コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > Renとは:非中央集権型ダークプール >

Renとは:非中央集権型ダークプール

2021-07-13 03:53:48

2020年に発表されたRen(旧 Republic Protocol)は、ブロックチェーンネットワーク間の流動性と相互運用性を提供するために設計されたシンガポールベースのプロトコルです。本稿執筆時点で、Renは1トークンあたり0.3992ドルで取引されており、流通供給量は9億9700万で、総時価総額は3億9800万ドルです。

ren crypto

Renとは?

分散型金融(DeFi)の普及により、借り入れや貸し出しなどの伝統的な金融サービスがこれまで以上に利用しやすくなった一方で、DeFi分散型アプリ(DApps)は、流動性や相互運用性の問題に直面しています。

ほとんどのDeFiアプリケーションはEthereum(ETH)上に構築され、Ethereum Virtual Machine(EVM)やERC-20規格などの技術を利用しています。これは、これらのアプリケーションが他のEthereumプロジェクトと相互運用できる傾向があることを意味しますが、他のブロックチェーンと効率的かつ安全な方法で対話する能力はありません。

その結果、DeFiはまだ多くの暗号空間にアクセスできない状態になっています。例えば、暗号市場全体の43.53%を占めるビットコイン(BTC)の保有者は、資産をイールドファームしたりレバレッジしたりする簡単な方法がありません。クロスチェーンの相互運用性ソリューションは、DeFiアプリケーションの市場浸透を強化し、様々なブロックチェーン間の流動性を向上させることを目指しています。

クロスチェーンの相互運用性を実現するために、3つの主要なソリューションが提案されています。

  •  アトミック・スワップは、スマートコントラクトを通じて、ブロックチェーン間での暗号資産のピアツーピアの交換を実装します。欠点は、これらのスワップの実行には数時間かかることが多く、両当事者が事前に資産(およびその価格)を指定する必要があるため、自動マーケットメーカー(AMM)アプリケーションでの使用が大幅に制限されることです。
  • DAIのような合成資産は、ユーザーが原資産を保有することなく、原資産へのエクスポージャーを提供します。しかし、合成資産は通常、過剰な担保を必要とするため、アクセス性が低下し、不安定な市場環境の中で保有者が清算される危険性があるという欠点があります。
  • トークン化により、保有者は資産をロックし、その見返りとしてその資産を1対1で表現したもの(通常はERC-20トークン)を得ることができます。トークン化された資産は、DeFiや他のアプリケーションで使用したり、ロックされた資産を償還するためにいつでも焼却することができます。欠点は、Wrapped Bitcoinのようなトークン化の実装は、ロックされた資産を保持するために中央のカストディアンに依存していることです。

RENトークン化

Ren(REN)は、「Darknodes」と呼ばれるプライベートでランダムにグループ化されたノードのネットワークに依存するトークナイゼーション実装の修正版を利用して、分散化されたプライベートなカストディを実現しています。Renネットワークでは、すべてのDarknodesが独自のセキュアマルチパーティコンピュテーション(sMPC)アルゴリズムを実行する必要があります。これにより、Darknodes自身はもちろん、すべての関係者から入力と出力が隠されたスクリプトのトラストレスな実行が可能になります。

Proof-of-Stakeネットワークと同様に、Renは、Darknodeの運営者に100,000RENの担保を要求し、ネットワークを動かすための報酬を取引手数料の形で発行することで、善行のインセンティブを与えます。このネットワークの供給上限と担保要件により、Darknodeの上限は10,000個となっています。

Renの機能とは?

機能的には、Renは、DeFiのユーザーが、サポートされている2つのブロックチェーン間でトークンを交換することを、1回のユーザー取引で可能にし、その後のすべての段階は自動的に処理されます。この機能は、3つの異なるタイプの取引によって実現されます。

1 ロックアンドミント

ロックアンドミント取引は、ユーザーがオリジンチェーン(BTCなど)からホストチェーン(ETHなど)にアセットを送信したい場合に開始されます。まず、ユーザーは資産をRenネットワークの管理下に置く必要があり、その後、資産は「ロック」されます。その後、Renネットワークは、ユーザーがトークン化された1対1の資産をホストチェーン上で鋳造することを許可する認証を返します。

transaction on the ren networkRenネットワークでのロック&ミント取引(出典:Ren Wiki

2 バーン&リリース

バーン&リリース取引は、ロック&ミント取引とは逆に、ユーザーがホストチェーン上のトークン化された資産をオリジンチェーンに戻したい場合に開始されます。最初のステップとして、ユーザーはオリジンチェーン上のレシートアドレスを指定した後、ホストチェーン上のトークン化された資産を燃やします。燃焼イベントを目撃した後、Renネットワークは対応する金額をオリジンチェーン上の指定されたアドレスに「リリース」します。

Burn-and-Release Transaction on the Ren networkRenネットワーク上でのバーン&リリーストランザクション(出典:Ren Wiki

3 バーン&ミント

バーン&ミント取引は、ユーザーがトークン化された資産をホストチェーンから別のホストチェーンに送りたいと考えたときに開始されます。まず、ユーザーは対象となるホストチェーンを指定し、現在のホストチェーンからトークン化された資産を燃やす必要があります。これにより、ユーザーは元のホストチェーンとは一切関わりなく、対象のホストチェーンに対応するトークン化された資産のマウントを「ミント」することができます。

