コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > BitTorrent(BTT)とは?ブロックチェーンでトレントをマネタイズ >

BitTorrent(BTT)とは?ブロックチェーンでトレントをマネタイズ

2021-11-05 08:25:19

ビットコインブロックチェーン技術がアイデアとして考え出される前に、もう一つの分散型ピアツーピア(P2P)ネットワークであるBitTorrentが、世界で最も人気のあるオンラインプラットフォームの一つでした。BitTorrentはファイル共有プロトコルで、ユーザーは分散型の方法でお互いのコンピュータに接続し、コンテンツをダウンロードします。ダウンロードされたコンテンツは、多くの場合、世界中のさまざまなコンピュータに置かれています。

BitTorrentを使用すると、必要なファイルを異なるソースからダウンロードすることができ、それぞれがコンテンツ全体に少しずつ貢献します。要するに、必要なファイルを、他の多くのBitTorrentユーザーから少しずつ入手するのです。

BTTは、BitTorrentのブロックチェーンベースの取引を支える暗号通貨です。BTT は、1 コインあたり 0.0036 ドル (10 BTT あたり 3.6 セント) で取引されており、流通量は約 6,600 億コイン、時価総額は約 24 億ドルです。

btt

BTTとは?

BitTorrentは常に大人気のサービスでしたが、この人気を商業的な成功につなげるのに苦労しました。

2018年、Tron(TRX)ブロックチェーンの運営主体であるTron Foundationは、BitTorrentを買収し、プロトコルをそのブロックチェーンに統合し、人気のあるBitTorrentサービスを収益化するためにBTT暗号通貨を導入しました。

BTTは、コンテンツのダウンロード、より速いダウンロード速度へのアクセス、ライブストリームの視聴、分散型データストレージの使用など、さまざまなBitTorrentサービスの支払いに使用できます。BitTorrentのエコシステムにBTTを統合することで、トロン財団はBitTorrentの一般的な人気をビジネスの成功につなげることを目指しています。

BTTは、トロンのネイティブなTRC10トークン規格に基づいています。TRC10は、Tronで広く使用されている2つのトークン規格のうちの1つで、もう1つはTRC20規格です。TRC10トークンは、TRC20と比較して、ネットワーク上での取引コストが約1,000分の1に抑えられています。Tronの一般的に高速なパフォーマンスと相まって、BTTは手数料と速度の点で非常に効率的な取引用暗号となっています。

$ 100ウェルカムボーナス

BTT の仕組みは?

BitTorrentの主な機能であるファイル形式のデジタルコンテンツの交換は、”tit-for-tat “の原則に基づいています。この原理の本質は、自分がダウンロードするためには、あるコンテンツをダウンロードできるようにしなければならないということです。

あなたが他の人に提供するコンテンツが多ければ多いほど、あなた自身のダウンロード権限は高くなります。他のユーザーにファイルを提供せずにダウンロードのみを行うユーザーは、他のユーザーに接続を拒否される「チョーク」の危険性があります。

BitTorrent file sharing system

BitTorrentのファイル共有システム(出典:ResearchGate.net)

BitTorrentでは、有料のユーザーのみが利用できるコンテンツにアクセスすることができます。これにより、知的財産(IP)の収益化の機会が広がり、BitTorrentは、IPの商業化という同じコンセプトで運営されている多くのNFTプラットフォームの有効な競争相手となっています。

BTTは、有料ファイルのダウンロードを可能にするだけでなく、BitTorrentエコシステム内で他の多くのサービスにも使用されています。それぞれのサービスは、トロンの分散型アプリ(DApp)によって運営されています。

BitTorrent Speedアプリ

このアプリは、BTTを使用して追加のダウンロード帯域幅を購入することができます。BitTorrent のダウンロードには、非常に大きなファイルやディレクトリ全体が含まれており、何ギガバイト、何テラバイトものデータが計測されます。追加の帯域幅を購入することで、これらのダウンロードを大幅にスピードアップすることができます。

もちろん、BTT と引き換えに、自分で追加の帯域幅を利用することもできます。

 

ビットトレントDLive

DLiveは、BitTorrentネットワーク上でのライブストリームの収益化を可能にします。ストリーム放送局としてBTTを獲得し、ライブストリームへのアクセスをBTTで支払うことが、このアプリの重要な機能です。

DLiveは元々、2017年に設立された独自の別のストリーミング会社でした。2019年にBitTorrentがこのサービスを買収し、自社のアプリケーション群に統合しました。DLiveは、コンテンツ放送局がストリーミングによる収益を100%維持できるようにしています。ブロックチェーンベースの分散型サービスであるため、YouTubeなどのプラットフォームに比べてコンテンツの検閲が非常に少ないのも特徴です。

 

BitTorrent File Systemアプリ

BitTorrent File Systemは、ブロックチェーンベースの分散型データストレージソリューションです。ファイルをローカルに保存するのではなく、分散型ネットワーク上にストレージを分散させることができます。ストレージはネットワーク上で個別のビットに分散されるため、特定のエンティティがデータ全体にアクセスすることはできません。

BitTorrent File Systemは、ブロックチェーンの強力なセキュリティ機能である暗号化と分散化を利用して、データを保護し、安全に保存します。ファイルをローカルに保存する場合、常に不可逆的なデータの破損や喪失のリスクがあります。File Systemでは、これらのリスクを最小限に抑えることができます。また、このサービスでは、BTTと引き換えに安全なストレージを提供することができます。File Systemは、成長著しいクラウドストレージプロバイダーに代わる有力な選択肢となる可能性を秘めています。

設定できるレバレッジは最大100倍

BTTの背後には誰がいるのか?

