コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Ravencoin(RVN)とは?トークンの生成と管理のすべてに関して >

Ravencoin(RVN)とは?トークンの生成と管理のすべてに関して

2021-12-21 10:29:51

2018年1月に発表されたRavencoin(レイヴンコイン)プロトコルは、ユーザーが新しい資産クラスを作成し、シームレスに他の当事者に所有権を移転できるように設計された分散型ピアツーピア・ブロックチェーンインフラストラクチャです。

ravencoin

Ravencoin(RVN)とは?

Ravencoinは、Bitcoinのコードをオープンソースでフォークしたものとして公開されたブロックチェーンとプラットフォームです。このソフトウェアは、ユーザーが数分以内に独自のトークンを作成し、世界中のどこでも取引できるように最適化されています。他の類似プロジェクトとは異なり、RavencoinはInitial Coin Offering(ICO)やプレマインイベントを実施しませんでした。

ビットコインにヒントを得て、Ravencoinの背後にある主なアイデアは、実世界のユースケースを持つトークンの作成と転送を容易にすることでした。これには、証券、収集品、金、イベントチケットなどの資産や、基本的に発行者が決定するあらゆるものが含まれます。要するに、Ravencoinはトークンの作成と管理がすべてです。

Ravenプロトコルのユーザーは、プロトコルとは関係なく、自分の資産を作り、その目的を決め、ルールを設定することができます。これらのアセットはどのRavencoinアドレスにも転送可能で、作成者は現実世界の物理的なアセットを活用してNFTを開発することもできます。

$ 100ウェルカムボーナス

Ravencoinプロジェクトは、当初2017年10月のMITテキサスビットコインカンファレンスで発表され、2018年1月に公式ネットワークが稼動しました。1日も経たないうちに、100人以上のマイナーが登場しました。1週間後、ネットワークはさらに数千人のマイナーの支持を得、ハッシュレートの大幅な上昇を促しました。

Ravencoin(RVN)の仕組みは?

Ravencoinは、実業家でビットコイン支持者のBruce Fentonの発案によるものです。Fenton氏は、ビットコインのコードをフォークして、トークン化された資産移転に特化したネットワークを作るというアイデアを最初に提案し、暗号にピボットする前にレガシー金融セクターで仕事をしていたのです。Ravencoinはオープンソースであり、それゆえ中央集権的なリーダーシップを持たないです。

Ravencoinは、ビットコインのProof of Work(PoW)アルゴリズムと同様のコンセンサスメカニズムを使用して、ネットワークを保護します。当初はX16Rアルゴリズムで構築されており、ASIC耐性があるにもかかわらず、最終的にはASIC(Application Specific Integrated Chips)で採掘が可能になりました。

しかし、このネットワークの現在の採掘アルゴリズムであるKAWPOWは、採掘者の参入障壁を下げるのに役立っています。ProgPOWとethhashから調達したKAWPOWは、Ravencoinの流通機構を強化するために一定の修正を加えています。

このアルゴリズムはまた、ASIC耐性を維持しながら、ネットワークのトークンを採掘するための消費者グレードのグラフィック処理ユニット(GPU)を容易にします。さらに、KAWPOWはネットワークの検証を一部のグループではなく、コミュニティの手に委ねることで分散化を促進し、他のブロックチェーンネットワークよりも平等主義的なプロトコルを実現しています。

長い間、デジタル資産の転送を扱うために特別に設計されたオープンソースの分散型ブロックチェーンは存在しませんでした。最も著名な2つのブロックチェーンは、ビットコインとイーサリアムはデジタル資産を転送することができますが、それだけに特化しているわけではないため、一定の欠点があります。

設定できるレバレッジは最大100倍

ビットコインはネットワーク上の取引所やウォレットに送られた埋め込み資産を破壊し、イーサリアムは資産の転送をサポートしていますが、非常にわかりにくく、骨の折れる面倒な作業となります。1つは、ERC-20トークンが同じ名前を共有することができ、これは深刻なエラーにつながる可能性があります。Ravencoinチームはブログの投稿で、「カラスは真実の文を運ぶメッセンジャーとして使われる」と指摘しています。Ravencoinは、誰がどの資産を所有しているかについての真実のステートメントを運ぶために設計されたユースケース固有のブロックチェーンです。”

Ravencoinネットワークは、資産を破壊から守るために特に最適化されており、ユニークな名前の資産とトークンの作成を可能にしています。これらの発行されたトークンは、簡単に譲渡可能で、ユニークな特徴を持ち、ネットワークのユーザーは、これらの資産を譲渡するだけでなく、追跡することも可能です。

Ravencoinを使った投票

包括的な流通システムと強力なマイニング・コミュニティを持つRavencoinは、その原資産に最高レベルのセキュリティを提供することもできます。ビットコインのフォークであるにもかかわらず、Ravenネットワークはメッセージングと投票機能を可能にするために修正されています。これにより、資産の発行者はステークホルダーに一方的にメッセージを配信することができ、システムは投票時にトークン保有者に通知することもできます。

投票用トークンを作成して個々の保有者に割り当て、保有者はRavencoinネットワーク上の特定のアドレスにトークンを送信することで投票することができます。Ravencoinはオープンソースのプロジェクトで、膨大な数の専門チームが参加しています。しかし、このプロトコルは立ち上げ前にICOを実施したり、トークンを事前に採掘したり、何らかの資金調達を行ったりはしていません。階層的で企業的な構造ではなく、ネットワークの公式なリーダーシップは、よりフラットで分散化されたプロトコルであります。

RVNコインとは何なのか?

