コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > 仮想通貨イオス(EOS)とは何か?価格分析も含めたEOSの完全ガイド >

仮想通貨イオス(EOS)とは何か?価格分析も含めたEOSの完全ガイド

2021-11-30 14:30:49

2018年に発表されたEOSIO(またはEOS.IO、EOSとも)は、工業用DAppsのためのスケーラブルなプラットフォームを構築することを目的とした、オープンソースの第3世代ブロックチェーンプラットフォームです。このプラットフォームは、イーサリアム(ETH)や他のブロックチェーンが抱える、スケーラビリティの低さ、速度の遅さ、手数料の高さなどの問題の解決を目指していることから、「イーサリアムキラー」と呼ばれています。

EOSは、EOSIOプラットフォームのネイティブな暗号通貨です。同トークンの現在の価格は4.60米ドル、流通供給量は9億6,000万トークンで、時価総額は44億米ドルです。最大供給量は10.5億トークンとなっています。

eos

EOSIOは何をしているのか?

EOSIOはDApp開発のためのネイティブブロックチェーンエコシステムです。イーサリアムは1秒間に25、ビットコイン(BTC)はわずか7トランザクション(TPS)の処理能力しかありませんが、EOSは3,000以上のトランザクションを処理することができます。さらに、開発者は理論的には100万TPS以上にスケールアップできると主張しています。実際、2020年には1つのブロックで5,545件のトランザクションが処理された記録があります。

EOSIOは、DApp開発における最大のブロックチェーンになることを目指しています。親会社であるBlock.oneは、開発者がプラットフォーム上でアプリを構築できるよう、以下のようなツールやリソースを開発しました。

Delegated Proof of Stake (DPoS)

EOSIOのコンセンサスシステムはProof-of-Stakeに基づいていますが、バリデーターはいわゆる「ブロックプロデューサー」や「superdelegates」となり、コンセンサスメカニズムに対する強い投票権を得ることができます。EOSIOブロックチェーンには、21人の「ブロックプロデューサー」がいます。

The EOSIO staking system

EOSIOのステーキングシステム(出典:Steemkr)

EOSIOのブロックプロデューサーは、何千人もの潜在的なバリデーターから選出されます。バリデーターは新しいブロックプロデューサーに投票し、ブロックチェーンにEOSをステークすることで報酬を得ます。ステーキング報酬システムは、年間のトークンのインフレ率が1%となっています。

$ 100ウェルカムボーナス
コンピュータベースのブロックチェーン

EOSIOのブロックチェーン構造は、OSをエミュレートするように作られており、以下のコンポーネントで構成されています。

  • ストレージ:ブロックチェーンにデータを保存するには、ネットワーク上のブロックごとにRAMリソースを消費する必要があります。
  • 帯域幅:トランザクションに要する帯域幅を消費し、ネットワーク上でデータの受け渡すことができます。
  • 演算:スマートコントラクトを動かすために必要な処理

EOSIOネットワーク上のストレージ、帯域幅、計算のためのリソース消費は、ネイティブのEOSトークンを使って支払われます。

Cost of running DApps on EOSIO

EOSIO上でDAppsを動かすためのコスト、€:EOSトークン(出典:dev.to)

バリデーターとブロックプロデューサーは、ネットワークでのリソース提供量に応じて報酬を得ています。ユーザーは取引を無料で行うことができますが、ネットワーク上のDAP開発者はネットワークの使用料を支払う必要があります。

EOSIOの運営

EOSIOでは、ブロックプロデューサーにブロックチェーンに対する広範な権限を与えています。ブロックプロデューサーはネットワーク上の取引を検閲したり、資金を凍結することができます。バリデーターとブロックプロデューサーは、ネットワークのルールを定めた文書である「EOS Constitution」の修正を提案することができます。

コンセンサスの最終決定権は、EOSIOネットワークの21人のブロックプロデューサーが保有しています。ルールを改正するには、ブロックプロデューサーの3分の2以上の同意が必要となります。そのため、EOSIOのブロックプロデューサーは、ビットコインやイーサリアムにおけるブロックプロデューサーよりも大きな力を持っているといえます。

設定できるレバレッジは最大100倍

EOSトークンの仕組み

EOSトークンは、ユーザーは自分のウォレットで資金を送信、受信、保持することができる点で他の暗号通貨と似ています。EOSは、他の第2世代のブロックチェーンが抱える高いガス料金、低い取引速度、スケーラビリティーなどの問題を解決するために開発されました。

