コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > InstaDAppとは: 専用プラットフォームによるDeFi資産管理の簡易化 >

InstaDAppとは: 専用プラットフォームによるDeFi資産管理の簡易化

2022-06-14 06:29:31

2019年に登場したInstaDApp(INST)とは、複数の異なる分散型金融(DeFi)プロトコルを接続するイーサリアム(ETH)上に構築された分散型アプリケーション(DApp)です。同社は他のDAppの数々を統合し、ユーザーがすべての資金を一括で管理できるプラットフォームを提供しています。INSTは1トークンあたり$6.35相当で取引されており、流通供給量は1800万以下の時価総額が$1億2100万相当となっています。

instadapp

InstaDAppのサービス内容は?

InstaDAppを使用するには、ユーザーはMetaMaskのようなWeb3対応のイーサリアムウォレットを用いてダッシュボードを通しInstaDAppに接続する必要があります。接続後、ユーザーはInstaDAppが持つすべての機能を含むプラットフォームへのアクセスが可能です。InstaDAppの当プラットフォームは「DeFiスマートアカウント(DSAs)」と称されます。DSAを用いればユーザーは異なるプロトコルの資金を1か所で管理、委譲、最適化することが可能です。また開発者はDSAの上に構築することで、アカウント所有者向けにより多くのクロスチェーンプロトコル取引を可能にすることができます。

InstaDApp登場以前はユーザーはマニュアルで資産を追跡し、各プラットフォームでの最適な利回り率、担保比率、その他のパラメータを見極める必要がありました。マニュアルでのモニタリングのその複雑さは如何に多くの労力を必要とするかを実感させるものです。InstaDAppによるDSAのDeFiスペースへの導入は様々なプロトコルをリンクさせ、関連データを取得し、すべての情報をダッシュボード上に纏めて要約することでこれらを簡素化します。これによってユーザーは複数のプロトコルに跨ぐ資産を簡単に管理することが出来るのです。

またInstaDApp搭乗以前は、資産を移動するには各プラットフォームで様々な手順を踏む必要がありました。その手順の複雑さもまたユーザーを混乱させ、苛立たせ、結果としてミスや損失を招く一因となり得るもでした。InstaDAppはスマートコントラクトによってこのプロセスを自動化し、ユーザーが送金するのにパラメータを調整し数回クリックするだけで実行を可能にしました。

InstaDAppは送金に際しユーザーに手数料を請求しません。ユーザーは、イーサリアムネットワーク上で資産を移動させるためのガス代としてある程度資金を用意するだけで良いのです。DAppは資産の保管に非分散型ウォレットを利用しています。すなわちユーザーは常に自身の資金管理ができ、InstaDAppはその資金にアクセスする術を持たないということです。加えてすべてのブロックチェーンベースのアプリケーションと同様に、InstaDAppはブロックチェーン上に取引と資産に関する不変的記録を透過的に保管しています。

InstaDAppは、異なるプラットフォームのDeFiプロトコルを統合するための基盤となるインフラストラクチャ「DeFiスマートレイヤー(DSL)」を導入しました。DSLは以下の3つの要素で構成されています:

  • ユーザーが第三機関を介入せずに所有するスマートアカウント。また、ユーザーはこのアカウントを利用し資産の保管やコネクター間での取引を実行します。
  • コネクターとは、DeFiプロトコルと相互作用しスマートコントラクトにDeFiサービスへのアクセスを提供する標準化されたモジュールのことを指します。このスマートコントラクトは開発者によって描かれ、プロトコル間でDeFi取引を実行させます。
  • DSAを管理するためのガーディアン、管理者、自動ボットを設定する権限がユーザーに与えられます。ユーザーは標準化されたモジュールに応じて権限をカスタマイズして設定することができます。そのモジュール下でのアドレスは許可された特定の機能のみ実行することができ、それ以外の機能は実行できません。

The DeFi Smart Layer

DeFiスマートレイヤーなら他のプラットフォームのDeFiサービスもInstaDApp上で一括アクセスが可能。(出典:InstaDApp)

InstaDAppのプラットフォーム連携とは?

