コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > プライバシーに特化した暗号通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは >

プライバシーに特化した暗号通貨ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)とは

2021-12-27 03:51:48

ジーキャッシュ(Zcash)はプライバシーを重視した低手数料の暗号通貨です。価格は219.17ドル、流通量は1160万個、時価総額は25億5000万ドルで、全暗号通貨の中で51位にランクインしています。

Zcash

ジーキャッシュ(Zcash)とは?

2016年に登場し、ビットコインのコードベース上に構築されたジーキャッシュは、デジタル取引においてより高度なプライバシーと匿名性を確保することをうたっています。

ビットコインは、ユーザーの取引は公に見ることができるが、その身元はわからないという、プライバシーの仮名モデルを採用しています。この仕組みはある程度安全ではあるが、取引履歴などの外部情報からユーザーの身元が推測されることがある。ジーキャッシュの開発者は、この問題を解決するために、真に匿名性の高いプライバシーモデルを模索しました。

zk-SNARKs(ジーキャッシュ・スナークス)

ジーキャッシュ(zcash)の開発者は2014年のホワイトペーパーで、「zero-knowledge succinct non-interactive arguments of knowledge」(zk-SNARKs)という暗号技術を使って分散型匿名決済(DAP)の方法を提示しました。この技術により、ジーキャッシュは当事者に関する機密情報(ユーザーID、取引額、口座残高など)を一切明かすことなく、取引の検証や合意形成が可能となります。2016年10月、ジーキャッシュは新しいトークンを持つビットコインプロトコルのコードフォークとして正式にローンチしました。

ジーキャッシュ(zcash)とビットコインの比較

ジーキャッシュはビットコインのソースコードをベースにしているため、この2つの暗号通貨には多くの類似点があります。ビットコインと同様に、ジーキャッシュはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)合意メカニズムを使用し、最大供給量は2100万枚です。採掘報酬も同じですが、現在ビットコインは米ドルでジーキャッシュの200倍以上の価値があります。ビットコインと同様に、ジーキャッシュの採掘報酬は4年ごとに半減します。

プライバシー関連の改善に加え、ジーキャッシュはブロックタイムとトランザクションタイムがビットコインと異なっています。ジーキャッシュは新しいブロックを作るのに約2.5分かかります。これはビットコインの約4倍の速さですが、プライバシーに焦点を当てた暗号のライバルMoneroよりはまだ遅めです。

取引時間は取引の種類によって異なります。プライベートな取引のみを想定した場合、ジーキャッシュの基本速度は約6トランザクション/秒(TPS)で、これはビットコインにほぼ匹敵します。しかし、パブリックトランザクションは各ブロックでより少ないスペースを占有するため、ジーキャッシュはパブリックトランザクションのみで約26TPSに達することができます。実際には、パブリックトランザクションとプライベートトランザクションの組み合わせにより、実際のTPSはその中間に位置することになります。トランザクションの速度は、ネットワークがその時々にどれだけビジー状態であるかにも依存します。

$ 100ウェルカムボーナス

ジーキャッシュhは何に使われるのか?

1. プライバシー

ジーキャッシュは保有者にシールドとトランスペアレントの2種類のアドレスを提供しています。透明なアドレスタイプは、ビットコインと同様に、ブロックチェーン上のアドレスや取引は公開されるが、ユーザーの身元は公開されない仮名システムであります。これに対し、シールド型は匿名性の高いシステムです。zcashの暗号化を最大限に活用し、アドレスとそのアドレスに関連するトランザクションを隠蔽します。また、ユーザーは暗号化されたメモやシールドされた取引に関する情報を他の信頼できる関係者に送信することができます。シールドされた取引は、税務上の監査も可能ですが、ユーザーの許可がある場合のみです。

このプライバシーは、様々な理由で重要になることがあります。透明な台帳では、ユーザーの身元が残高や取引履歴から推測され、詐欺やその他のスキームに対して脆弱になります。ジーキャッシュやMoneroのようなプライバシーに特化したコインは、このような方法でユーザーを特定したり、ターゲットにしたりすることからユーザーを保護します。このような暗号通貨は、自国では違法とされる商品やサービスの入手にも利用されていますが、2020年の学術調査では、ジーキャッシュを利用して大規模な違法行為が行われている証拠は見つかりませんでした。

2.低い取引手数料

zcash(ジーキャッシュ) は、そのプライバシー機能に加えて、取引手数料の低さが特徴である。ジーキャッシュのデフォルトの取引手数料は0.0001 ZECで、これはコインの現在の価値で約0.02ドルです。これは、ビットコインやモネロの取引手数料よりもはるかに低く、ビットコインの取引手数料は普及が進むにつれて上昇しています(最近、ビットコインの平均取引手数料は23ドルに達しました)。

ただし、ジーキャッシュがこうした取引手数料の問題に直面しない理由の1つは、ビットコインやモネロに比べ需要が少ないことです。もしジーキャッシュが同じような需要を経験すれば、同様のスケーラビリティの問題に直面する可能性が高いです(特にプライベートトランザクションの場合)。ジーキャッシュの開発者がこの潜在的なスケーラビリティの問題に対する解決策を見出すことができるかどうかは、まだわかりません。

設定できるレバレッジは最大100倍

注目すべきは、ジーキャッシュがFlexaGeminiといった決済アプリに採用され、Barnes & Noble、GameStop、Whole Foodsといった一般的な小売店で使用できるようになったことであります。これは、実世界のユースケースにおいて、この通貨の採用を大きく後押ししています。

Zcash(ジーキャッシュ)は誰がつくったのか?

ジーキャッシュの起源は、学術科学者のMatthew Green、Christina Garman、Ian Miersが2013年に提案したZerocoinと呼ばれるプロトコルにあります。Zerocoinは、ブロックチェーンにプライバシー関連の改良を導入したBitcoinの拡張版となる予定でした。

最初のZerocoinの提案は、Bitcoin開発者コミュニティ内での牽引力と受容性の欠如に直面したとき、Zerocoinのコアチームは、独立した暗号通貨を立ち上げることを決定しました。彼らは、著名な暗号学者であるZooko Wilcox-O’Hearnに新コインの開発リーダーを依頼し、Eli Ben-SassoonやAlessandro Chiesaといった他の科学者を採用しました。

Wilcox-O’Hearn氏は現在もElectric Coin CompanyのCEOを務め、約30人の従業員を抱え、zcashの開発をリードしています。注目すべきは、採掘されたzcashの約20%が、コインの誕生から4年間(2021年終了)の開発者支援に充てられていることです。2018年、Wilcox-O’Hearn氏は、年間約360万米ドル相当のzcashを受け取っていることを明らかにした。このことは、暗号資産コミュニティーの中でいくつかの論争の的となりました。コインが中央集権的すぎると非難する人もいれば、Wilcox-O’Hearnを擁護し、その透明性を賞賛する人もいました。

Zcash(ジーキャッシュ)の価格推移

ジーキャッシュは2016年10月、発売日に4000ドルを超える価格で取引され、好調なスタートを切りました。しかし、極端なボラティリティにより、翌日には1000ドル以下になり、その後の数ヶ月は100ドル以下となりました。このコインの運命は、2017年の暗号のブルランで再び上昇し、2018年1月にはほぼ700ドルに達しました。しかしその直後、2018年の暴落で2度目の100ドル割れとなり、それ以降は比較的停滞したままです。

より最近では、ジーキャッシュは他の多くの暗号通貨とともに、ある種の復活を経験しています。誇大広告で盛り上がった2016年の最初の評価額や、2018年の2回目のピークにはまだ届いていません。しかし、過去3カ月間だけで、ジーキャッシュは$86.79から$219.17へと、152%の伸びを示しています(ビットコインは同期間に66%の急上昇を記録しました)。

この上昇の一因は、現在の「アルトコインの季節」にあり、アルトコイン(ビットコイン以外の暗号通貨)に多額の資金が流入していることにあります。ジーキャッシュの最近の価値上昇のもう一つの潜在的な触媒は、2020年11月にコインが初めて「ハルベニング」(ジーキャッシュの新規供給の減少を示す大きな節目)であることです。

Zcash(ジーキャッシュ)は今後どうなるのか?

ジーキャッシュの見通しは今のところ比較的安定しているようですが、プライバシーに焦点を当てた他の暗号通貨との競争や、匿名コインを対象とした規制の取り組みによって、マイナスの影響を受ける可能性があります。

ZcashとMoneroの比較

zcash(ジーキャッシュ)は当初から、同じプライバシー重視の暗号通貨であるMonero(XMR)と競合していました。2014年に登場したMoneroは、完全匿名を可能にする暗号通貨の先兵として地位を確立してきました。2年後にリリースされたジーキャッシュは、それ以来、Moneroのキャッチアップを続けています。Moneroの時価総額は現在約71億9000万ドルで、zcashの2.8倍となっています。Moneroとzcashの後塵を拝しているのは、VergePIVXといったプライバシーに特化した他のコインであります。

ビットコインをベースにしたプライバシー重視の暗号通貨として、ジーキャッシュの主な特徴は、尊敬される学術的な開発者、独自の暗号方式、セカンド・ムーバーとしての地位であることです。このように、ジーキャッシュは比較的、時の試練に耐えてきたが、他の匿名コインとの競争の中で、これらの特徴が継続的な成長を確保できるかどうかについては、まだ不確実性が残っています。

手数料0

ジーキャッシュのもう一つの懸念は、政府の規制である。プライバシーを重視する暗号通貨は、長い間、インターネット上の違法行為と関連付けられてきました。いくつかの国(パキスタンやマケドニアなど)は暗号通貨関連の活動をすべて禁止しており、日本も匿名コインに対して比較的具体的な行動を起こしています。2018年、同国の金融安全庁は違法行為を理由に、Monero、zcash、DASHなどの匿名暗号通貨を禁止することを発表しました。

さらなる規制の対象となった場合、ジーキャッシュはプライベートとパブリックの両方の取引に対応していることや、ユーザーが監査目的で情報を開示できることなどで救われるかもしれません。また、Moneroが政府によって特別に標的にされた場合、ジーキャッシュの比較的低い知名度が利点となるかもしれません。

ジーキャッシュは長年にわたり多くのアップグレードが行われており、最新のものはCanopy(2020年11月頃)であります。これらのアップデートは、ブロックチェーンのセキュリティ、プライバシー機能、効率性を向上させることを目的としています。今年提案された最も重要なアップデートは、2021年10月に施行される「ネットワーク・アップグレード5(NU5)」であります。これにより、クロスチェーン統合とレイヤー2(つまりオフチェーン)アプリケーションの基盤が導入され、ジーキャッシュの柔軟性が大幅に向上し、より多くのユースケースが可能になります。また、開発チームは、プロトコルのセキュリティを向上させ、スケーラビリティをさらに改善できるよう、そのHalo 2システムを導入する予定です。これらの改善が成功すれば、zcashは今後、より大きな普及と開発者の支持を得ることができるだろう。

結論

全体として、ジーキャッシュは混雑した暗号資産市場の中で、小さいながらも注目すべきニッチを切り開いてきました。匿名性を提供し、Bitcoinに似た多くの機能を持ち、一般的に尊敬されている学術的な開発チームを持っています。また、小さいながらも熱心なコミュニティもあります。

しかし、ジーキャッシュは現在、競合他社の中で順位が高いため、その継続的な成長は、計画された改良の成功に部分的に依存する可能性があります。また、主に学術チームがジーキャッシュの利点をより多くの人々に効果的に売り込むことができるかどうかにもかかっているかもしれません。いずれにせよ、ジーキャッシュの最近の成長と計画されたアップグレードを合わせると、2021年に注目すべきコインと言えるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th