コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > シアコインとは:ハードドライブ版Airbnbを可能にする通貨 >

シアコインとは:ハードドライブ版Airbnbを可能にする通貨

2021-07-21 09:24:16

2015年6月に発表されたSiacoin(SC)とは、ユーザーがSiaネットワーク上のクラウドストレージをレンタルできる分散型クラウドストレージプラットフォーム、Siaの通貨です。Siacoinは1トークンあたり0.023ドルで取引されており、流通供給量は470億ドル、時価総額は10億ドルに上ります。

siacoin

シアコインとは?

AmazonやGoogleのような中央集権型クラウドストレージは、システム障害やハッキングの影響を受けやすく、時にはデータが永久に失われてしまうこともあります。

分散型クラウドストレージはこれらの2つの問題を解決し、はるかにコスト効率の高いソリューションを提供します。そのため、このようなソリューションは、仮想通貨業界でも人気を集めています。

Siaは「ハードドライブのAirbnb」とも呼ばれ、AmazonやGoogleが提供するクラウドストレージのようなものですが、その裏にはブロックチェーン技術が使われています。Siaは分散型クラウドストレージプラットフォームです。つまり、ユーザーが企業に信頼を置く必要はなく、一般の人々が所有する何千ものノードを含むネットワークに情報が保存されます。

ノードとは?

ノードとは、全ての参加者が所有しているハードディスクのことです。ハードディスクを持っている人は誰でも登録して「ノードオペレーター」になることができ、Siaネットワークから報酬を得て、自分のストレージを他の人に貸し出すことができます。ビットコインのライトニングネットワークに似た技術であるペイメントチャネルを使って、すべての関係者がシアコインで支払いを行います。すべての取引がペイメントチャンネルでオフチェーンで行われるため、ネットワークの効率とスケーラビリティがともに大きく向上します。

ファイルはSiaネットワークにアップロードされる前に30個のセグメントに分割され、世界中のホストに分配されます。このファイルセグメントには、主にCDやDVDに用いられている「リードソロモン符号」という技術が使われています。これらのコードをSiaに適用すると、損失のないファイルセグメントが作成されます。Siaチームによると、30個のセグメントのうち、任意の10個をファイルの復元に使用できるとのことです。その結果、セグメントのホストのうち20個がオフラインになったとしても、残りの10個のセグメントでアップロードされたファイルをダウンロードすることができるのです。

AmazonやGoogleのような集中型クラウドストレージプラットフォームとは異なり、Siaはスリーフィッシュアルゴリズムを使用してすべてのファイルセグメントを事前に暗号化します。つまり、暗号化されたデータだけがホストのハードドライブに保存されるのです。

さらにすべてのファイルは、”ファイルコントラクト “と呼ばれる一種のスマートコントラクトを使用して送信されます。ホストとレンターはファイルコントラクトにより価格設定や2者間の関係に関わるその他の要素を管理することができます。ファイルコントラクトはSiaブロックチェーン上に保存され、第三者や仲介者を必要としません。ファイルコントラクトは通常90日間有効で、期限切れになるとSiaによって自動的に更新されます。

借り手はファイルストレージをシアコインで前払いする必要があります。契約が更新されずホストがオフラインになった場合、未使用のコインはレンタル者に返却され、データは新しいホストに転送されます。

契約期限の満了間際にホストが借り手のデータを保存しているかどうかを確認するために、Siaはハッシュ木と呼ばれる技術を用いて、保存の証明と呼ばれるプロセスを行っています。ホストが一定期間内に借り手のデータを保管していることを証明できない場合、ペナルティが課せられます。これらの証明は小さなもので、ブロックチェーンに永久に保存されます。

シアコインはどのように機能するのか?

Siaの分散型ファイル共有機能は、Siaが “インターネットの代替インフラ “と呼ぶSkynetプラットフォームによって実現されています。Skynet上のデータはユーザーが管理しているため、ユーザーが利用をやめない限り、Skynet上に構築されたウェブサイトやアプリはダウンしないことになる。Skynet上に構築されたすべてのアプリケーションは、お互いのデータにアクセスすることができ、これらのアプリケーションはデータを利用して新たな価値を生み出すことができます。

Skynet上のアプリケーションは、URLが2つに分かれています。前半部分はスカイネットのアドレスで、後半部分はそのアプリケーションにアクセスするためのポータルのアドレスです。例えば、https://hackerpaste.hns.siasky.net/の場合、hackerpaste.hnsがスカイネットのアドレスで、siasky.netがポータルになっています。ポータルは、すべての仮想通貨ノードとを実行します。

従来、インフラコストは広告やサブスクリプションモデルを使ってウェブサイト運営者が負担していました。Skynetでは、インフラコストはポータル運営者が負担し、広告やサブスクリプションモデルでカバーすることもできます。

