コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > ファイルコインとは:分散型クラウドストレージ >

ファイルコインとは:分散型クラウドストレージ

2021-05-17 07:51:59

2017年に登場したファイルコイン(FIL)は、InterPlanetary File System(IPFS)をベースにした分散型ストレージシステムです。このコインの作成者は、このシステムが「人類の最も重要な情報を保存する」ことを目的としていると述べています。ファイルコインは現在、1コインあたり192.16米ドルで取引されており、供給限度額は6,350万ドル、時価総額は約122億ドルとなっています。

filecoin

ファイルコインとは?

ファイルコインは、ファイルの分散型クラウドストレージに使用されるピアツーピアネットワークです。ファイルコインの中心的な主張の一つは、データのコントロールをユーザーに戻すことです。ファイルコインは、ストレージプロバイダーの参入障壁を低く抑えることで、オープンで競争の激しい市場において、公的に検証可能なストレージおよび検索ソリューションを提供することを目的としています。

ファイルコインは、ストレージネットワークとしての主要な目的に加え、データ交換やタイムスタンプのソリューションとしての用途も主張している。その他の標準的な使用例としては、決済システムやインフレ耐性のある価値の貯蔵庫としての機能があります。ファイルコインのアプリケーションの例としては、パワーゲート(ファイルコインとIPFSにまたがる多層ストレージのためのAPI駆動型ソリューション)、テキスタイルハブ( 分散型アプリ、あるいはDAppsの開発とスケーリングのためのツールキット)などがあります。

ファイルコインは、ストレージの所有者がクライアントにスペースを「貸し出す」市場であると説明しています。このコインは、開発者、クライアント、マイナー、ホルダー、エコシステムパートナーが、ストレージ、リトリーバル、トークン取引市場で取引できるように設計されています。

ファイルコインはビットコインとどう違うのか

ビットコイン (BTC)とは異なり、 ファイルコインのブロックチェーンは、 プルーフ・オブ・レプリケーションとプルーフ・オブ・スペースタイムのメカニズムによって保護されています。つまり、コインは任意の数学問題を解くことではなく、クラウドのストレージと検索サービスを提供することで採掘されるのです。

ビットコインはデータの保存にも使用できますが、コストが高いため、ストレージソリューションとして使用されることはほとんどありません。ファイルコインは、より安価で大規模なデータストレージを提供し、より明確に定義されたユースケースを持つ、より環境に優しいプロトコルであると評価されています。

ビットコインは、商品やサービスとの交換、または価値の保存を主な用途とする取引用トークンです。一方、ファイルコインはユーティリティートークンであり、ファイルコインネットワーク上でのサービスの利用や提供を目的としています。

filecoin network引用元:Filecoin.io

ファイルコインはどのように採掘されるのか

ファイルコインは、ストレージ、リトリーバル、リペアなどのサービスを行うことで採掘されます。大規模なデータセンターからラストワンマイルをカバーするローカルプロバイダーまで、マイニングプロセスが価値を生み出し、参加者に報酬を与えることがネットワークのコアコンセプトの一つです。

クライアントがファイルコインネットワーク上にデータを保存することを希望すると、利用可能なすべてのストレージマイナーとその市場価格の完全でオープンな概要が提供されます。マイナーはストレージ契約を獲得するために競争し、価格の公平性とストレージの効率性を確保します。

信頼のインセンティブを生み出すために、マイナーはストレージの提供を許可される前に、一定量のファイルコインを賭けることを要求されます。クライアントが勝利したマイナーを選択すると、ファイルコインネットワーク上で取引が行われ、クライアントはデータをマイナーに転送してストレージを提供します。

ファイルコインを獲得するためには、マイナーはデータを適切に保存していることを、仮想化された証明によって証明しなければなりません。マイナーはその証明を新しいブロックとして送信し、ネットワーク上の他のマイナーが送信したブロックを検証します。このプロトコルでは、ネットワークに受け入れられたブロックに対してのみ、保管料(FIL)を生成することで、適切な保管のインセンティブを与えています。

Amazon S3やGoogle Cloud Storageのような従来のストレージサービスとは異なり、ファイルが失われた場合、クライアントにはマイナーの担保に応じた金額が自動的に返金されます。また、このネットワークには、人手を介さずに実行される完全に自動化された障害処理システムが搭載されています。

ストレージと同じように、ユーザーがファイルをダウンロードしたいときには、そのファイルを提供しているリトリーバルマイナーの一覧を調べることができます。ユーザーは、最も速く、最も安価なマイナーを選択し、料金を支払ってダウンロードを完了することができます。

あるファイルが人気を博し、リクエストが増えると、他のマイナーはそのファイルを自分のサーバーで再ホスティングすることを選択できます。採掘者は需要の多い地域でファイルを再ホスティングすることを選択するため、アクセス速度とコストが世界的に最適化されたエコシステムが構築されます。

ファイルコインの背後には誰がいるのか

ファイルコインは、スタンフォード大学を卒業したジュアン・ベネットが開発し、彼の会社であるProtocol Labsで管理されています。このアメリカ人プログラマーは、オープンソースのピアツーピア分散型ウェブプロトコルであるIPFSを開発したことで知られており、ファイルコインはそのインセンティブメカニズムとして機能しています。

2014年にY-Combinatorから最初の資金調達を行って以来、ファイルコインは、アンドレッセン・ホロウィッツやウィンクルヴォスキャピタルなどの著名な企業を含む機関投資家から多くの注目を集めてきました。このコインは、2017年のイニシャルコインオファリング(ICO)でおよそ2億5700万米ドルを調達しましたが、これは当時のICO史上最大のものでした。

ファイルコインの未来は?

ファイルコインが基盤としている分散型ストレージ技術は、大規模な集中型プロバイダーが大きな障害を経験するたびに、より望ましいものとなります。

集中型ストレージプロバイダーは、その名が示すように、1カ所または数カ所に集中する傾向があります。つまり、単一の障害点が数百万人に影響を与える可能性があるため、カバー率の低い地域ではラストワンマイル配信が非常に遅くなり、非常に脆いストレージとなってしまいます。例えば、数週間前にヨーロッパのOVHデータセンターで火災が発生し、WP RocketやImagifyなどの大手企業を含む数百万のサイトがダウンしました。

このようなリスクがあるにもかかわらず、なぜストレージは集中管理され続けているのでしょうか?一元化されたセンターは、より簡単に、より安く作ることができます。また、AmazonやGoogleのような企業は、競合他社を圧倒するほどの規模を持ち、独自の条件を設定することができます。このような理由から、開発者たちは、コントロールを失ったと思われる部分を、別のテクノロジーで取り戻そうとしています。弾力性と効率性を備えたファイルコインのような分散型ストレージソリューションは、非常に魅力的な選択肢です。

ファイルコインの潜在的なメリットは、ホスティングサービスも見逃しません。3月11日、ウェブサイトのホスティングとストレージサービスを提供するFleek社は、同社のプラットフォーム上で作成されたすべてのサイトとストレージに対して、ファイルコインベースの自動アーカイブをサポートすると発表しました。

Protocol Labs社は、初期段階のブロックチェーンアクセラレーターであるConsensys Mesh社およびTachyon社とも提携しています。彼らは、開発者にシードキャピタル、コンサルティング、その他のツールを提供するネットワークであるファイルコイン Launchpadを通じて、ファイルコインのアプリケーションを積極的に拡大しようとしています。

設立以来、ファイルコインLaunchpadは、金融、ビデオ会議、さらには仮想ゲームなどの二次的なアプリケーションを対象に、さまざまな興味深いプロジェクトをインキュベートしてきました。中でも注目すべきは、分散型技術を利用して、ファイルコインを介して保存された遺言書を作成、更新、実行することで、財産計画を容易にするツールキットEndowlです。

ファイルコインLaunchpadが開発したもう一つのソリューションは、学校や大学向けのビデオ会議サービスHuddleです。Huddleは、ファイルコインの分散型技術を利用して、スムーズな視聴覚の電子教室体験を提供するとしています。また、大規模なデータ(録画した授業など)のホスティングを、Amazon S3の5倍の価格で提供しています。

ファイルコインの価格はどのように推移してきたのか?

ファイルコインは2021年にかけて爆発的な成長を遂げ、1月1日の24.35ドルから4月2日の191.16ドルまで756%以上も上昇しました。この傾向は、仮想通貨市場の一般的な上昇に加えて、米国での採用の増加や、中国でのファイルコインのマイニングの大規模な成長によってもたらされています。

3月17日、仮想通貨投資大手のGrayscale(グレースケール)Chainlink(チェーンリンク)(LINK) などのコインとともに、ファイルコインを仮想信託の登録リストに加えました。また、ファイルコインのコア技術であるIPFSにも期待が寄せられています。IFPSはビジネスアプリケーションで成長を遂げており、近いうちにNFTのさらなる分散型ストレージソリューションで拡大する可能性があります。

中国に目を向けると、ファイルコインが史上最高値に乗っています。国内最大の取引所のデータによると、FIL/CNYの活動は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム (ETH) の活動を上回っています。大手企業も参入しています。特に、深圳のハードウェア企業であるXinyuan Technology社は、今年だけで8,800万米ドルもの巨額をファイルコインのマイナーに費やしました。

filecoin price引用元:TradingView

しかし、ファイルコインの価格はすべてが順風満帆というわけではなく、最近では3月に大きな事件が発生しました。マイナーがある取引所のファイルコイン口座に2回入金されているのを発見したのです。本当の二重払いではありませんが、この事件は、ファイルコインのネットワークを悪用して取引所を騙し、二重に入金させることができることを明らかにしたようです。

この欠陥が発見された直後、主要な取引所はファイルコインの入金をすべて停止したため、同コインの価値は1日で4.5%も急落しました。

ファイルコインチームのインシデントレポートによると、この「二重入金」はネットワークのコードのエラーによるものではなく、APIの誤用によるものだと指摘されています。サービスは翌日すぐに再開され、ファイルコインのチームは、今後このようなインシデントを防ぐためにAPIのドキュメントを改善すると述べています。

まとめ

ファイルコインの目的は最初から明確です。このコインは、2つの前提に基づいています:1つ目は、データストレージへの需要が増え続けること、2つ目は、産業界が分散型ストレージの冗長性とアクセス性の必要性を認識するようになることです。

朗報は、最初の前提条件が疑う余地もなくしっかりしていることです。MarketsandMarkets社のレポートでは、2020年のクラウドストレージ市場を501億米ドルと評価し、2020年から2025年までの年平均成長率(CAGR)を22.3%と予測しています。

レポートでは、COVID-19によって生み出された遠隔地の労働力に対するニーズの高まりにより、世界中でアジャイルで分散型のストレージソリューションに対する需要が高まっていると指摘しています。その他の要因としては、IoT、ビッグデータ、AIアプリケーションの継続的な成長が挙げられ、これらすべてがクラウドデータストレージの需要を刺激することが約束されています。

2つ目の前提条件のケースは、まだ宙に浮いています。ファイルコインの分散型ストレージソリューションは印象的ですが、十分な顧客が、高度に確立されたAmazonやGoogleのストレージエコシステムではなく、ファイルコインを選ぶかどうかは、時間が経ってみないとわかりません。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します