現在、InstaDAppと連携しているプラットフォームは、MakerDAO(DAI)、コンパウンドファイナンス(COMP)、ユニスワップ(UNI)です。これらのプラットフォームをInstaDAppに統合することで、ユーザーはダッシュボード上での貸し借りや交換、流動性プールの管理、債務担保証券(CDP)の作成が可能になりました。統合により可能となった具体的な一括管理機能は以下のとおりです:

  • コンパウンドファイナンス:  InstaDAppは貸し借りのDeFiプロトコルであるコンパウンドファイナンスのインターフェイスとして機能します。これによりユーザーは、InstaDAppのダッシュボード上でコンパウンドがサポートする仮想通貨の貸し出しで利息を得たり、資金を借り入れたり、仮想通貨資産を担保として使用したりすることができます。
  • ユニスワップ:  InstaDAppは、トークンペアからなる流動性プールを持った分散型取引所(DEX)であるユニスワップをネットワークに導入しました。これによりユーザーはInstaDAppで第三者機関を介さず、選択したトークンペアを直接交換することが可能です。さらにユニスワップのプールに流動性を提供するInstaDAppユーザーは、InstaDAppのダッシュボードから既存のプールも童謡に簡単に管理することが可能です。
  • MakerDAO: コンパウンドと同様、MakerDAOの統合により債務担保証券を作成することができます。それによりInstaDAppのユーザーはサポートされている仮想通貨資産を担保としてロックし、ダッシュボード上でプラットフォームのステーブルコインであるDAIを作成することが可能です。

InstaDAppのINSTトークンとは?

近頃、InstaDAppはイーサリアムメインネット上にガバナンストークンであるINSTを発行しました。これはチームから分散型ガバナンスに即時切り替えを意味するのではなく、予定ではInstaDAppにより徐々にトークンをコミュニティに配布する段階的なガバナンス展開が行われます。まずInstaDAppはトークン供給の一部をチームメンバーと投資家に割り当て、マイクロ分散型自律組織(DAO)を形成します。オンチェーン投票とコントラクトアップグレード機能が予定通りに動作するまではInstaDAppの主要チームによりネットワークガバナンスが管理されます。その後はプロトコルの管理をDAOに譲り、INSTトークン保有者により以下が律されることとなります:

  • 新機能: トークン保有者はDSA上の遊休資産に関する新しいプロトコルの導入、機能、使用例を提案することができます。
  • プロトコルの更新: INSTトークン保有者はシステム更新やプラットフォームのパラメータ調整などのコード変更に関して投票することができます。
  • 流動性とブリッジ: トークン保有者はInstaDAppと他のプロトコルを繋ぐブリッジや、InstaDAppが借り換えやクロスチェーン資産管理に利用する流動資金源の管理について投票することができます。
  • エコシステムファンド: INSTトークン保有者はInstaDAppエコシステムの開発およびDAO基金の資金配分について投票することができます。InstaDAppがDAO、コミュニティ、パートナーシップ、流動性、統合のためにどのように資金を使用すべきかを決定します。

InstaDAppの成立ち

InstaDAppはソウメイ・ジェインとサミヤク・ジェインの2人の兄弟によってインドで創業されました。彼らは大学を中退し起業家として成功を収めます。2人のうち兄のソウメイ・ジェインは学校を辞める前は公認会計士への道を歩んでいました。当時コンピューターサイエンス科の1年生だった弟のサミヤク・ジェインもそれに倣いました。

2人は金融への情熱とインターネットの力への信念から2018年8月にインドのベンガルールで開催されたハッカソンに参加しました。ハッカソンとは参加者がイーサリアムベースの製品を開発するイベント「ETHIndia」のことです。2人はここで初めてInstaDAppの初期バージョンを公開しハッカソンの優勝者として輝きます。そこから2人は、アプリケーションをさらに改良し機能の追加や問題の修正を行いプロジェクトを軌道に乗せました。

ソウメイ・ジェインは現在InstaDAppの最高経営責任者(CEO)です。InstaDApp以前は「Fintrig Technologies」にて約 2 年間マネージングディレクターとして務めていました。またサミヤク・ジェインは現在InstaDApp の最高技術責任者 (CTO) として務めています。InstaDAppの共同設立前はMoatfundにてフロントエンド兼DAppの開発者として半年務めていました。

