コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園

KYCと仮想通貨におけるKYCの役割

2021-09-07 04:25:10

要約

⦁ KYC(Know Your Customer)とは、金融機関が銀行口座の保有者が個人であるか法人であるかを確認するために定められた一連のルールのことです。
⦁ KYC情報があれば、仮想通貨取引所はバックグラウンドチェックを行い、保有者がウォレットを悪用する可能性を判断することができます。

what-is-kyc-why-needs-kyc

KYC(Know Your Customer)とは

金融機関が銀行口座の保有者が個人であるか法人であるかを確認するために定められた一連のルールのことです。一般の人々は、銀行口座の開設、クレジットカードや住宅ローンの申し込み、自動車ローンの融資などの際にこのKYC情報を提供することになっています。このプロセスはフィアット通貨を扱う銀行では一般的ですが、仮想通貨では一般的ではありませんでした。

仮想通貨におけるKYC

ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトは、仮想通貨が政府による銀行セクターへの金融規制から解放されることを意図していました。しかし、仮想通貨が合法的に規制されている多くの国では、現在、仮想通貨の口座を開設しようとする人に、一般的に居住地の住所を含む本人確認(KYC)を要求し始めています。この要件は、従来の金融機関が従うマネーロンダリング防止規制に沿ったものです。

設定できるレバレッジは最大100倍

なぜ仮想通貨取引所においてKYCが重要なのか?

KYC情報があれば、仮想通貨取引所は保有者がウォレットを悪用する可能性を評価するためのバックグラウンドチェックを行うことができます。また今回の提案が法制化されれば、所得税申告のために仮想通貨の保有状況や取引内容を開示する際に、保有者の情報が使用される可能性もあります。

1. 自動本人確認

自動本人確認は、本人確認を必要とする多くのオンライン・アプリケーションに打って付け機能となっています。仮想通貨取引所はその性質上オンラインであるため、対象の仮想通貨投資家は実店舗を直接訪れて書類を提出することはできません。

第三者機関のサービスでは、本人確認の代わりにパスポートなどの本人確認書類に、スマートフォンで撮影した自画像を添付して提出することができます。バイオメトリック・マッピング技術により、申請者の身分証明書の写真を比較して、本人確認することができます。

2. 犯罪と脱税の防止

仮想通貨の分野では、マネーロンダリングやその他の違法な金融取引に偽名のウォレットが使用されていることが大きな問題となっています。”Pseudonymous “とは、偽名やニックネームなど、アカウント保持者を特定できない不完全な情報で開設されたものを意味します。偽名での取引が可能な犯罪行為としては、「ランサムウェア」があります。これは、料金を支払うまで個人や企業のコンピュータシステムを凍結して資金を強要するものです。

KYCが実施されないと何が起こるのか?

2021年5月、米国のColonial Pipeline社の石油精製事業のコンピュータシステムにハッカー集団が侵入しました。このハッカーたちは、東海岸における同社の燃料流通機能を完全に停止させ、広範囲にわたる燃料不足、パニック買い、価格高騰を引き起こしました。ハッカー達は、75ビットコインの身代金(現在の為替レートで約500万ドル)をウォレットに支払うことと引き換えに、Colonial社のシステムの制御を解除しました。ビットコインはすぐに分散され、おそらく現金に換えられたことでしょう。

当然のことながら、政府や法執行機関はランサムウェアの被害者が犯罪者から要求された資金を支払うことを強く推奨しています。しかし、多くの組織ではサービスを再開するためには選択の余地がなく、身代金の金額や失われた営業収入は企業保険でカバーされることが多いのです。このことを知っているので、犯罪組織やその他の悪質な業者は、今後のランサムウェア攻撃で盗まれた資金に簡単にアクセスして分配するために、仮想通貨の偽名機能を使い続けるでしょう。

3. 仮想通貨を合法化する方法

そのためウォレット保有者にKYCを課すことは、仮想通貨を合法化するために有力な手段となります。KYC規則は、仮想通貨の送金に適用される規制を、フィアット通貨の獲得や移動に適用される規制と同等にするものです。これらの規定は健全な仮想通貨投資家やトレーダーにとっては問題ありませんが、所得の申告、特に仮想通貨の投資や取引から得た収益を申告する際には、追加のルールが課せられます。

KYCは暗号にどのような正統性をもたらすのか?

例えばクライアントがあなたに仮想通貨で報酬を支払った場合、報告の対象となり、政府による課税の可能性があります。現在、多くの国や地域の確定申告書で、仮想通貨関連の収益の開示が求められています。米国では、内国歳入庁(IRS)が仮想通貨を価値のある財産として扱っています。仮想通貨のマイニングは価値を生み出すため、その価値は課税対象となります。また、仮想通貨を売却した場合、キャピタルゲイン(利益)も課税対象となります。IRSの規則では、米国市民が個人のウォレットに保有している1万ドル相当額以上の仮想通貨を報告する必要があります。IRSは、実際の居住国にかかわらず、全世界の所得と金融資産に基づいて国民に課税しています。

KYCは必要なのか?

