コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > パンケーキスワップとは:DEXと自動化マーケットメーカー >

パンケーキスワップとは:DEXと自動化マーケットメーカー

2021-09-07 08:13:57

要約

⦁ パンケーキスワップとは: パンケーキスワップは自動化マーケットメーカーの1つであり、元々は仮想通貨市場に流動性をもたらすために考案されたプラットフォームです。
⦁ パンケーキスワップは、BSC上で動作するBEP-20トークンであるネイティブトークン「CAKE」を搭載しています。他のネイティブDEXトークンとは異なり、CAKEには供給上限が存在しません。

Pancakeswap
2020年9月にローンチされたパンケーキスワップは、分散型取引所(DEX)であり自動化マーケットメーカー(AMM)です。現在、BSCで最も成功しているDEXの1つです。パンケーキスワップは、現在19.86ドルで取引されているCAKEトークンを搭載しており、その時価総額は約35億ドルに達しています。

パンケーキスワップとは?

パンケーキスワップは自動マーケットメーカー(AMM)の1つであり、基本的には仮想通貨市場に流動性を提供するために設計されたプラットフォームです。AMMは株式市場のマーケットメーカーと同様、各取引において常に買い手と売り手が存在することを担保します。ここでの違いは、単一の企業や団体がマーケットメーカーの管理権を持つのではなく、AMMはユーザーが集団で流動性を提供し、アルゴリズムによってルーティングされる分散型アプリケーション(DApp)であるということです。ユーザーは流動性プール(LP)にコインをステーキングすることで、特定の仮想通貨ペアの取引に流動性を提供することができます。その見返りとして、ユーザーは賭けた金額に対する高額な利子を得ることができます。

AMMとは?

AMMは分散型金融(DeFi)の一般的な形態となっており、最も成功した最初の例はUniSwapなどのEthereumベースのプロトコルです(2018年9月)。PancakeSwapは大部分がUniSwapベースにしていますが、BSC上で動作します。パンケーキスワップは、BakerySwapやApeSwapなどと同様、過去1年間の間にBSCでサービスを開始しました。パンケーキスワップはBSCの比較的低い取引手数料の恩恵を受けているだけでなく、「UniSwap」よりも低い取引手数料(0.2%対0.3%)を提供しています。

CAKEトークンとは?

パンケーキスワップは、BSC上で稼働するBEP-20トークンであるネイティブトークン「CAKE」を搭載しています。ユーザーはCAKEトークンを「Syrup Pools」と呼ばれるLPにステークして、さらにトークンを獲得することができます。また、ユーザーはLPトークンを賭けてCAKEを獲得することもでき、ボラティリティのリスクは高いですが、リターン率も高くなります。新しいLPはパンケーキスワップのチームによって定期的に発表されます。ステークはユーザーにとって有益なものであり、いくつかのLPは1300%という高い年間リターンを提供しています。しかし、このような高いリターンは、インフレというマイナスのリスクも伴います。

他のネイティブDEXトークンとは異なり、CAKEには供給上限がなく、現在の流通量は約1億6,500万です。インフレの影響を軽減するために、このプラットフォームには毎日鋳造されるCAKEトークンのかなりの割合を燃やす(つまり、供給から取り除く)デフレメカニズムが組み込まれています。例えば、1ブロックあたり40個のCAKEのうち半分を燃やしたり、宝くじや予測ベット、トレードなどに使われたCAKEの一部を燃やしたりします。このような仕組みがあっても、1日あたり正味53万枚程度のトークンが新たに鋳造されています。

他の主要なDEXと同様、パンケーキスワップもいくつかのゲーム性を備えています。毎日11,000人以上のプレイヤーが参加するCAKE抽選会や、BNB価格予測のベッティングシステム、トレーディングコンペなどを提供しています。また、ユーザーはNFTを獲得してCAKEと交換したり、キープしたりすることができます。

誰がパンケーキスワップを作ったのか?

BSCの他のDeFiプラットフォーム(例:BakerySwap)と同様、パンケーキスワップはBinanceの支援を受けた匿名の開発者によって作成されました。2020年には、BSC アクセラレータープロジェクトから資金提供を受けました。2021年2月の時点で、パンケーキスワップの開発チームはBSCの元社員を含む総勢14名にまで成長しました。この成長期に、当プラットフォームはチームメンバーの追加募集を行っています。合計で、鋳造されたすべてのCAKEトークンの0.03%がパンケーキトレジャリーに置かれ、開発者がプラットパフォームを運営するために使用されています。

ンケーキスワップの価格遍歴

2020年 10月から 2021年6月のパンケーキスワップの価格変動 (資料: CoinGecko)

2020年のローンチ以来、パンケーキスワップはBSC上で稼働する他のDEXとともに大成功を収めています。これは主に、BSC上での比較的低い取引手数料と1秒あたりの高いトランザクション数(TPS)によるものです。多くのユーザーは、イーサリアムを搭載したDEXがネットワーク需要のピーク時に請求する高額な手数料を避けるために、このネットワークに移行しました。

パンケーキスワップは2021年4月、そのトータルバリューロック(TVL)がUniSwap上回ったことで話題になりました。パンケーキスワップはBSCで最も人気のあるDAppで、33万人以上のアクティブユーザーがいます。現在、ユーザーがプラットフォームに賭けている総額は約77億5,000万ドルに上ります。