ユーザーがイーサ(ETH)で取引を行う際には、「ガス料金」と呼ばれる取引手数料を支払う必要がありますが、これは混雑時には急上昇します。しかし、EOSIOブロックチェーン上では、そのような状況においても取引は無料のままです。

How the EOSIO blockchain operates

EOSIOブロックチェーンの仕組み(出典:EOS)

取引が無料であるため、EOSIOネットワークでは少額の送金も活発に行われています。参考までに、ビットコインネットワークでは1回の取引に50米ドルもかかるため、少額の取引はあまり行われていません。

EOSIOのdelegated-proof-of-stakeモデルは、ビットコインやイーサリアムのproof-of-workモデルとは異なります。EOSIOでは、取引を検証するマイナーに報酬を与えるのではなく、EOSトークンをネットワークにステークすることでコンピュータのリソースを貸し出したステイカーに報酬を与えています。現在、EOSトークンの55%以上がステークされています。

手数料0

ユーザーはEOSネットワーク上で自分のステーク総額に比例した権限を保有します。ユーザーがEOSネットワークで0.5%のステークを所有している場合、実質的にネットワークの0.5%をコントロールし、その見返りとして全体の0.5%の報酬を受け取ることを意味します。

EOS vs. カルダノ vs. イーサリアム:最も良いのは?

カルダノ(ADA)とEOSは、どちらもイーサリアムの後に登場し、イーサリアムのブロックチェーンに存在するスケーラビリティや高い手数料などの問題を解決することを目標に掲げています。カルダノはイーサリアムの元CEOであり、Vitalik Buterinとの争いの末にイーサリアムを去ったCharles Hoskinsonが開発しました。

カルダノがイーサリアムやEOSを上回っている部分はTPSにあります。カルダノのストレステストでは、257トランザクション/秒でしたが、新しい「Hydra」レイヤーにより、カルダノは1000以上のステークプールに分割して、それぞれ100TPSずつ処理することができます。これは、カルダノが1秒間に100万トランザクション以上の処理能力に拡張できることを意味します。カルダノブロックチェーンのスケーラビリティは無限大であり、これに匹敵するのはKadena(KDA)のみとなっています。

価格面では、カルダノは昨年イーサリアムとEOSの両方を上回り、YoY2,000%のリターンを達成しています。

しかし、EOSは非同期通信方式や並列実行など、技術的に異なるアプローチをとっています。イーサリアムやカルダノに比べ、EOSは2017年のICOで大きな注目を集めました。

EOS ICOの背景にあるストーリーとは?

EOSIOは、2017年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)で、暗号史上最大の40億米ドルを集めました。参考までに、イーサリアムは1,800万米ドル、カルダノ(ADA)は6,300万米ドルでした。EOSの製品が2018年1月31日まで稼働していなかったことを考えると、これは特筆に値します。

Token distribution during the EOS ICO

EOS ICOの際のトークン配布(出典:EOS)

2018年6月にEOSIOブロックチェーンが稼働し、その上でEOSトークンの運用が始まりました。このプロジェクトの開発には、ピーター・ティールやアラン・ハワードといった億万長者の投資家が支援しました。

2021年の調査では、21の「クジラ」と呼ばれる機関投資家がその巨額の資金を投入し、ICO中にEOSを戦略的に購入し、価値を高めていたとのことです。これにより、ウォッシュトレードの疑いが浮上し、後にインフレしたトークンを購入して市場を煽り、EOSの価値を操作していたことが判明しました。当時、8億1,500万米ドル以上の価値があった資金は、わずか21のウォレットにまで遡ることができたためです。

EOSIOの親会社であるBlock.oneは、ICOを開催し、未登録の証券を提供したとして、米国証券取引委員会から起訴されました。同社は2,400万ドルのペナルティを支払ったことで、これ以上の訴追を免れることとなりました。

誰がEOSIOの背後にいるのか?

EOSIOは、Block.oneの創業者であるDaniel LarimerとBrendan Blumerによって共同設立されました。Block.one社は、米国、ケイマン諸島、中国にオフィスを持つ米国のソフトウェア開発会社です。

Blumer氏は、現在香港在住の連続起業家です。ゲーム用仮想資産の販売からスタートし、香港の不動産仲介会社Okay.comを共同設立しました。一方のDaniel Larimerは、取引プラットフォームであるBitsharesを含む複数の暗号通貨プロジェクトを立ち上げたプログラマーです。

発売段階では、テレビ番組の司会者でコメディアンのジョン・オリバーが、自身の番組「Last Week Tonight」で暗号通貨に関するシリーズを展開し、EOSに言及したことで注目を集めました。この番組では、作家であり起業家でもあるBrock Pierce氏がEOSを支持していることを揶揄しており、その直後にEOSIOはPierce氏との関係を断ち切っています

EOSは中央集権的?

