コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ブロックチェーンのPoC(Proof of Concept/概念検証)とは?イエス(Yes)かノー(No)かの大きな決断 >

ブロックチェーンのPoC(Proof of Concept/概念検証)とは?イエス(Yes)かノー(No)かの大きな決断

2022-01-25 06:26:27

新しいビジネスの製品やサービスを立ち上げるには、アイデア出しから初期調査、最終製品の構築、そしてその間にある多くのステップなど、多くの下準備が必要です。この一連の流れの中で重要な活動のひとつが、概念実証(PoC)です。

blockchain proof of concept

PoC(Proof of Concept/概念検証)とは?

PoC(Proof of Concept)とは、調査や、通常、小規模なテストや予備的な操縦に基づいたビジネスアイデアの実現可能性を証明するものです。PoCは通常、ケーススタディやフィージビリティスタディの文書に、ビジネスアイデアの一般的な実現可能性に関する結論を含めて記録されます。PoCは、ビジネスアイデアやプロジェクトに対する「Go/No Go」の大きな問いに答えるために設計されています。

ブロックチェーンのPoC(Proof of Concept)とは?

ブロックチェーンプロジェクトの文脈では、PoCはブロックチェーンベースのソリューションがステークホルダーのビジネスおよび技術的な期待に応えることを実証するために実施されます。

PoCはかなり緩やかに定義された用語であり、プロジェクトによって異なる活動を含む可能性があることに注意する必要があります。あるPoC研究では、プロジェクトのビジネス的な実行可能性に関する広範な調査が行われ、技術的な実装は限られた量にとどまります。もう一方のPoCプロジェクトでは、ビジネスの見積もりと徹底的な技術的実装の両方が実施されます。

さらに、PoCという言葉をプロトタイプやMVP(minimum viable product)などの用語と同じように使っている企業もあり、さらに混乱を助長しているのが現状です。しかし、PoCはプロトタイプともMVPとも異なります。PoCは一般的なフィージビリティの見積もりであり、その一環としてプロジェクトのプロトタイピングや、まれにMVPを含むこともあります。

$ 100ウェルカムボーナス

多くの企業がPoCの旗印のもと、それぞれ異なる活動を行っています。そのため、統一された標準的な「概念実証のテンプレート」は存在しません。

プロトタイプ vs. PoC vs. MVP:その違いは?

プロトタイプは、製品の機能を最初にテストすることを目的とした、簡単なテストバージョンです。プロトタイプは最終的な製品ではなく、通常、完全な機能セットを備えていません。

MVPは、最終製品の小規模な初期バージョンです。プロトタイプとは異なり、通常、最終製品の全機能を備えており、製品の初期受容性をテストするために使用されます。

プロトタイプとMVPが、製品開発ライフサイクルの異なる段階とはいえ、製品の物理的な表現であるのに対し、POCは製品の実行可能性に関するプロセスベースの定性的な結論となるものです。そのため、PoCには、他の活動やプロセスとともに、プロトタイプやMVPが含まれることもあります。PoCは、フィージビリティ・スタディ、ケーススタディ、または専用のPoCレポートなどのビジネス文書にまとめられます。

ブロックチェーン・プロジェクトの文脈では、プロトタイプやMVPは、プロジェクトのPoCの大きな問題である「本格的に実装すべきか」というフレームワークに役立つように、構築およびテストされることがあります。

厳密に言えば、PoCの結論はプロトタイプやMVPを必要としません。しかし、最初の技術的実現可能性の見積もりにプロトタイピングが必要な場合は、より大きなPoCの演習の中で使用されるかもしれません。

まれに、PoCの決定がパイロットモードで展開されるMVPを必要とする場合もあります。これは通常、予備調査、概念化、およびプロトタイピングでさえ、PoCの主要な「Go/No Go」問題に対する決定的な答えを提供するには十分でない場合に起こります。

PoCは製品開発ライフサイクルの一部であり、プロトタイピングやMVPの前に行われるという見方をする人もいます。しかし、PoCはプロトタイピングやMVPの定義とは異なる領域に属します。

PoCがビジネスの意思決定やプロセスの領域に属するのに対し、プロトタイピングとMVPは製品の様々な準備段階の領域に属します。そのため、プロトタイピングやMVPの開発は、PoCの一部である可能性があります。

設定できるレバレッジは最大100倍

ブロックチェーン概念実証の一例

様々な業界の企業や政府機関が、ブロックチェーン関連のPoCを数多く実施しているか、実施中です。以下では、ブロックチェーン関連のPoCの1つの事例を取り上げ、PoCの典型的な背景理由、目標、および結論を示しています。

この事例では、米国連邦準備銀行の12の地域支部の1つであるボストン連邦準備銀行が実施したPoCを取り上げます。

ボストン連邦準備銀行 – 基幹業務プロセスにおけるイーサリアムベースのソリューションの検証

2016年、米国連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・エレン議長は、銀行業界の代表者にブロックチェーンベースのソリューションを調査するよう促しました。同年末には、同じく連邦準備制度理事会のラエル・ブレイナード総裁が、ブロックチェーン技術に対するFRBの関心をさらに確認しました。

立ち上げ

これらのシグナルが出発点となり、ボストン連邦準備銀行は2016年末にPoC研究を開始しました。ボストン連銀はPoCのプラットフォームとしてイーサリアム(ETH)を選択しました。イーサリアムを選択したことは、容易に正当化されます。当時、イーサリアムはスマートコントラクト技術のパイオニアであり、他のブロックチェーンでこの新機能をサポートできるものは非常に少なかったからです。

ボストン連銀がPoCのために掲げた主な目標は以下の通りです。
  • ブロックチェーンとスマートコントラクト技術について学習し、必要なスキルセットを内製化すること
  • 銀行業界へのブロックチェーン適用可能性の実証
  • 中核となる業務プロセスを、最終的にブロックチェーンに移行することを視野に入れたテスト
  • 最小限の投資で実用的なソリューションを開発

ボストン連銀は、最初の重要な目標である技術に関する内部スキルセットの開発に沿って、このプロジェクトにおける開発作業のアウトソーシングを断念しました。

ボストン連銀の技術チームがイーサリアムプラットフォームに慣れた後、ブロックチェーン技術を適用するための業務プロセスの候補がすぐに特定されました。

ボストン連銀は、連邦準備銀行の会計プラットフォームの管理を担っています。1日あたり約25万件のトランザクションを処理する巨大なプラットフォームだ。このプラットフォームにおける重要な機能の1つが、参加銀行の口座の照合による総勘定元帳の更新です。銀行間の取引が発生すると、連邦準備制度にある銀行の口座を照合し、総勘定元帳に追加する必要があります。

このプロセスがブロックチェーンの適用候補に選ばれた。ボストン連銀のチームは、照合プロセスにおけるスマートコントラクトの利用を調査しました。

手数料0
ソリューション

技術チームは、イーサリアムのブロックチェーンプラットフォームを利用したフルタックテストソリューションを構築し、大規模なトランザクションテストを実施しました。

Boston Fed Ethereum-based PoC
ボストン連銀のイーサリアムベースPoCの完全な技術スタック(出典:BostonFed.org)

 

ボストン連銀は、このPoCプロジェクトを大きな学習体験として挙げている。技術的な専門知識のアウトソーシングを断念したため、行内の技術チームはイーサリアムの開発環境に精通することになったのです。

PoCの結果を踏まえた最終判断

PoCの結果、同行の最終的な結論は、ブロックチェーンソリューションの導入は見送られることになった。この決定は、PoCで確認された3つの主要な要因に基づいています。

  1. イーサリアムは、データの詳細なサブセットを必要とする特定のデータベースクエリに対して、限られた機能しか提供しない。データのドリルダウン機能を完全に実現するためには、システムに追加のデータベースクエリソリューションが必要であることがわかった。
  2. イーサリアムのドキュメントとサポートは、少なくとも基本的なソフトウェア開発クエリ以外には限定的であることが判明しました。銀行の技術チームがより複雑な開発タスクについて問い合わせる必要がある場合、利用可能な情報ソースが不足していたのです。
  3. イーサリアムソリューションでのトランザクション処理は、技術チームが作成した小規模なプライベートテストネットワーク内でさえ、遅すぎると考えられていました。

上記のケーススタディは、以下に示す優れたPoC演習の主要な要素のいくつかを示しています。PoCはその構造において大きく異なるため、これらは「PoCのテンプレート」の定義に合致しないかもしれませんが、ボストン連銀の研究は、よく構成され、よく実行されたPoCの例と言えます。

  1. ボストン連銀はまず、革新的または破壊的な技術(この場合はブロックチェーン)について、業界からの幅広いシグナルを受け取りました。ボストン連銀は、革新的な技術や破壊的な技術(この場合はブロックチェーン)について業界から広く情報を得た後、PoCを開始することで迅速に対応しました。
  2. この銀行は、PoCを開始する前に、主要なプロジェクト目標を明確に特定しました。
  3. 同行のチームは、テスト環境ベースの完全なソリューションを立ち上げ、基本的に高度なプロトタイプを作成しました。
  4. 技術チームは、時間をかけて技術に慣れ親しんだ後、テストに適したビジネスプロセスを選択した。これは重要なポイントです。いくつかのPoC研究では、企業とその技術チームが基礎となる技術に慣れる前にビジネスプロセスが選択されることがあるからです。
  5. PoCの結果、明確で測定可能な結果が導き出されました。このケースでは、イーサリアムベースのソリューションを追求しないことを決定するために、これらの結果が使用されました。
  6. ボストン連銀は、一般市民や業界のオブザーバーがアクセスし、そこから学べるよう、PoCを明確に文書化しました。このPoCはボストン連銀のウェブサイトに掲載されているほか、PDF形式でダウンロード可能なホワイトペーパーとしても公開されています。このような透明性は、政府機関や上場企業にとって特に重要である。彼らの多くは定期的にPoC 研究を行っているが、詳細な文書や要約文書さえもどこにもないことがあります。

まとめ

PoCとは、ビジネスアイデアの実現可能性という重要な問いに答えることを目的として、組織が実施するプロジェクトのことです。PoCはやや一般化された用語であり、その一環として行われる実際の活動は大きく異なる場合がある。すべてのPoC研究に適用できる明確な構造はありませんが、優れたブロックチェーンPoCの中核的な要素には以下のようなものがあります。

  • プロジェクトの明確な事前定義された目標
  • ビジネス関連の質問、すなわちこのプロジェクトは財政的に実行可能か、また技術的な質問、すなわち選択したブロックチェーンソリューションは技術的に実現可能か、我々の目標に対して十分効率的か、に答えるために十分高度なテストソリューションを使用すること。
  • 技術を適用する適切なビジネスプロセスや機能領域を選択する前に、技術の特徴をよく理解すること。
  • 重要な実現可能性の質問に対する明確な答えを提供するのに役立つ、明確に定義された測定可能な成果。
  • PoCプロセスの適切な文書化と、政府機関や上場企業の場合は、プロジェクトの結果、続行しないことが決定した場合でも、成果の透明性と公開性を確保すること。

問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Become the First PT Holders with ZERO Risk

Celebrate the Launching of the Phemex Token on November 30th