また、仮想通貨口座の保有者が、1日に1万ドル相当以上の額を海外の口座に送金する場合、事前のKYC登録を義務付けることも提案されています。この提案では、このような金額の通常の銀行送金が報告されるのと同様に、米国市民が海外の事業体との間で行った大規模な仮想通貨取引が、監視と法執行の目的で金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)に報告されることになります。

この規則案の大前提はKYC登録、保有総量の開示、海外取引の報告が脱税や海外犯罪集団の資金調達の防止に貢献するということです。

ファクトチェック: 犯罪者の仮想通貨神話を覆す

仮想通貨関連の犯罪行為は、多くのニュースの見出しを生み、仮想通貨領域に否定的な光を投げかけています。このようなセンセーショナルな見出しは、金融業界の有力者によって繰り返されており、仮想通貨が違法な金融取引の媒体として利用されているという認識にさらに拍車をかけています。政府や金融機関は、仮想通貨を「世界的な犯罪行為を助長するもの」として非難しています。テロリスト、麻薬密売人、マネーロンダリング、ブラックハットハッカーなどが、不正に得た利益を隠すために仮想通貨を利用しているという話が新聞やウェブサイトを賑わせています。

ビットコインの何%が違法に利用されているか?

しかし、現実はまったく異なります。最近のChainalysis社のレポートでは、2020年には、仮想通貨取引の0.34%(総額100億ドルに相当)しか違法行為につながっていないと推定されています。さらに、SWIFT(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)のレポートによると、マネーロンダリングに使用される仮想通貨の量は、従来の方法でロンダリングされる現金の量よりもはるかに少ないとのことです。従来の銀行は、マネーロンダリングやテロリストの資金調達の疑いを開示するという法律上の義務の遂行を故意に怠ったとされています。また、一部の銀行は、KYCなどの厳格な管理方法を実施せず、国内外の金融機関で保有されている資金を監視・管理していなかったとして告発されています。

2016年に公開された「パナマ文書」をきっかけに広範な調査が行われ、オフショア銀行が富裕層や犯罪者、汚職者に「タックスヘイブン」を提供していることが明らかになりました。これらの資金は、納税や居住国の法執行機関による監視を避けるために、国際政府から守られた秘密口座に保管されていました。これらのオフショア資金は、仮想通貨ではなく、圧倒的にフィアット(政府が発行する通貨)で保有されていました。

 

仮想通貨取引所はKYCをどのように取り扱っているのか?

従来の銀行取引には、プライバシー保護の観点から、以下のような特徴があります。従来の銀行送金では、個人を特定できる情報(PII)は必要ありません。送金に必要な情報は、送金者と受取人の銀行口座の口座番号とルーティング番号のみです。銀行口座の保有者は、送金を行うために受取銀行口座の保有者のPIIを必要とせず、受取銀行口座の保有者も送金者のPIIを取得しません。しかし、銀行に課せられたKYCルールにより、法執行機関の担当者は要求に応じてこの情報を入手することができます。また前述のとおり、一定の限度額を超える取引は銀行が所在する国の管理当局に報告されます。この取引報告書には、送信者と受信者のPIIと納税者の識別子が含まれています。

仮想通貨の送金も同様に、送受信を行うウォレットの保有者の名前として、偽名(ランダムに生成された識別子)を使用することができます。これは、自分の名前が含まれていない電子メールアドレスを使用するのと同じと考えることができます。また、仮想通貨の送金元と送金先の仮名は、取引ごとに変更することで、2つの取引が同じ口座保有者に簡単に一致しないようにすることもできます。

仮想通貨取引を追跡する

仮想通貨取引の魅力的な特徴の1つは、アカウントの仮名性です。KYCと仮名性について議論する際には、ブロックチェーンのコンセプトとそれに伴うプライバシー機能を理解することが重要です。

ブロックチェーンは、仮想通貨を含むすべての取引を記録する方法です。これは電子の足跡のようなもので、取引のすべての段階でコンピュータネットワークを介した仮想通貨の動きを示します。これらの取引履歴(台帳)は、ノードと呼ばれる仮想通貨の転送ネットワーク内の何千もの独立したコンピュータに保存されます。これらのノードは、仮想通貨の送信者から受信者へのエンドツーエンドの旅の中で、わずかなステップの情報を保持します。

この分散型モデルにより、仮想通貨の移動中のノードがエンド・ツー・エンドの経路を完全に把握することはできません。しかし、台帳とトランザクションが通過したすべてのノードへのアクセスがあれば、仮想通貨がノードを通過したルートを最終的に追跡することができます。

仮想通貨の送信者や受信者に関するPIIは、どのノードにも、あるいはブロックチェーンの台帳にもありませんが、送信者と受信者のアカウントホルダーの個人情報は、提案されているKYCルールに基づいて仮想通貨取引所に通知されることになります。しかし、すべての取引所がこのルールの導入を急いでいるわけではありません。一部の取引所はダークウェブで運営していたり、KYC法のない国に拠点を置いている場合は個人情報を必要としないことを選択していたりします。

取引履歴が追跡可能で各ウォレットの取引が可視化されているにもかかわらず、ハッカーやその他の悪質な行為者は、フラグを立てて調査する前に、素早く資金をノードに移動させて現金化してしまいます。資金は送金中に分割され、正当な取引に「混合」されることが多く、その後、複数のウォレットに分配され追跡が極めて困難になります。

最終目的地であるウォレットが最終的に追跡され特定されたとしても、ハッキングやランサムウェア、詐欺などによって得られた資金は、たいてい長い間消えてしまっています。それらは最終的に現金として引き出されたり、同じように匿名性の高い他の追跡不可能なアイテムを購入するために使われたりします。

まとめ

ウォレットの仮名性を排除する法律や、疑わしい取引や不正な取引を迅速に凍結する機能がなければ、法執行機関が犯罪的手段で得た仮想通貨の流れを抑制し、追跡することは困難です。仮想通貨の口座保有者が詐欺による損失を防ぐ最善の方法は、KYCを実施している取引所のみを利用することであり、「話が良すぎると思えることは、おそらくそうである」 “という言葉を忘れないことです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE