コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Neo(ネオ)とは?中国のスマートコントラクトプラットフォーム >

Neo(ネオ)とは?中国のスマートコントラクトプラットフォーム

2022-01-24 08:32:41

2014年に登場したNeo(NEO)は、資産にデジタルIDを組み入れ、Ethereum(ETH)よりも迅速かつ安価に取引を処理するスマートコントラクトプラットフォームです。NEOは1トークンあたり37.28ドルで取引されており、供給上限は1億トークン、時価総額は26億ドルとなっています。

neoNeo(ネオ)とは?

Neoは中国で作られたオープンソースのブロックチェーンプラットフォームです。Neoは、イーサリアム(ETH)ネットワークと同様に、デジタル資産取引を自動化するためのスマートコンタクトを可能にします。

Neoブロックチェーン

Neoブロックチェーンは、デジタル資産とデジタルIDを統合することによって、その効果を発揮します。Neoブロックチェーンにおいて、プラットフォームとノードはデジタルIDを持つエンティティやデジタル資産とのみ相互作用し、検証を行います。また、NeoブロックチェーンはPythonやJavaといった一般的なプログラミング言語をサポートしており、開発者は参入障壁を低くして簡単にスマートコントラクトをコーディングすることができます。

Neoは、合意形成の維持にdBFT(Delegated Byzantine Fault-Tolerant)メカニズムを採用しており、イーサリアムが採用しているPoW(Proof of Work)プロトコルより軽量かつ低コストです。dBFTはバリデータとノードがトランザクションを処理する間、一度に1つのブロックを処理します。dBFTを用いることで、コンセンサスプロトコルの高速な取引最終化のもと、取引を即座に実行することが可能となります。加えて、ノードが高度に中央集権化されているため、取引が取り消されるケースは稀です。

一方、dBFTアルゴリズムには弱点もあります。直近で公開された論文では、その安全性を分析し、改善を推奨しています。2019年には、NeoのdBFTはブロック作成を2時間延期し、プロトコル設計に潜在的な欠陥があることを示した事例もあります。

Neoのトークン

ネオは、NEOとneoGAS(GAS)からなるデュアルトークンモデルを採用しています。2021年8月2日のN3アップグレード以前は、NEOトークンは不可分であり、1億トークンの固定供給でした。アップグレード後は、NEOトークンは可分化され、同じ固定供給量となりました。NEOトークンは、主にブロックチェーンガバナンスにおける投票に使用される他、コンセンサス、ネットワーク、ブロック生成に関連する機能を促進する役割も担っています。

ジェネシスイベントですべて事前にマイニングされたNEOトークンに比べ、GASトークンは各ブロックが作成されるたびに5つだけマイニングされます。これらのGASトークンは、NEOトークン保有者、Neo Counsil、投票者に配布されます。NEOトークンを保有してGASトークンを受け取るには、ユーザーは自身のウォレットが投票に対応していることを確認する必要があります。ユーザーはGASを使って、他の暗号通貨との交換、手数料の支払い、スマートコントラクトの展開が可能です。また、同プラットフォームは、ネットワークの安全性を保ち、ブロックチェーンの円滑な運用を維持するために、システム手数料とネットワーク手数料としてGASを課金しています。

現在では、NEOとGASのトークンをNeo LegacyからN3へ移行することができるようになりました。同プラットフォームでは、トークン移行を行ったユーザーに報酬を与える移行インセンティブプログラムを提供しています。このインセンティブプログラムは、2021年10月31日までとなります。ユーザーは、トークンの移行を成功させるために、GASトークンでネットワーク手数料を支払う必要があります。

$ 100ウェルカムボーナス

Neoは何を提供するのか?

