Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

リップル–XRPとは何ですか?

XRPリップル社が使用・開発している仮想通貨 です。他の多くの仮想通貨よりも高速で、環境に優しいことを謳っています。リップル社は2012年に設立された企業で、前身はRipple Labsです。リップル社は、リップルネットと呼ばれる金融ネットワークを開発しました。RippleNetは、銀行などの機関投資家の決済提供者が、グローバルに通貨送金を処理することを容易にするために設計されています。ップルネットでは、XRPというトークンを使用して、ネットワーク上での価値の移転を表現していますが、このトークンは、開始時と終了時の通貨に関係なく使用できます。このトークンは、RippleXRPと呼ばれることもあります。

それで、XRPとは何ですか?

XRPは、リップル社のネットワーク上で売買できる実際のトークンです。ビットコインがネットワークであり、 BTC がそのコインであるのと似ています。しかし、XRPは、ビットコインのように決済手段として設計されたものではありません。その代わり、前述のようにRippleNetで異なる通貨間の送金を容易にするために使用されます。

XRP vs. ビットコイン

XRPトークンの仕組みをわかりやすく説明するために、ビットコインと比較してみましょう。ビットコインはブロックチェーン技術 を使ってBTCの取引データを保存し、リップル社はXRP Ledgerを使っています。ビットコインのブロックチェーンもXRP Ledgerも分散型台帳の一種ですが、取引を検証する方法が異なります。BTCはプルーフオブワーク方式を採用しており、マイナーが数学的問題をいち早く解決してブロックをハッシュ化し、新しいBTCトークンを採掘することを競います。XRPは、より環境に優しい信頼ベースのコンセンサスアルゴリズムを用いて取引を確認し、それをXRP台帳に追加して新しい台帳バージョンを作成します。これにより、BTCの1時間に比べて、XRPの取引決済時間はおよそ4となります。

 プルーフオブワークとプルーフオブステークの違いは何ですか?

両者のもう一つの違いは、それぞれの分散型台帳が保存するデータにあります。ビットコインのブロックチェーンでは、各ブロックには、一定期間内に発生した取引の履歴と、過去のブロックへの参照(ブロックヘッダーハッシュ)のみが格納されています。しかし、XRPの台帳には、もっと多くの情報が保存されています。残高などのアカウント情報、取引内容、台帳に保存されているオブジェクトなど、すべてが閲覧可能です。台帳の各バージョンは、基本的にすべてのアドレスが保有するすべての残高の、ある時点でのスナップショットです。新しい取引が台帳で確認されるたびに、新しい台帳のバージョンには、以前の情報に加えて新しい取引が含まれ、ブロックの「高さ」が増していきます。

どれほどのXRPがありますか?

新しいコインを採掘して流通させることができるBTCとは異なり、1,000XRPトークンは2012年に作成されたものであり、新しいトークンが作成されることはありません。リップル社は供給量をコントロールするために、毎月10億XRPをエスクローから流通させています。現在、500億XRP以上のXRPが流通しています。

what is XRP?

RippleNetとは何ですか?

RippleNetは、XRPを媒介にして異なる通貨での取引を行う金融ネットワークです。例えば、別々の国の口座間で送金を行う場合、2つのシナリオがあります。2つの通貨の間に直接の為替レートが存在し、取引手数料が発生し、現在の為替レートに従うことになり、取引時間も長くなります。あるいは、2つの通貨の間に直接の為替レートが存在しない場合、銀行はA通貨を米ドルに変換し、それをB通貨に変換します。この方法では、両方の変換の手数料を支払うことになり、為替レート取引時間を考慮することになります。

しかし、XRPはこれらのシナリオの両方に対する解決策を生み出すことを目的としています。それは、銀行Aが、不換通貨を送金したり、米ドルに変換したりする代わりに、ある取引に対応する量のXRPを銀行Bのリップルポートフォリオに預けることができるというものです。こうすることで、為替手数料が削減され、取引の処理にかかる時間も大幅に短縮されます。リップル社自身が徴収する手数料は、0.00001XRPの取引コストのみです。これはスパム対策とされており、誰かに支払われるのではなく、取り返しのつかない形で破棄されます。

XRPは良い投資になるのですか?

繰り返しになりますが、仮想通貨に投資する前には、必ず時間をかけてその仮想通貨について読み解き、最新のニュースを追うようにしてください。また、アドバイスを受ける前には、自分なりの考えや基準を持ち、何よりも失ってもよい金額のみを投資するようにしてください。

とはいえ、Santander、Fidor、Commonwealth Bank of Australia、日本の銀行61行など、立派な大手金融機関試験的にリップルネットを採用しています。公的機関や銀行に支持されているということは、信頼性が高く、規制上の課題が少ないということです。さらに多くの金融機関で採用されるようになれば、いつの日か単一の統一銀行通貨になる可能性があります。一方で、銀行がリップルネットを採用しないことを選択した場合、XRPの価値は下がる可能性があります。

アカデミーを訪問して アルトコインを理解する

もうひとつのポイントは、他の多くの仮想通貨と違って高度に中央集権化されており、XRPをコントロールしているのはリップル社だけだということです。つまり、リップル社は自分たちの判断で取引を凍結することができますし、実際にそうしてきました。これは、仮想通貨の基本原則に反するものです。

どこでどのようにXRPを買えますか?

buy xrp with credit card

Phemexでは、クレジットカードを使ってXRPを直接購入し 、すぐに取引を始めることができます。リップル社のXRPを引き出したり取引したりするためには、最低でも20XRPを常にウォレットに入れておく必要があることをご承知おきください。これはベースリザーブと呼ばれるもので、スパム対策として使用されています。

XRPは買うべきですか?

長い話になります。リップルXRPは、銀行がフィアット通貨を送金する際に、手数料や時間を最小限に抑えるための仲介役として利用することを目的とした仮想通貨です。銀行がリップルのシステムを採用した/する場合には、強力な投資対象になると考える人が少なからずいます。現在、ビットコインほど主流ではないにしても、別の仮想通貨とのスポット取引を通じて、多くの取引所でアクセス可能となっています。PhemexでのXRP取引ペアを見るには、仮想通貨市場 にアクセスしてください。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free