イーサリアムなどのブロックチェーンと比較すると、EOSのDPoSモデルはより中央集権的であるといえます。なぜなら、取引を検閲したり、資金を凍結したりする投票権を持つのは21人のブロックプロデューサーに限られるためです。この21人のブロックプロデューサーは、ネットワーク上のステイカーの投票により選びます。

ウィキペディアの共同創設者であるラリー・サンガー氏は、EOS上で「IQ」コインを発行した「Everipedia」プロジェクトの共同創設者ですが、EOSの選挙プロセスとブロックプロデューサーが行使する権力の大きさを批判しています。サンガー氏は、EOSネットワークのガバナンスにおいて、中国の代表者が最も支配力を持っていると主張する一連のツイートを行いました。同氏によると、”中国のプレイヤーがネットワークを支配している限り、EOSでのアプリ開発の継続はあり得ない “とのことです。しかし、依然としてIQコインはEOSネットワーク上で稼働し続けています。

EOSの今後のロードマップは?

2021年、EOSチームは代表者選出プロセスをさらに分散化させるため、「EdenOS」という新しいシステムのコーディングを開始しました。EdenOSは、新しい民主的なオンチェーン選挙システムです。このシステムは、候補者がZoomコールで民主的に選出されるオンライン投票プロセスを用い、最良の代表者を選出することを目的としています。2021年5月7月に2回の試験選挙が行われ、2021年10月に最初の本選挙が行われました

EdenOSプラットフォームは、ブロックチェーンの有無に関わらず、イーサリアムとポルカドット(DOT)両方のエコシステム向けに開発される予定です。

2022 roadmap for EOSIO

EOSIOの2022年のロードマップ(出典:EOSCommunity)

また、EOSIOはMetaMaskでも新トークンを発表し、これにより最も人気のあるDeFiエクステンションを用いたトークン交換機能の提供が開始される見通しとなっています。

EOSの価格分析

EOSは2017年の夏に0.40米ドルでリリースされ、急速に評価されていきました。2017年から2018年にかけては、4~5米ドルの平均価格で取引されました。2017年後半から2018年前半の暗号化ブルランでは、史上最高値である22.90米ドルを記録しました。2018年の春には、暗号通貨の弱気市場のために急落し、1.80米ドルの安値を記録しました。現在は4.60米ドルで取引されており、2018年の史上最高値から79%減少しています。

EOS price from July 2017 to October 2021

2017年7月から2021年10月までのEOS価格(出典:CoinMarketCap)

2019年、EOSは時価総額で7位の暗号通貨でした。2020年には14位に転落し、2021年時点では44位となっており、長期的に見て明らかな下落を示しています。

2021年の暗号通貨ブルランのピーク時に、EOSは価格の上昇を始めました。2021年5月には14.90米ドルで取引され、2017年以来初めて10米ドルを超えました。

EOSの市場が弱気となるケースは、権限の中央集権化が加速した場合です。ソラナ(SOL)やカルダノ(ADA)など、EOSIOの競合企業の中には、ブロックプロデューサーの中央集権化というデメリットがなく、同様の取引速度とスケーラビリティを提供しているものもありますが、EOSはそうではありません。一方、EOSIOがEdenOSのようなデリゲート選択プロセスの民主化を目指した新しいアップデートを成功させれば、EOSの価格は高くなる可能性があります。

結論

EOSIOは、スマートコントラクトとproof-of-stakeコンセンサスを備えた第3世代のブロックチェーンであり、手数料無料の取引と高いスケーラビリティを提供しています。しかし、EOSIO最大のステークホルダーは、ブロックチェーンに対する圧倒的な権限を保有しています。また、歴史的にEOSIOは、Solanaカルダノポルカドットなどの競合他社と比較して、パフォーマンスが低い傾向にあります。

EOSIOは、暗号通貨史上最も成功したトークンの1つでしたが、最初の成功がさらなる流通と価格上昇にはつながりませんでした。本トークンは、2019年の時価総額7位から2021年の時価総額44位に下落しました。

EOSの今後の価格上昇は、代表者のための分散型投票プラットフォームであるEdenOSの実装など、チームの分散化の取り組みにかかっています。EOSは2021年第4四半期までにEdenOSをメインネットに統合し、2022年に大規模な選挙を実施する予定です。また、EOSはイーサリアムとポルカドットの両方のブロックチェーンに対応しているため、MetaMaskとの統合は有益なものとなるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します