前述の通り、Neoはコンセンサス・メカニズムとしてdBFTを使用しています。このコンセンサスプロトコルは、トランザクションが検証された後、選択されたバリデーターがブロックを作成するように設計されています。このプロトコルは、高いコストをかけずに瞬時に実行することができます。この高速性能はスケーラビリティにも貢献し、最高速度は2,400TPS(transactions per second)を記録しています。参考までに、EthereumやBitcoin(BTC)のTPSが25以下であるのに対し、Neoは1,000TPSを安定的に維持しているとされています。

Neoの主な特徴としては、コンセンサスプロトコルに加え、NeoVM、NeoQs、NeoFSが挙げられます。

  • NeoVM:NeoVMは、NEOのスマートコントラクトを実行できる仮想マシンです。トランスパイラであるNeoCompilerを用い、様々なプログラミング言語のコードを独自のバイトコードにコンパイルすることができます。このような機能は、スマートコントラクトを作成するために開発者が新しいプログラミング言語を習得しなければならないことが多いことで知られるイーサリアムには存在しません。さらに、NeoVMは他のブロックチェーンやサービスと相互作用するための広範な機能性も備えています。
  • NeoQS:NeoQSは、ブロックチェーンの取引記録のプライバシーを脅かす高度な量子コンピュータ攻撃に対して、Neoのセキュリティを強化するシステムです。
  • NeoFS: NeoFSは、ユーザーが非構造化フォーマットのIoT(Internet of Things)データを保存するための分散型ストレージシステムです。また、ユーザーはストレージスペースを貸し出すことでGASを獲得することができます。

Neoのビジョンは、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーン間のクロスチェーン相互運用を可能にすることです。暗号通貨が大量に普及することが予想される未来において、NeoデジタルIDを持つ資産は、分散型、集中型、または規制されていないブロックチェーン間の相互接続を可能にします。このように、Neoの技術は、従来の規制当局と暗号通貨保持者の双方に受け入れられるコンプライアンス度を提供できるソリューションの1つとなる可能性を秘めています。

設定できるレバレッジは最大100倍

Neoを支えているのは?

Da Hong Feiは、Neoの共同創設者です。ブロックチェーンを活用した企業Onchainの最高経営責任者(CEO)でもあり、主に民間団体にサービスを提供しています。過去には9年間、コンサルティングの分野で働いていた経験があります。Daは中国政府と密接な関係にあり、現地の規制当局からブロックチェーン技術の規制に関する相談を受けています。また、華南理工大学で英語とテクノロジーの学位を取得しています。

Erik Zhangは、Neoの共同設立者であると同時に、Onchainの最高技術責任者(CTO)でもあります。Neoでは、コア開発者として勤務しています。Neoが現在コンセンサス・アルゴリズムとして使用しているdBFTコンセンサス・メカニズムも、彼によって開発されました。また、Onchainのブロックチェーンサービスを促進するDistributed Networks Architecture(DNA)プラットフォームも彼が開発したものの1つです。彼自身は、公認情報システム監査人(CISA)の資格も所持している他、2018年から取り組んでいるN3開発のリードプロジェクトマネージャーでもあります。母校の上海大学では、コンピューターサイエンスを専攻しました。

NEOの価格推移

2021年以前、NEOは始値20ドルを下回る価格で取引されていました。NEOの価格は、暗号通貨市場全体の強気トレンドに従って、2021年4月に118ドルでピークに達するまで上向きに成長しました。しかし、トルコの暗号通貨禁止に関するニュースのためか、NEOの価格は短期間のうちに79ドルにまで下落しました。しかし、数日で価格は回復し、NEOの価格が強気トレンドに乗り続けたため、2021年5月に123ドルまで急騰しました。それにもかかわらず、中国の暗号取引所禁止のニュースを受けて、NEOの価格は2021年5月末に44ドルに急落しました。NEOの価格はそれ以降、26ドルに下がり続けています。現在、NEOは暗号通貨市場全体とともに回復し、56ドルから60ドルの間で取引されています。

NEO price

2020年12月28日から2021年9月28日までのNEOの価格(出典:CoinMarketCap)