BitTorrentは、2001年にコンピュータープログラマーのブラム・コーエンによって作成・開始されました。コーエンは、トロン財団に買収される2018年までBitTorrentプロジェクトの舵取りを行い、取引後に退社しました。

トロン財団自体は、中国系アメリカ人の暗号起業家であるジャスティン・サンが2017年に設立しました。Sunは、Tron Foundationと、BitTorrentプロジェクトを管理するRainberry Inc.の両方でCEOを務めています。

BitTorrentプロジェクトは、これまでにベンチャーキャピタル(VC)から合計4,300万ドル近くの資金を調達してきました。しかし、この資金のほとんどは、トロン社による買収のかなり前、プロトコルの初期に調達されたものです。買収案件の後、BitTorrentは2019年1月のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)である1回の資金調達で710万ドルを調達しました。

このプロジェクトの主な投資家は、カリフォルニア州の2つのVC、すなわち初期および成長段階のスタートアップに投資するVCであるAccelと、テクノロジー、モバイル、消費者インターネット、およびサービス部門に特化した投資会社であるDCM Venturesです。

BTTの価格推移

BTTは2019年初頭に初めて暗号通貨市場に参入し、最初の2年間はほとんどが1,000BTTあたり1ドル以下のレベルで取引されていました。2021年3月中旬に急激に上昇し始め、わずか3週間で1トークンあたり0.11ドル近くに達し、これまでの最高レートとなりました。

BTT price

2019年2月から2021年10月初旬までのBTTの価格(出典:CoinGecko.com)

価格の急激な上昇は、主に市場全体の上昇を背景にして起こったものです。2021年初頭のブルランでは、多くの暗号資産が、暗号通貨のコンセプトに対する一般的な過度の熱狂的な見方以上のものではないことに支えられて、大きな上昇を経験しました。

しかし、BTTは4月6日にピークに達した直後、2021年の市場全体の暴落が始まるよりもずっと前に、非常に急速に下落し始めた。強気の市場でリターンを最大化するために、投資家がBTTよりも高い可能性を秘めたコインに殺到した可能性があります。

BTTの価格下落は7月下旬まで続きました。それ以降、BTTは大きく上昇し、現在は0.0036ドルで取引されています。

 

BTTの将来性は?

BTTの全体的な見通しは、やや不透明であると考えています。一方で、BTTは非常に人気の高いBitTorrentプロトコルに支えられており、起業家精神旺盛な(そして非常に裕福な)創業者ジャスティン・サンが率いるTron Foundationの支援を受けています。

BTTは、スピードで知られるトロンのプラットフォーム上に存在し、トロンの非常に効率的なTRC10規格をベースにしています。したがって、この暗号通貨の技術的なファンダメンタルズも強力です。

しかし、BitTorrentプロトコルは、2001年に発表されて以来、横行するオンライン海賊行為やIP侵害と関連付けられてきました。そのイメージは現在までほぼ継続しています。ブロックチェーン環境に飛び込んだからといって、それだけでこのイメージが払拭されるとは思えません。

このようなイメージが残っている間は、BitTorrentは真面目にビジネスをしているコンテンツ制作者を惹きつけるのに苦労するかもしれません。

BitTorrentが直面する潜在的な課題の顕著な例として、DLiveストリーミングサービスが挙げられます。DLiveは、YouTubeに匹敵する可能性を秘めた素晴らしいコンセプトですが、このプラットフォームには、過激な意見を持つ放送局が多数存在しています。BitTorrentがこの問題にどのように対処する予定なのかは、ブロックチェーン・プラットフォームにおけるユーザーの分散型独立性を考慮すると不明です。

BTTは、市場全体が暴落し始める数週間前の4月初旬に価値が急落したことから、多くの暗号投資家がBTTの将来性にやや懐疑的であることがうかがえます。

手数料0

結論

BitTorrentは、世界で最も人気のある分散型ファイル共有サービスです。ブロックチェーン技術よりも8年先行しています。大人気にもかかわらず、BitTorrent はまだ同等の商業的成功を収めていません。

BitTorrentがTron Foundationに買収され、BTTコインを介してブロックチェーンベースのサービスを導入したのは、プロトコルを収益性の高い事業に変えようとする大胆な試みです。BitTorrentが成功すれば、IP保護と収益化に焦点を当てたNFTプロジェクトの深刻な競争相手になるかもしれません。

また、BitTorrentの他のサービスも、それぞれのニッチを破壊する可能性を秘めています。DLiveは、YouTubeに代わる柔軟なビデオストリーミングサービスを提供するかもしれないし、BitTorrent File Systemは、既存のオンラインクラウドストレージプロバイダーに対抗できるかもしれません。

しかし、これらのビジネス目標を実現するためには、BitTorrentとTron Foundationは、プラットフォームが海賊版志向のイメージを払拭することを保証しなければなりません。また、DLiveが過激な放送局の温床になっているなどの問題にも対処する必要があります。

現実には、このような管理・検閲の仕組みを工夫することは、ブロックチェーン環境では極めて難しいかもしれません。このように、ブロックチェーンプロジェクトとしてのBitTorrentの今後の成功は、やや不透明な感じがすます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します