Academy > テクニカル分析 > 三羽烏(黒三兵)について知っておきたいこと >

三羽烏(黒三兵)について知っておきたいこと

2021-11-24 09:16:40

概要

  • 三羽烏は、3取引日連続で弱気相場が強気相場を圧倒したときに現れる強気(ブリッシュ)なチャートパターンです。
  • 三羽烏のパターンは一般的に下降トレンドの到来を意味します。
  • 三羽烏のパターンは通常、非常に信頼性の高いものですが、それ以外にも出来高やトレンドの勢いなどの要素を総合的に考慮することが極めて重要です。

three-black-crows

暗号通貨市場は、息を呑むようなボラティリティと、アドレナリン全開の取引が飛び交う危険な世界です。ある人にとっては運否天賦の博打であり、別の人にとっては単なる好機なのです。投資家は常に市場を観察し、グラフやトレンド指標を見て特定の資産の動きを予測します。テクニカル分析は、市場を理解する上で非常に重要な要素ですが、指標は取引が利益を生む可能性が高いかどうかを示すことはできても、それを保証するものではありません。

市場は基本的に予測不可能なものですが、アナリストは長年にわたり、ノイズの中にパターンが定期的に現れることに気付いていました。つまり、特定の条件下で繰り返される再現性のある市場行動です。

チャートパターンは古くから存在し、世界中のトレーダーやアナリストが定期的に利用しています。指標は、市場がどちらかに揺れるかどうかを確実に言うことはできませんが、テクニカル分析は市場参加者の心理に依存しており、それは昔からあまり変わっていません。

三羽烏パターンとは?

パターンにはさまざまな形や大きさがあり、多くの場合、強気(ブリッシュ)または弱気(ベアリッシュ)な価格変動の始まりを予測します。強気のパターンは価格の上昇を示し、弱気のパターンは価格の下落を示します。「三羽烏」は弱気のチャートパターンに相当し、弱気相場が強気相場を3回連続して圧倒したときに現れます。

「三羽烏」を読み取るには?

カラスはしばしば不運を連想させますが、三羽烏のパターンは一般的に下降トレンドの到来を表します。この理由を理解するためには、まず、なぜこのパターンが形成されるのかを調べる必要があります。視覚的に三羽烏のパターンは、3本の連続した長いローソク足として現れ、前のローソク足の胴付近で開きますが、閉じる位置はより低くなります。

three black crows

出典:インベストペディア

三羽烏との取引方法は?

暗号通貨市場は悪名高いほど変動が激しく、莫大な利益と大規模な損失が定期的に発生します。誤った判断ひとつで、利益のかなりの部分が消えてしまうこともあります。このような場合、三羽烏のようなチャートパターンは、市場の潜在的な動きについて多くのことを明らかにすることができます。

三羽烏VS赤三兵

「三羽烏」のパターンには、より楽観的な見方ができる「赤三兵」があります。これは、強気の値動きが終わりに近づいたときに、「三羽烏」のパターンを逆にしたようなパターンです。このように、ローソク足のチャートで視覚的に表現されたものは、トレーダーが認識して素早く行動する上で非常に重要になります。

赤三兵のパターンは、市場の統合期間の後にも形成されることがあります。このパターンは強気相場のシグナルと考えられますが、強い上昇トレンドの後に出現するパターンほど重要ではありません。

しかし、このパターンは非常に攻撃的になる可能性があり、過度に長いローソク足は、弱気相場が資産を「売られ過ぎ」の領域に押しやったことを示している可能性があります。

このような場合、ショートセラーは値上げを画策する他のトレーダーが枯渇した相場を利用して、リバーサルをリトレースメントに切り替えることを警戒する必要があります。しかし、だからといって三羽烏は常に弱気のリバーサルを示しているわけではありません。ほとんどのパターンが一度は誤ったシグナルを発するように、三羽烏もその例外ではないのです。

その確認のため、トレーダーは相対力指数(RSI)ストキャスティック・オシレーターなどのテクニカル指標を用いて、より鮮明に市場の姿を可視化させることがよくあります。チャートのパターンはどこにでもあるものですが、それを認識し、それに基づいて素早く判断できるようになることは、科学というより芸術に近いものがあります。しかし、パターンがあるからといって、それが何かを示しているわけではありません。ランダムな中にパターンを見出すのは人間の本能であり、どのパターンが単なるノイズなのかを理解することは、よりよいトレーダーになるための重要な要素であるといえます。

$ 100ウェルカムボーナス

マーケットの情緒

三羽烏のパターンは、そのシンプルな見た目にもかかわらず、トレーダーに多くの情報を提供してくれます。それぞれのローソクの大きさや互いの位置関係から、市場のセンチメントについて多くのことを明らかにすることができます。長いボディを持つ弱気相場のローソクは、しばしば巨大な売り圧力があることを意味しますが、短いローソクは同じような始値と終値を持つ、相対的な市場の安定を示します。

三羽烏キャンドル足のサイズ

ローソクは、それ自体がトレーダーに多くの情報を与えてくれます。ローソクの胴体の大きさや中実か中空かで、特定の価格水準に対する市場の確信度がわかりますし、芯を見れば、その資産の価値が市場価格の外にどれだけ広がっているかがわかります。

ローソク足の芯は、各ローソク足の上と下の両方に現れますが、その長さは通常同じではありません。強い高値と弱い終値では、長い上側の芯が発生する傾向があり、長い下側の影は一般的にその反対から発生します。下側の芯が長いということは、売り手がセッションを支配し、価格をさらに下げようとしていることを意味し、上側の芯が長いということは、値上げを画策する他のトレーダーが価格を押し上げようと動いていることを意味します。

しかし、たまに芯の長さが同じくらいのローソクがあり、「スピニング・トップ・ローソク足」を形成することがあります。「スピニング・トップ・ローソク足」の出現は、強気派と弱気派の間の膠着状態を示しており、始値と終値が近いことから、体の小さなローソク足が原因とされることが多いです。

三羽烏パターンのローソク足は通常、長い芯を持っていないので、他の指標も一緒に検討することが重要です。例えば、出来高のレベルは、市場の方向性を見極めるための追加的な情報となります。「三羽烏」が発生するまでの間は出来高が少なく、発生してからは出来高が増えた場合を考えます。その場合、上昇トレンドは当初、少数の投資家によって開始され、大規模な弱気相場に対する投資家がその努力を劇的に逆転させたと見ることができます。

設定できるレバレッジは最大100倍

三羽烏のパターンとドジローソク足

三羽烏のパターンは、始値と終値が等しいローソク足の近くで形成されることもあります(ドジローソク足)。ドジローソク足は通常、トレンドが反転する前の市場の優柔不断さを示しており、三羽烏パターンの弱気シグナルの裏付けとなります。

三羽烏パターンで最初に表示されるローソクは、常に長い胴である必要があり、これは資産に対する巨大な売り圧力を意味します。このローソク足は通常、上昇トレンドの継続ポイントで形成され、終値は始値よりも低くなります。2本目のローソク足は、短めにも長めにもなりますが、弱気の性質を持っており、始値は1本目のローソク足の中間点と終値の間にあります。

3番目の弱気相場のローソク足は、始値の点で2番目をコピーし、価格下落の最終的な決定的指標となります。この弱気ローソク足の三つ子は、3回連続して形成され、市場のすべてのトレーダーにとっての警鐘となります。しかし、3本目のローソク足が他のローソク足よりも小さく見える場合は、単に弱気のサインとなります。

2本目と3本目のローソクがほぼ同じ大きさの場合にのみ、弱気派が相場を支配していると言われます。そうでなければ、価格はハンマーを形成し、トレーダーに強気派が戻ってきたことを知らせているかもしれません。

これらのローソク足は「弱気の丸坊主」にも分類されます。弱気の丸坊主とは、そのセッションの高値で始まり安値で閉じる、胴の長い弱気のローソク足のパターンです。弱気の丸坊主は、三羽烏のローソク足と同様に芯がなく、極端な弱気になる可能性を示しています。

事例

三羽烏は、市場の弱気なモメンタムが上昇のそれを上回ったことを暗示しており、現在のトレンドが弱まっていることを示す顕著な兆候となっています。今年の1月、BTCUSDのチャートに「三羽烏」のパターンが現れました。その月の10日から12日にかけて、価格は連鎖的に下落し、ビットコインの強気の動きは一時的に停止しました。

手数料0

三羽烏パターンの精度は?

