コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > 仮想通貨プライスアクショントレーディング戦略 >

仮想通貨プライスアクショントレーディング戦略

2021-05-17 07:17:33

ローソク足チャートはすぐに複雑になってしまいます。テクニカル指標の数、移動平均の長さ、フィボナッチリトレースメントレベルなど、何が重要なのかを見極めるのは難しいでしょう。ほとんどの統計的指標は、価格という既に知られているものに関する情報を提供しようとします。

crypto-price-action-trading-strategy

プライスアクションとは?

プライスアクションは、市場を分析し、エントリーとエグジットの機会を特定し、さまざまなシナリオで市場がどのように行動するかを理解するための最も重要な方法の一つです。チャート上のローソク足の背後には現実の資本が存在しており、市場参加者の心をつかむことで、資本の流れの方向性を明らかにすることができます。

過去の最小と最大の追跡

例えば、短期的なチャートを見る場合、過去の最小値と最大値、およびそれらのレベルの周辺でのブレイクアウトを追跡することは、非常に有益なことです。いくつかの研究によると、市場参加者は心理的に過去の高値や安値を超えたり、下回ったりした場合に注目する傾向があります。局地的な極端さと歴史的な極端さの両方がトレーダーを魅了し、これは「アンカリング」として知られています。

過去の最低価格や最高価格を超えたブレイクアウトは、新しい長期トレンドを形成することもあります。しかし、これは必ずしもそうとは限りません。仮想通貨市場では、その新しさゆえに長期的なトレンドの例があまりないため、歴史的に重要な価格水準を突破すると、壮大なボラティリティが発生します。

これは、新しい取引の機会を広げることができる一方で、非常に大きなリスクを伴うものです。リスクを軽減するためには、他のトレーダーがどこに ストップオーダーを置いているかを確認しながら、ストップオーダーの置き方を学ぶことが重要です。通常、トレーダーは重要な価格レベルの少し上か下に注文を出します。これらの逆指値注文がスケールアップして作動したときのプライスアクションは強力で、特に特定の価格に注目しているときには効果的です。

市場参加者に関する情報提供

価格の動きは、市場参加者についても多くの情報を与えてくれます。違法行為であるネイキッドショートセリング(裸の空売り)によって、資産に圧力をかけて支持線を割り込ませることで市場を操作するトレーダーもいます

噂や恐怖、不確実性、疑念を広めることで、市場操作者はさらに下降圧力をかけることができます。サポートレベルを下回ると、多くのトレーダーのストップロスが作動するため、価格はさらに下落する可能性があります。そうなれば、市場操作者はより低い市場価格で資産を買い戻し、ショートポジションを決済して利益を得ます。この「ストップハンティング」という戦略は、規制された市場では違法ですが、仮想通貨市場では発生します。

若い市場でのプライスアクション

プライスアクションは、過去の極端な値だけでなく、10の倍数の丸い数字、偶数、繰り返しの数字などの「美しい」値にも敏感に反応します。デジタルアセットのように歴史の浅い市場では、長期的なデータが得られないため、これらの価値はさらに重要です。

価格というと、数字やチャートのイメージが強いかもしれませんが、実際にはすべての出来事の背後には人間が存在します。プライスアクショントレーディングとは、何が市場を行動に駆り立てるのか、何が資産価値に対する認識を変化させるのか、そして金融規制の範囲内でどのような戦術を用いればよいのかを学ぶことです。

仮想通貨のプライスアクショントレーディング戦略

過去のデータがない場合は、心理的な要因の方がはるかに重要です。仮想通貨の自然なターゲットは10の倍数であり、ビットコインが10,000ドルのマークを超えたように、これらの心理的な障壁を超えると、爆発的な価格行動につながります。ビットコインの価値がこれらの価格に引き寄せられる傾向があるということではなく、これらの価格がきれいで、自然にトレーダーが注目するようになるということなのです。

仮想市場では心理的な要因がより重要になる

特に、未知の価格帯で動いている場合には、金融メディアも心理的に魅力的な価格レベルにまつわるレポートを掲載して読者の関心を高め、その妥当性をさらに高めます。10倍や20倍の利益の可能性は、例えば15.78倍の文章よりも目につきやすく、認識しやすいので、焦点を当てやすいのです。

