YGG(イールド・ギルド・ゲーム)とは。ギルドゲーミングによるNFTイノベーション

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

メタバースの到来が迫る中、仮想通貨や非代替性トークン(NFT)の利用(ひいては価値)が飛躍的に高まることが予想されています。ブロックチェーンに基づくこれらの創作物は、デジタルアイテムから音楽アート作品、さらには土地に至るまで、あらゆるものの暗号化を可能にします。この人気の高まりの一環として、NFTに焦点を当てた新しい企業が、特にビデオゲーム分野でいくつか出現しています。NFTゲームであるイールド・ギルド・ゲームもその一つで、すでに大きな支持を集めています。そのネイティブトークンであるYGGの流通量は8,800万個、現在の価値は2.75ドルで、マーケットキャップは2億4,000万ドルとなっています。

イールドギルドゲームとは?

2020年に設立されたイールド・ギルド・ゲーム(YGG)は、安定的で使用可能な仮想ゲーム経済を構築することを目的とした自立分散組織(DAO)です。NFTの魅力的な機能を様々な共有オンラインデジタル空間と組み合わせることで、イールド・ギルド・ゲームはプレイヤーや投資家にイールドファーミング戦略を提供しています。

イールド・ギルド・ゲームは、既存のデジタルワールドの経済構造を多様化させるコンテンツを開発することで、ブロックチェーンベースのゲーム産業全体でNFTの価値を最大化することを目指しています。同社は、以下のような他の主要なDeFiプラットフォームの金融エコシステムを構築し、その改善に寄与してきたほどです。Axie InfinityThe Sandboxなどの大手DeFiプラットフォームの金融エコシステムを構築し、その改善に貢献しています。主にゲーム内で使用されるNFTの投資に特化し、YGGの主な収益源は、会社が所有するNFT資産の販売とレンタルによる利益(または利回り)です。

イールド・ギルド・ゲームのシステム

イールド・ギルド・ゲームのシステムの主な構成は以下の通りです。

  • スマートコントラクト: 特定の条件(例えば「価格がx以下になったら自動的に売る」など)を満たすと、あらかじめ設定された機能を実行するプログラムで、これに依存するシステムです。
  • ギルド・ゲーミング: この中心的な機能を通じて、ユーザーはゲームをプレイし、報酬を得るために競争します。このプレイ・トゥ・アーンのモデルは、NFTやその他の暗号通貨ベースのアクティビティに対するゲームコミュニティの関心度に関する貴重なデータを提供し、参加者との交流を深めることができます。これらのデータセットにより、YGGはプラットフォーム上の価格変動、取引量、人気のあるトレンドをより深く理解することができ、またそのような動きがなぜ起こるのかの理由も提供することができるのです。
  • DAOのシステム: 参加者は、プラットフォーム内のシステム変更について投票する権利が与えられます。
  • ハイブリッドな収益モデル: イールド・ギルド・ゲームは、有料顧客(ギルドメンバー)が様々な特典を利用できる独自の有利なサブスクリプションサービスを提供していますが、ギルドメンバー以外でもゲーム内アセットを通じて収益を上げることができます。これにより、このプラットフォームは、収益を支払うクライアント以外によっても成長し、そのエコシステムをより大きく成長させることができます。

イールド・ギルド・ゲーム・トークンとは何か?

