コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > ビットコインのヘッジ:暗号通貨のリスク管理戦略 >

ビットコインのヘッジ:暗号通貨のリスク管理戦略

2021-09-18 08:06:12

キーポイント

  • トレーディングにおけるヘッジングとは、トレーダーが投資の損失を相殺するために用いるリスク管理戦略のことです。
  • 最も一般的な方法は、ポートフォリオの分散、資産の空売り、先物などのデリバティブの使用の3つです。
  • 暗号通貨をヘッジすることは、まったくリスクがないわけではありません。価格チャートに関連するシグナルが表示されていても、特定の資産の価格が下落または上昇する保証はありません。

hedge-crypto

ヘッジングとは何ですか?

ヘッジングとは、トレーダーが投資の損失を相殺するために用いるリスク管理戦略の一つです。ヘッジングとは、特定の資産の現在のオープンポジションと反対のポジションを取ることです。トレーダーは、ネガティブなイベントによる投資への影響から身を守るための保険のようなものと考えています。ただし、ヘッジングは不利な事象の発生を防ぐものではありませんのでご注意ください。むしろ、金銭的な影響を軽減するための戦略であることに留意してください。

なぜ暗号通貨をヘッジするのか?

暗号通貨市場は非常に不安定な市場です。価格が急激に上昇すると同時に下落するような、鋭く急激な価格変動が蔓延しています。例えば、2021年1月、Dogecoin(DOGE)の価格は24時間以内に約0.008ドルから約0.08ドルへと大幅に上昇しました。しかし、翌日には0.022ドルと約72%も急落してしまった。DOGEの価格がその後の数カ月間にどんどん上昇したにもかかわらず、すべての暗号通貨が同じように回復したわけではありません。

興味深いことに、多くの暗号トレーダーは、市場の変動を儲けるチャンスと捉えていますが、同時に巨額の損失に遭遇するリスクが高まることにもなります。

それとは別に、暗号通貨は分散化を念頭に置いて作られています。暗号通貨は、その性質上、多くの金融機関が持つ規制がありません。そのため、暗号通貨市場では、従来の金融機関のような要件や制限、ガイドラインが適用されません。残念ながら、この規制の欠如により、暗号トレーダーの保護が制限されるため、巨額の損失を被る可能性が高くなります。そのため、暗号トレーダーが暗号通貨を取引する際には、経験や個人の判断、市場に頼らざるを得ません。

ヘッジを使って取引リスクを最小限に抑える

特に、トレーダーはヘッジングのようなリスク管理戦略を採用することで、上記のような暗号通貨取引のリスクを最小限に抑えることができます。例えば、あるトレーダーが現在ビットコイン(BTC)の利益のあるポジションを持っているが、そのトレーダーは、自分の直感や市場から得られる情報により、ビットコインの価格が下がると予測し、信じているとします。そのため、資産をヘッジすることを計画しています。ヘッジするために、トレーダーは現在の利益のあるポジションの反対側に2つ目のポジションを追加して、プラスの未実現利益を保護します。市場の方向性が変わると、最初に利益を得ていたポジションがマイナスになることがあります。一方、ヘッジの際に取った第二のポジションは利益を生み出し、最初のポジションからの損失の一部をカバーします。これは一般的に空売りや先物取引で行われます。

暗号通貨をヘッジするには?

トレーダーがリスクを軽減するために使用できる暗号通貨のヘッジ戦略はさまざまです。最も一般的な3つの方法は、ポートフォリオの分散、空売り、そして先物のようなデリバティブの使用です。

したがって、ヘッジングはそれ自体が独立した投資戦略ではなく、特定の市場低迷の状況下で他の様々なリスク管理戦略を利用することです。

ポートフォリオの分散化

分散したポートフォリオを持つことは、トレーダーが暗号通貨市場での損失を最小限に抑えるための最もシンプルな方法です。分散とは、すべての資金を1つの暗号通貨に投資するのではなく、さまざまな暗号資産を購入することです。言い換えれば、”すべての卵を1つのバスケットに入れない “ということです。

