コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ポルカドットとは?DOTトークン解説 >

ポルカドットとは?DOTトークン解説

2020-12-28 10:49:26

Polkadot(以下、ポルカドット)は、2020年で最も野心的な仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトのひとつで、コミュニティで非常に話題になっています。スイスに拠点を置くWeb3財団によって立ち上げられたこのプロジェクトは、ユーザーフレンドリーな未来の分散型インターネットを創ろうとしています。彼が提案しているプラットフォームは、相互運用性、スケーラビリティ、安全性に優れた次世代のブロックチェーンが特徴です。

polkadot

その中核をなすPolkadotは、スケーラブルでカスタマイズ可能なブロックチェーンネットワークであり、信頼性と安全性の高いエコシステム上ですべてのブロックチェーンが相互作用し、シームレスに通信することを可能にします。ブロックチェーンを中心に据えるプロジェクトは、中央集権的なものに代わる分散型アプリケーション(dApps)で次世代のインターネットを創造しようとしています。

データの価値が高まり続ける世界では、インターネットは大規模な中央集権型組織がインターネットユーザーからデータを収集するための手段となっています。ほとんどのユーザーは無料でデータを提供していますが、平均的なユーザーは、データが悪用されたり、紛失したり、盗まれたりしないことを信頼するしかありません。

オープンソースや分散型技術は、一つの節目を迎えています。個人データよりも個人の主権を優先した代替的な分散型アプリケーションをオンラインで構築することが可能であることが証明されました。しかし、ピアツーピアのデジタルマネーとしてのビットコインと、完全な仮想ワールドコンピュータを目指すイーサリアムが大きな躍進を見せたにもかかわらず、どちらもその仕組みに限界があることが明確になりました。そこで、現世代のブロックチェーンが直面しているスケーラビリティの問題を解決するソリューションとしてポルカドットが登場したのです。

Polkadotとは?

ポルカドットとは、複数のブロックチェーンが互いに相互作用しながら経済活動を行うエコシステムである、と表現するのが最適でしょう。銀行アプリケーションのためのブロックチェーンが、ミュージシャンのために構築された別のブロックチェーンや、サプライチェーン管理のために構築された別のブロックチェーンと相互作用し、すべてが分散化された方法で相互作用し、コミュニケーションしている場面を想像してみてください。この点でポルカドットは標準的なシングルチェーンのブロックチェーンとは異なり、プログラム可能なビルディングブロックを特徴とする数十のサブブロックチェーンで構成されており、新しくより優れたインターネットを創造します。

これらの次世代ポルカドットブロックチェーンネットワークは、拡張性があり、アップグレードが容易で透明性の高いアプリケーションの相互接続エコシステムを促進するために構築され、大規模な導入にも対応できるように設計されています。

Polkadotネットワークの仕組み

ポルカドットは「シャーディング型ブロックチェーンネットワーク」であり、多種シャーディングモデルを使用して複数のブロックチェーンをひとつのネットワークで接続し、互いにデータを交換したり、安全性が保証されたトランザクションを処理したりすることができます。

多種シャーディングとは

シャーディングとは、スケーラビリティを目的として、ネットワーク上のデータベースを水平方向に「シャード」に分割することをブロックチェーン開発では意味します。初期のブロックチェーンに見られた、限られたスループットと実行時間の不足を考えると、シャーディングのプロセスは、ブロックチェーンネットワークを別のデータベースに分割して、ネットワーク上の全体的な作業負荷を軽減します。

従来、ブロックチェーンネットワーク上のすべてのノード(コンピュータ)が、トランザクション履歴、ウォレット残高、アカウントの詳細などの重要な情報を保存・処理していました。この設計によりブロックチェーンのセキュリティは保証されますが、特にネットワークに接続するノードが増えると、トランザクション処理が大幅に遅くなります。

重要なトランザクション情報をシャードに分散することで、ブロックチェーンはネットワーク上のノードを利用して負荷や責任も分散させることができ、それによって全体的な遅延を減らし、スケーラビリティの問題を解決することができます。

ポルカドットのライトペーパーによると、既存のネットワークやレガシーネットワーク上に、カスタマイズ可能でスケーラブルな分散型アプリケーションを実世界のユースケースで構築することは非現実的だと書かれている。ポルカドット独自の多種シャーディングは、ネットワーク内の各ブロックチェーンを特定のユースケースに合わせて最適化できるようにすることで、より多くのイノベーションを可能にします。

Polkadotエコシステム

リレーチェーン

ポルカドットネットワークは、個々のチェーンをつなぐリレーチェーンと呼ばれる基盤ブロックチェーンを作成するように設計されています。リレーチェーンはネットワークのセキュリティに責任を持ち、接続されたブロックチェーン間のコンセンサスと相互運用性を実現するために稼働します

パラチェーン

ポルカドットネットワーク上の個々のブロックチェーンはパラチェーンと呼ばれ、トークンをホスティングしたり、特定のユースケースに応じて機能を最適化したりできます。パラチェーンは並行して動作し、並列化された運用で責任を分散しながらシステムを拡張します。パラチェーンは、リレーチェーン上のスロットに報酬を払ったり、貸したりしたりすることで、この並列化構造を実現しています。