NEOは時価総額で51位にランクされています。トークンの流通量は約7,050万トークンです。時価総額は約26億4000万ドルで、完全希薄化後の時価総額は37億4000万ドルとなっています。また、NEOトークンは最大供給量1億個で事前に採掘されています。トークンの半分はNeo Councilの下にあり、もう半分はイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で販売されています。

Neoの今後の展望

Neoは直近のアップデートで、プロトコルをアップグレードしました。このアップグレードはN3と呼ばれています。N3は、オラクルやネイティブ分散ストレージなどの機能を備え、本格的なブロックチェーン体験を提供することを目指しています。新機能が提供する柔軟性には、外部データへのアクセスも含まれ、より新しい分散型サービスの開発が可能になると思われます。ネイティブアセットやスマートコントラクト以外にも、Neoはクロスチェーン相互運用性を提供するようになり、他のブロックチェーン間でのリソースの共有が可能になりました。

さらにN3では、NEOトークンを可分化することで、経済とガバナンスの強化モデルを実現しました。さらに、Neo N3メインネットのローンチ後、ネットワーク手数料が直ちに80%削減されました。ネットワーク手数料の引き下げは、そのプラットフォームに新しいユーザーを引き付け、そのエコシステムに参加させる可能性があります。旧バージョンのNeoとN3の価格差は下図の通りです。

N3 gas fees

ガス手数料が安くなったN3(出典:Neo)

Neoにとってかなりのリスクとなるのは、中国が最近、暗号通貨の取引禁止を再び発表したことです。この新たな禁止措置の理由は、暗号通貨の運用に必要な電力が過剰であり、中国の環境保護への取り組みを損なうためとしています。その一方で、中国政府は暗号通貨の暴落が中国経済に与える影響が大きいと考えているため、過度な投機を警戒しているとも見ることができます。しかし、Neoは中国の暗号産業で生き残る可能性は高いと考えられています。これは、Neoがより規制に準拠し、開発者に優しい方法で開発しているため、暗号通貨業界の世界的な変化の影響を受けにくいプラットフォームになっているためです。それでもなお、Neoは中国政府の政治的操作に弱く、その技術的方向性に影響を与える可能性を否定することはできません。

また、Neoのガバナンスはかなり中央集権的で、トークンの半分はNeo Councilのメンバー間で発行されていることも問題です。Neo Councilはノードを管理し、ネットワークのバリデーターを選定しています。この中央集権的なアプローチは、プラットフォームの取引確認のスピードに大きく寄与しています。このブロック取引におけるスピーディーなパフォーマンスは、多くの機関投資家にとって魅力的なものです。しかし、より分散化されたソリューションを求めるユーザーは、Neoを避けることを選択する可能性があります。

手数料0

まとめ

Neoは多くのプログラミング言語をサポートしており、初心者でも経験豊富な開発者でも、そのプラットフォーム上でスマートコントラクトを簡単に開発することができます。また、NeoVM、NeoQS、NeoFSなど、Neoのほとんどの機能は、ユーザーにより多くの利益を提供するように設計されています。そのため、Neoには高速な実行速度を有し、低コストでもあるdBFT機構が実装されています。しかし、Neoのエコシステムはプロトコルの安全性を真に保証するほど分散化されていないため、ユーザーがこのプラットフォームを利用することを躊躇する可能性があります。

他方、Neoは最近Neo 3アップグレードをリリースし、NEOトークンの分割を可能としました。その結果、より多くのユーザーがガバナンスに参加できるようになり、より多くのユーザーがNEOトークンを入手できるようになりました。ネットワーク料金も引き下げられたため、新しいユーザーがエコシステムに参加する可能性も高まりました。NEOには、開発者の採用や将来の互換性など、まだいくつかの課題が残っています。特に、中国が暗号通貨に対する禁止令を維持しているため、中国の規制によるリスクを軽減する方法を見つけることが目下の最優先事項であるといえるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE