Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

なぜ仮想通貨取引所はデリバティブの提供を競うのか?

デリバティブの取引は、仮想通貨の世界では非常に収益性の高い方法です。2017年以降、仮想通貨市場は「ブーム」になっています。仮想デリバティブは、真剣な仮想通貨トレーダーのための生活様式になりつつあります。さまざまなプラットフォームが、デリバティブを取引するためのさまざまなオプションを提供しています。
PhemexやBinanceなどの先物取引所では、標準化されたデリバティブ契約が取引されています。これらは、あらゆる種類の原資産を対象とした先物契約です。
Phemex は、BTC、ETH、XRP、LTC、EOSなどのビットコインおよび米ドル決済の永久契約を、最大100倍のレバレッジで提供する、新興のデリバティブ取引所です。

しかし、デリバティブを提供するために取引所間で起こっている「熱い戦い」について話す前に、実際にデリバティブとは何かについて話してみましょう。

デリバティブとは

デリバティブとは、2つ以上の当事者間で締結される契約で、その価値は、事前に合意された原金融資産または一連の資産に基づいています。一般的な原資産には、債券、コモディティ、通貨、金利、市場指数、株式などがあります。取引所取引のデリバティブは、規制された取引所で取引される金融商品で、その価値は他の資産の価値に基づいています。

デリバティブの目的とは

デリバティブ取引が世界的に拡大する中、この有利な市場で大きなシェアを獲得しようとする仮想通貨取引所の競争が激化しています。2016年のデリバティブ取引量は252億契約となり、2015年に比べて2%増加しました。そのため、2018年のデリバティブ取引は世界的に過去最高を記録し、取引所では300億契約以上が取引され、先物取引だけでも15%増となっています。

デリバティブの目的は、リスクの管理、特にリスクの軽減です。デリバティブ契約を締結する場合、取引の一方の当事者は通常、特定のリスクから、一定の期間にわたって解放されたいと考えます。
デリバティブ契約の主な目的は、原資産を取引することなくリスクを移転することにあります。これにより、より効果的なリスク管理が可能となります。また、デリバティブ市場は、情報発見市場の効率化にも一役買っています。

デリバティブにおける取引所の役割とは

取引所は、先物やオプションなどのデリバティブ商品において大きな役割を果たしています。例えば、先物の場合、取引所は買い手と売り手から返金される証拠金を得る。買い手と売り手は、資産の権利行使価格で契約を取引します。仮想領域でのデリバティブ取引は、これまで推測と議論の対象でした。
最近、デリバティブ取引を提供するプラットフォームの数が急増していることが確認されています。また、多くの取引所が2020年の第1四半期にオプション取引を開始することを検討しています。仮想通貨取引所間のデリバティブ提供の競争は、2020年に向けてさらに過熱していくと思われます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free