コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ラップド・トークン: 新しい暗号トークンについて考えてみましょう >

ラップド・トークン: 新しい暗号トークンについて考えてみましょう

2021-05-17 09:09:29

概要

  • 1つのブロックチェーンに基づくトークンを、異なるブロックチェーン上で構築されたアプリケーションで使用することはできないため、ラップド・トークンが必要です。
  • ラップド・トークンは、ブロックチェーン間の相互運用を可能にする橋の一つです。

What-are-Wrapped-Tokens

COVID19のパンデミックで最も深刻な影響を受けた分野の一つが金融です。伝統的な金融システムの欠点と、仮想通貨とDeFi の可能性が公にされました。ビッグテックや 投資機関、個人投資家は、仮想通貨や分散型金融への投資を急ぎました。

DeFiのトータルバリューロック(TVL) は、2020年1月1日にはわずか6億7,500万ドルだったものが、2020年12月31日には150億ドルを超えるまでに成長しました。そのほか、 ビットコインの時価総額 は、執筆時点では約1,100億ドルから1兆1,000億円以上に成長しています。

このような成長の中で、格差があり、埋めなければならないギャップがありました。イーサリアムのブロックチェーンでは、DeFiが最も速いペースで成長していました。ビットコイン も急成長していました。しかし、この2つのブロックチェーンには相互運用性がないため、成長に総合的な影響を与えることができませんでした。

最大の仮想通貨であるビットコイン(BTC)を、最大のDeFiブロックチェーンであるイーサリアムで使えないことが、エコシステム全体の成長を制限していたことは、専門家でなくてもわかることです。

大局的に考えれば、すべてのブロックチェーンに共通する問題に直面します: 個々のブロックチェーンは、それぞれのエコシステムの中で制限されています。あるブロックチェーン上のアプリケーションや仮想通貨は、他のブロックチェーン上では機能しません。

ラップド・トークンはそれを良い方向に変えました。

ラップド・トークンとは?

あるブロックチェーンに基づくトークンを、異なるブロックチェーン上で構築されたアプリケーションで使用することはできないため、ラッピングされたトークンが必要となります。例えば、イーサリアムはERC標準のトークンしかサポートしていません。このため、イーサリアム上で構築されたDeFiアプリケーション上で、ビットコインや他のブロックチェーンのトークンを使用することはまだできませんし、その逆も同様です。

代わりに、それらのトークンをイーサリアムと互換性のあるラップド・トークンと交換する必要があります。

ラップド・トークン(WBTC)

これらのラップド・トークンは、別のブロックチェーンの仮想通貨と1対1でペグされたブロックチェーン上のデジタルトークンです。つまり、ビットコインを考えると、ビットコインの正確な価値を模倣したイーサリアムベースのデジタルトークンであるラップド・ビットコイン(WBTC)にビットコインを交換する必要があります。

ステーブルコインは、ラップ型トークンの最初のカテゴリーの一つです。ステーブルコインは、ドルなどの不換紙幣と1対1の比率でペッグされており(銀行に保管されている)、常に1ドルと同等の価値を表しています。ただし、ラッピングトークンといっても、ラッピングトークンとそれを模倣したトークンは、2つの異なるブロックチェーンをベースにしています。

ラッピングされたビットコインの例では、WBTCはイーサリアムに保存され、BTCはビットコインネットワークに保存されます。

ラップドトークンの重要性

2つの国の間の相互運用性やビジネスのしやすさが世界経済に重要な役割を果たすように、ブロックチェーン間の相互運用性は、DeFiエコシステムの成長に重要な役割を果たします。

そのギャップをカバーするブリッジがなければ、ブロックチェーンは孤立したエコシステムになってしまいます。多くのブロックチェーンは個々に素晴らしいユースケースを持っていますが、相互運用性がなければお互いの成長を助けることができません。

ラップド・トークンは、ビットコイン、イーサリアム、そしてポルカドットなどのブロックチェーン間の相互運用性を可能にする架け橋の一つです。実際、イーサリアムでビットコインが使えるようになったことで、イーサリアム(ETH)のDeFiプロトコルにロックされていた価値の合計に55億ドル以上が追加されました。

ここで、ビットコイン保有者が、イーサリアム上に構築されたDeFiプロトコルから融資を受けたいと考えたとします。しかし彼は、そのプロトコルで融資を受けるために必要な担保を提供するために、自分のトークンをイーサ(ETH)で売りたくありません。では、彼はどうするのでしょうか。

彼はWBTCをサポートしている仮想通貨取引所に行き、保有しているビットコインをラップドBTCと交換することができます。これで彼のビットコインはそれぞれWBTCに変換され、イーサリアムベースの貸し出しプロトコルで使用してローンを組むことができます。融資を返済した後、彼は再びWBTCをBTCに交換することができます。

現在、ポルカドットのような複数の新しいブロックチェーンエコシステムが、DeFiスペースに大きく貢献しています。DeFiが本当に主流になるためには、これらの別々のDeFiエコシステムのすべてが、簡単な相互運用性を提供する必要があります。そして、ラップド・トークンは現在、最高の相互運用性ソリューションとして注目されています。

ラップではない

最近、ある取引所がイーサリアムとバイナンススマートチェーンの間の相互運用性を提供するために、独自のバージョンのラップトークンを立ち上げました。さて、これはDeFiの柔軟性を高めるだけでなく、イーサリアムベースのトークンでの取引に比べてかなり安価な代替手段を提供するものです。

プライバシーに特化したZCashをはじめ、他の多くのブロックチェーンや仮想通貨がこれに続いています。しかし、ラップド・トークンはまだ進化の初期段階に過ぎません。特に、現在の中央集権的な方法ではなく、ラップド・トークンを獲得するための分散型の方法を構築するという点で、さらなる発展を遂げることは間違いないでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します