コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ビーム(BEAM)とは:プライバシーを保護するブロックチェーンと暗号通貨 >

ビーム(BEAM)とは:プライバシーを保護するブロックチェーンと暗号通貨

2021-11-05 08:13:14

ブロックチェーン技術、特に分散型金融(DeFi)アプリは、ピア・ツー・ピア(peer to peer)取引のメリットをより多くの人々にもたらします。しかし、一部の人々にとってブロックチェーンの大きなデメリットは、すべての取引が公に閲覧可能であることです。したがって、Beam(BEAM)は、完全にプライベートで機密性の高い取引と暗号資産の保管を提供するブロックチェーンと暗号通貨です。

現在、BEAMは0.86ドルで取引されており、総供給量は約100万コイン、時価総額は約8,500万ドルとなっています。

beam

ビーム(BEAM)とは?

Beamは、MimbleWimbleとLelantusという2つのプライバシー重視のブロックチェーンプロトコルを混合して実装したブロックチェーンです。Beamでのすべての取引は完全に秘密裏に行われます。ウォレットのアドレスや送金額など、取引当事者の情報はブロックチェーン上に記録されません。MimbleWimbleとLelantusのプロトコルにより、Beamは運用パフォーマンスを犠牲にすることなく、取引のプライバシーを実現しています。

BeamはPoW(Proof of Work)ブロックチェーンであり、必要なハードウェアとソフトウェアを持つユーザーは、プラットフォームに参加してマイニング報酬を得ることができます。2019年(ローンチの年)には、ブロックチェーンは、マイニングされたブロックごとに80BEAMコインを授与しました。2020年から2023年までは、マイニング報酬は1ブロックあたり40BEAMに設定されています。2024年からは、報酬は25BEAMとなり、4年ごとに半分になります。

報酬の半減は、ビットコイン(BTC)の同様のスケジュールを忠実に再現しています。世界最大のビットコインと同様に、BEAMもデフレに対応したコインを目指しています。

$ 100ウェルカムボーナス

ビーム(BEAM)の仕組みは?

Beamでの取引では、暗号化された資金の送信者と受信者のみがお互いのアドレスを見ることができます。このアドレスも通常は一時的なものです。Beamは新規取引のたびに新しいアドレスを作成するため、プラットフォームユーザーの取引履歴を追跡することはできません。

典型的な取引プロセス

トランザクションの受信者は、自分のウォレットにアドレスを作成し、電子メールやチャットメッセンジャーアプリなどのオフチェーンの手段で送信者に渡します。送信者は、自分のウォレットに一時的なアドレスを作成し、受信者から提供されたアドレスに資金を送信します。

資金がまだ送信されていない間、受信者は(通常)自分のウォレットをオンラインにしておく必要があります。資金が送信され、ネットワークが取引を検証すると、受信者はすぐにオフラインになることができます。

取引の種類

Beamでは3つの取引タイプがあります。

  1. オンライン取引オンライン取引:最も一般的に使用されている取引で、取引手数料も最も低く設定されています。オンライン取引では、送信者と受信者の両方が取引実行中にオンラインになっているか、少なくとも取引後12時間以内にオンラインになっている必要があります。Beam社では、これらの取引をプライバシーの観点から最も安全性の低い取引と定義しています。
  2. オフライントランザクション:このタイプのトランザクションでは、受信者はトランザクションの実行時、またはトランザクションの実行後12時間以内にオンラインである必要はありません。送信者は、受信者が事前に指定したアドレスに資金を送金することができます。送信者が送金を実行すると、受信者は次回にウォレットがオンラインになったときに資金を利用できるようになります。Beamでは、オフラインでの取引はオンラインでの取引よりもプライバシーが高いと定義しています。
  3. 最大限のプライバシーが確保された取引:最高度のプライバシーが確保された取引です。オフライン取引と似ていますが、ユーザーは「ロック」時間を指定して、取引を可能な限り非公開にすることができます。ロックタイムとは、取引が受信者のウォレットに転送される前に、シールドされたプールに留まる時間数のことです。

ロックタイムが長ければ長いほど、プライバシーの観点から取引の安全性が高まります。

アドレスの種類

トランザクションの場合と同様に、Beamにもアドレスの種類があります。Beamには3種類のアドレスがあります。

  1. 通常のアドレスこのアドレスは、オンラインおよびオフラインのトランザクションタイプに対応しています。一時的なもので、有効期限があります。
  2. 匿名性の高いアドレス通常のアドレスとは異なり、匿名性の高いアドレスは、プライバシーを最大限に確保した取引が可能です。
  3. パブリックオフラインアドレス通常のアドレスには有効期限がありますが、パブリック・オフライン・アドレスは永続的に保存することができます。一般的に、ビームはこのアドレスタイプをオンラインになることが少ないユーザーへの送金にのみ使用し、パブリック・オフライン・アドレスを定期的に使用しないことを推奨しています。

上記のトランザクションタイプとアドレスタイプは、ビーム社が非常に高いレベルの取引機密性を提供するために雄弁に使用しています。アドレスや金額など、取引に必要なすべての情報は、取引を行うウォレット内に保存され、ブロックチェーンの台帳上に公開されることはありません。

