ホーム > 暗号101 > 疑問解消: 仮想通貨は市場バブルなのか。 >

疑問解消: 仮想通貨は市場バブルなのか。

著者: Irene 日付: 7月 4, 2022

当初から仮想通貨は人よりバブル的な資産と呼ばれてきました。その理由には: 一、仮想通貨は日常的なものの購入には使えない。二、仮想通貨はコーダーコミュニティの中でも孤立している。三、誰も投資できない、というものでした。そのため人々は早々に「価値がない」という結論に達していました。

しかし、ビットコインイーサリアムが主流になり特に仮想通貨市場が拡大した2020年には投資家が続々と参入するようになりました。これはパンデミックとその後の政策対応により実体経済が根本的悪化、物価上昇、インフレに見舞われていたためです。さらに、個人投資家も機関投資家もブロックチェーンによる「インフレに強い」仮想通貨に秘められた技術と革新的な可能性に気づき始めたのです。これにより評価額は高騰し多くの初心者が参入し始め、結果価格をさらに押し上げる事となりました。

仮想通貨バブルは崩壊したのか。

仮想通貨の急騰はとある問題を引き起こしました。多くの投資家が未だ理解出来ていないこれらの新しい資産がフォーチュン500企業の時価総額をも超え、何千パーセントポイントもの上昇を記録したのです。これは一度きりではありませんでした。例えば初期の2017年12月までにビットコインは$19,000の価格を記録し$3,000億を超える時価総額に達しました。そして2021年4月にはビットコインは $60,000(ATH)を記録し、$1兆の時価総額というマイルストーンに到達したのです。このような短期間での過大評価の結果、市場は非情にも反転し仮想通貨バブルは弾けました。

しかしながら2018年初頭の仮想通貨市場暴落は単に投機的なものであり、2021年春の暴落は政策的圧力と過剰なレバレッジによるものでした。いずれも市場バブルや仮想通貨市場バブルが弾けるとどうなるかという厳しい事例となりました。

市場バブルとは?

市場バブルとは資産価格が健全な市場価値を超え急激上昇や市場行動の高揚を経験した後、通常2桁のパーセンテージで価値が下落する投資または経済サイクルのことを指します。

投資家や経済学者が学ぶべき歴史的な市場バブルの例は数多く存在します。例えば1980年代の日本の「バブル経済」、1990年代後半のドットコム株式市場バブル、2009年の米国住宅市場バブル、2015年の中国株式市場バブルなどです。今現在、将来的市場バブルの可能性が最も広く議論されているのは、米国の株式市場、中国の住宅市場、そして仮想通貨市場が含まれます。

市場バブルはこのように1次効果が劇的であり、2次、3次的な結果は予測できません。そのため投資家は市場バブルとは何か理解に励み、市場バブルの赤信号を読み取れるようになることが重要です。

仮想通貨バブル vs 株式バブル

仮想通貨バブルは株式市場バブルと似ており、資産価格や市場評価が派手に上昇し劇的に下落します。特に変動が激しい事で知られる仮想通貨市場では仮想通貨バブル暴落はすでに複数回発生しています(下表参照)。

仮想通貨市場バブルの事例の数々

資産 市場上昇のタイムスパン バブル崩壊時期 下落率
ビットコイン 2016年~2017年12月 2018年2月/3月 52%
ビットコイン 2020年6月~2021年4月 2021年4月/5月 50%
イーサリアム 2017年~2018年1月 2018年2月/3月 40%
イーサリアム 2020年6月~2021年4月 2021年4月/5月 50%
ドージコイン 2021年4月~2021年5月 2021年5月/6月 63%

仮想通貨はバブルなのか 。[2021更新]

ビットコインの支持者や投資家はビットコインが企業の現金保管場所、インフレヘッジ、ゴールドよりも優れた価値の貯蔵所、通貨として有用であることを主張します。これら4つの価値提案は投資テーゼとして十分な根拠を有します。

では実際何がビットコインの価格を正当化し暴落のサインを示すのでしょうか。仮想通貨バブルとは仮想通貨の価格が公正な市場価値を超えることを指します。しかし実体経済が衰退しインフレが高騰する中ビットコインの価値は依然として適切であり、むしろ強まっています。

それでもなおビットコインは多くの企業の貸借対照表に載ってはおらず、日常品の売買にも使用されていません。また費用の問題から取引のメカニズムにもなっていません。交換媒体にもインフレに対する真のヘッジにもならないという声さえあります。

これが仮想通貨をめぐる議論の現状であり仮想通貨が次のバブルになるに違いないのかという議題に繋がっています。例えばビットコインのような仮想通貨の真価をめぐる議論なのです。

しかし2020年3月株式市場が35%暴落した際、ビットコインは55%下落し、株式市場の回復以降はビットコインの価格は株式市場を飛躍的に上回りました。金利が低いまま消費者が消費を続け、業績が好調に続けばビットコインは上昇するでしょう。しかし金利の上昇に加え利益がピークに達し経済が冷え込んだなら市場調整が入るかもしれません。また経済の基礎的条件を見る限りでは近々大規模な仮想通貨バブルが発生するサインはありません。

まとめ

ビットコインをはじめとする仮想通貨がいきなり消滅することはないでしょう。特にビットコインは個人投資家や機関投資家に人気のある投資メカニズムとして定着しているからです。さらにDeFiの登場によりイーサリアムやソラナなどの他の仮想通貨は$1000億市場にまで上昇したNFTアートゲームメタバース、保険、融資、資産管理、決済などを含む産業で分散型金融への扉を開きました。市場バブルが孤立して発生することはほとんどないため株式市場や仮想通貨市場でバブルが弾けるのであれば経済の他の部分にも及ぶでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
start trading start trading start trading

取引を開始するには、今すぐPhemexに登録

Phemexに登録する

その他の記事

Subscribe Phemex

フェメックス社の最新のニュースや情報の受信します!

仮想通貨の最新情報をチェック!