フロントランニングとは何か、そして暗号通貨の注文はどのようにして選択されるのか

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

金融の世界では、フロントランニングとは、価格の方向性を事前に知った上で、ある資産に手を出すことを意味します。一般に、フロントランニングはさまざまな資産クラスで行われます。許可のない暗号通貨の世界でも、フロントランニングは、価格の大きな変動を先取りするための一般的な戦術です。ボラティリティの高さに加え、分散型ネットワークとオープン(透明)な台帳により、ブロックチェーン・暗号通貨市場はフロントランニングのいくつかの手法を助長しています。

front running
分散型システムにおけるフロントランニング

フロントランニングとは何かを理解するためには、まず、取引の先手を打ってお金を稼ぐ方法を知る必要があります。株式や商品などの伝統的な金融商品を取引する場合、フロントランニングは通常、価格に影響を与えるイベントに関するインサイダー情報を入手することで行われます。一方、暗号市場では、注文の流れが重要です。

注文の流れとそのブロックサイズを分析することで、価格の方向性を見極めることができます。暗号のフロントランニングは、フローの中で適切な注文を先取りすることが重要です。

Mempool分析と暗号資産業界におけるフロントランニング

暗号資産業界におけるフロントランニングを行う方法の1つは、メムプールを活用することです。mempoolの名前は「memory」と「pool」を組み合わせたもので、保留中のトランザクションのデータプールを指しています。メムプールは、あるノードから別のノードに転送される情報を一時的に保存することで、中間地点としての役割を果たします。つまり、不完全なトランザクションのデータのキャッシュメモリとして機能をします。メモリプールの構成は時間によって異なりますが、メモリプールにはフロントランナーにとって有益な情報が含まれています。例えば、市場の動きに大きな影響を与える可能性のある保留中の取引を特定することができるかもしれません。

front-running bot

フロントランニングボットがmempoolsを活用する方法(出典:Cryptohubk)

許可のないオープンな取引所プラットフォームでは、透明性の高い台帳を使用しているため、mempoolsへのアクセスと分析が容易です。中央集権的な取引所は、他の形態の攻撃を受けやすいものの、この点では有利です。透明性は非中央集権的なネットワークの切望される特徴ですが、フロントランニングのリスクはかなりのトレードオフになります。

取引の前に注文の性質を測ろうとすることは、多かれ少なかれ、メンプールを使ったフロントランニングの慣行に共通する要素です。その結果、マイナーやバリデータ・ノードは、ネットワークの安全性を確保する役割を担っているにもかかわらず、有利な立場にある。例えば、PoW(Proof-of-Work)のようなコンセンサス・メカニズムは、確かに悪者がフロント・ランニングによって不当に有利になる可能性を秘めた必要悪です。しかし、Pure Proof of Stake(PoS)のようなブロックチェーンのコンセンサスの革新は、こうした懸念を軽減できる可能性があります。

$ 100ウェルカムボーナス

一般的なフロントランニングの攻撃

暗号市場でフロントランニングをしてお金を稼ぐ方法は1つではありません。対象となる取引の種類や全体的な目的によって、すべてが異なります。昔ながらの簡単な方法は、単純に大量の注文の前に出ることです。そして、来るべき価格よりも低い価格で注文を出すことで、大きな注文の実行後の価格差から利益を得ることができます。

また、フロントランナーが注文を偽装して、ユーザーの本来の注文の代わりに実行する「ディスプレイスメント・アタック」も考えられます。さらに、一般的な投機の手口として、別の取引を予想して特定の価格で注文を出すことがあります。最初の価格で購入し、相手が提示していた価格で売り戻すことで、フロントランナーはその差額を利益としています。このようにして、利益の出る取引を確実に予測することができます。また、注文を保留しておくことで、フロントランナーが動き出すきっかけを作ることもできます。

front running in crypto

暗号分野でのフロントランニングの例(出典:Springer社)

フロントランニングは非常に複雑に見えますが、その実行は通常リアルタイムで行われます。専用のボットがデータの分析をコントロールします。暗号のフロントランニングの攻撃とそれに続くポジションの退出は、非常に高速で行われます。

フロントランニングは合法なのか?

フロントランニングは一般的かもしれませんが、素晴らしい行為ではありません。従来の市場では、さまざまな種類のフロントランニング技術が違法とされているのには理由があります。競争は歓迎されますが、不正な手段で誰かの利益を奪うことが常に正しいとは限りません。許可のない暗号通貨の世界であっても、そのような行為を制限する基準や仕組みを持つことは可能です。

手数料0

分散型の取引所では、相互に合意した基準によってフロントランニングを抑止することができます。世界の暗号コミュニティは現在、これらの攻撃に対処する方法を議論し、革新しています。いずれにしても、自由市場における健全な競争と成長を促進するために、分散型エコシステムはフロントランニングのリスクを克服する必要があります。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free