Burn-and-Mint Transaction on the Ren networkRenネットワークでのBurn-and-Mintトランザクション(出典:Ren Wiki

Renは設立当初から、ETH、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)などの主要なネットワーク上でのBTC、Bitcoin Cash(BCH)、Dogecoin(DOGE)、Zcash(ZEC)のトークン化に対応してきました。このプロジェクトは、クロスチェーンの流動性と取引機能を提供できることから、Curve Finance(CRV)などの分散型取引所(DEX)アプリケーションやBadgerBridgeなどの他のDeFiブリッジに大きく採用されています。

RenはCurveに統合され、ユーザーがネイティブ(ラップされていない)BTCを預けて取引手数料を得ることができるようになり、BTCとラップされたビットコイン(WBTC)との間のスワップのための低スリッページプールとして機能しています。この統合により、Compound(COMP)などのDeFiアプリケーションは、新たな金融商品を提供できるようになります。また、1inch(1INCH)などのDEXアグリゲーターは、Renプールを利用して、WBTCを通じてBTCを他のトークンにスワップすることができます。

BadgerBridgeでは、Renネットワークを利用して、ネイティブのBTCを様々なトークン化されたBTC資産に預けたり、スワップしたりすることが可能になりました。BadgerDAOチームはRenを統合することで、BTCとETHのDeFiアプリケーション間のよりアクセスしやすいブリッジを開発しようとしています。

Renの背後には誰がいるのか?

Renは、2017年にCEOのTaiyang Zhangによって設立されました。2014年にオーストラリア国立大学(ANU)でコンピュータサイエンスの学位を取得して以来、Zhang氏は、暗号化領域でさまざまなプロジェクトに携わってきました。また、クリプトヘッジファンドのVirgil Capitalを共同設立し、以前はソフトウェアおよびウェブ開発のスタートアップであるNeucodeを共同設立しました。

COO(最高執行責任者)のMichael Burgess(マイケル・バージェス)は、金融を学んだ後、国際的な認定機関で公共政策や規制の枠組みを設計した経験があります。その他のメンバーとして、CTOのLoong Wangは、卒業後にANUで研究員を務めた経験があり、開発者のJaz Gulatiは、Zhangと共同でNeucode社を設立しました。Renプロジェクトは、機関投資家から大きな関心を集めており、これまでにPolychain CapitalやFBG Capitalなどから3400万ドルを調達しています。

RENの価格推移

2020年までは比較的安定していたRENは、2021年前半の強気の相場で大きく上昇しました。トークンは1月1日の0.327ドルから4月1日の1.08ドルまで、3ヶ月間で約230%の大幅な上昇を見せました。しかし、トークンは最近の強気の動きに伴って急落し、4月1日の価格から2021年6月21日の価格0.3992ドルまで約62.71%下落しました。

ren price202111日から2021621日までのレンの価格(出典:TradingView)

Renは現在、時価総額が135位で、およそ9億9700万RENが流通しています。このトークンは10億の固定供給量があり、そのうち60.2%は2018年に投資家や一般人に売り払われました。残りの供給量のうち、19.9%は予備資金に、9.9%はRenのアドバイザー、ファウンダー、チームメンバーに発行され、10%は開発に割り当てられました。

ネットワーク上のすべての取引手数料は、対応する鋳造された(または焼かれた)トークンで支払われるため、RENトークンの唯一の目的はDarknodeの担保となります。そのため、RENの価格の動きは、ネットワーク自体の運勢よりも、一般的な市場の動向をより密接に反映しています。現在、RENの供給量の18.3%がDarknodeの担保として固定されています。

結論

Renネットワークは、力強いペースで成長しており、様々なDeFiアプリケーションに統合され、着実に成長しています。2021年5月28日の時点で、同ネットワークは10以上のブロックチェーンと統合において、50億ドル以上の流動性の提供に使用され、800万ドル以上の手数料を生み出したと報告しています。

Top 5 Ren integrators2021621日時点でのRenインテグレーター上位5社(出典:Renコマンドセンター)

このプロジェクトは依然として非常に活発で、過去1ヶ月間だけでもMATIC、Fantom(FTM)、Avalanche(AVAX)に新しいブリッジを追加しています。このプロジェクトがさらに多くのネットワークへの対応を進めることで、流動性へのアクセスを求めるDEXアプリケーションの採用が進み、分散型ダークプールとしてのネットワークの価値が実現されることになります。

他のプロジェクトと比べても、Renネットワークの運命は、RenネットワークがサポートするDeFiアプリケーションに大きく左右されます。DeFiの取引量が大幅に減少すると、Darknodeの運営者は大きな打撃を受ける可能性があり、ネットワークは最近の暗号の強気の動きに試されることになるかもしれません。

多くのDeFiプロジェクトは、満足のいく相互運用性ソリューションを模索しており、これは成長と競争の両方の余地を表しています。このネットワークは、他の多くの相互運用性プロジェクトからの激しい挑戦に直面しており、明確な勝者はまだ現れていないません。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します