設定できるレバレッジは最大100倍

アトミック・スワップ

標準的な取引タイプに加えて、Beamはアトミックスワップにも対応しています。アトミックスワップは、スマートコントラクトを利用した2人のブロックチェーンユーザー間のP2P暗号転送です。2人の取引当事者は、同じブロックチェーン上にいることも、異なるブロックチェーン上にいることもできます。

Beamのアトミックスワップ機能はまだベータ版です。現在、Beamと他の2つのネットワーク、BitcoinとLitecoin (LTC)との間のスワップがサポートされています。

機密性の高い資産

プライバシーを重視するブロックチェーンユーザーのために、Beamは機密性の高い価値移転だけでなく、完全に機密性の高い暗号資産の保管も提供しています。コンフィデンシャル・アセットとは、顧客のロイヤルティポイントなどの価値ある資産を表すために、ブロックチェーン上に作成・保管できる特別なBeamトークンに与えられた名称です。

Beam社は、コンフィデンシャル・アセットの作成に関する使いやすいガイドを提供しています。各アセットタイプを作成するには、3,000BEAMをロックする必要があります。Beamで資産を維持する必要がなくなったら、資産を清算して、3,000BEAMの保証金を取り戻すことができます。

Beam DApps

Beamは、プラットフォーム上で分散型アプリのスイートを開始する計画を発表しました。アプリはBeam DAAP Storeを通じて提供されます。プラットフォームは特にゲームとDeFiアプリを優先事項として挙げています。

ビーム(BEAM)を使い始めるには

Beamの利用を開始するには、Beamのネイティブウォレットを入手する必要があります。現在、Beamのデスクトップウォレットは、Windows、Mac、Linuxベースのシステムでダウンロードできます。また、モバイルウォレットは、AndroidとiOSの両方で利用できます。

Beam wallets

ビームのウォレットは、デスクトップとモバイルの主要なOSで利用できる

(出典:beam.mw)

 

ビーム(BEAM)の背は誰にいるのか?

Beamプロジェクトの背後にある会社、Beam Development Ltd.は、2018年に2人のテクノロジー起業家、Alex RomanovとAlex Zaidelsonによって設立されました。同プロジェクトのメインネットは2019年1月上旬に立ち上げられました。

現在、ロマノフ氏は同社のCTOを、ザイデルソン氏はCEOを務めています。また、プロジェクトのCスーツには、COOのAmir AaronsonとCMOのBenni Issembertがいます。Beam Development社の本社は、イスラエルのテルアビブにあります。

Beam社は、2回の資金調達ラウンドで合計700万ドルのベンチャーキャピタル(VC)を調達しました。この資金の大部分である500万ドルは、同社のリードインベスターである日本の投資会社、リクルートストラテジックパートナーズから第1ラウンドで調達しました。残りの200万ドルは第2ラウンドで、合計10人の機関投資家および個人投資家から調達しました。

また、ビームプロジェクトは、プラットフォームのガバナンスを主に担当する非営利団体「ビーム財団」によって支援・指導されています。この財団は、BeamX DAOによるブロックチェーンベースの完全な分散型ガバナンスが確立されるまでの間、Beamを統治する一時的な組織です。

Beam Foundationは、シンガポールで登記されています。最大7名のメンバーで構成される理事会によって運営されています。

ビーム(BEAM)の価格推移

市場での歴史の多くを通じて、BEAMコインは、安定したコインではない暗号としては驚くべき安定性を示しています。BEAMは2019年1月に約0.80ドルのレートで発売されました。発売から数日で急速に値上がりし始め、1月下旬には2.94ドルまで急騰し、今日現在では過去最高の価格となっています。

BEAM price

2019年1月の発売から2021年10月までのBEAMの価格(出典:CoinMarketCap.com)

しかし、この水準を長く維持することはできず、数日のうちに1ドル以下にまで下落しました。 2019年半ばに約2.30ドル、2021年4月に約1.90ドルという2つの短期的なスパイクを除いて、その後、BEAMは市場に出回っている期間のほとんどで1ドル以下の水準で取引されました。

ビーム(BEAM)の将来性は?

ビーム社の先行きはやや不透明だ。トランザクションとバリューストレージのプライバシーという全体的なコンセプトは、多くのブロックチェーンユーザーにとって非常に魅力的ですが、完全にプライベートなプラットフォームがサイバー犯罪者の遊び場になってしまう可能性は常にあります。

完全な秘密主義は、そのようなプラットフォームをマネーロンダリングやその他の種類の犯罪者の魅力的な場所にするかもしれません。Beam社は、プライバシーを保護する運営モデルが、不用意にそのようなシナリオにつながらないようにできるかどうかが大きな問題です。

手数料0

結論

ブロックチェーン愛好家の多くは、プライバシーを最重要視しています。Beamはこのような人々に、取引を行い、暗号資産を保管するための理想的なプラットフォームを提供しています。

このプラットフォームは3年近く前からメインネットで展開されており、DeFiやゲームアプリの立ち上げという大きな計画があります。プラットフォームがより多くの機能を開発し、アプリの選択肢が増えれば、Beamの利用者は増えていくだろう。

しかし、Beamが直面するかもしれない大きな問題は、不正な活動や送金のための「選ばれるブロックチェーン」になる可能性です。Moneroのような同様のプライバシー重視のプラットフォームでは、そのような問題に直面しており、風評被害のリスクは些細なものではありません。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

 

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します