コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > Yearn.Finance (YFI)について学ぶべき必要な全て! >

Yearn.Finance (YFI)について学ぶべき必要な全て!

2020-12-22 07:18:43

2020年のDeFIブームによって、巻き起された騒動の数々や、スペキュレーション、そして多くの食関連の熱狂、そしていくつかのプロジェクトは多くの注目を浴びました。その中の1つとして話題になったのがYearnファイナンスとして知られるYearn Finance(YFI)である。トークン価格の上昇に伴い、孤高のディベロッパーたちはDeFiの指導者として知られるようになり、多くの接点をもたらすだけではなく、疑問を残しました。

ここではYearn Financeを深く見ていくとともに、YFIトークンとの関係についても詳しく見てみましょう。

yearn finance yfi token

Yearn.Finance プラットフォーム

Yearn Financeは2020年2月にイーサリウムブロックチェーンから始まりました。当時、Yearn FinanceはIEarnと呼ばれており、最大の利益リターンが得られるオートメーション投資のプロジェクトとして、ディベロッパーである、アンドレ・コロンジェによって創設されました。彼がこのYearn Financeを開発する前は、ユーザーたちはDeFi内での経験が乏しく、他のプロトコルを試したとしても、投資において最大の利益を得ることができるのかどうかという事実に注目していました。

したがって、彼は他のDeFiのプロトコルの入り口としてYearn Financeを創設したのです。

このYearn Financeは最大の利益が得られる優秀なコントラクトであり、例としてCompound, Aave, dYdXそしてCurveなどのイーサリウムDeFi dAppsや移動ファンドが挙げられます。

Yearn.FinanceVaults

このYearn.Financeの大きな特徴としてvaultsの機能が挙げられます。Yearn Financeは近年いくつかの異なったトークン、主流の stablecoins DAI, TUSD, USDC, and USDTや他の仮想通貨との組み合わせを網羅している何種類かのVaultsを展開しています。Vaultによってもたらされた利益は他の資産の購入に使用されています。

Earnylnsure

2020年以降、DeFiが夏ごろから急速に牽引し始めたことでyearn Financeは機能上拡大を遂げるようになりました。Vaultsは未だ現存しています。しかし、現在ユーザーたちはEarn and yInsureを含む他のサービスを利用することができます。Earnはstrablecoinsとtokenized BTCのみをサポートするVaultsの縮小バージョンであるのに対し、yInsureはスマートコントラクトの損失から保証を受け取ることができます。

YFIトークン

YFIトークンは夏に始まって以来、ある理由によって流行を巻き起こしました。まず、アンドレ・コロンジュは分配モデルとして、ユニークなトークンを使用しました。YFIのトークンセールを行うよりも、彼自身が流動資産にデポジットを持つユーザーに直接分配を行得ることがyearn Financeの利点であるからです。また、コロンジュが発行したのはたったの3万YFIトークンのみであり、これは供給が大きく不足していることを意味します。彼はトークンの時点で立ち止まるのではなく、とにかく進化させたかったのです。

コロンジュはYFIトークンをYearn Financeのプラットフォームの分散ガバナンスとしてのみ使用しました。これはBTCと違って、これらが市場価格を持たないことを意味します。しかし、市場には他の考えが存在しました。これが始まった7月の終わりから9月の中旬にかけて、トークンの価格は常に43500ドルを超えていました。これは完全にビットコインの価値を凌ぐ速さであり、仮想通貨で最も価値があるということになります。

(より他のビットコインについて知りたい方は、 Altcoins Explainedをご覧ください)

本稿執筆時点である2020年末においては、他の仮想通貨マーケットが強固なトレンドになっている中、YFIトークンは常に最高価格ではなくなっています。しかし、2020年のトークンの中で、YFIは最も良いトークンの1であるということができます。

YFIコイン価格の背景に迫る!

ではなぜYFIは市場においてこれほど高いパフォーマンスを発揮できているのでしょうか。これにはいくつか理由があります。トークンの不足はこの理由の1つと言えます。実際に30000しか流通していないのが現実です。また、YFI保有者はより多くの発行を求めていますが、しかしそれは同時に価値の低下にもつながります。

他の理由としては、YFIの発行と同時に起こった、この夏のDeFiを取り巻く多くの広告が原因として考えられます。混合とCOMPガバナンストークンの流通には非常に人気が高まっており、市場でのガバナンストークンの人気を再度巻き起こしたと言えます。

しかし、多くの投資家はアンドレ・コロンジュ自身の知名度の高まりにより、Yearn Financeの使用にシフトし始めたのです。

アンドレ・コロンジュとYearn.Finance

Yearnの成功により、コロンジュはDeFiの先駆者となりました。彼は複雑なブロックチェーンコミュニティの中でもひときわユニークな存在の一人です。彼は2017年に仮想通貨の世界に入る前に法律の世界からスタートを切りました。その後、彼は彼のプロダクトの一つとしてのyearnを創設する前に、急速にコーチングとCrypto Briefingのコードレビューを始めました。彼は他社の助けを必要としない、完全にソロとしてのプラットフォームを形成したのです。

他の多くのディベロッパーとは違い、彼はプロダクトのリリース前のテストをしないようにしています。彼のTwitterのページの詳細欄には「プロダクション自体がテストである」と述べており、これは実際の生活環境自体をプロダクトのテスト環境であると捉えていることを意味します。また、彼の固定ツイート欄には同じことが言及されています。

しかし、彼のDeFiでの名声の理由は、多くのユーザーがテストされていない彼のソフトウェアを使用できることにあります。9月には、コロンジュの未だ開発下にあるプロジェクトから15億円以上がハッカーによって盗まれましたが、このような事実があったのにも関わらず、その後多くの無謀な投資家が未だ未監査のそのプロジェクトに入金しています。

Yearn.Financeの未来

YFIトークンの未来の市場価格を推測することはかなり難しいという現実があります。Yearn Financeには非常に価値のあるプロジェクトが多く残っていますが、YFIはより莫大な価値を保持し続け、不足がもたらされるでしょう。しかし、プロジェクト自体に大きな変化が起きない限り、常に最高値を更新し続けることはできないでしょう。

今すぐUSDとYFIのトレード

プロジェクトの方向性を考慮すると、Yearnは最近パートナーシップと他のDeFiプロトコルとの合併に焦点を置いています。例えばアンドレ・コロンジュの最近のブログによると、YearnとSushiSwapは合併を予定しています。これはYearnがすでに他のAkropolisやCreamそしてPickelを含むプロトコルに取って代わったあとに成されるとのことです。

他の投稿によると、コロンジュはこれらの合併が分散化ガバナンスモデルの中でどう機能するかについての説明を試みており、“これは必ずうまくいく”と結論づけています。したがって、私たちにとってYearn Financeの統合やパートナーシップ、そして合併の未来は見えつつあるのです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE