コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Pi Network(パイネットワーク)とBee Network(ビーネットワーク)はどちらが優れたマイニングプロジェクトなのか? >

Pi Network(パイネットワーク)とBee Network(ビーネットワーク)はどちらが優れたマイニングプロジェクトなのか?

2021-11-04 02:33:38

bee-vs-pi-network-

Pi Network(PI)とは?

2019年3月14日に発表されたPi Networkは、誰もがスマホでマイニングできる最初で唯一のデジタル通貨だと説明しています。Pi Networkは、ビットコインのように膨大な電力を使って複雑な計算数学的問題を解決するのではなく、メンバーが互いの信頼性を保証するセキュリティサークルによってネットワークのセキュリティを確保しています。セキュリティサークルは、Pi Networkのユーザーによって作られ、信頼できる3~5人のメンバーで構成されています。セキュリティサークルは、信頼されたメンバーと悪意のあるアクターを分離し、不正な取引を防止するグローバルトラストグラフを構築することで、ネットワークの暗号通貨を保護します。また、Pi Networkでは、ユーザーにネットワークのトークンであるPIを提供しています。

pi networkパイネットワーク(出典:itsblockchain)

Pi Networkは、Stellar Consensus Protocol (SCP)とSCPのFederated Byzantine Agreement (FBA)をベースにしたコンセンサスアルゴリズムを採用することで、エネルギーを消費しないマイニングを実現しています。Pi Networkは、SCPアルゴリズムを実行し、トラストグラフ情報を扱うノードソフトウェアに依存しています。SCPとFBAの統合により、ビザンチン・フォールト・トレランス(BFT)アルゴリズムが直面していた集中化の問題が解決されます。中央集権的な手段で定足数を決めるのではなく、ノードが誰を信頼して自分の意思決定グループに含めるかを決定することで、複数の「定足数スライス」を作成し、分散型定足数を形成します。 バリデーターは、クォーラムを構成するノードのうち、特定の割合のノードが指定された取引を受け入れることを決定した後にのみ、入力された取引を受け入れることができます。

$ 100ウェルカムボーナス

Pi Network(PI)では何ができるのですか?

Pi Networkに参加すると、ユーザーはさまざまな役割を担ってネットワークに貢献することができます。Piユーザーに用意されている役割は4つあります。

  • パイオニアは、アプリにサインインし、マイニングを行い、自分の存在を確認する通常のPiユーザーです。
  • コントリビューターは、信頼できるパイオニアのリストを提供するパイユーザーです。この役割は、パイオニアが3回のマイニングセッションを終えると利用できるようになります。コントリビューターになるためには、3~5人のユーザーをセキュリティサークルに加える必要があります。
  • アンバサダーは、パイネットワークに新しいユーザーを引き入れるパイユーザーです。アンバサダーは、新しいユーザーを招待すると、招待したユーザーの基本マイニングレートに最大25%のボーナスを得ることができます。
  • ノードとは、パイオニアやコントリビューターと呼ばれるユーザーで、Piモバイルアプリを使用し、Piノードソフトウェアを自分のコンピュータで実行します。

Bee Network(BEE)とは?

2020年12月にスタートしたBee Networkは、The Pi Networkをゲームに特化してクローン化したものです。そのため、「Pi Network」と非常によく似ています。最も顕著な類似点は、マイニングの手順、半分にするスケジュール、ユーザーがネットワーク内で果たすことのできる役割などです。また、Bee Networkでは、ユーザーにネットワークトークンであるBEEを提供しています。

このプロジェクトの技術的な詳細については、そのホワイトペーパーが導入部、プロジェクトのビジョン、プロジェクトの基本的な詳細のみで構成されているため、あまり多くの情報はありません。また、Bee Networkがどのようにコンセンサスを維持しているかについても言及していません。しかし、おそらくPi Networkと同じようなアルゴリズムを採用していると思われます。ホワイトペーパーには、「Bee Networkは、本物の人々で構成されるネットワークとして特別に設計されています」と書かれており、”Security Circle “という言葉が出てくることからもそれが推測されます。

The Bee Network

ビー・ネットワーク (出典:Adavid)

Bee Networkでは何ができるのか?