Skynet AppsSkynetアプリのリスト. 資料: blog.sia.tech

ほとんどのポータルはフリーミアムモデルを採用しており、ユーザーはアプリケーションにアクセスすることができますが、速度は抑えられています。ウェブページの読み込みやファイルのアップロード、ダウンロードの速度は料金によって異なります。無料ユーザーは有料コンテンツにアクセスできますが、プレミアムユーザーに比べて読み込みに時間がかかります。

2020年10月Siaは、人々が分散型ネットワーク上でWeb3アプリケーションを作成し、分散型アカウントに可変型ファイルを保存することができるプラットフォーム「SkyDB」を発表しました。これらのアカウントは、単一のアプリケーションの一部ではなく、分散型プラットフォーム全体の一部であるため、どのデバイスからでもアクセスすることができます。

SkyDBには、プライベートファイルとパブリックファイルがあります。プライベートファイルは暗号化されているので、データのセキュリティが特に重要なクラウドストレージアプリケーションに最適です。SkyDBがアプリケーション開発者にとって魅力的な理由の一つは、ユーザーがアプリケーションを動作させるためにサーバーを実行したり、データベースを所有したりする必要がないことです。1つのアプリケーションに100万人以上のユーザーがいても、開発者のコストはほとんどかかりません。

SkynetSkynetのトップページ 資料: siasky.net

シアコインの創始者は?

David VorickがSiacoinのアイデアを提案したのは2013年の夏でした。Siaの社長兼コア開発者であるLuke Champineとメールで話し合った際、彼はそれを “Nimbus Network “と表現していました。Vorickは2013年9月に開催されたHackMITのハッカソンでアイデアを発表し、2014年にプロジェクト名をエジプトの知覚の神にちなんで「Sia」に変更しました。

同年、VorickとChampineはNebulous, Inc.を設立し、2020年9月にSkynetにブランド名を変更しました。同社は、Raptor Groupの億万長者Jim Pallotta氏や、First Star Ventures、Fenbushi Capital、INBlockchainなどの企業から初期資金を得ました。

Vorickはビットコインコア開発者コミュニティで活動していましたが、その間に得た仮想通貨の知識は自然と自身のプロジェクトに引き継がれていました。チームはゼロからのスタートを決めましたが、初期の作業の多くはビットコインの開発をベースにしていました。

また、ストレージ契約を追加したのもこの時です。彼らの2つ目のホワイトペーパー「Sia: Simple Decentralized Storage」は2014年11月に公開されました。そして、2015年6月6日にSiaの最初のベータ版がリリースされました。

VorickとChampineはホワイトペーパーの中で、Siaの究極の目標は、Amazon、Google、Dropboxのような集中型クラウドストレージプラットフォームに取って代わることであると述べています。

シアコインの価格変遷

2021年のスタート時、シアコインの価格は0.003ドルでした。わずか3ヶ月後の2021年4月にシアコインは0.055ドルに達し、史上最高値を更新しました。それ以降、下降線をたどっていますが、これは現在市場にある多くのアルトコインについても言えることです。

Siacoin’s price historyシアコインの価格変遷 資料: Tradingview.com

シアコインの価格は、現在の市場のFUDが終われば引き続き上昇する可能性が高いです。このコインは、クラウドストレージプラットフォームとしてのコントロールのしやすさ、簡単さ、安全性、そしてプライバシーの高さから、かなりの人気を集めています。

CoinMarketCapでのシアコインのランキングは91位で、時価総額は11億ドル、流通量は約480億コインです。

シアコインの将来は?

開発者自身の言葉を借りれば、シアコインの長期的な目標は”インターネットのバックボーンとなるストレージ層になること “です。Siaが中央集権的なクラウドストレージに取って代わることを目指しているのは、クリエイターたちが “Free Internet“を信じているからです。

シアコインのユーザーからはホスティングやウォレットの使い勝手など、さまざまな問題が報告されています。しかしシアコインは、人々がデータをオンラインに保存することをより簡単かつ安全にするユーティリティーコインであり、その将来性は期待できます。

シアコインを開発したチームは先日、25,000ドル以上の賞金を用意した2021年春のハッカソンを発表しました。このハッカソンは、コミュニティのメンバーが作成したコンテンツとの対話や共有を可能にするアプリケーションの構築を開発者に促すことを目的としています。

今年の初めに、SiaはSia FoundationとSkynet Labsを発表しました。Siaチームは2021年を “移行期間 “と位置づけ、その間に財団とSkynet Labsは別々のチームに切り離されるとしています。

まとめ

アマゾンやグーグルなどのクラウドストレージはすでに定着しており、Sia社がより多くのユーザーを獲得するのは難しいと思われます。

シアコインは7年前から存在しており、今年の初めに史上最高値を記録したことを考えると、その人気はここからさらに高まっていくように見えます。ユーザーが完全にコントロールでき、ネットワーク上に保存されたすべてのファイルが完全に暗号化されるため、プライバシーを重視する人には最適です。Siaのチームは常に何か新しいことに取り組んでおり、ファンに最新情報を伝えるためにMediumの記事を定期的に投稿しています。Siaの未来は明るいですが、本当に仮想通貨として成功するかどうかは時間が解決してくれるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します