと判断します。これによって、強い上昇トレンドであろうと強い下降トレンドであろうと、トレンドのある相場では常にダイバージェンス(乖離)を示されることになります。

このようなトレンドのフィードバックから私たちが取れる行動は、アンカーポイントとしてプライスアクションを行うことです。RSIが下がるだけでなく、RSIが最初の高値よりも下がったとしましょう。このときに初めて私たちは価格反転の可能性を知ることができるかもしれません。このようにRSIは、どちらかというと確認のための指標に過ぎないという側面も持っているのです。

悪いRSI値とは?

40以下の売りと70以上での買いは避けたいところです。どちらの場合も、パニック売になるか、あるいは強気相場のピークでのFOMOingとなる可能性があります。

他の指標と同様に、RSIを中心にトレードシステムを構築することができます。結局のところ、RSIも一般的な取引指標の1つなのです。

RSIは信頼できるのか?

RSIは、短期および長期のトレンドに対して最も信頼できる指標の一つです。しかし、RSIは他の長期的なトレンドパターンに合致する場合、より正確な指標となる傾向があります。

賢明なトレーダーは、日足や週足チャートでRSI指標を使用して、過去の値動きを分析し、市場の現在の状態について結論を導き出すことができます。

低RSIとはどういう意味ですか?

低RSIは、ビットコインや他の暗号資産が売られすぎていることを意味します。これはトレーダーやアキュムレーターにとって絶好の買い場です。ビットコインが底を打つと、深い弱気相場でない限り、底値を下回るトレンドはほとんどありません。

ビットコインは伝統的に30~40のRSIレンジで底打ちしています。購入に適したRSIは何かと考えた場合、30台前半と40台の値は、価格に関係なく、ビットコインを購入する理想的なポイントです。これはしばしば、ビットコインがトレンドの反転を期待していることを示し、短期的に上昇の勢いを得るかもしれません。

RSIの精度を高めたい場合は、買われすぎを80に、売られすぎを20に設定するとよいでしょう。こうすることで、市場のノイズを排除し、計算された動きをすることができます。

ビットコインRSIアラートはどこで見つけるか?

ビットコインRSI指標が動いた時にアラートを設定したい場合、最も多く利用されているサイトはTradingViewです。

TradingViewでは、すべての取引指標に対してカスタムアラートを設定することができます。これらのアラートは、トレーダーにEメールまたはテキストで送信することができます。このアラートリファレンスガイドを使用し、TradingViewでRSIインジケータを見つけてアラートを設定してください。

Phemexで実際の取引を開始する前に、TradingViewのPhemex BTC/USDTペアを使用して、サイト上で取引の戦略を立てることができます。

まとめ

RSIインジケータは、他の価格アクションに由来するインジケータと同様に、すでに目の前にあるものを表示するものです。あなたが見ているのは、進行中の価格行動の平滑化された表現だけです。各種インジケータは、細かいディテールをもう少し消化しやすく、明白にするものなのです。

最も重要なことは、その指標がどのように計算されているかを理解することです。そうすることで、その長所だけでなく、短所も熟知することができます。RSIは優れたツールですが、他の指標と同様に、誤ったフィードバックを与える可能性があります。

RSIインジケータを使用する前に、必ずバックテストを行い、常に取引データを記録してください。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th