コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > USDコイン(USDC)とは? >

USDコイン(USDC)とは?

2021-05-21 03:01:15

USDコイン(USDC)とはCentreによって開発され、CircleとCoinbaseによって発行・管理されている完全担保型のフィアット型ステーブルコインです。

2018年9月に登場したUSDCは、仮想通貨市場に登場した最新の中央集権型ステーブルコインの1つです。現在USDCは100億ドル以上の時価総額を持ち、2番目に大きなステーブルコインとなっています。

what is usdc

USDCは米ドルと1対1の比率で固定さてれており、米国の送金法の枠内で運営されています。現在USDCを発行しているCircleとCoinbaseの2社は米国の金融規制機関であるFinCenにマネーサービスビジネス(MSB)として登録・認可されており、その財務諸表は公開され、信頼できる第三者による定期的な監査を受けています。

現在、USDCはEthereumブロックチェーン上でERC-20トークン、Algorand上でASAトークン、Solana上でSPLトークンとして利用できます。

ステーブルコインの重要性

ステーブルコインまたはフィアット通貨に固定されたデジタル資産は、仮想通貨業界で最も急速に成長しているセグメントの1つです。2019年の初めから現在までで、ステーブルコインの時価総額は26億ドルから550億ドル強にまで成長しています。

この素晴らしい成長の背景には、いくつかの要因があります。ステーブルコインには、従来のフィアット通貨に比べて取引の決済が非常に速い(数秒単位)、取引手数料が安い(平均0.2ドル/取引)、プライバシーが守られる、自己保管ができるなどの利点があります。しかしおそらく最も大きな利点は、仮想通貨や分散型金融のエコシステム全体への摩擦のないアクセスや完全な相互運用性にあります。

安定性の源や仮想通貨のボラティリティーに対するヘッジとして使用される以外にも、ステーブルコインは国境を越えた支払いや、政治的・経済的に不安定でインフレ率の高い国での安全で簡単な価値の保存手段として使用されることが増えています。ステーブルコインは、不安定なマクロ経済状況の中でも、安定性の源となるのです。

ステーブルコインの種類

安定性を得るためにステーブルコインが採用している3つの主な方法は、法定通貨担保型、暗号資産担保型、そして無担保型モデルです。

完全にバックアップされた法定通貨担保保管型ステーブルコインの代表例としては、USDC、Tether(USDT)、TrueUSD(TUSD)、Binance USD(BUSD)などがあります。

この種のステーブルコインは、基本的に米ドル建ての負債のデジタルラッパーとして機能します。例えば、CircleとCoinbaseは、USDCを1枚発行するごとに、銀行口座に1米ドルを蓄え、理論上は1枚のUSDCが1米ドルの蓄えと交換できるようになっています。

しかし、いまだにきちんとした監査を行っていないテザー社グループとは異なり、Circleはトップ5の監査法人であるGrant Thorton LLPに財務諸表を監査してもらい、その監査結果を毎月公開しています。

暗号資産担保型のステーブルコインの代表例はMaker DAOが発行・管理するDAIです。DAIは、MKR(Makerのネイティブデジタルトークン)保有者が承認した任意のEthereumベースの資産を建てた担保付き債務を活用することで、価格の安定性を実現しています。担保資産には、イーサリアム、ラップビットコイン(WBTC)、あるいはUSDCのような別の安定したコインを含めることができます。

3つ目は、Ampleforth(AMPL)、BASED、ESD、DSDなどの、いわゆるアルゴリズムベースのステーブルコインです。これらのステーブルコインは中央銀行がフィアット通貨の供給をコントロールするのと同様に、トークンの発行レートや通貨供給量をアルゴリズムでコントロールすることで、価格の安定を図ろうとするものです。

この安定化モデルには様々なバリエーションがありますが、基本的な原理は基本的に同じです。ステーブルコインの価格が希望の固定価格(通常は1米ドル)を下回ると、アルゴリズムはオープンマーケットでの買い戻しや燃焼によってトークンの流通量を下げ始めます。安定コインの価格が希望の固定価格を上回ると、スマートコントラクトやアルゴリズムは、ステーブルコインの価格が希望の価格に達するまで新しいトークンを鋳造して配布することで流通供給量を増やします。

現段階では、市場に出回っている無担保型ステーブルコインのプロジェクトで十分な安定性を持つステーブルコインの作成に成功したものはありません。一方で、中央集権型と暗号資産担保型ステーブルコインは、それぞれメリットとデメリットがある人気の高い選択肢です。例えば、ブロックチェーンの透明性により、DAIステーブルコインの担保はリアルタイムで簡単に確認できますが、USDCやTetherなどの中央集権型ステーブルコインは、第三者による監査や独立した財務調査に頼っています。さらに、USDCのような中央集権型のステーブルコインは、運用面では分散型のものに比べて比較的安全ですが、検閲の対象になりやすく、プライベート性もかなり低いと言えます。

USDCはどのように機能するの?

前述の通り、USDCはCircleとCoinbaseが発行・管理する中央集権型のフィアット型ステーブルコインです。つまり、流通しているUSDCトークンは、Circleの銀行の準備金1USドルに裏付けられています。

USDUSDC変換する方法

USDをUSDCに変換する、つまりEthereum、Algorand、Solanaのブロックチェーン上でUSDをトークン化するプロセスは簡単で、以下の4つのステップを踏みます:

  1. プライマリーマーケットまたはCircleから直接USDCを購入または交換するために、アカウントを登録して本人確認(KYC)を行い、正規の銀行口座をリンクする。
  2. Circleの銀行口座に米ドルを送金する。トークン化の最低金額はない。
  3. USDCスマートコントラクトを用いて、Circleが同量のUSDCを採掘する。
  4. USDCはユーザーの仮想通貨ウォレットに直接送金され、USDはCircleの銀行口座にリザーブとして保管される。

USDDUSDに変換する方法

CircleからUSDCをUSDに交換するには、逆の手順になります。:

  1. USDCトークンと引き換えにUSDを受け取るため、Circleにリクエストを送信する。
  2. CircleはUSDCスマートコントラクトに信号を送り、同量のUSDCトークンを流通から排除する。
  3. その後、Circleは銀行の準備金から要求された米ドル額を送金する。最低換金額は100ドル。
  4. 1~2日後に、米ドル相当額(発生した手数料を差し引いた金額)が銀行口座に直接入金される。

しかし、流通市場でUSDCを購入することは、他の暗号通貨を購入するのと同じくらい簡単です。Phemexやその他の統制された仮想通貨取引所で、ワイヤートランスファーやクレジットカードを使ってフィアット通貨で購入することもでき、また分散型仮想通貨取引所で他の暗号通貨と交換することもできます。

USDCの利用方法

ブロックチェーン上でUSDをトークン化することは、多くの利点をもたらします。ひとつは、ユーザーが世界のどこにいても、安く、数分以内にお金を動かすことができることです。また、ユーザーはトークン化されたUSDを自身で保管し、仮想通貨をシームレスに売買し、取引所、暗号資産融資プロトコル、イールドアグリゲーター、ブロックチェーンベースのゲームなど、さまざまなDeFiプロトコルとスムーズにやり取りすることができます。

流通しているUSDCのほとんどは、Ethereumのブロックチェーン上でERC-20トークンとして発行されているため、MetaMask、MyEtherWallet、Trust Walletなどのホットウォレットや、Ledger、Trezorなどのハードウォレットを含む、Ethereumベースの仮想通貨ウォレットを使って保管することができます。

また、ユーザーはUSDCの残高を高利回りの利息口座に保管することで、利息を自動的に得ることができます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します