同様に、ユーザーはBee Networkの中でさまざまな役割を果たすことができます。ユーザーができる役割は、次の3つだけです。

  • パイオニアは、パイネットワークのパイオニアと同じです。パイオニアはPi Networkのパイオニアと同じで、Beeアプリにサインインしてマイニングを行います。
  • アンバサダーは、Pi Networkのアンバサダーと同じです。アンバサダーはPi Networkのアンバサダーと同じで、新しいユーザーをBee Networkに招待し、自分のチームに参加させます。アンバサダーは、今後のアプリ内機能で、チームメンバーと一緒にミッションをこなすことができるようになるといいます。
  • ベリファイアは、Pi Networkのコントリビューターに似ています。ベリファイアは、メンバーの身元を確認し、そのメンバーが信頼できるか、不正をしていないかを確認します。Bee Networkチームは、将来的にこの役割を立ち上げ、Bee Networkの全機能を利用する前に、全員がKYC(Know Your Customer)の検証を完了することを要求します。

bee network vs pi network「Bee Network」アプリと「Pi Network」アプリの比較。(出典:Contrapor)

Pi NetworkとBee Networkはどのような問題を解決するのか?

Pi NetworkとBee Networkは、ビットコイン(BTC)が抱える大きな問題の一つである「アクセスのしやすさ」を解決するためのプロジェクトです。ビットコインの普及に伴い、2010年7月には1コインあたり0.10ドル以下だった価格が、2021年9月には1コインあたり約45,000ドルにまで高騰しています。早くから参入した人たちが、今ではネットワークの大半を支配しています。あるレポートによると、2%のネットワーク事業体(マイナーや取引所を含まない)が全ビットコインの71.5%を所有しており、機関投資家(クジラ)がより多くのビットコインを蓄積していると推定されています

さらに、多くの企業や会社が独自にビットコインのマイニングファームを構築・運営するようになりました。しかし、多額の資金を必要とするため、一般のネットワーク貢献者が競争してブロック報酬を受け取ることは困難になりました。そこで、「Pi Network」と「Bee Network」は、世界中の人々が暗号通貨をより簡単に手に入れられるようにすることを目指しています。この目的のために、彼らは誰もがモバイルデバイスから暗号通貨を採掘できる方法を開発しました。

設定できるレバレッジは最大100倍

似ている点は?

Bee NetworkはPi Networkの模倣であるため、両者には多くの類似点があります。前述のコンセンサス・アルゴリズムが似ている以外にも、注目すべき共通点は以下の通りです。

  • ークンの価値:Pi NetworkとBee Networkのモバイルアプリケーションで獲得したPiトークンとBeeトークンは、いずれも暗号化された取引所(分散型または集中型)に上場していないため、価値がありません。2つのネットワークは将来的にトークンを上場する予定です。
  • アプリの機能:「Pi Network」アプリと「Bee Network」アプリは、ユーザーがPiトークンを採掘することができ、採掘したPiトークンを保管するウォレットとして機能します。また、この2つのアプリには、ユーザーがコミュニケーションをとるためのチャットセクションと、招待した人を管理するためのチーム管理セクションがあります。また、「Pi Network」アプリと「Bee Network」は、それぞれのプラットフォームに分散型アプリケーション(DApp)を搭載する予定です。
  • 紹介制度:Pi Network」や「Bee Network」に参加するには、紹介コードが必要です。紹介コードは、通常、Android Play StoreやiOS App Storeのレビューセクションから入手できます。この2つのネットワークは、マルチ商法によく見られるモデルを採用しています。このようなモデルでは、PiとBeeのユーザーは、自分が招待した人がネットワークに参加してマイニングを開始すると、マイニングレートにボーナスを得ることができます。
  • マイニング機器と手順:Pi and Beeのユーザーは、スマートフォンと、バッテリー消費を最小限に抑えた低価格のプロセッサがあれば、トークンの採掘が可能です。まず、Android Play StoreまたはiOS App Storeから「Pi」または「Bee」のアプリをインストールし、本人確認を行った上で、紹介コードを使ってアカウントに登録する必要があります。その後、毎日(24時間に1回)ログインして、ボタンをクリックするだけで、トークンを入手することができます。
  • ハーフタイムのスケジュールPiNetworkとBee Networkは、同じ半減期を持っています。両ネットワークとも、初期の採掘レートは1時間あたり1.6トークンです。ユーザー数が10万人に達すると、採掘レートは半分の0.8トークン/時になります。ユーザー数が100万人になると、マイニングレートは再び半分の0.4トークン/時になります。ユーザー数が1,000万人、1億人、10億人となっても、マイニングレートの半減は続きます。ユーザー数が10億人に達したときの最終的なマイニングレートは、1時間あたり0.05トークンとなります。
  • マイニングレート:Pi Networkは、2021年7月21日にユーザー数が2,000万人を超えました。この数字は、ネットワークに参加した人ではなく、世界中のアクティブで熱心なコミュニティメンバーです。しかし、Pi Networkはまだ4回目の半減を発表していないため、マイニングレートは1時間あたり0.2トークンになると予想されます。同様に、Bee Networkは、Beeユーザーの総数が1,000万人を超えたことを報告しており、そのマイニングレートは現在、1時間あたり0.2トークンとなっています。ただし、Pi NetworkはBee Networkよりもユーザー数が多いため、1時間あたり0.1トークンのマイニングレートに早く移行する可能性があります。
手数料0