また、CAKEトークンの価値も急速に高まっています。2021年の年初には、同トークンの価値は約0.65米ドルでした。4月下旬には、史上最高値の43.92ドル(6657%増)を記録しましたが、最近の仮想通貨市場の引き下げの際には11ドルという低価格にまで落ち込みました。現在の価格は19.86ドルとなっており、再び上昇に転じています。

CAKEトークンの流通量は約1億7700万で、時価総額は約35億米ドルです。ちなみに、パンケーキスワップの最大の競合相手であるUNIトークンの時価総額は、約152億ドルとなっています。パンケーキスワップは主要な競合他社よりもまだ小規模ですが、その急速な成長は、特にBSCエコシステム内の競合他社と比較しても注目に値します。例えば、BakerySwapは2021年に同様の急成長を遂げていますが、その時価総額は約10億ドルであり、パンケーキスワップはその約3.5倍の規模となります。パンケーキスワップはDEXとAMMという競争の激しい領域において優勢であることを証明しています。

パンケーキスワップの今後は?

パンケーキスワップの見通しは、短期的には比較的健全に見える。BSCで最も人気のあるDEXであることに変わりはなく、比較的短期間でUniSwapやSushiSwapといったEthereumベースの巨人と並んで言及される注目のプラットフォームとなっています。前述したように、この急激な上昇の理由は、BSCが取引手数料の面で競争力を持っていることです。
しかし、この状況は中長期的には、仮想通貨領域の幅広いシフトによって変わる可能性があります。特に、イーサリアムは今年中に2つの大きなアップグレードが行われ、BSCの競争力に大きな影響を与える可能性があります。

最初に提案された変更点はEIP-1559で、これは7月に実現します。このアップグレードでは、イーサリアムの取引手数料の仕組みを見直し、ユーザーが面倒で信頼性に欠けると感じている現在の入札システムを回避します。

2つ目の大きな変化は、今年の後半にイーサリアム2.0に切り替わることで、イーサリアムのネットワーク全体がプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のコンセンサスシステムからプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のコンセンサスシステムに切り替わります。いわゆる2.0ビーコンチェーンは、すでに2020年12月にスタートしています。 今年後半の大きな変更点は、このチェーンをイーサリアムのメインネットに統合することです。これが完了すると、Ethereumの開発者はシャーディングを導入する予定です。これにより、ネットワークのスループットが大幅に向上するため、前から懸念されていたEthereumのスケーラビリティの問題を解決することができます。

これらの変更が成功すれば、BSCの競争力とDEXの競争力が事実上失われることになります。BSCは、DPoSとPoAを組み合わせたコンセンサスシステムを採用しています(コンセンサスへの投票は、ステークした資金の価値ではなく、ユーザーのアイデンティティに基づいて行われます)。このシステムは基本的にネットワークのスループットを向上させますが、分散性を犠牲にしています。

BSCには21人のバリデーターしかいないため、ネットワークの攻撃や中央集権的なアクター(ネットワークを作成し、イーサリアムをベースにした同社を含む)の影響を受けやすくなっています。一方、イーサリアム2.0のビーコンチェーンには、すでに33,000人以上のバリデーターが存在しています。したがって、BSCのDAppsは逆説的に “中央集権的なDeFi “を構成していると呼ぶ人もいます。

BSCは、すでにいくつかのセキュリティ関連の問題に直面しています。ネットワークのDeFiプロトコルは、最近いくつかのハッキングや攻撃を受けましたが、そのうちの1つはPancakeSwapで入手したフラッシュローンによって促進されました。

イーサリアムには様々な欠点がありますが、スマートコントラクトやDAppsの分野ではすでに先発者としての優位性を持っています。今後予定されているネットワークの変更により、スケーラビリティや取引手数料の問題が緩和されれば、BSCの競争力が失われることでパンケーキスワップが影響を受ける可能性があります。あるいは、両方のネットワークが共存し続け、異なるタイプのユーザーに対応していく可能性もあります。

パンケーキスワップは、主要なEthereum DEXのみならず、BakerySwapのような他のBSCベースのDAppsとの競争にも直面しています。また、MDEXのようなマルチチェーンDEXも増えてきました。MDEXは最近EthereumとHECOからBSCに拡大し、短期間でBSCのチェーンで大きなシェアを獲得しました。パンケーキスワップの大幅なインフレも長期的には問題となり、時間が経てば経つほどコインを保有することが不利になる可能性があります。

急速に進化するDeFiの世界では、次にどのプラットフォームが勝利を収めるかを予測するのは難しい。しかしBSCが競争力を維持している限り、パンケーキスワップはネットワークの分散化を重要視しないユーザーの間でさらなる成功を収めることができそうです。

$ 100ウェルカムボーナス

まとめ

パンケーキスワップはBSC上のDAppsの中でも新しく、BSCの比較的低い取引手数料によって他の主要なDEXに対して大きな競争力を享受しているため、2021年に急速に成長しました。現在、BSC上で最も成功しているDAppであり、近い将来、競合するDEXやAMMの中で突出した地位を維持する可能性が高いです。
しかし、暗号化空間は循環的であり、常に進化しています。イーサリアムが今後イーサリアム2.0に移行することでBSCの取引手数料の優位性が緩和されれば、パンケーキスワップの成長が損なわれる可能性があります。ユーザーの価値観にもよりますが、BSCの比較的中央集権的なネットワークは、より非中央集権的なネットワークと比較して、攻撃や政府による規制の影響を受けやすくなるため、懸念材料となる可能性もあります。パンケーキスワップが刻々と変化する暗号技術とグローバル市場の世界で成功し続けるかどうかは、時間が解決してくれるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します