三月ビットコイン市场分析

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

アメリカ国民がバイデン大統領からの1400ドルの給付金とともにセント・パトリック・デイを祝うように、仮想通貨マーケットにも良い兆しが見られます。今年三月、投資家の利益や、組織やリテールにおける仮想通貨は急激に上昇しています。しかし、ほとんどの大企業はビットコインとルーフを通じた価格の押し上げにのみ集中していることから、このほかの市場は例外的に良い傾向が流れています。この記事では3月のマーケットの動向を紹介していきます。

March-BTC-market-analysis

BTCによるATH Yetの再崩壊

 

2021年3月13日、一つのサーベイにつき、5分の2の給付金が仮想通貨スペースにもたらされ、ビットコインの時価総額は初めて60,000ドルに達し、ほんのわずか数時間でビットコインは61,556ドルと、市場最高値を記録しました。また資本の流入が急撃な機関の利益の加速により均衡するようになりました。

btc ath march 2021

資料: Coingecko

 

しかし連日トレーダー同士のリテイルのやり取りが行われた後、ものの二週間で資産は50,846ドルまで急降下しました。さらに一連の強気展開により、BTCは継続的に54,000ドルから56,000ドルの間で取引されていた元の状態に戻りました。ビットコインのオプション取引の期限はし既に終了したものの、ほとんどの資産価格は未だ回復されていません。

機関投資家の関心

機関投資家たちも続々と参入してきています。マイクロストラテジー(Microstrategy)は3月5日、1000万円分の205ビットコインを追加で購入し、累積で平均価格24,119ドル相当の91,064BTCを保有しました。

テスラは2月時点で既にBTCをバランスシートに計上していましたが、同社は2021年3月24日、顧客がビットコインを利用してテスラの車を購入できるようになったと発表しました。もはやテスラは、Twitterでも書き込みがあったように、ビットコインを購入するために車を利用しているのです。

BTCに対する機関投資家たちの需要が加速する中、投資大手のフィデリティ社もビットコイン上場投資信託(ETF)の開設をSECに申請しています。

カナダや中国の大手機関もデジタル資産に関心を示しています。中国のMeituは初となるビットコイン財務戦略を実行しましたが、カナダはトロント証券取引所で3番目となるビットコインETFを発表しており、この競争をリードしています。

NFTマニアの存続

FADだと見なされていたものが徐々に主流になってきました。今年2月、ビープル(Beeple)はNFTの中でも最も高価なデジタルアート作品「The First 5000 Days」のオークションを開始しました。この作品は3月11日に6900万ドルで落札されました。

NFTのブームは3月末まで続き、デジタルアートのコレクターは異なるプロトコルに4億4000万ドル近くを費やしました。CryptoPunksは、約1500万ドル相当のノンファンジブル・トークンを2つ販売しました。

nft march 2021

Twitter社のCEOであるジャック・ドーシーも、NFTの流行に乗り、2006年の自身の最初のツイートを290万ドル以上で販売しました。

さらにWISeKey $WKEYは現在、2021年3月31日に史上初の安全なラグジュアリーNFTをオークションに出品する準備を進めています。

イーサリアムが大きなアップデートを計画しているにも関わらず市場シェアを奪い続けているライバルたち

先月、Binance Smart Chainはイーサリアムの1日の取引量を30%上回りました。

eth upgrade

イーサリアムのネットワークでは1日の最大取引量が1349663回にとどまったのに対し、BSCのネットワークでは2021年3月26日に最大取引回数である3726576回を記録しました。

binance smart chain transactions chart

イーサリアムのもう1つのライバルであるカルダノも、3月1日にプロトコルのアップグレードを行い、ADAは最高値である1.45ドルまで上昇しました。

L2では、3月13日にMatic Network(後のPolygon)の自社トークンであるMATICが0.422ドルのATHに到達し、キープレーヤーになろうとしています。

重要な分野ではライバルたちにその地位を奪われているものの、イーサリアムは500億ドルの大台を超え、トータルバリューロック(TVL)の競争をリードしています。

dappradar

資料: DappRadar

コントラクトプラットフォーム間の熾烈な争いの最中、イーサリアムは7月に重要なアップグレードを予定しており、これは利益を巻き戻し、再び軌道になる可能性があります。今後の可能性に期待しましょう。

仮想通貨への関心を高める規制当局

仮想通貨は地域によってその捉えられ方が異なります。3月14日にReuterが発表したレポートによると、米国では暗号法を明確にするための選択肢を模索している一方で、インドでは全ての民間仮想通貨を禁止する法案が出されているとのことです。

イギリスでは、民間の投資リスクを軽減するため、2021年3月25日に暗号資産関連デリバティブとETN(上場投資証券)の禁止を発表しました。この禁止令により、ByBit社は事業を停止しました。

イギリスが暗号資産関連デリバティブの禁止に動き出したことで、世界はデジタルイノベーションとは逆方向に進んでいます。

ナイジェリアが暗号資産を禁止するというニュースは多くのトレーダーに影響を与えましたが、中央銀行は、同国が暗号資産取引を停止する意向はないことを明らかにしました。

暗号資産に賛成であろうが反対であろうが、規制当局の関心の高まりは世界中の法律家が暗号資産への関心を高めていることを物語っています。この資産に反対する国もありますが、多くの国では国民が安全に取引や投資を行えるような方法を模索しています。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free