さらに、イールド・ギルド・ゲームは独自のネイティブ暗号通貨であるYGGトークン(YGG)を供給しており、これは特にギルドメンバーだけでなく、他のユーザーにも選ばれているツールです。このトークンは、イールド・ギルド・ゲームとその関連するすべての業務の健全性と評価に責任を持ち、本質的に会社の生命線として機能します。YGGトークンは、以下のように配布されます。

  • トレジャリー (総供給量の13.3%)
  • 創業者 (15%)
  • アドバイザー (2.0%)
  • 投資家(24.9)
  • コミュニティ (45%)

イールド・ギルド・ゲームのシステムは、「リニア・ベスティング」と呼ばれる概念に基づいています。これは、参加者の資産が凍結される12カ月または18カ月のロックアップの後、あらかじめ決められた期間にわたって徐々にトークンの所有権を獲得することを意味します。このロックアップの後、YGGメンバーはゆっくりと購入したトークンの価値の完全な所有権を獲得していきます。

例えば、100ドル分のYGGを買った場合、すぐに20ドル分が支給されます。残りの80ドルは1年間凍結され、その後から徐々に受け取ることができます。この例では、1年後に投資額全額を手にすることができることになります。

YGGトークンは以下のように配布されます。

  • 初期投資家(または暗号スタートアップ・コミュニティで一般的に呼ばれるシード投資家)は、YGGの立ち上げ時に当初の投資額の20%が放出されることを期待できます。残りの80%は、1年間のロックアップの後、次の12ヶ月間でリニアに確定されます。
  • 設立メンバーには18ヶ月のロックアップ期間があり、その後トークンは3年間リニアに権利が確定していきます。
  • テクニカルアドバイザーは、初期投資家と同様に1年間のロックアップ期間があります。しかし、アドバイザリートークンの権利確定は2年目の12ヶ月間のみで、完全な所有権をより早く、効率的に得ることができることを意味します。
  • イールド・ギルド・ゲームの金庫には133,333,334トークン(総供給量の13.3%)が配布され、特にロックアップ期間や権利確定条件もありません。

イールド・ギルド・ゲームはどのようなゲームプロジェクトに興味があるのか?

急速に拡大する市場の一部として、イールド・ギルド・ゲームは非常に慎重にその専門性を選択し、同様に彼らの顧客ベースに起因する特定のニーズのセットに対応することができます。イールド・ギルド・ゲーム DAOエコシステムに参入するためには、各ゲームプロジェクトは一定の条件を満たす必要があります。

  • 仮想の土地: プレイヤー投資家は、検討されているデジタル空間内でNFTの不動産や土地を売買できる必要があります。
  • DeFiの基本的なコンセプト: ゲームは、DeFiの基本的なコンセプトのいくつかを使って機能しなければなりません。つまり、ゲーム内経済が機能するネイティブな分散型トークンを持つ必要があります。
  • プレイヤーの報酬システム: プラットフォームは、一定のプレイ・トゥ・アーンのパラメータと機能を備えている必要があります。つまり、プレイヤーは、ゲーム内またはゲーム外のタスクやアクティビティを完了することによって、ネイティブ トークンの報酬を獲得できる何らかのシステムの対象となる必要があります。
  • コミュニティのサポート: プラットフォームはそれなりに人気があり、活発でインタラクティブなコミュニティがあることが必要です。

イールド・ギルド・ゲームズを支えているのは誰か?

イールド・ギルド・ゲームの共同設立者であるGabby Dizon氏は、RuneScapeがベネズエラに与えた影響を見て、デジタル通貨プラットフォームを作ることを思いついたといいます。ハイパーインフレの影響を受けて貧困に苦しむ地元の人々は、経済的苦境を少しでも緩和するために、このプラットフォームで仮想ゴールドを採掘し、利益を得ていたのです。

さらに、ディゾンが以前共同設立したマニラのスタジオ「Altitude Games」は、NFTプラットフォーム「Axie Infinity」でクリーチャーを育成・販売することで、COVID-19の制限を何とか乗り切ったのです。Dizonは、これにさらなるチャンスを見出しました。無料プレイのゲームを作るという以前の会社の倫理観を捨て、彼は以前、暗号株式プラットフォームCapchainXを設立したイノベーターであるBeryl Liと提携したのです。2020年までに、2人の努力を具体的なものにすることに成功し、イールド・ギルド・ゲームが誕生しました。

