コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > テクニカル分析 > トレンドリバーサル戦略の使い方 :完全解説 >

トレンドリバーサル戦略の使い方 :完全解説

2021-07-12 10:44:46

トレーディングにおいて、リバーサルとは資産価格の方向性が変わることを指します。トレンドリバーサル戦略とはデイトレーダー、長期投資家問わず用いられる、市場の出入りを決定するトレーディング戦略です。トレーダーはトレーディングラインとトレーディングチャネルを分析してリバーサルを取引します。移動平均(MA)や移動平均収束乖離トレード法(MACD)などのテクニカルインジケーターを用いてリバーサルを分離、もしくはスポットをします。

trend reverstal

トレンドリバーサルとは?

金融市場において、トレンドとは市場や資産価格の方向性のことを表します。トレンドはどの市場にも発生し、株式、先物、暗号通貨などで取引されます。トレーダーは価格変動やテクニカルインジケーターを駆使してトレンドを把握します。彼らはトレンドラインを用いてトレンドの方向性を特定し、インジケーターを駆使してトレンドの強さを判断します。トレンドには3つの種類があります:

  • 上昇トレンドとは、資産価格が全体的に上昇しているトレンドのことです。上昇トレンドでは、強気の価格変動によって資産価格の高値と安値が比較的高くなります。つまり資産の需要があり、トレーダーはその価格上昇から利益を得ることができます。トレーダーは通常、上昇トレンドが終わり、価格変動が高値と安値を連続して更新できないうちに資産を売却します。
  • 下落トレンドとは、資産価格が全体的に下降しているトレンドのことです。下落トレンドでは、弱気の価格変動により高値と安値が比較的低くなります。これは通常、供給が需要を超過しており、市場のプレイヤーの多くがその資産の価格が価値に見合ったものではないと判断したことを意味します。
  • 水平トレンドまたは横方向のトレンドとは、資産価格が一定の範囲内で推移するトレンドです。これは一般的に需要と供給のバランスが取れていることを示します。資産価格が水平トレンドを破ったときは、新しい強いトレンドの始まることが多いです。

The uptrend, sideways trend, and downtrend上昇トレンド、水平トレンド、下落トレンド (資料: xtb.com)

トレンドリバーサルはいつ発生する?

トレンドリバーサルは、資産価値の方向性が逆になった際に発生します。上昇トレンドの連続した比較的高い高値と安値が比較的低い高値と安値に変わると、下降トレンドに反転したことになります。逆に下落トレンドの連続した比較的低い高値と安値が、比較的高い高値と安値に変わると、上昇トレンドに反転します。トレンドと同様、価格変動からトレンドの反転を見極める投資家もいれば、インジケーターを用いる投資家もいます。

価格変動でトレンドリバーサルを特定するには?

投資家の中には、価格変動だけでトレンドやリバーサルを見極める人がいます。具体的には、資産価格から算出されるトレンドラインやトレーディングチャネルなどのテクニカル分析ツールを使用します。

トレンドラインを用いたトレンドリバーサルの特定

トレンドラインとは連続する高値または安値に引かれる線で、資産価格の全体的な方向性を示すものです。トレンドラインは、あらゆる期間でのトレンドの支持線と抵抗線を表します。トレーダーは資産価格チャート上のポイントを2つ以上結び、トレンドラインを作成します。上昇トレンドではトレンドラインは支持線として機能し、比較的高い安値をつなぎます。下降トレンドでは、トレンドラインは抵抗線として機能し、比較的低い高値を結びます。価格チャートのタイムフレームは設定可能です。デイトレードでは、1分足や5分足のチャートを使う人もいます。長期投資家は、1時間、日、週のチャートでより長いタイムフレームを使用することもあります。

下の例では、トレンドラインが一連の比較的高い安値を結んでおり、強気の上昇トレンドであることを示しています。緑色の強気のトレンドラインは、トレンドが崩れ始め、トレンドラインを下回るポイント(青い矢印)まで上昇し続けます。その後トレンドは反転し、価格は下落トレンドとなります。

Trend reversal identified using trendlines2020年1月21日から3月1日までの4時間足のビットコイン価格チャートにおいて、トレンドラインを用いて特定されたトレンドリバーサル (資料: TradingView)

トレンドラインは、長ければ長いほど有効です。トレンドラインが長いということは、谷がラインに到達したときに安値が上昇に転じる可能性が高いということです。しかしトレンドラインが長いということは、トレンドが変化する可能性が高いため、市場に参入するには遅すぎるということも意味します。また、トレンドラインの終わりは必ずしもリバーサルを意味するものではなく、偽のブレイクである可能性もあります。そのため、相場に出入りする前には、トレンドラインのブレイクの大きさや市場の状況を分析することが重要です。

トレーディングチャネルを用いたトレンドリバーサルの特定

トレーディングチャネル(もしくは価格チャネル)とは支持線と抵抗線の間の幅のことを指します。これは支持線と抵抗線に平行して引かれたトレンドラインとチャネルラインによって形成されています。トレーダーはまず、トレンドの種類を判断するためにトレンドラインを引きます。次に、トレンドラインに平行してチャネルラインを引きます。チャネルラインは、上昇トレンドの場合は高値を抵抗線として、下降トレンドの場合は安値を支持線として結びます。

