コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > 寿司(Sushi)スワップ: もっともポピュラーなDEXの一つ >

寿司(Sushi)スワップ: もっともポピュラーなDEXの一つ

2021-03-29 05:52:12

SushiSwapは、リクイディティ・プールと自動化されたマーケットメーカーを利用して、トークン・スワップの流動的な市場を作り出す分散型取引所です。2020年夏のDeFiユーフォリアの中で登場し、「ヴァンパイア・アタック」と呼ばれる大胆なDEX市場への参入手段と、仮名の創業者であるシェフ・ノミのその後の行動により、暗号通貨コミュニティに瞬く間に嵐を巻き起こしました。

しかし、この騒動がSushiSwapの人気やSUSHIトークンの価格に影響を与えたとは思えません。現在、最も人気のあるDEXの1つで、記事執筆時点で20億ドル以上がロックされています。

SushiSwap

SushiSwapの仕組みは?

SushiSwapの仕組みはUniswapと似ています。集中型の取引所モデルでは、買い手と売り手をマッチングするオーダーブックがあります。取引所はマーケットメーカーを雇い、常に注文の相手がいるようにして、市場の流動性を維持します。

しかし、このモデルは分散型の取引所では機能しません。イーサリアムのガス料金はマーケットメーカーにとって法外に高く、また、ブロックタイムが遅いと価格の滑りが発生します。

流動性プールは、分散型取引所でこの問題を克服するための最も一般的な方法となっています。SushiSwapでは、誰もが均等に分配された2つのトークンを含むプールに流動性を提供することができます。つまり、ETH-USDT のペアの場合、1ETHを1000ドルの価値で拠出する流動性提供者は、1000USDTも投入しなければなりません。

このプロトコルでは、資金を入金すると、出資額に相当する「プール・トークン」がウォレットに戻されます。そして、そのプールを利用してトークンを交換した人には、取引手数料の0.25%を分配する権利が与えられます。

誰かがプールを利用してトークン・スワップを行った場合、既存の流動性により、その注文は常に即座に実行されます。スマートコントラクトは、プール内のトークンの残高に基づいて、資産の価格を決定します。SushiSwapの価格が市場価格から大きく乖離すると、アービトラージ(裁定取引)が入り、その差から利益を得て、価格を市場レベルに戻すことができます。

誰かが流動性プールから賭け金を引き出したいときは、プールのトークンを燃やして、元のトークンが戻ってきます。しかし、ここで流動性提供者はいくつかのリスクを負うことになります。一方のトークンの価値が相対的に変化した場合、投入した金額よりも少ない金額しか戻ってこない可能性があるのです。これを “impermanent loss “と呼びます。ユーザーがトークンを引き出せば損失は永久に続くため、この言葉自体が誤解を招く恐れがある。

寿司スワップ 寿司バー

寿司スワップは寿司バーと呼ばれる機能を提供しており、ユーザーはSUSHIトークンを賭けて、さらに多くのSUSHIの報酬を得ることができます。取引手数料は0.3%で、0.25%は流動性提供者に支払われます。残りの0.05%はプールトークンという形でSushi Barに入ります。毎日、Sushi Barのプールトークンはすべて清算され、SUSHIトークンの購入に使用され、Sushi BarでSUSHIを賭けているすべての人に分配されます。

ローンチ時の問題点

他の多くの分散型取引所と同様に、寿司スワップは登場する前にDEXのNo.1の座を堅持していたUniswapのフォークとしてスタートしました。しかし、単純なフォークとは異なり、寿司スワップはいくつかの余分なステップを踏んでいます。フォークは、Uniswapが独自のトークンを持つ前に起こりました。寿司スワップは、Uniswapバージョン2プロトコルの基本コードを修正し、Sushiという独自のトークンを追加して、寿司スワップ取引所に流動性を提供している人がファーミングできるようにしました。当時、イールドファーミングは比較的新しい技術でしたが、大きな人気を集めていました。SUSHI」を保有すると、寿司スワップ取引所に対するガバナンス権が付与されるとともに、取引所が支払う取引手数料の一部を受け取ることができます。

寿司スワップ取引所の設立者は、寿司スワップ取引所が立ち上がる前から、Uniswapの流動性プールを利用して、既存のUniswapプールを利用してSUSHIトークンの流動性を確保していました。取引所が稼動すると、流動性はUniswapから寿司スワップに移行しました。

寿司スワップの立ち上げ方は、単純にUniswapの取引所から流動性を奪い、その結果、彼らの戦術は「ヴァンパイア・アタック」と呼ばれました。これだけでも、暗号コミュニティでは多くの議論が巻き起こりました。しかし、その後の数週間、寿司スワップの共同設立者であるシェフ・ノミは、SUSHIトークンの一部を吸い上げ、当時約1,400万ドル相当の3万8,000ETHで売却し、SUSHIの価格を暴落させたことで、このプロジェクトが見出しを独占する原因となりました。その後、彼らはトークンを返還し、Twitterで謝罪しました。

FTX取引所の創設者であるSam Bankman-Fried氏が争いに加わり、寿司スワップの手綱を取ったのです。それ以来、寿司スワップのマルチシグネチャーウォレットは、プロジェクトに残っている共同設立者の0xMakiを含むチーム間で分配されている。

 

寿司スワップの予測: 現在と今後の展開

SushiSwapは最近、Yearn Financeと合併しましたが、これはYearnのプロジェクトを含む一連の合併でした。Yearnとの合併では、開発リソースの統合が一般的ですが、SushiSwapの場合は、リクイディティプールの統合も行われます。

また、SushiSwapは最近、2021年に向けた広範なロードマップを発表しており、その中にはPolkadotのエコシステムへのブリッジパラケインであるMoonbeamを使ったクロスチェーンDEXや、アルゴリズムステーブルコインの導入などの野心的な計画が含まれている。

SUSHIトークンのパフォーマンス

SUSHIトークンの価値は、寿司スワッププラットフォームのジェットコースターのような動きにほぼ追随している。リリースされた直後は急上昇したが、パンプ&ダンプ方式ではないかとの懸念から能見シェフがSUSHIトークンのシェアを売却したことで急落した。

2020年12月以降、DEXの需要が高まるにつれ、SUSHIの価値は着実に上昇している。Yearnの合併と現在のロードマップのニュースは、価格をさらに押し上げているようだ。SUSHIは2021年1月に価値が3倍になりました。

結論

寿司スワップは乱高下を繰り返しており、このプロジェクトがまだまだ続くことは間違いなさそうだ。ただし、注意が必要だ。現在、このプラットフォームのリターンは、多くの人々を投資に誘うのに十分な余裕があります。しかし、このリターンは、長期的には維持できない可能性が高いと思われます。さらに、このプロジェクトの背後にいる人々はほとんどが匿名です。DeFiは依然として、暗号通貨のエコシステムの中でもリスクの高いコーナーの1つであるため、常にリサーチを怠らないようにしましょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th