YGGコインの価格分析

YGGトークンは、2021年7月下旬の開始直後はかなり安定的かつ段階的に上昇し、2021年8月だけで2.38ドルから8.54ドルまで指数関数的に上昇しました。しかし、その後すぐに下落し、9月から11月中旬まで平均6.35ドル前後を維持しました。11月下旬にごく一時的に、YGGは10.50ドルを超える史上最高値を記録しました。全体として、YGGはこの期間中、投資家にとってかなり適切な利益を達成しており、初期の投資家の中には10倍ものリターンを得た人も存在します。

イールド・ギルド・ゲームの創業時からの価格パフォーマンス(出典:Coinmarketcap)

残念ながら、最近の暗号市場のミニクラッシュはYGGにかなり大きな打撃を与え、2021年11月下旬からたった2ヶ月の間に、YGGの価値は10.50ドルから3.36ドル(2022年1月)に急落し、8月にトークンが最初に値を上げて以来最低となったのです。しかし、このような下落は、最も安定した暗号通貨でさえも発生していることは注目に値します。したがって、このYGGの価格の大幅な下落は、イールド・ギルド・ゲーム自体の欠陥というよりも、むしろ暗号通貨空間全般における大きな動きの結果としてもたらされたものであるというのが適切です。

イールド・ギルド・ゲームの価格パフォーマンス 2021年11月~2022年1月(出典:Coinmarketcap)

イールドギルドゲームは今後どうなるのか?

メタバースの台頭により、オンラインプレイ可能な共有スペースとそのコミュニティーの活動は大きな盛り上がりを見せており、今後も間違いなく続いていくでしょう。これは、YGGのようなサービスの市場が大きく、さらに大きくなっていることを意味します。

YGGのPlay-to-Earnゲームへの関与は、今後も急速に拡大することが予想されます。この新進企業のポートフォリオはすでに特筆すべきものがあり、彼らの基準を満たす共有オンラインスペースの数は増え続けているため、YGGは近いうちに再び暗号資産業界を賑わすことになりそうです。

下の写真のように、Google Trendsのデータでは、2021年末にかけて「Metaverse」、「Decentraland」、「Sandbox」(いずれもMetaverseの共有オンラインスペースとして有名)などのキーワードのウェブ検索数が急激に増加していることが示されています。このようなデータは、人々の関心を測る良い指標となり得ますし、何よりも、YGGがベースとするコンセプトが現在、おそらくこれまで以上に人々の心を捉えていることを確かに示していると言えるでしょう。

2021年のGoogle Trendsデータ、人気のNFTランドシェア空間が軒並み増加(出典:エムアイシー)

これは、イールド・ギルド・ゲームや他の同種のプラットフォームにとって、開発者と投資家の両方にサービスへの信頼を与えるものであり、良いニュースです。メタバースは、(NFTなどの)分散型通貨が長い間必要としていたプラットフォームです。メタバースの普及により、共有オンラインスペース、経済、そしてそれらを運営するために必要なトークンの未来は明るいと思われます。

まとめ

簡単に言えば、イールド・ギルド・ゲームとYGGトークンは、最初に考案されて以来、見事なパフォーマンスを発揮しています。現在のアルトコインの情勢にもかかわらず、YGGはそう遠くない将来に強力なパフォーマンスを取り戻す可能性があります。同社は、ほとんどの暗号通貨新興企業の主な欠点の1つ、つまり、自国通貨に固有の価値がないことを認識しています。ゲーム界と提携し、(NFTのような)暗号通貨のゲーミフィケーションの可能性を利用しようとすることで、イールド・ギルド・ゲームはむしろ巧みにそのトークンに本来の価値を認識させる可能性を与えたのです。

この新しい世代がオンライン共有スペースにますます引き込まれていくにつれ、デジタル資産の価値に対する認識が向上し、実際の資産価値を高めることになります。今でなくとも、メタバースの勃興期には、ぜひYGGに注目してみてください。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free