多様なポートフォリオでは、各暗号通貨が他の暗号通貨に対するヘッジとして機能します。その結果、1つのトークンの価格が下落しても、トレーダーが資金のすべてを1つの暗号通貨に投資する場合に比べて、全体的な損失は小さくなります。

分散戦略では、一般的に、そして好ましくは、資金を一様な方向に動かない投資対象に投入することになります。最も最適なシナリオは、トレーダーが様々な無関係または非相関の資産に投資することです。しかし、暗号通貨市場は、複数の資産クラスを抱え、多様な産業が含まれる伝統的な株式市場とは異なります。暗号通貨の資産はかなり似ていて、同じ市場の方向に動く傾向があります。そのため、完全に分散された暗号のみのポートフォリオを実現するのは難しいかもしれません。

それでも、暗号トレーダーは、適切なポートフォリオ分散戦略を策定する必要があります。トレーダーは、どの暗号通貨をポートフォリオに含めるかについて独自に調査する必要があります。一般的に、ポートフォリオにはさまざまなコインをうまく組み合わせ、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの評判の高いコインを含めることで、アルトコインに関連する高いリスクを相殺する必要があります。

投資家が多様化のために暗号以外のものを見たいと思うなら、それも問題ありません。ビットコインは他の多くのものと相関しない資産と見られており、株式(S&P500指数)との相関は低く、大型資本志向のNasdaq-100指数に代表されるテクノロジー株との相関もかなり低いです。したがって、ビットコインから分散したい場合は、これらが有力な選択肢となるだろう。

Dow Jones MarketWatchのデータによると、5月下旬に計測されたビットコインのNasdaq-100との相関は、ローリング20日平均で0.20程度、S&P500との相関は6月2日時点で0.29となっています。一方、Michael Saylor氏のMicroStrategyは0.73とはるかに高い相関性を持っています。つまり、暗号価格の下落に対して多角的なヘッジ戦略を追求したいのであれば、NasdaqやS&P500の株式など、相関性の低い資産に投資するのが安全ですが、暗号通貨業界と一緒に動くものは避けるように特に注意してください。

資産の空売り

トレーダーが暗号通貨をヘッジするためのより高度な方法として、資産の空売りがあります。空売りとは、特定の資産がすぐに値下がりすると思われるときにその資産を売り、その後、より低い価格で買い戻すという取引方法を指します。そうすることで、トレーダーはその差額から利益を得ます。

空売りは、トレーダーが特定の暗号通貨の価格チャートを分析することから始まります。例えば、ダイバージェンス分析を使って、潜在的なトレンド反転の兆候を判断します。トレーダーは、トレンドが下向きに反転する兆候を確認したら、取引所やブローカーから特定の暗号の金額を借りて、借りたトークンを市場で売ります。暗号の価格が下がれば、同量のトークンを低価格で買い戻し、取引所やブローカーに返却することができます。しかし、価格が上昇した場合、トレーダーは同量のトークンを高い価格で買い戻さなければならず、損をすることになります。

例えば、あるトレーダーがBTCのショートを希望し、1,000ドルのBTCを60,000ドルで借りたとします。BTCの価格が50,000ドルに下がった場合、トレーダーは同額のBTCを買い戻すために833ドルを費やすだけで済み、167ドルの利益を手にすることができます。しかし、BTCの価格が70,000ドルに上昇した場合、同額のBTCを買い戻すためには1,167ドルを支払う必要があり、167ドルの損失を被ることになります。トレーダーは多額の損失を避けるために、最初の価格である60,000ドル付近に損切りのリミットを設定することを選ぶことができます。

注意すべき点は、空売りによるヘッジには取引コストや証拠金の負担が伴うため、利益を圧迫する可能性があることです。したがって、トレーダーは特定の暗号通貨を借りたり売ったりする前に、適切な計算をする必要があります。

