コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > YamファイナンスとDegenerative金融 >

YamファイナンスとDegenerative金融

2021-04-23 08:52:49

Yamファイナンスとは2020年夏に弾力性供給トークンをローンチしたDeFiプロトコルです。このプロトコルはYAMトークンとともに、他のDeFiプロジェクトの複数の要素をマッシュアップして、1つの実験的なアプリにすることを目的としていました。しかし、その道のりは決して平坦ではありませんでした。その結果、YamファイナンスはDeFiに手を出そうと考えている人にとって教訓のようなものとなったのです。

基盤となるスマートコントラクトにはいくつかの問題があるため、Yamトークンは現在3回目も行ったり来たりを繰り返しています。そこで、Yamの短い歴史を見てみましょう。

yam-finance

Yamファイナンス V1 

Yamファイナンスは、近年のDeFiアプリケーションの爆発的人気が始まった頃、2020年8月11日にローンチしました。提供するサービスの中核はYAMトークンで、Ampleforthに似た弾力的な供給モデルに基づいて運営されていました。

耳慣れない方のために説明すると、弾性供給コインは比較的安定した価格を維持しようとする点で、安定コインと似た性質を持っています。しかし、基本的な仕組みは若干異なります。TetherのUSDTやCircleのUSDCのような安定したコインは、基礎的な埋蔵量と裁定取引によって価格を固定しています。

これに対してYamファイナンスは、トークンの供給量を変化させることで、YAMトークンの価格を安定させることを目指しました。トークンの価値がペッグに対して上昇した場合、プロジェクトは供給量を増やし、その逆も同様です。包括していうと、需要と供給という市場の力を利用して価格を一定に保っています。

Yamファイナンスは立ち上げ当初、他のいくつかのDeFiプロジェクトの成功例を参考にしました。プロジェクトにボラティリティを提供したユーザーにYFIトークンを配布したYearnファイナンスを参考に、YAMトークンの「フェアローンチ」を採用しました。また、YAMのガバナンスモデルはCompoundのものを参考にしており、COMPトークンの保有者に、プロジェクトに影響を与える議案に投票するガバナンス権を与えています。

致命的な欠点?

ここまではとても順調でした。Yamがローンチしたとき、DeFiのユーザーはこのプロトコルに飛びつき、市場価値は48時間以内に5700万ドルまで急上昇しました。しかし、それも束の間。Yamトークンの供給を管理するイーサリアムのスマートコントラクトが、致命的なミスを犯していたことが判明したのです。

プロトコルをコーディングした人は、リベースが発生するたびにコントラクトが指数関数的に多くのトークンを発行するのを防ぐためのコードを入れていませんでした。この欠陥により、最初のリベースで膨大な数の新しいYamが生成され、プロジェクトの金庫に送られ、ガバナンスモデルは事実上崩壊しました。

おそらくこの問題は、Yamの開発者が時間をかけてコードチェックを行っていれば、発売前に修正できたでしょう。しかし、そうはならず、プロジェクトへの投資額はすぐに激減してしまいました。これは、DeFiの投資家にとって忌まわしい教訓となるはずでした。その代わりに、Yamの騒動は、監査されていないコードにリスクを冒すことを厭わないプロジェクトやユーザーを表す「degen DeFi」という言葉を生み出しました。

Yam V2 –ガバナンスは弾力性に勝る

Yamチームの功績は、死の淵に立たされたプロジェクトを救うための対応が迅速だったことです。Yamコミュニティと協力して、8月19日にプロトコルを監査済みの新たなバージョンに移行しました。しかし、Yamトークンの第2バージョンは、リベース機能が無効化された単なるガバナンス・トークンでした。

8月中旬から9月中旬にかけて、YamコミュニティはYamプロトコルの将来の方向性を決定する一連の投票に参加しました。

Yam V3 –弾力的供給への帰還と再出発

Yamは現在、2020年9月18日に完全な監査資格を得て発表された第3バージョンになります。このバージョンでは、リベースの仕組みが再導入され、流動性プールを利用したYamのファーミング方法にもいくつかの変更が加えられました。しかし、11月までに、プロジェクトは弾力的な供給モデルからピボットすることを決定しました。

現在、Yamファイナンスは自らを「コミュニティ・ガバメント・トレジャリーに支えられたDeFiプロジェクトのためのローンチパッド」と称しています。リベース機構は2020年12月末に無効化されました。このプロジェクトは、コミュニティが統治するDAOとしてのステータスを維持し、現在はローンチパッドとしてのコミットメントの一環として、他のいくつかのDeFiプロジェクトと協力しています。

Yamコミュニティーが支援しているプロジェクト

YamはDegen DeFiプロジェクトとしての評判を未だ引き継いでおり、Yam DAOが現在スポンサーしているフラッグシップアプリケーションは「Degenerative Finance」と呼ばれています。名前自体は皮肉なものですが、このプロジェクトは本質的に弾力性コインよりもわかりやすいものです。

Degenerative Financeとは?

Degenerative Financeは、毎月末に過去30日間のイーサリアムガス価格の中央値に決済される合成先物契約である「uGas」というトークンを発行しています。これは、DeFiプラットフォーム「UMA」上で開発されており、ユーザーはETHを担保として、uGASトークンを鋳造するスマートコントラクトに預けることができます。そして、そのトークンを有効期限まで保有したり、DEXで取引したりすることができます。

過去の歴史を考えると皮肉なことかもしれませんが、Yamは現在Umbrellaというスマートコントラクト保険プラットフォームのスポンサーにもなっています。これはNexus Mutualのように、スマートコントラクトのバグでユーザーが資金を失った場合の支払いをカバーするために、保険料がプールされている共済基金の原理を利用しています。

Umbrellaの場合、「プロテクションプロバイダー」は、補償に使用される資金を出資する代わりに、保険料から手数料を得ます。資金は2つの「メタプール」にプールされます。メタプールは、Compound、AaveCurveなどの特定のDeFiアプリケーションをカバーする個々のプロトコルプールで構成されています。

まとめ

ヤムが「Degen」の地位をめぐって培ってきたというのは気さくなユーモアに聞こえますが、その歴史の中にはいくつかの厳しい教訓があります。DeFiは生まれて間もない分野なので、トレーダーは常に、不安定な仮想通貨市場よりも高いリスクを想定しています。しかし、監査されていないDeFiプロトコルには、計り知れないほどのリスクが伴うことは言うまでもありません。

スマートコントラクトのプログラミングをセキュリティ監査人と同じレベルで読めない限り、通常はプロジェクトが監査されるまで待った方が良いでしょう。そうすれば、関連するリスクを見積もるための根拠が得られ、degen DeFiはdegenに任せることができるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します