例えば、ETH が過去の史上最高値(2017年末の1,380ドル)を越えてから3カ月足らずで、その価値は54%近く上昇し、なんと2,140ドルに達しました。1,000ドルから2,000ドルへの成長には、わずか80日しかかかりませんでした。以前のETHは、2017年の史上最高値を下回った後、1,000ドルの大台を超えようと約3年間もがいていました。

これらの値は、基本的な意味を持たないかもしれませんが、市場にとっては重要であり、市場心理の変化を最大限に利用するために、長期的に追跡するのに適した価格ポイントとなります。また、指数関数的な価格変動はいずれ飽きられるということにも注意が必要です。どのような資産も、一定の時間を超えて成長し続けることはできず、市場は最終的にその資産に過大評価のレッテルを貼ることになります。

価格が上昇するにつれて買いの量が減っていく様子を見て、トレーダーはテクニカル指標を使って、これらの価格レベルの周辺に現れる典型的なパターンによって、市場の反転ポイントを予測することができます。例えば、市場のトップは通常、緑のローソクが大きくなり、その後、買い手が価格をさらに押し上げようとするのをやめて、トップの芯が長い赤のローソクがさらに大きくなることが多い。

チャートパターン

チャートのパターンにはさまざまな形があり、市場の機能をよりよく理解するために、書籍やウェブには何百ものパターンが掲載されています。価格がピークに達すると、買い方の勢いは消え、売り方が利益を巻き上げるようになります。ここでパニックになると、多くのトレーダーがポジションを閉じてしまい、価格が急激に下落します。

そして、価格が非常に低くなると、買い手は再び割安な資産を蓄積し始めますが、通常、パニックが収まると価格は再び安定し、再びサイクルが始まります。2019年にビットコインが3,100ドルまで下落したことは、そのゆっくりとした長期にわたる反転のために市場の底を表していると考える人もいます。

このようなパターンが見えてきたとき、トレーダーは通常、外部のイベントを調べて市場のセンチメントをよりよく把握することで利益を得ることができます。1月にビットコインが市場最安値を更新した直後、IEOによって多くの買い手が現れました。

IEOは、取引所が規制するクラウドセールで、 ICO と似ていますが、詐欺に遭うリスクはありません。取引所がIEOを実施できるプロジェクトを規制していたため、投資家は初回の提供がほぼ確実に利益をもたらすものとして、喜んで資金を提供しました。Binanceの最初のIEOは非常に成功し、このようなオファーへの関心の高まりにより、デジタル資産に関心を持つ人がさらに増えていきました。

他の市場と同様に、暗号通貨の価格はサイクルで動きます。成長の波の後には、ほとんどの場合、衰退の波が訪れます。つまり、上がったものは必ず下がるのです。これは機械的なバネのようなもので、一定のレベルまでしか押すことができず、圧力が緩和されると跳ね返ってきます。しかし、バネは無限に伸びるわけではなく、放っておくとまた平衡状態に戻ってしまいます。

トレンドトレーディング

プライスアクションはトレンドを見極めるのにも役立ちます。安値がどんどん上がっていくのが上昇トレンド、高値がどんどん下がっていくのが下降トレンドです。テクニカル分析の入門書でも同じことが書かれていますが、この点を強調することは非常に重要です。トレーダーは数字に基づいて判断するのではなく、数字を使って市場についての考えを具体化するのです。

株式市場や負債市場と比較して、ブロックチェーンベースのデジタル資産は、これらのサイクルをはるかに高速で移動します。仮想通貨は、現在の強気のサイクルの前に、パラボリックな強気の市場とそれに続く弱気の市場を、すべて数年以内に経験しています。市場の変動は避けなければならないものではありませんが、毎回うまく市場に出入りするには、ある種のニュアンスが必要です。

プライスアクショントレーディングは、一見すると常識のように思えるかもしれませんが、過去のデータに基づいて市場の行く末を予測するだけではなく、価格がなぜそのように動くのかという根本的な理由を理解することが重要なのです。

