ホーム > 暗号101 > 暗号資産におけるIDOとは。IDO、IEO、ICOについての説明 >
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックス社の最新のニュースや情報の受信します!

暗号資産におけるIDOとは。IDO、IEO、ICOについての説明

著者: Irene 日付: 7月 4, 2022

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックス社の最新のニュースや情報の受信します!

イニシャルDEXオファリング、略してIDOは、暗号資産プロジェクトが分散型取引所(DEX)を介してネイティブトークンやコインを発売することを可能にする新しいクラウドファンディングの手法です。悪名高いイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の後継であるIDOは、プロジェクトが自らを立ち上げ、成長と発展のための資金を調達するための確実な方法と言えます。

IDO(イニシャルDEXオファリング)とは?

IDO(イニシャルDEXオファリング)とは、分散型取引所(DEX)で行われる暗号コイン(またはトークン)オファリングのことです。ICOでは取引所への上場前にトークンが販売されますが、IDOではトークンは発売されたDEXに直ちに上場されます。つまり、プロジェクト開発者自身がプール用の資産を集める必要はなく、IDOが自社または第三者のローンチパッドを通じて実施された後、DEX上でプールが作られるのです。

IDOモデルは、暗号資産プロジェクトが仲介者なしで流動性プールから資金を調達でき、また投資家は即時のトークン取引で利益を得られることから人気を博し、本質的に誰もがウィン-ウィンの状態になることができるのです。

IDOの誕生までの歩み

IDOモデルは、IPO、ICO、IEOを継承したモデルです。これらのモデルについて詳しく見ていきましょう。

IPO(新規株式公開)とは?

長い間、企業は野心的な目標のために資金を調達するのに苦労してきました。資金調達の方法としては、エンジェル投資家、ベンチャーキャピタル、そして最終的にはIPO(新規株式公開)が一般的でした。

ICO(イニシャル・コイン・オファリング)とは?

2017年頃に暗号資産業界が主流になると、プロジェクトはICOで暗号トークン総供給量の一部を一般に販売することで、この手法を模倣しました。その後、ICOは暗号資産空間で瞬く間にヒットし、投資家はそのチャンスに飛びつき、2017年末までに推定49億ドルを調達しました。しかし、詐欺プロジェクトやネズミ講の増加により、ICOの人気はひどく落ち込むことになりました。2018年にその代替として、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)と呼ばれる新しい資金調達方法が浮上しました。

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)とは?

IEOはICOに似ていますが、中央集権的な取引で実施され、トークンが取引所に上場され、投資家が詐欺に遭わないという保証がされていました。さらにIEOでは暗号化プロジェクトが慎重に審査され、IEOを行うプロジェクトの障壁は比較的高いものでした。その結果、投資家やより大きな暗号資産コミュニティの間で信頼要素が生まれました。IEOは、PolygonやElrondなど、今日最も人気のあるブロックチェーンプロジェクトを誕生させました。

イニシャルDEXオファリング(IDO)の誕生

しかし、DEXが登場した2019年、多くの暗号資産プロジェクトがこれらの取引所の分散型性質に引き寄せられました。これにより、中央集権的な取引所の複雑さを伴うことなく、トークンを立ち上げ、資金を調達するためのより良い手段となったのです。

その結果、IDOという概念が生まれ、Ravenプロトコルは世界で初めてIDOを立ち上げたプロジェクトとなりました。そして、IDOを実施する新規プロジェクトに特化したサービスを提供するIDOローンチパッドも登場しました。これにより、暗号資産スペースでの資金調達方法としてIDOの人気がさらに高まりました。

IDO、ICO、IEOの完全比較

 

ICO IEO IDO
定義 トークン総供給量の一部を単独で一般に販売 トークン供給総量の一部は、集中型取引所(CEX)を通じて一般に販売 トークン供給総量の一部は、分散型取引所のローンチパッドを通じて一般に販売
ファンドレイジングの実施者 ICOを発行するプロジェクト 集中管理された取引所 分散型取引所か、IDOのローンチパッド
クラウドセール後のトークン上場 トークン上場のために様々な取引所に働きかける トークンは自動的にCEXに上場される トークンは自動的にCEXに上場される
審査プロセス プロジェクトは審査されず、誰でもICOを発行することができる プロジェクトは、リスティング前に厳格な審査が行われる プロジェクトは審査され、ローンチパッドの基準に合致している必要がある
トークンの有無 トークンはすぐに入手できないため、投資家は取引所への上場を待つ必要がある トークンはすぐに取引できるものではない トークンは、すぐに利用可能になるか、または権利確定期間がある
スマートコントラクトの管理 プロジェクト発行元のICOが管理 暗号資産取引所によって管理 ローンチパッドとプロジェクト発行元のIDOが一括して管理
マーケティング ICOを発行するプロジェクトは、ICOを推進するために多額の資金を費やす必要がある 暗号資産取引所はIEOを推進し、マーケティングを担当 マーケティングは、ローンチパッドとプロジェクトの両方が行う

IDOのメリットは?

ICOとIEOは最も人気のある暗号資産プロジェクトのいくつかを生み出しましたが、それらにはそれなりの問題があります。ICOの場合、スクリーニングの欠如が投資家にとって脅威となり、投資家は莫大な損失を被る可能性がありました。IEOに関しては、CEXが盗難やサイバー詐欺の影響を受けやすいため、中央集権化が大きな懸念材料となりました。

その中で、IDOは暗号資産市場の新しい人気者になりつつあり、ICOやIEOと比較すると、かなり多くの利点を持っています。

  1. まず、IDOは完全にパーミッション・レスであり、DEXにトークンを上場するための手数料はほとんど必要ありません。
  2. DEXはユーザーの資金を保有しないため、セキュリティ侵害の影響を受けず、投資家は安全なウォレットを通じてトークンにアクセスすることができます。
  3. トークンはすぐに取引できるため、待ち時間のわずらわしさがありません。
  4. ほとんどのDEXローンチパッドは、コミュニティガバナンスに基づいて運営されています。これは、プロジェクトのリスティングを決定するのが、少数の中央集権的組織ではなく、コミュニティであることを意味します。

IDOの課題とは?

2019年半ばから現在に至るまで、IDOは暗号資産領域で最も人気のある資金調達手法に上り詰めました。しかし、明確な利点がある一方で、いくつかの課題もあります。

  1. パンプ・アンド・ダンプ: パンプ・アンド・ダンプは、IDOを発行するプロジェクトではかなり一般的な問題です。これは、トークン取引がすぐに可能なため、一部の人が大量のトークンを購入し、前例のない価格上昇を引き起こし、その後、それらのトークンを売却して大きな利益を得て、結果として価格が下落することがあるためです。
  2. 安定した価格がない: 繰り返しになりますが、トークン取引はすぐに利用できるため、トークンのスワップはかなり早く始まり、上場価格でトークンをつかめるのは一部の投資家だけになります。

さいごに

IDOに伴う課題は無視できませんが、IDOのメリットはこれらの課題を上回り、IDOローンチパッドは近い将来、これらの課題を克服することを目指しています。過去数年間のDeFiとDEXの成長を考えると、IDOの未来は明るく、DeFiプロジェクトはICOやIEOと比較してIDOから利益を得るのに適した位置にあると言っても良いでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
start trading start trading start trading

取引を開始するには、今すぐPhemexに登録

Phemexに登録する

その他の記事

Subscribe Phemex

フェメックス社の最新のニュースや情報の受信します!

仮想通貨の最新情報をチェック!