DeFiスタートアップであるInstaDAppは複数の投資家や投資機関の注目を集めました。2019年に開催されたシードラウンドでは、同社はナバル・ラビカントやバラジ・スリニバサンといった名立たる起業家投資家や、パンテラ・キャピタルやコインベースといった名立たる機関から$240万を調達しました。また2021年6月、InstaDAppは直近の資金調達ラウンドでYearnの創業者アンドレ・クロニエ、DeFi協会、Longhash社といったベンチャー投資会社、標準仮想通貨、戦略的パートナーより$1000万を調達しました。

INSTの価格推移

2021年6月中旬頃にネットワークのガバナンストークンであるINSTが発行されました。最初の誇大宣伝によりINSTの価格は6月20日の$9からピークの$14にまで上昇しました。その後、関心が薄れるにつれ価格は$3近くまで急落し7月5日に再度反発します。仮想通貨市場全体が回復の兆しを見せると共に、INSTの価格は150%以上急騰し2日後には$8に到達しました。本稿執筆時点ではINSTの価格は$6前後で推移しています。

INST price chart

2021年6月19日から7月28日までのINSTの価格チャート(出典:CoinMarketCap)

INSTは時価総額で256位にランクされています。InstaDAppはジェネシスで1億INSTトークンをミントし、4年間に渡り分配する予定です。同社はトークン供給の55%をコミュニティメンバーに、残りの45%を投資家、パートナー、アドバイザー、チームメンバーに割り当てています。InstaDAppは発行時にメイカー、コンパウンドAaveなどのDeFiポジション、流動性マイニングユニスワップV3ステーキングの3種類の方法でトークンを配布しています。そして現在、約1800万ほどのトークンが流通しています。

InstaDAppの展望は?

新規または既存のプラットフォームは今後それぞれのカスタムプロトコルでDeFiの拡大に合わせた形で新しいDeFiアプリケーションやサービスを提供していく事でしょう。またプラットフォームによってそれぞれ利回り、担保率、流動性プール、その他のパラメーターを設定していくことでしょう。このような選択肢の多さは混乱を招くばかりかユーザーの参加意欲を退け嫌煙させてしまう可能性さえあります。InstaDAppはブロックチェーン技術の安全性と分散型の利点を維持しながら、資産管理を容易にする一括プラットフォームを提供することでこの問題を解決しています。

またInstaDAppの驚異的な成長を支えているのは数々のパートナー企業です。コンパウンド、MakerDAO、ユニスワップは、それぞれのプロトコルが数十億ドルの預かり資産(TVL)を持つDeFi界の主要プラットフォームです。このような強力なコラボ関係によりInstaDApp自身も約$80億のTVLを達成し、TVLではコンパウンド、MakerDAO、ユニスワップよりも上位の第3位となっています。

ガバナンストークンの導入に伴いInstaDAppは近頃、ユーザーが提案、報奨金、ガバナンス、アプリケーション開発について議論するためのコミュニティフォーラムを開設しました。現在議論の中には収益モデルの導入、RAIプロトコル、B.プロトコルの導入などといくつかの提案が存在します。特に収益モデルに関する提案は、提案提出者によりInstaDAppのマネタイズモデルが説明されており大変興味深いものとなっています。また収益については、導入を希望するプロトコル、取引を行うユーザー、またはプラットフォームのディベロッパーベース製品を利用する開発者向けにInstaDAppが手数料を課すことも提案されています。

まとめ

InstaDAppはイーサリアムネットワーク上に構築されたDAppで、複数のDeFiプロトコルを1つのプラットフォームに統合することで簡単な資産監視と管理を可能にします。ユーザーはInstaDAppダッシュボードで複数のプロトコルの資産を同時に管理、最適なDeFiパラメータを特定、基盤となるスマートコントラクトを介しての取引を実行することができます。またInstaDAppユーザーはダッシュボードから仮想通貨資産の貸し借りまたは交換流動性の提供、流動性プールの監視、資産の担保を行うことができます。

InstaDAppはブロックチェーンの安全性と分散型という強い側面を合わせた資産管理を一括で行えるプラットフォームを作り出すことに成功しました。InstaDAppはMakerDAO、コンパウンド、ユニスワップなどの主要DeFiプラットフォームとの強力なパートナーシップにより、スマートコントラクト上に数十億ドルの預かり資産と言う驚くべき成長を遂げました。また、ガバナンストークン発行によりトークン保有者は提案と投票する権利を獲得しました。よってこの先行われる提案された機能の実装や新しいプロトコルの統合によってInstaDAppの成長は未知数と言えるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE