ビットコインSV(BSV)とは?より速く、より効率的なビットコイン

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

ビットコインSVは、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)からハードフォークして誕生した暗号通貨です。スケーラビリティの問題にどう取り組むかについて、Bitcoin Cashコミュニティの著名なメンバー間の意見の相違から生まれました。クレイグ・ライト氏が率いるビットコイン SVチームは、ビットコインとBitcoin Cashのスケーラビリティを改善し、最終的にビットコイン SVが日々の決済に使われるグローバル通貨となることを目指しています。

bitcoin-sv
ビットコインSVの簡単な歴史

ビットコインは、新しい金融のピアツーピア(p2p)決済システムを世界に紹介した画期的なコンセプトでした。しかし、ユーザー数が増えるにつれ、ビットコインのネットワークは取引数の増加により停滞するようになりました。ビットコインは、日々の取引にかかる時間が長く、コストが高いネットワークであるという評判を育み始めたのです。

ビットコインからビットコインキャッシュへ

このため、ビットコインの開発者の間で、ビットコインを現状のまま維持したい派と、よりスケーラブルなネットワークを求める派にコミュニティが分かれ、対立が生じました。このため、2017年にビットコインのハードフォークが行われ、ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。ビットコインと比較して、ビットコインキャッシュはブロックサイズを1MBから32MBに増やしました。プロジェクトは2018年まで順調に続き、ビットコインキャッシュのスケーラビリティはグローバルネットワークにするにはまだ不十分だと主張する複数の開発者から、また新たな主張が生まれました。

ビットコインキャッシュからビットコインSVへ

オーストラリアのコンピュータ科学者クレイグ・ライトが率いるこれらのメンバーは、ビットコインキャッシュをハードフォークし、ネットワークをもう一度分割することにした。このフォークにより、ビットコインとビットコインキャッシュの両方よりも大幅に大きなブロックサイズを持つビットコインSV(BSV)が誕生しました。

History of Bitcoin SV

ビットコインSVの歴史(出典:MEXO)

ビットコインSVとは?

ビットコインSVとは、Bitcoin Satoshi Visionの略です。ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)が構想したものに最も近いプロジェクトであると支持者が信じています。結局のところ、Craig Wrightは本物のSatoshi Nakamotoであると主張しているが、この主張の真偽は暗号通貨コミュニティで広く議論されています。

ビットコインベースのプロジェクトでありながら、ビットコインSVはそのコアインフラに様々な根本的な変更を加えています。最も注目すべきは、オリジナルのBitcoinのブロックサイズが1MBしかなく、Bitcoin Cashを通じて32MBに増加したことです。ビットコインSVでは、ブロックサイズをさらに128MBに増強しています。このブロックサイズにより、ビットコインSVはすでに1秒間に9,000件のオンチェーン取引容量を達成し、理論上無制限のTPSを実現しています。また、ビットコイン SVの取引手数料は、同種の取引と比較すると大幅に削減されており、取引にかかるコストは数分の一程度となっています。現在、Bitcoin SV ネットワークの平均取引手数料は 0.000013 BSV で、これはおよそ 0.0019 米ドルに相当します。ビットコインSVはどのように機能をするのか?

その他の機能については、ビットコインSVはビットコインと非常によく似ています。ビットコインSVはまた、中央の仲介者を必要とせずに日々の支払いを行うためのデジタル決済システムとして機能します。ビットコインSVネットワーク上のすべての取引は、世界中に分散された分散型台帳に記録されます。BTCやBCHと同様に、Proof-of-Work (PoW) コンセンサスプロトコルを使用して取引を検証し、悪意のあるアクターからプラットフォームを保護します。採掘者がこれらのブロックを検証すると、ネットワークは彼らに新しいBSVコインを報酬として与えます。

$ 100ウェルカムボーナス

Bitcoin SVブロックチェーンの各ブロックには、前のブロックの暗号資産におけるハッシュが含まれており、取引の時間やそのデータが記録されています。この記録は全ノードに分散され、誰でも確認することができます。供給量については、ビットコインと同じく、ビットコインSVは2100万個が上限となっています。これまでのところ、1900万近いBSVが採掘者によって採掘されています。

ビットコイン vs. ビットコインSV:重要な違い

前述の通り、ビットコインSVの大きな違いは、ブロックサイズが大幅に大きくなっていることです。これによりTPSが向上し、取引コストが下がりますが、デメリットがないわけではありません。ブロックサイズが大きくなると、ネットワーク上でフルノードを稼働させるコストも上昇します。そのため、稼働しているフルノードの数が減ることになります。多くの人が、フルノードを稼働させるリソースを持つ人にコントロールが流れ、それによってネットワークの分散化が損なわれることを懸念しています。

BSVコイン価格推移

Bitcoin SV price history

ビットコインSVの価格推移(CoinMarketCap)

他の暗号通貨と同様に、ビットコインSVも価格変動が起こりやすいです。しかし、このアルトコインは31億6000万ドルの時価総額を維持し、現在CoinMarketCapの45位にランクインしており、これはわずか3年で達成された偉業であります。

設定できるレバレッジは最大100倍

今後の展開

先行するビットコインやビットコインキャッシュと比較すると、スケーラビリティや効率性といった基本的な問題が改善されています。しかし、そのために分散化の度合いを犠牲にしている可能性があります。ビットコイン SVのブレーンであるCraig Wright氏は、グローバルなP2P決済システムとしての効率性を多くの人が認識することで、このコインが将来的に上昇すると考えています。このビジョンが現実にどのように展開されるのか、見守る必要がありそうです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free