コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > 仮想通貨ゼロエックス(0x/ZRX)とは?非中央集権的なP2P取引を促進するためのプロジェクト >

仮想通貨ゼロエックス(0x/ZRX)とは?非中央集権的なP2P取引を促進するためのプロジェクト

2021-12-02 09:12:45

0x Labsによって2017年に発表されたゼロエックス(ZRX)は、イーサリアム(ETHERC-20ベースのトークンのピアツーピア(P2P)取引を促進するためのオープンスタンダードを構築しようとする分散型金融(DeFi)プロトコルです。ZRXの価格は約0.84ドルで、流通供給量は8億4500万以上、時価総額は約7億1000万ドルです。

0x

ゼロエックス(ZRX)とは?

すべてのデジタルアセットはP2Pで取引されているが、初期の段階では、取引相手が意図した契約を履行するかどうかを信用する必要がありました。そのような信頼をなくすために、契約を履行する第三者機関として中央取引所(CEX)が設立されました。CEXは、セキュリティの確保や各地域の規制への対応など、取引のあらゆる側面を担うことができます。2020年9月時点で、CEXは全暗号取引量の95%を取り扱っています。これにより、より多くの暗号通貨取引が促進されていますが、流動性の問題や一部のプライバシーの喪失など、いくつかのデメリットもあります。さらに、CEXは地域の法務当局からの監視の目が厳しくなっています。

これらのデメリットを解消するために、分散型取引所(DEX)が誕生しました。ゼロエックス(ZRX)はそのようなDEXの一つで、ユーザーが暗号資産の市場を主催する動機付けと、P2P取引を促進することで第三者の必要性を減らすことを目的として設計されています。

ゼロエックス(ZRX)のプロトコルはオープンソースで、ETHブロックチェーン上のスマートコントラクトの中に存在します。ゼロエックス(ZRX)のチームは、このプロトコルによって、あらゆる企業やプロジェクトが資産をERC-20トークンとしてデジタル化し、P2P取引で交換できるようにするというビジョンを持っています。これにより、住宅、株式、フィアット通貨、さらにはゲーム内のアイテムなど、さまざまなものを取引することが可能になります。ゼロエックス(ZRX)は、売買を仲介する弁護士や銀行などの中間業者を排除することで、売買を円滑に進めることができます。これにより、通常の取引で発生する手数料が不要となり、取引コストを削減することができます。

また、ゼロエックス(ZRX)は別の戦略を用いて、取引の全体的なコストを削減している。ERC-20トークンの取引を促進するため、これらの取引はETHブロックチェーンにコミットする必要があります。ゼロエックス(ZRX)は、すべてのトランザクションをオフチェーンで完了させてから、そのトランザクション群をETHブロックチェーンにコミットします。これにより、ETHブロックチェーンの作業負荷が軽減され、ガス料金を削減することができます。

メインネットの最初の数回のアップグレードにおけるゼロエックス(ZRX)の開発は、主にゼロエックス(ZRX)チームによってコントロールされました。ゼロエックス(ZRX)チームは、v1とv2のメインネットのアップグレード間のコード更新の整合性を確保するために、厳格なセキュリティ対策を実施しました。v2のメインアップグレードの1つは、コードを全く新しいインフラストラクチャに変換するものでした。これは、プロトコルの一部を分割して、新機能を個々のコンパクトモジュールとして構築し、既存のコードに組み込むために行われました。コンパクトなモジュールは監査がしやすく、将来のメインネットのアップグレードがより効率的になりました。

v3の主なアップグレードは、トレーダーが取引ごとに手数料として徴収したいトークンの種類を設定するための新しいフィールドの導入でした。v3以前はZRXトークンに限定されていましたが、この制限が採用の妨げになっているとチームは考えました。また、ゼロエックス(ZRX)が推進していた「ネットワークを使ってあらゆるトークン化された資産を取引できる」というコンセプトとも矛盾していました。

これまでのメインネットのアップグレードは、すべてゼロエックス(ZRX)の創設チームの指示によるものでした。しかし、0xのメインネットにDAO(Decentralized Autonomous Organization)が設置されたことで、プロジェクトの発展のためにステークホルダーに投票権が与えられるようになりました。DAOは当初、コミュニティの資金のみを管理していましたが、後にコアプロトコルのアップグレードに対する投票権が与えられました。今回のメインネットへのアップグレードでは、2,362人のZRX保有者が参加してガバナンス投票が行われ、0xプロトコルのv4が正式に確立されました。これにより、ゼロエックス(ZRX)が独自のガバナンスをどのように促進するかが明らかになりました。

$ 100ウェルカムボーナス

ゼロエックス(ZRX)の仕組みとは?

ゼロエックス(ZRX)プロトコルにおけるすべての取引には、メイカー、テイカー、プロトコルリレーヤーが関与します。

  • メイカーは、ゼロエックス(ZRX)のオーダーブックに注文を出し、その注文がテイカーにマッチするまでオーダーブックに残ります。メイカーは、0xのオーダーブックに注文を出し、その注文がテイカーにマッチするまでその場に留まります。メイカーは、オーダーブックに流動性を提供するセラーである。
  • テーカーは、メーカーの注文を購入することでオーダーブックから流動性を取り除いているため、即座に注文がマッチする。
  • リレーヤーは、0xのオーダーブックがETHブロックチェーンに取引を伝達するのを助けるので、取引プロセスのバックボーンとなる。

ゼロエックス(ZRX)を支えているのは?

