中央銀行デジタル通貨(CBDC)と暗号通貨:類似点と相違点?

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

この4年間で、ビットコインイーサリアム、そして数多くのアルトコインなどの暗号通貨が人気を博しており、各国が独自に使用するデジタル通貨を作るというコンセプトも注目されています。特に、中央銀行が自国のデジタルマネーを作ることに意味があるのかどうかを問うようになってきたのです。現在、81カ国(世界のGDPの90%以上を占める)がCBDCを検討しています。

その一方で 暗号通貨は非常に特別な存在であり、人々を貧困から救い、銀行口座を持たない人々を銀行に預ける可能性を秘めた革新的なものです。また、その特徴は簡単には再現できず、それぞれの暗号には独自の特性があります。

ソブリンデジタル通貨は、ブロックチェーン技術を用いることでこれらの特徴の一部を再現することができるかもしれませんが、クリプトの最も魅力的な特徴である匿名性、分散性、ガバナンスを完全に実現することはできません。

cbdc vs crypto

中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは何か?

中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは、その国の不換通貨をデジタル化したもので、中央銀行に対する債権でもあります。中央銀行は、お金を印刷する代わりに、政府の全幅の信頼と信用に裏付けられた電子コインや口座を発行します。

CBDCに警鐘を鳴らしたのは、FacebookのLibraプロジェクトの発表後でした。それ以前、中央銀行はデジタル通貨を慎重に、そして距離を置いて見ていました。それは、デジタル通貨は規模が限定されており、金融政策や金融の安定性には十分な関連性がないと見ていたからです。しかし、「後悔先に立たず」で、彼らは間違っていました。

詳しくは「中央銀行のデジタル通貨とは」をお読みください。

CBDCは暗号通貨とどう違うのか?

暗号通貨(ビットコインやイーサリアムなど)は分散化されており、独自のブロックチェーン上で運営されていますが、CBDCは、中央銀行または政府のいずれかである発行主体によって管理されています。

CBDCと暗号通貨の大きな違いには、以下のようなものがあります。

  • まず、CBDCはパーミッション付きのブロックチェーンネットワークを使用しているのに対し、暗号通貨はパーミッションレスのものを使用しています。
  • 2つ目は、暗号通貨のユーザーは匿名のままですが、CBDCのユーザーの身元はわかっています。
  • 3つ目は、CBDCでは中央銀行などの発行機関がルールを決めるのに対し、暗号ネットワークではユーザーがコンセンサスで決定してネットワークをコントロールする。
  • 4つ目は、現時点ではCBDCは決済や取引などのホールセール活動にしか使えないのに対し、暗号通貨は決済だけでなく投機的な投資資産としても使えることです。

CBDCを利用するメリットは何なのか?

中央銀行デジタル通貨には多くの利点があり、実際に今日、多くの国が必ずしも気づかないうちにすでに日常生活の中でデジタルマネーを使用しています。IMFによると、CBDCは物理的な現金よりも取引コストが低いため費用対効果が高く、銀行口座を持たない人々が携帯電話でより簡単かつ安全にお金にアクセスできるというファイナンシャル・インクルージョンを促進することができ、透明性の基準を満たし、違法行為を制限するためのインセンティブを必要とする民間企業と競争することができ、金融政策がより迅速かつシームレスに流れるのを助けることができるとしています。

status of cbdc development worldwide

アメリカのシンクタンク、アトランティック・カウンシルによるこのグラフィックは、世界の中央銀行のデジタル通貨開発の状況を示しています。(出典:アトランティック・カウンシル)

しかし、多くの人が「なぜ銀行は暗号通貨を使わないのか」という疑問を持っています。その答えはいつもこうです。暗号および暗号通貨市場で最もよく知られている問題のひとつは、そのボラティリティです。加えて、それらは規制されていません。また、ステーブルコインは良い代替手段を補っていますが、最近のニュースでは、それらも完全には信頼できず、監査もされていないと言われています。したがって、暗号通貨を経済に輸入して従来の銀行システムに取って代わることは簡単ではなく、まだ実行可能ではありません。ではなく、まだ実行可能ではありません。

CBDCはステーブルコインに似ていますが、規制されており、価値を維持するために基軸資産(不換紙幣、など)に裏付けられている可能性が高いです。

世界経済におけるCBDCと暗号通貨の動向

仮想通貨を検討する理由はたくさんあります。もちろん、その評価の大部分は、その国の経済状況に左右されます。最近では、各国がデジタル通貨の検討を開始すると発表したり、暗号化に関する法案を提出したりしています。

デジタルユアンとは?

例えば、中国は最近、「Digital Yuan」と呼ばれる独自のCBDCを開発しました。おそらく、CBDCを全国に普及させるために、暗号通貨を全面的に禁止するに近い大きな制限を設けているのでしょう。少し前には、イングランド銀行も近い将来、CBDCを創設するというレポートを発表しています。同国は暗号通貨を全面的に禁止していませんが、暗号取引所への一部の支払いは、イングランドのいくつかの地方銀行によって禁止されています。同様の状況はインドでも展開されています。インドの中央銀行であるRBIは最近、デジタルルピーの作成計画を発表しました。その結果、インドの暗号取引所への直接送金も多くの銀行でブロックされています。

一方で、何らかの形で暗号通貨を採用している国では、CBDCを開発する計画はありません。この発言を支持しているのはエルサルバドルだけですが、シンガポール、スイス、マルタのように暗号化に適した規制を持つ国は、独自のデジタル通貨の発行を検討していません。

結論

CBDCは、中央機関によって開発・管理されているため、ある意味では暗号通貨とは相反するものです。しかし、CBDCは世界をデジタル通貨に近づける可能性を秘めており、その結果、さらなる暗号通貨の普及への道を開くことができます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free