シータトークン:非中央集権的なメディア配信

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

2019年に発表されたシータは、ビデオストリーミングとメディア配信を強化するために設計された、ブロックチェーンを利用したネットワークです。本稿執筆時点で、シータトークンは1トークンあたり12.29ドルで取引されており、供給量の上限は10億で、時価総額は122.9億ドルです。

theta-coin

シータネットワークとは?

ライブビデオストリーミングは、すでにインターネットトラフィック全体の約3分の2を占めているにもかかわらず、世界で最も急速に成長している市場の一つです。この急速な成長に伴い、非効率的なコンテンツ配信ネットワーク(CDN)、絶え間ない再バッファリング、特に低開発地域での高いロードタイムなど、数多くの成長の痛みが生じています。

what is the theta network引用元:シータトークンウェブサイト

そこで登場するのがシータです。シータは、分散型のピアツーピアビデオ配信ネットワークとして機能し、より高品質でスムーズなストリーム、ビデオプラットフォームのコスト削減、そしてストリーマーと視聴者の両方に充実したインタラクティビティと報酬を提供します。

シータは、ユーザーのアイドル帯域を利用して、ビデオストリームをローカルの視聴者に中継することで機能します。これらのユーザーには、イーサリアムガスのように動作するシータ燃料(TFUEL)が与えられます。獲得したTFUELは、ストリームへの寄付、プレミアムコンテンツのアンロック、仮想アイテムの購入などに利用できます。

このネットワークは、ストリーマーにとっては収益源を開拓することで、ビデオプラットフォームにとってはインフラコストを削減することで、ストリームの質を向上させます。報酬の仕組みは、ユーザーがコンテンツを視聴し、ネットワークのエコシステムの中でトークンを消費することをさらに動機づけます。

多くのPOS(プルーフオブステーク)ブロックチェーンと同様に、シータトークンはガバナンストークンとして動作します。トークンの保有者は、コアプロトコル、機能ロードマップ、トークンガバナンスのその他の変更に関する決定に影響を与えることができます。このように、シータトークンは上場企業の株式のように機能します。

シータは何をするのか:分散型ストリーミング

シータは当初、ライブストリーム用に開発されましたが、汎用性の高いオープンソースのネットワークとプロトコルにより、様々なコンテンツ配信のシナリオで採用が進んでいます。これらのシナリオには、esports(Theta TV)、VR、エンターテイメント放送(ワールドポーカーツアー)、ビデオおよび音楽プラットフォーム(Pandora TV)、遠隔教育、企業会議、およびピアツーピア・ストリーミングが含まれます。

また、動画プラットフォームやコンテンツプロバイダーは、 スマートコントラクトを用いた分散型アプリケーション(DApps) を展開し、ユーザーに限定コンテンツや仮想アイテムを提供することができます。開発者は、NFTsのようにこれらの仮想アイテムを使用して、サードパーティと統合することなく、希少性の高いユニークな仮想通貨収集物を作成することができます。

シータのスマートコントラクトを活用することで、動画プラットフォームは、顧客が実際に消費したコンテンツに対してのみ課金する、より流動的な従量課金モデルを設計することができます。また、スマートコントラクトは、様々な視聴者エンゲージメントツールの利用を可能にし、透明で公正なロイヤリティの分配方法を提供することで、コンテンツ制作者にもメリットをもたらします。

シータの背景には誰がいるのか?

シータはもともと、ミッチ・リウとジエイ・ロンが2015年に共同設立した動画ストリーミングプラットフォーム「Sliver.tv(現Theta.tv)」のために2017年に制作したものです。リウはMITとスタンフォード大学の卒業生で、ゲームとビデオコンテンツの分野で長く活躍しており、ロンは北京大学とノースウェスタン大学の卒業生で、オートメーション、VR、分散システムの分野で経験を積んでいます。

共同設立者には、その後、仮想通貨システムやライブストリーミングアプリケーションの経験を持つCPOのライアン・ニコラスが加わりました。ニコラスは、マイクロトランザクションと仮想決済モデルの代表的なイノベーターであるテンセントのWeChatアプリのディレクターを務めた経験があります。

それ以来、シータはより大きなチームに拡大し、YouTubeの共同創業者であるスティーブ・チェンやTwitchの共同創業者であるジャスティン・カンなど、技術、ゲーム、仮想業界のベテランがアドバイスを行っています。シータ社は、Samsung Next、Sony Innovation Fund、Grayscale Investmentsなど、シリコンバレーの著名なVCや企業投資家からもベンチャー資金を調達しています。シータ社の企業向け認証ノードのパートナーには、Google、ソニー、サムスン、Binanceなどの大手企業が名を連ねています。

シータ価格史

トークンの価格は、強気の市場と有望な発表のサイクルに後押しされ、過去3カ月間で急上昇し、1月1日の1.60ドルから3月31日には12.29ドルにまで上昇しました。

コンテンツ配信に位置づけられることから、NFTへの関心の高まりは、シータの価格にも双方向で大きな影響を与えています。シータはNFTの分野で圧倒的な存在感を示しており、最大の競合相手であるチリーズ(CHZ)よりも410%も高い順位にあります。

theta in nft

シータの上昇にはスピード障害がなかったわけではありません。3月25日、シータメインネット 3.0の立ち上げが6月まで延期されたことで、トークンの価格は25%近く急落しました。チームは、NFTマーケットプレイスに「いくつかのビルディングブロックを組み込む」ために、より多くの時間を必要としていたと伝えられています。

シータの価格は直後に回復しましたが、この大規模な急落は、シータの価格の多くがNFTの保管と取引を容易にする能力に依存していることを強く示唆しています。メインネットがさらに遅延した場合、保有者は同様の下落を目にすることになるでしょう。

より緩やかに価値を高めているのは、世界のビデオストリーミング市場であり、2010年の市場規模は1,000万ドルと予測されています。シータは、ビデオ配信分野で広く採用されているコインの1つであり、今後もパートナーシップの構築に成功する限り、業界のトレンドに乗っていくことが期待できます。

theta's price引用元:トレーディングビュー

欧米の取引所では比較的存在感が薄いため、シータが時価総額12位のコインになったことは多くの人を驚かせました。USDコイン (USDC)、ドージコイン (DOGE)、そして ビットコインキャッシュ (BCH) などのコインをも凌駕しています。

ブロックチェーン・ジャーナリストのコリン・ウー氏(@Wublockchain)は、同トークンが韓国で特に人気があり、同国の主要取引所であるBithumbでTHETA/KRWの取引が4位になっていることを指摘しています。

さらに調べてみると、シータの総供給量の約61%が、わずか10個のウォレットで保有されていることがわかりました。シータの供給量に上限があることを考えると、この歴史的な高値の間に大手プレイヤーがキャッシュアウトを決めた場合、このトークンは操作されやすく、価格が不安定になる可能性があります。

シータの今後の見通しは

シータは、これまでのところ、分散型ビデオストリーミングおよび配信のための唯一のエンドツーエンドプラットフォームの一つとして、独自の地位を維持しています。このネットワークは、既存のメディア企業や、Google、SpaceExなどの大手企業とのパートナーシップを次々と獲得しています。

また、NASAもTheta TVプラットフォームで科学番組を配信しています。また、2月11日には、MGMに続いて、Lionsgateがハリウッドのスタジオとして、このネットワークにコンテンツを掲載しました。

シータは、日本、台湾、インドネシア、タイで1億6700万人以上のMAUを持つ日本のメッセージングアプリであるLINEとも提携しています。このパートナーシップでは、アジア市場をターゲットにした動画サービスや、最近ではLINE ブロックチェーン DAppにTHETA TVを統合するなど、さまざまなソリューションを生み出しています。

シータは、Theta Edgecast DAppや、ストリーミング、ビデオ、データ配信を促進する様々なマイクロペイメントソリューションを通じて、技術への開発を続けてきました。今年は、NFTと分散型取引所(DEX)のサポートを拡大し、DAppエコシステムをさらに発展させ、スマートコントラクト開発者プラットフォームを改善する予定です。

シータの保有者にとっての主なリスクは、トークンの中核となるインセンティブモデルにあります。ノードは、TFUELを生成するためにシータトークンをステークする必要があり、TFUELは動画がストリーミングされたときにのみ分配されます。エコシステムの各部分は継続的な運営に不可欠なものであり、一つの分野が壊れると他の分野にも影響が及ぶ可能性があります。

Theta token’s core incentive model.引用元:シータトークンウェブサイト

シータはパートナーシップの面ではうまくいっていますが、プラットフォームの面ではあまり成功していません。Theta TVは、シータのファン以外にはあまり利用されておらず、ネットワークの技術以外にはほとんどイノベーションを提供していません。言い換えれば、Theta TVは、本格的な競争相手というよりも、ネットワーク自体の概念実証として機能しています。Twitch、YouTube Live、そしてTheta TVの仮想化されたカウンターパートであるDLiveは、すべてはるかに強固で活発なストリーミングコミュニティを持っています。

なお、Theta TVで最も視聴されているのはNASAのストリームであり、他のストリームでは50人以上の視聴者の壁を超えるものはほとんどありません。ネットワークのエコシステムにおけるTFUELの重要性を考えると、このプラットフォームが大きな視聴者数や人気のあるパーソナリティを引き寄せることができないのは、懸念すべきことかもしれません。

theta tv引用元:2021年2月4日のTheta TV

まとめ

シータは比較的新しいプレイヤーですが、明確なユースケースと印象的なパートナーやアプリケーションのリストを持っており、興味深いニッチを切り開いています。このことは、「インターネットを分散化する」と約束したにもかかわらず、デジタルメディアの注目を集めることができなかった トロン (TRX)などのコインと比較すると、特に明らかです。

現在、シータの時価総額は、NFTアプリケーションの競合他社をはるかに上回っています。シータチームがメインネット 3.0を遅れずに稼働させることができれば、このトークンはNFTへの関心の波に乗るのに適した状態にあると言えます。

とはいえ、YouTubeやTwitchに関連した数字からのサポートにもかかわらず、Theta TVはNetflixのような巨大メディアにすぐに対抗することはできないでしょう。シータ自身のプラットフォームのパフォーマンスは中途半端で、ネットワークはさらなる成長のために戦略的パートナーシップと将来のアプリケーション(VRやNFT配信など)に期待しているようです。

潜在的な投資家は、シータの支配権を持つ大手プレイヤーを監視するだけでなく、欧米の主要な取引所でトークンが存在していない現状が取引量にどのような影響を与えるかを考慮する必要があります。また、トークンがNFTやメディア市場と密接な関係にあることも問題です。シータの継続的な成功は、これらの市場の安定性と、ネットワークがNFTソリューションの需要を満たすことができるかどうかにかかっています。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free