トレーディングチャネルは、一定期間の資産価格の高値と安値を視覚的に示すことでトレーダーの助けとなります。投資家はしばしば、トレーディングチャネルを利用して資産の価格がチャネルの上限線または下限線を突破したときに起こるブレイクアウトを特定します。トレーディングチャネルを決定するためには、トレーダーはプライスシグナルが平行線に触れる(またはほぼ触れる)ポイントを少なくとも4つ特定する必要があります(上側に2つ、下側に2つ)。トレーディングチャネルは、ほぼ対称的な往復運動をし、上下のチャネルラインがほぼ平行である場合に有効です。

トレーディングチャネルには3種類あります:

  • 水平または横ばいのチャネルは、市場の横ばいの動きを示します。
  • 上昇チャネルは、正の勾配を持つ2本の平行線があり、上昇・強気のトレンドを意味します。上昇チャネルでは、トレンドラインが下側のライン、チャネルラインが上側のラインとなります。
  • 下降チャネルは、2本の負の勾配の平行線があり、下降・弱気のトレンドを示します。下降チャネルでは、上側のラインがトレンドライン、下側のラインがチャネルラインとなります。

下の例では、2本の青い線の中に下降チャネルが描かれています。ここでトレンドリバーサルを確認するには、トレーダーは価格チャートを分析して、価格がチャネルラインのどこでブレイクしたかを判断します。図では、価格変動がライン間をほぼ振動するように往復し、その後、資産の価格が赤矢印のボトムラインをオーバーシュートしています。オーバーシュートは、最初の弱気の下降トレンドが強気の上昇トレンドに変わるトレンドリバーサルを意味します。

Trend reversal identified using a descending trading channel2020年1月19日から8月24日の1日足のビットコイン価格チャートにおいて下落チャネルを用いて特定されたトレンドリバーサル (資料: TradingView)

トレンドリバーサルを特定するのに有効なインジケーターとは?

トレーダーの中には、トレンドリバーサルを見つけるために価格変動ツールと共にテクニカルインジケーターを取り入れる人もいます。最も一般的なインジケーターは、移動平均(MA)移動平均収束乖離トレード法(MACD)の2つです。

移動平均でトレンドリバーサルを特定する

移動平均(MA)は、一定の期間における資産の平均価格を算出するものです。トレーダーはこのシンプルなツールを利用して短期的な価格変動を平滑化し、トレンドの大まかな方向性を判断します。例えば、5日移動平均とは、単純に資産価格の5日間の合計を5で割ったものを意味します。期間が長ければ長いほど、実際の価格変動とインジケーターの間のラグが大きくなります。期間の短い移動平均は変化に敏感ですが、長い移動平均はその動きを変えるために大きな価格変動を必要とします。トレーダーは移動平均の期間を自由に設定し、自分のトレーディング戦略に合わせてカスタマイズすることができます。

MAが上方に移動している場合は上昇トレンド、MAが下方に移動している場合は下降トレンド、MAが水平に移動している場合はレンジ内で推移していることを指します。トレンドの確認は、短い方のMAが1のMAの上または下にクロスするクロスオーバーによって行われます。上で交差した場合は強気のクロスオーバーとなり、下にあれば弱気のクロスオーバーとなります。

下の例では、15日、35日、100日の期間の3つの移動平均線があります。2019年8月4日、15日移動平均が他の2本の長い移動平均線を越えると、強気の上昇トレンドが確認されます。10日後、100日移動平均線が2本の短い移動平均をクロスするところで、トレンドは弱気の下降トレンドに反転します。

Trend reversal identified using moving averages2019年7月24日から8月24日の4時間足のビットコイン価格チャートにおいて、移動平均を用いて特定されたトレンドリバーサル(資料: TradingView)

移動平均収束乖離トレード戦略(MACD)でトレンドリバーサルを特定する

MACDは、異なる時間枠における資産価格の2つの移動平均の関係を示すインジケーターです。水平方向のトレンドでは、2本の移動平均は収束します。強い上昇トレンドや下降トレンドの際には、2本の移動平均が乖離します。トレーダーは、MACDを使ってダイバージェンスを見つけることがよくあります。ダイバージェンスとは、価格変動とMACDインジケーターが相対していないときに発生する強力なトレンドリバーサルシグナルです。

ダイバージェンスは、価格チャートが高値または安値を示し、インジケーターのシグナルがそれぞれ低値または高値を示すときに起こります。下の例では、価格が比較的低い安値を記録し、MACDインジケーターが比較的高い安値をつけるというダイバージェンスが発生しています。ダイバージェンスの後、最初の弱気の下落トレンドは反転し、資産価格は上昇する強気のトレンドに移行します。

Using the MACD indicator to identify a trend reversal2019年8月10日から9月23日の4時間足のイーサリアム(ETH)価格チャートにおいて、MACDを用いてトレンドリバーサルを特定(資料: TradingView)

まとめ

トレンドリバーサルを見極める力を身につければ、より良い投資判断ができるようになりますが、単一の分析ツールで100%トレンドリバーサルを見極めることは不可能です。成功しているトレーダーは、上述の方法と他の特殊なツールを組み合わせて、それぞれの弱点を補い、より洗練されたアプローチを行っています。

他のトレーディング戦略と同様に、価格変動やテクニカルインジケーターを用いてトレンドリバーサルを見極めるには、ある程度のリスクが伴います。すべてのシグナルが反転するわけではなく、トレンドがブレイクせずに再開する場合もあることも忘れてはいけません。このような戦略を用いて実際のトレーディングに飛び込む前に、初心者のトレーダーはシミュレーターで練習することが重要でしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します