Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

ライトコイン vs ビットコイン:その違いを学ぶ

仮想通貨の取引を始める前に、 ビットコイン とライトコインの違いを明確に理解しておきましょう。

ライトコインとは?

ライトコイン(LTC)は、他の暗号通貨と同様に、ブロックチェーン技術を利用して「コイン」の転送や取引を促進するグローバルなデジタル決済手段です。しかし、ライトコインは、独自の ブロックチェーンを使用して、取引や送金の速度を高速化しています。ライトコインのソフトウェアは、オープンソースであり、分散化されています。

litecoin

違いはなに?

ライトコインマイニングとビットコインマイニング

ライトコインとビットコインの主な違いの一つは、採用している仮想アルゴリズムの違いです。ビットコインは伝統的なSHA-256アルゴリズムを採用しているのに対し、ライトコインはScryptと呼ばれるアルゴリズムを採用しています。これらは、それぞれのコインの採掘速度に影響します。ライトコインのアルゴリズムは、ビットコインの約4倍のコインを生成するように設計されており、2.5分に1枚のコインを生成します(ビットコインは10分に1枚)。そのため、主な違いは「スピード」にあります。

とはいえ、LTCもビットコインも、取引を処理するためにコンピューティングパワーに依存したアルゴリズムを採用しています。このコンピューティングパワーは、ネットワーク上で取引を確認し、報酬としてコインを受け取る「マイナー」によって提供されます。

トランザクションの処理

両コインの取引は、ブロックチェーン上で確認されるまでに長い時間がかかります。ビットコインの取引は、一般的に10~11分に1回程度の頻度で確認されます。一方、LTCの取引ははるかに速く、約2.5分に1回確認されます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free