その直後に価格はさらに下落しましたが、強気の圧力により最終的には上昇トレンドに戻りました。3日間とも、ビットコインの終値は始値よりも低くなりました。三羽烏のパターンは通常、非常に信頼性の高いものですが、取引を決定する前に、出来高やトレンドの勢いなどの要因を総合的に考慮することが非常に重要です。ひいては、パターンのスタート地点より上にストップを設定し、価格が下にブレイクするのをキャッチすることが重要であるといえるでしょう。

テクニカル指標は、重要なサポートレベルを急に下回ったときに、グラフで表現されたデータよりも市場参加者に有利な情報を提供し、戦略の成功の可能性を高めることに貢献します。三羽烏のパターンを利用する際には、事前にその銘柄の価格推移や安定性を観察しておく必要があります。

このパターンで価格が大きく下落した場合、市場が売られすぎの状態に入ることに注意しなければなりません。RSIのようなテクニカル指標は特に建設的であるのに対し、ストキャスティック・オシレーターは価格の勢いについて投資家に良いアイデアを与えてくれます。

市場が長期にわたって強い勢いで上昇している場合、強気派が市場を支配する力を弱め、利益を得るために売りに出るのは当然のことです。三羽烏のパターンは、トレーダーに弱気のトレンドが近づいていることを示し、ショートポジションを取るように促します。

ビジュアルパターンは、テクニカル指標に比べて解釈の幅が広いため、トレードのニュアンスを理解している人にとっては、より参考になります。あるアナリストが強気のシグナルを出していても、他のアナリストは弱気の動きを予測するかもしれません。とはいえ、どちらの予測も市場が判断を下すまでは間違いではありません。

カラスの群れの殺人

三羽烏のパターンがいかに破壊的であるかを考えると、通常は不運を連想させる鳥であるカラスで表現されているのは当然のことです。三羽烏パターンは、日本のローソク足のパターンの一つで、トレーダーがトレンドの変化を予測したり、ポジションをマークしたりするのに広く使われています。

三羽烏パターンの限界

三羽烏パターンはトレンド形成を予測するものであり、モメンタムの成長における短期的なブレイクアウトを予測するものではないため、三羽烏パターンに沿ったトレンドは予想以上に長く続くこともあります。ただし、他のテクニカル指標やチャートパターンと同様に、三羽烏パターンにも限界があります。

トレンドの変化を確認するために3本のローソクを使用するため、価格は直近の高値/安値から遠く離れてしまい、低いリスク許容度の目的で取引することは非常に難しくなります。また、三羽烏パターンは、ネガティブな市場心理を生み出し、価格にさらなるネガティブな圧力をかけることがよくあるので、取引を行う前に市場のすべての構成要素を考慮する必要があります。

強いネガティブな情緒など、複数の要因が三羽烏のパターンに作用すると、リバーサルが発生する可能性が高くなります。デイトレードのチャートでこのパターンを利用して成功するトレーダーもいますが、長期的なトレーダーにとっては1日刻みのチャートでの利用が最適です。

5分足チャートにおけるこの種のプライスアクションは、より大きなタイムスケールにはほとんど影響を与えず、長期的には心配する必要はないでしょう。三羽烏は、アナリストに何が起こるかを直接伝えるものではなく、代わりに弱気なリバーサルの可能性の前触れとして機能するため、取引を誤るのは簡単です。

結論

すべてのローソク足チャートのパターンは、潜在的なトレンドを示す視覚的な手がかりを識別することに関係していますが、三羽の黒烏のパターンは、市場の下降トレンドの到来を示す説得力のあるシグナルであり、アナリストやトレーダーが価格チャートを一目見ただけで、市場に関する重要な洞察を与えることができます。予測は不正確な場合もありますが、資産の価格行動について確かな結論を出す前に、移動平均やRSIなどのテクニカル指標を使用することで、これらの誤ったシグナルを簡易に見分けることができます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Surfing on PT Airdrop Tsunami and Get Ready to Win 1,000,000 PT!

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th