0x Labsは、2016年10月に共同設立者のWill Warren氏とAmir Bandeali氏によって設立されました。その後、多様なバックグラウンドを持つ36人のコアメンバーで構成されるチームに拡大しています。

ウィル・ウォーレンは、0x Labsの共同創業者兼CEOです。彼は、カリフォルニア大学サンディエゴ校で機械工学の理学士号を取得しています。その後、兵器の安全性に関する研究を行っているロスアラモス研究所の2軸ラジオグラフィック・ハイドロダイナミック・テスト・ファシリティでバカロレア取得後の研究を行った。0x Labsは、ウォーレンが初めて暗号業界に足を踏み入れた場所でした。また、2017年の数カ月間は、Basic Attention Token(BAT)のチームにETHスマートコントラクトの技術指導を行っていました。

Amir Bandealiは、0xのもう一人の共同設立者です。彼は2020年9月までCTO代理を務めた後、Warrenと並んで共同CEOに就任しました。Bandealiは、一般的な金融の教育を受けています。彼は、DRWに移る前に、Chopper Tradingでトレーダーとして初期のキャリアを過ごしました。Warrenと同様に、彼の暗号のキャリアは、0x Labsの設立から始まりました。

ZRXは、2017年7月16日にICOを開始し、5億トークンの公開販売で2400万ドルのETHを調達しました。また、ZRXは2020年10月19日に非公開の資金調達を行いました。2021年2月5日、ZRXはシリーズAのエクイティラウンドを提供し、1,500万ドルを調達しました。投資家には、Pantera Capital、Blockchain.com Ventures、Nascent Ventures、DeFi Allianceなど、複数のベンチャーキャピタルが含まれています。これらの投資家以外にも、ZRXはJoey Krug(Pantera Capitalの共同CIO)やFred Ehrsam(大手取引所の共同創業者)を含む5人のアドバイザーグループを有しています。

設定できるレバレッジは最大100倍

ZRXの価格推移

ZRXは2020年9月から2021年1月まで0.38ドル前後で推移していました。2021年1月26日、0xはv4メインネットアップグレードのリリースを発表し、2月4日までに価格が約300%上昇して1.59ドルとなりました。その翌日、0xはシリーズAラウンドの資金調達を終えたことを発表しました。これにより、ZRXの価格は上昇傾向が続き、2月12日には1.88ドルのピークを迎えました。その後、市場は修正を始め、2月末から3月下旬にかけて1.42ドルで推移しました。

4月1日、ZRXはブランド名を変更し、共同創業者のWarrenとBandealiは、視聴者が彼らに質問できるYouTubeのライブ放送を行いました。これにより、ZRXの価格は34%上昇し、2.01ドルとなりました。ZRXの価格は4月12日まで上昇傾向にあり、ZRXチームはそのDAOが正式にメインネットに投入されたことを発表しました。このDAOにより、ZRX保有者はコミュニティが保有する200万トークン(当時は400万ドル以上の価値があった)の使用について完全な自治権を持つことになりました。ZRXの価格は年間ピークの2.31ドルを記録した後、その後数ヶ月間はゆっくりと下落傾向にありました。ZRXは現在0.75ドル前後で推移しており、これは4月上旬のピーク時の32%にあたります。

ZRX price chart

ZRXの2020年8月5日から2021年8月3日までの価格チャート(出典:CoinMarketCap)

ZRXの総供給量

ZRXの総供給量の上限は10億トークンで、そのうち50%がICOで販売されました。ZRXは当初のロードマップにDAOを掲げていたため、各参加者が購入できるトークンの数に上限を設け、トークンの流通量を多くしました。これにより、13,000の異なるETHアドレスにガバナンス力が分散されました。全体の供給量の10%は創業チームのために保有され、10%は初期の支援者やアドバイザーのために保有され、15%はZRXの中核となる開発組織と外部のプロジェクト開発ファンドに提供されました。これらの値の合計が、現在の技術的な流通量である8億5,000万トークンを構成していますが、公式の流通量は8億4,500万トークンをわずかに上回っています。なお、残りの15%は0xチームが保有しており、その用途は未定である。

手数料0

結論

ZRXは有望なDeFiプロジェクトであり、すでにいくつかの開発マイルストーンに到達しています。多くのCEXが運営能力への圧力に直面し続ける中で、DEXは暗号通貨にとって重要なツールとなるでしょう。ZRXは、2020年と2021年の取引量が一貫して伸びており、2021年8月3日の24時間取引量は7200万ドルを超えています。0xの目標は、そのプロトコルを使用した取引のためにあらゆる資産のトークン化を可能にすることなので、そのプロセスをアクセス可能にすれば、広く採用される可能性があります。

また、0xは大手投資会社からの資金援助を受けていることや、プロトコルの開発に時間をかけてきたことで、独自の立場を築いています。さらに、ガバナンスDAOが施行されたことで、利害関係者が開発の方向性を決めることができるようになります。これにより、0xは、採用と成長に最も適した発展の道を歩む可能性があります。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します