Kyberとは? オンチェーン流動性プロトコル

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

Kyber(カイバー)とは、ユーザーが集約された流動性リザーブを利用してトークンを交換することができる分散型スワッププロトコルです。UniswapSushiSwapのような他の分散型取引所と混同する人も多いかと思いますが、これらのプロトコルの使用方法には微妙な違いがありますので、さらに検討していきます。

Kyberは2017年のICOでKNCトークンを、そして2018年初めにKyberプロトコルを発表した、世界で最も早く登場したDeFiプロトコルの1つです。

kyber-network

Kyberとは

Kyberは一般的にKyber Networkと呼ばれますが、Kyber NetworkはKyberプロトコルをイーサリアムに実装したものを指します。Kyberプロトコルは、集約された流動性準備を介して迅速かつ直接的なトークン交換を可能にするオンチェーン流動性プラットフォームです。

Kyberの仕組みを説明するにはUniswapと比較するのが一番わかりやすいかもしれません。Uniswapでは、トークンのスワップを可能にするために流動性プールを利用しています。つまり、ユーザーがUSDCをETHに交換したい場合、その資金はUSDC-ETHプールを経由して送られます。流動性の供給者は同量のUSDCとETHをプールに拠出し、トレーダーのスワップ需要に応じた十分な流動性を確保しています。

他の多くの交換プロトコルでも、同様の手法を採用しています。例えばCurve Financeでは、複数の安定コインで構成されるプールを使用しています。

Kyber vs Uniswap

Kyberの仕組みは少し違います。このプロトコルは、リクイディティを提供するトークン保有者、マーケットメーカー、Uniswapのような分散型取引所など、さまざまなリザーブソースから流動性を集約します。誰かがスワップをしようとすると、一連のスマートコントラクトが連携して、すべてのリザーブの中から最適な交換レートを見つけ出し、スワップを可能にします。

また、KyberとUniswapの決定的な違いは、プロトコルの実装方法にあります。UniswapはDEXです。他のDeFiイノベーターは、ソースコードをフォークすることで、独自のバージョンのUniswap DEXを作成しています。

Kyberスワップ

これに対し、KyberはKyberSwapというDEXを運営しています。ただし、他のdApp開発者がKyberのプロトコルを利用して自分のアプリケーション内でスワップを実現できるように、同プロジェクトはAPIも運営しています。KyberSwapなどの、Kyberを利用するアプリケーションのイーサリアムネットワーク全体はKyber Networkと呼ばれています。もう少し掘り下げてみましょう。

Kyberのリザーブモデル

Kyber Network上のすべてのアプリケーションは、流動性を提供するKyberリザーブモデルを使用しています。このモデルはスマートコントラクトに基づいており、リザーブとの間の資金の流れを管理しています。買い手は、Kyberにスワップを依存しているアプリ、ウォレット、その他のベンダーです。

Kyberには3種類のリザーブがあります。

  • Price Feed Reserves価格フィードリザーブ
  • Automated Price Reserves自動価格準備
  • Bridge Reservesブリッジリザーブ

Price Feed Reservers(PFRs)は、Kyber版の自動マーケットメーカーです。PFRは、スワップに対して最適な変換レートを実現するために、プライスフィードを探し出します。

Automated Price Reserves(APRs)は、PFRによって発見された価格に基づいて、トークンスワップ自体を可能にするために使用されるスマートコントラクトです。

Bridge Reservesは、UniswapのようなDEXにアクセスすることで、さらに深いリクイディティを提供します。

本稿執筆時点で、Kyber Networkで使用されているリザーブは、UniswapやBancorなど45種類以上あります。

Kyber Network

Kyber Networkは、イーサリアム上のKyberプロトコルの実装です。リザーブプロバイダーやKyber Network上の多くのアプリケーションは、CoinGecko、Enjin、MetaMask、Argent、Operaウェブブラウザーなどのウォレットを含むエンドユーザーのスワップにこのプロトコルを使用しています。

Kyberの主な実装はイーサリアム上で行われていますが、このプロトコルはブロックチェーンにとらわれず、他のスマートコントラクト対応のプラットフォームでも実装可能です。例えば、EOS上のYOLOswap取引所はKyberのバージョンであり、Tomochain上のTomoswap取引所も同様です。

トークンスワップはどのように機能するのか?

KyberSwapをはじめとするKyberネットワークを利用してトークンを交換したい場合、基盤となるスマートコントラクトがいくつかのステップを経て実行します。

Kyber NetworkではETHがコアトークンです。そのため誰かがトークンをETHにスワップしたい場合、KyberはPFRコントラクトを使って最適なETHの為替レートを検索し、APRコントラクトによってそのレートでのスワップを可能にしています。

しかし、KyberでUSDTをUNIにスワップしたい場合、プロトコルはまずすべてのリザーブから最適なUSDT-ETHの交換レートを探し、最初のスワップを可能にします。その後、ETHとUNIの最適な交換レートを探し出し、2回目のスワップを行います。どちらのスワップも同じトランザクションで実行されるため、ユーザーの視点では、スワップは瞬時に行われることになります。

KNCトークンとKyber DAO

Kyber Networkは、Kyber Network Crystal(KNC)と呼ばれる独自のERC20トークンを運用しています。KNCは2017年にICOでローンチして以来、いくつかの重要な変化を遂げてきました。当初、Kyber Networkでリザーブを運用する人は、参加費の支払いや取引手数料を受け取るためにKNCを保有する必要がありました。しかし、最終的には摩擦をなくすために廃止されました。現在、Kyber NetworkはETHで手数料を徴収しています。

最近では、KNCは他のDeFiトークンと同様の方法で使用されています。KNCの保有者は、Kyber DAOの一員として分散型ガバナンスに参加するためにトークンをステークし、ネットワークに関する様々な提案に投票することができます。投票者は、ETHで支払われるステークの報酬を得ることができます。また投票者は、ネットワークへの正味の貢献度に基づいて、リザーブオペレーターに支払われるネットワークフィーのシェアを決定します。

また、ネットワークフィーで支払われたKNCの一部は、価格を安定させるためのデフレ対策として消費されています。

まとめ

DeFiアプリケーションの高騰を背景に、Kyberは固定化された総価値やKNCの価値の点で、その地位を維持することができていません。現在、KyberはDeFi Pulseでは50位以下、トークンランキングでは100位以下となっています。しかし、忘れてはいけないのはDeFiの成長のほとんどがEthereumベースのプロトコルに集中していることです。Kyberチームはいち早く相互運用性に目を付け、PolkadotやBinance Smart Chainなどの相互運用可能なプラットフォーム上のDeFiエコシステムが拡大し始め、現在もその傾向は強まっています。

そのため、DeFiがEthereumから離れて拡大していく中で、Kyberが回復する可能性は十分にあります。このプロジェクトは2017年から存在しており、その間に仮想通貨の長い停滞期を乗り越えてきたことを考えると、まだまだ多くの可能性を秘めているでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free