先物の活用

トレーダーは、デリバティブを使って暗号通貨をヘッジすることもできます。デリバティブとは、主要な原資産から価値を得る契約を指します。トレーダーが暗号通貨をヘッジするために使用する最も一般的なデリバティブは、先物です。先物とは、将来の特定の日に所定の価格で特定の暗号資産を取引することに合意した2人以上の当事者間の金融契約の一種です。暗号通貨の先物は、トレーダーが将来のショートポジションを取ることで価格下落のリスクを軽減し、将来のロングポジションを取ることで価格上昇時に利益を得るのに役立ちます。

例として、トレーダーが60,000ドル相当の1BTCを保有し、この価格でロックインしたいと考えているとします。この価格では1枚の先物契約が1ドル分のBTCに相当するため、トレーダーがポジションを建てる際には60,000枚の契約が必要になります。トレーダーは、価格を予想して契約をショートする準備をし、それを売ります。決められた日に価格が下がった場合、トレーダーは先物を安い価格で買い戻し、その差額をポケットに入れます。しかし、価格が上昇した場合、トレーダーは高い価格で先物を買い戻すことで損失を被ることになります。一方、ロングポジションで先物を保有していれば、価格が上昇すれば利益を得られ、下落すれば損失を被ることになります。

先物取引の高いレバレッジを利用すれば、利益を上げることができます。しかし、不利な条件では、損失も大きくなります。そのため、先物取引ではレバレッジのリスクに注意する必要があります。

また、デリバティブと空売りを組み合わせてヘッジすることを「ショートヘッジ」と呼ぶことがあります。ショートヘッジでは、資産をショートするか、所有する投資の潜在的な損失をヘッジするデリバティブ契約を使用して、指定された価格で売却します。

設定できるレバレッジは最大100倍

暗号通貨を正しくヘッジするには?

取引のリスクが心配で、チャートを研究する時間がない初心者トレーダーにとっては、より安全なオプションを選び、ポジションを閉じるか、サイズを小さくするべきです。その他の人にとっては、ヘッジは保有資産を維持し、市場低迷時の損失を軽減するための有効な戦略となります。

暗号をヘッジするための4つのステップ

ヘッジを正しく行うために、トレーダーは以下のステップを踏むことができます。

  1. トレーダーは、ヘッジ戦略を適用する前に調査を行い、価格チャートの使用、読み取り、分析方法を学ぶ必要があります。
  2. トレーダーは、暗号通貨取引所での取引方法を学びます。
  3. トレーダーは、暗号通貨の取引方法を理解したら、模擬取引を利用してヘッジング戦略の練習を開始します。
  4. トレーダーがコツをつかんだら、本物の暗号通貨のヘッジを少額から始めて、後でゆっくりと大きなポジションに移行することができます。

トレーダーが暗号通貨をヘッジする際には、現在のポジションとは反対のポジションを取ることが鉄則です。つまり、トレーダーは特定の資産の価格が下落すると考えればショートポジションを取り、価格が上昇すると考えればロングポジションを取るべきです。しかし、暗号通貨をヘッジすることは、まったくリスクがないわけではありません。価格チャートが関連するシグナルを示していたとしても、特定の資産の価格が下落または上昇するという保証はありません。そのため、トレーダーはどの暗号通貨をヘッジするか、またどのようなヘッジ戦略を使用するかを決定する際には、長所と短所を考慮する必要があります。

手数料0

結論

ヘッジングは、トレーダーが伝統的な株式市場と暗号通貨市場のリスクを軽減するために使用する人気の戦略です。変動の激しい投資環境の中で、暗号通貨の保有を維持し、利益を守るための有用なツールです。最も一般的な暗号通貨のヘッジ戦略は、ポートフォリオの分散、空売り、およびデリバティブの取引の3つです。ヘッジ戦略を適用する際、トレーダーは取引手数料と、収益を削る可能性のあるレバレッジ使用のリスクに注意する必要があります。

トレーダーは、ヘッジングがリスク管理戦略であることを念頭に置く必要があります。ヘッジがリスクを軽減するという保証はなく、時には逆効果になり、実現したはずの利益額を制限することもあります。したがって、トレーダーは取引に利用する前に、利用可能なヘッジツールを理解し、そのようなツールを使って練習することをお勧めします。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します