RVNはRavencoinのネットワークを動かすネイティブな通貨です。このトークンは本質的にプラットフォームの「ガス」の役割を果たし、取引手数料の支払いや、ブロックチェーン上の取引を保護・確認するネットワーク検証者への報酬として使用されます。RVNの供給量は2100万トークンとハードキャップされており、イーサリアムのERC-20トークンのように、Raven発行の資産は無数の異なる方法で使用され、同じ構造の多くを共有しています。

RVNとETHの比較

両者の大きな違いは、Ravenで発行されたアセットには固有の名前が付けられることで、これはイーサリアムにはないことです。また、RVNは主に3つの目的のために定期的に燃やされます。1つ目は、Ravenchain上のトークン資産の発行率を維持するためです。2つ目は、規制要件を満たすために制限された資産を作ることです。そして最後に、トークンを燃やして資産移転のための手数料を発生させることです。

RVNは何に使われるのか?

RVNは、ビットコインやフィアットと同様に、価値の移転に使用することもできます。また、トークン保有者への報酬や配当の支払いにも使用できます。RVNに基づくユニークな資産は、現実世界の資産と結びつけることも可能です。このコミュニティ主導のプロトコルは、フォークやアップグレードが実施されうる状況に対応するため、ガバナンスにBIP9コンセンサスルールを使用しています。

3年前の開始以来、Ravencoinはほとんどのトップクラスの暗号通貨取引所から支持を得ています。このプロジェクトは、その公正な立ち上げ、平等主義的なコンセンサスメカニズム、そして分散化の理念の支持によって賞賛されています。Ravencoinは最近、その機能をBSCに拡大しました。2021年4月、トロンブラックはRVNがスマートコントラクトで使用され、ユーザーがデジタル資産を貸し借りしたり取引したりできるようになることを明らかにした。

これは、ネットワークのPeg-inとPeg-outの機能を使って実行されます。ペグインとは、RVNトークンをロックしてBSCに移し、ユーザーはその代わりに新しく鋳造されたpRVNトークンを受け取るというものです。一方、Peg-outは、ユーザーがpRVNを返却し、それが燃やされ、RVNが返却される機能です。

手数料0

しかし、どんなに優秀なカラスでも悪い嵐の日はあるものです。2020年7月に、悪意のある団体がそのコードの脆弱性を悪用し、実質的にRVNトークンを鋳造することを可能にしたのです。攻撃後にチェーンのトークノミクスをリセットするために、ネットワークは補償のために280万RVNトークンを燃やすことにしました。

このように若い業界であるにもかかわらず、ビットコインとイーサリアムはすでにこの分野で手ごわい存在となっています。Ravencoinは自らを劣等生と位置づけ、2021年に絶大な人気を獲得しています。分散化、プライバシー、検閲への耐性とは別に、Ravencoinプロトコルは切望されていた透明性と説明責任をもたらし、そのトークン化された資産を現実世界の価値と結びつける手助けをしています。

Ravencoin(RVN)は良い投資先なのか?

RVNはこのブルシーズンで急騰を記録し、2021年初頭には1セント強の価値しかなかったのが、5月17日現在0.1286ドルで取引されているのが確認されています。ネットワーク上のマイナーは、トークンの上昇によって大きな利益を蓄積し、その後、マイニング業界からの注目度が高まりました。

Ravencoinは、NFTの領域で混沌としている中で、自身のニッチを発見する可能性があります。ネットワークの実行可能性を考えると、RavencoinはNFTに有利なハブを提供し、この分野が必要とするものになる可能性があります。デジタル資産、特にイーサリアムネットワークでは、トラフィックによって取引手数料が途方もない水準に達しているため、送金コストが最大の懸念事項の1つになっています。

Ravenプロトコルの手数料はわずか0.01RVN(〜0.00012ドル)です。トークン名の一意性を保証するほか、IFPSメタデータをサポートし、データを不変の方法で保護することができます。現実世界の複数の問題に取り組むことを目指し、結局は「何でも屋」になってしまう多くのブロックチェーンネットワークとは異なり、Ravencoinはトークン化された資産移転のための主要なプラットフォームとなることを目標にレーザーフォーカスしているのです。

結論

資産運用の世界では、プロトコルはまだ発展途上の段階にあります。競争は激しいが、Ravencoinは頭を低くして身を潜めているにもかかわらず、ネットワークの機能に対して平等な意見を持つ人々のコミュニティから着実に支持を集めています。

その主要な開発者は世界中に散らばっており、業界で最も尊敬を集めている人たちで構成されています。NFT革命の風を受け、Ravenがどこまで飛べるか、注目です。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th