ブリッジ

ポルカドットエコシステム上のブリッジは、外部のブロックチェーン(ポルカドットのガバナンス構造を使用しないブロックチェーン)をリレーチェーンに接続する役目を持つ、特別な内部ブロックチェーンです。ポルカドットのネットワークであるパラチェーンは、ブリッジを介し、ローカルのパラチェーンと同様にイーサリアムやビットコインのブロックチェーンとシームレスに通信することができます。

ポルカドットのガバナンス構造

ポルカドットネットワークは、「指名制プルーフオブステークアルゴリズム(MPoS:Nominated Proof of Stake)」と呼ばれる特殊なPoSコンセンサスプロトコルによって管理されています。 その構造は、バリデーター(検証者、Validators)、コレーター(照合者、Collators)、フィッシャーマン(Fishermen)、ノミネーター(Nominators)、評議会メンバー(Council member)、技術委員会(Technical Committee)です。

バリデーターはDOTトークンをステークし、他のバリデータとのコンセンサスに参加して検証を行うことで、リレーチェーンのセキュリティに貢献します。コレーターからの証明書を送信します。

コレーターはパラチェーンからトランザクションを収集し、その証明をバリデータに送ることでパラチェーンを運営します。また、ノミネーターはDOTトークンをステークし、信頼できるバリデーターを選ぶことでリレーチェーンを確保する責任を負います。 フィッシャーマン(コレーターやパラチェーンのフルノードで構成される)は、バリデーターの悪行を監視し、報告することでネットワークを監視します。

最後に、ポルカドットのガバナンス構造は、ネットワークの意思決定プロセスにおける受動的な利害関係者を代表する評議会メンバーで構成されている。また、開発者で構成される技術委員会もあり、評議会メンバーとともにエマージェンシーリファレンダ提案を作成する。

DOTトークン

DOTトークンの総供給量は10億2000万です。CoinMarketCapによると、本稿執筆時点では流通総額は9億以上です。ポルカドットは、供給量を固定する代わりに、バリデーターがDOTに参加してステークすることにインセンティブを与えるインフレシステムで運営されています。

現在の価格は4.66ドル、時価総額は40億ドル以上で、DOTトークンは仮想通貨の時価総額でトップ10圏内ですが、ポルカドットのジェネシスブロックは2020年3月26日にローンチされたばかりです。

前述したように、ステーキングはDOTトークンのユースケースとして中心なもののひとつです。トークン保有者がネットワーク上の意思決定プロセスを完全にコントロールできるようになるため、ガバナンスのためにもトークンは使用されます。評議会のメンバーを選出することで、トークン保有者はプロトコルの変更、パラチェーンの追加や削除、ネットワークの報酬体系の決定に参加することができます。

DOTトークンはボンディングでも使用されます。これは、検証者がDOTトークンをボンディング(ステーク)することで、ネットワークに新しいパラチェーンを追加したり、古いパラチェーンや冗長なパラチェーンを削除したりする時に使用されます。

ポルカドットの価格と予測

DOTの将来価格予測を理解するためには、まずポルカドットの歴史を学ぶことが重要です。DOTトークンが初めて販売されたのは2017年のICOでした。当時、ポルカドットは1億4,000万ドルを調達しました。しかし、いくぶんかの損失を計上した同社は、2019年と2020年にそれぞれ2回のDOTプライベートセールを行いました。

DOTトークンの価格は、ICO時には約30ドルでした。しかし、DOT保有は2020年8月にリデノミネーションされ、それによってトークンの流通供給量は100倍に膨れあがりました。そのため、それまで1個のDOTトークンを保有していたトークン保有者に100個の新トークンが提供されました。その結果、トークンの供給量は当初の1,000万トークンから現在の10億トークンにまで増加しました。

この出来事はトークン価値を変えるものではありませんが、その結果、支持する声が高まり、投機が急増しました。DOTトークンが現在の4.5ドル前後の価格を上回り、年末には5ドルを超えると、現在のシグナルに基づき市場アナリストは予測しています。市場の動きを正確に予測することは困難ですが、アナリストは、DOTが2022年の初めに8ドルを超え、2025年までに25ドルを超えると予測しています。他のアナリストは、DOT価格が年内または2021年初頭までに90%下落するという弱気トレンドが差し迫っていると予測しています。

ポルカドットの将来性

ポルカドットとDOTトークンの未来は、現実世界のユースケースが複数ある異を考えると、明るいように見えます。プラットフォームは多数のブロックチェーンを連携させることができるため、採用が進むにつれて、その価値はより高いレベルまで急上昇する可能性を秘めています。しかし、ポルカドットが良い投資であるかどうかについては、今後の市況の動きがDOT価格にどのような影響を与えるか次第であると推測されています。

 

ポルカドットのユニークな特徴は、ブロックチェーンと仮想通貨の発展のために非常に重要であり、目を引くプロジェクトであると現時点では言うことができます。ポルカドットのシャーディングプロセスには脆弱性がある、との批判もあります。しかし、ポルカドットはこれまでのところ、Chainlinkのような他の著名なプロジェクトと提携し、そのビジョンを実現することで、シャーディングモデルの利点を強調してきています


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th