プライスアクションの制限

プライスアクションは、トレーダーが市場を読み、公開されたデータに基づいて主観的な売買判断を下すことを可能にします。現在および過去の値動きとテクニカル指標を用いて、トレーダーは価格がどこに行くか、なぜ行くか、どのくらいの期間続くかを予測することができます。

プライスアクション分析は、ファンダメンタルズに関する要因を実質的に無視し、価格の動きに重点を置いているため、プライスアクショントレーディング戦略は、テクニカル分析ツールに大きく依存しています。トレーダーの戦略に応じて、使用するツールは様々です。トレンドラインやプライスバンドに注目する人もいれば、 サポート/レジスタンスレベル、市場の統合期間、高値/安値の変動などに注目する人もいます。

使用するツールは複雑なアルゴリズムである必要はなく、ほとんどのトレーダーは取引量やボラティリティーのレベルを考慮しながら、単純に価格を直接追跡しています。しかし、前述したように、心理的な要因も市場行動に影響を与えることがあります。例えば、ビットコインは歴史的に9,500ドルから10,000ドルの間で多くの時間を過ごしてきましたが、10,000ドルの大台を超えたことで、何度も価格がさらに上昇しました。

しかし、市場の状況によっては、心理的限界を超えたときに反転のシグナルとなるため、先手を打ってショートポジションを設定するためにも使用できます。トレーダーがプライスアクションを全く同じように解釈することは非常に稀で、それぞれが市場の動きを独自に解釈するからです。ここには明確なルールはなく、市場に対する主観的な理解のみが存在するのです。

しかし、短期移動平均線が長期移動平均線の上を横切ると、同じように市場の反応、つまり価格の上昇をもたらす可能性が高くなります。ファンダメンタルズ分析を行わなくても、50日MAなどの短期移動平均線が200日MAなどの長期移動平均線と交差することは「ゴールデンクロス」と呼ばれ、強気の価格行動が起きる兆候として広く認識されています。これらのイベントは、トレーダーの間で同様の行動をもたらし、適切なシナリオでは、トレーダーはこの累積的なポジショニングを利用することもできます。

プライスアクションを利用したデリバティブ市場

 

プライスアクションは現物市場だけではありません。実際、プライスアクションは、先物やオプションなどのデリバティブ契約を含む広範な証券で使用されており、個人トレーダーや投機家、裁定取引者やヘッジファンドなど、あらゆる種類のトレーダーが使用しています。

仮想通貨のように変動の激しい市場での取引や投資は、驚くほどの利益を生む可能性がありますが、適切に管理しないとポートフォリオのかなりの部分を失うリスクもあります。どのような種類の金融資産に投資する場合でも、資産配分の多様化と事前の調査を忘れないでください。プライスアクション取引は、通常、短期から中期のトレーダーが行うもので、より長期的な投資を目的としたものではありません。なぜなら、多くのトレーダーは、市場はランダムなパターンで動き、確実な戦略を定義する体系的な方法はないと考えているからです。

しかし、市場に内在する心理的なトリガーを利用することで、プライスアクショントレーダーは、資産が好調または不調である根本的な理由を理解していなくても、最適なエントリーポイントとエグジットポイントを特定することができます。この戦略では、トレーダーによって運の良し悪しが異なりますが、それは主にスキルによるものですが、経験も大いに役立ちます。

まとめ

プライスアクション戦略は、複雑かつ柔軟な独自のアプローチを定義することができ、投資家は様々なプラットフォームで複数の資産クラスに適用することができます。また、プライスアクション戦略は、歴史的に類似した状況でこれらをバックテストすることができるため、特に市場が特定の行動を繰り返してきた歴史を持つ場合には、非常に有効です。

プライスアクションには数え切れないほどの理論があり、中にはとんでもない成功率を謳っているものもありますが、特定の戦略に従ったからといって誰もがうまくいくわけではないということを知っておくことは重要です。成功例だけがニュースになりますし、仮想通貨に関して言えば、その分散型の性質から、自分の投資に責任を持つのは自分だけです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Tip Others, Get Paid Yourself! Win 10,000 PT Daily