どのような違いがあるのか?

この2つのプロジェクトには、チームのアイデンティティ、プロジェクトのロードマップ、アプリのプライバシーなど、いくつかの明確な違いがあります。具体的には、以下のような違いがあります。

  • 開発チームの存在:Pi Networkには、既知のチームがあります。Nicolas Kokkalis、Chengdiao Fan、Vince McPhilipの3人がPi Networkの共同設立者であります。彼らはスタンフォード大学を卒業しており、コッカリスとファンは博士号を、マクフィリップはビジネスアドミレーションの修士号を取得しています。しかし、McPhilipはPi Networkを離れ、別のベンチャー企業に移っています。これに対し、Bee Networkのチームは匿名であり、あまり安心できません。
  • プロジェクトのロードマップと今後の展開計画:Pi Networkには展開計画があり、テストネットやメインネットの立ち上げといった開発フェーズが記載されている。しかし、フェーズの公開は具体的な数字ではなく、コミュニティが「ソフトウェアの準備ができた」と感じるかどうかで行われている。一方、Bee Networkのロードマップには、開発フェーズを経る前に達成すべきマイルストーンが記載されています。例えば、ユーザー数が100万人から1,000万人になった時点で、ネットワークはKYC認証を開始し、ノードとDAppのエコシステムを導入するとしている。
  • アプリのプライバシー:iOSでは、「Bee Network」アプリは連絡先情報のみを収集しますが、「Pi Network」では、メールアドレスなどの連絡先情報やアイデンティティ情報をより多く収集します。Androidでは、「Pi Network」のアプリは同様の連絡先情報を収集し、ユーザーが許可するとシステムの設定を変更できるという潜在的に危険な権限を含んでいます。一方、「Bee Network」のAndroidアプリは、より踏み込んだ内容となっています。Beeアプリは、カメラ、連絡先、位置情報、電話、ストレージ、通知、および実行中のアプリに対する許可を要求します。このような許可を拒否することもできますが、Bee NetworkがThe Pi Networkよりもプライバシーに優しくないことは間違いありません。

結論

Pi NetworkとBee Networkは、ユーザーがスマートフォンを使って快適にトークンを採掘できる2つの非常に似たプロジェクトです。ユーザーはAndroidやiOSのスマホにアプリをインストールするだけで、ボタンをクリックするだけでマイニングを始めることができます。2019年に「Pi Network」が登場し、2020年には「Pi Network」のクローンである「Bee Network」が登場しました。Bee NetworkはPi Networkを模倣したものであるため、トークンの価値、アプリの機能、紹介制度、マイニング機器、手順、半減スケジュール、マイニングレートなど、両者は非常によく似ています。ただし、マイニングレートは、2つのプラットフォームのユーザー数の増加に応じて変化する可能性があります。

とはいえ、この2つのプロジェクトには、開発チームの正体、プロジェクトのロードマップ、アプリのプライバシーなど、いくつかの違いがあります。Pi Networkは、開発チームが明らかになっていますが、ロードマップが不明瞭で、アプリの押し付けが弱いです。一方、Bee Networkのチームは匿名で、そのアプリはカメラ、連絡先、位置情報、電話、ストレージなどの許可を求めるなど、より侵入的です。ポジティブな点としては、Bee Networkは、ユーザー数に応じた明確なマイルストーンを持つ、より明確なロードマップを持っています。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE