Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

仮想通貨のデリバティブ取引におけるリスクマネジメント

仮想通貨の取引には固有のリスクがあるため、仮想通貨デリバティブのトレーダー は、取引戦略にリスク管理戦略を組み込む必要があります。ほとんどの場合、仮想通貨の揮発性の性質により、仮想通貨を取引することは非常にリスクが高くなります。通常、1日の平均レンジは大きすぎます。したがって、小さな取引ミスの場合、リスク管理戦略が採用されていなければ、トレーダーはすべてを失うリスクがあります。

以下に、仮想通貨デリバティブトレーダーが利用できるリスク管理戦略をいくつか紹介します:

1.ストップロスとテイクプロフィットレベルの使用

ストップロスレベルとは、トレーダーが損失を出した取引を自動的に決済するために設定するレベルです。一方、テイクプロフィットレベルは、利益を出している取引をトレンドが変わる前に決済するためのものです。

この2つは、トレーダーがコンピュータの前にいないときに、市場が突然変化するリスクを軽減するのに役立ちます。例えば、ハッキングの被害が報告された場合、大きな価格変動を引き起こす可能性があります。その時、トレーダーがオープントレードをしていて、それがたまたま市場の動きと逆方向だった場合、ストップロスレベルを設定しなければ、投資した金額をすべて失うことになります。また、値動きの方向にトレードがあった場合、トレンドが変わる前に決済するためにはテイクプロフィットが必要になります。

この2つのレベルは慎重に使用する必要があります。トレードを閉じるのが早すぎたり遅すぎたりしないようにしなければなりません。早すぎる取引の終了は、終了した理由を後悔することになり、より多くの利益を得ることができたかもしれません。一方で、取引を閉じるのが遅すぎると、損失が発生する可能性があります。

デリバティブ取引では、ストップロスは保証されたストップとして取り付けられています。ストップロスが発動すると、トレーダーはプレミアムを支払わなければならず、その代償として投資資金をすべて失うことになります。

2.稼働中の取引/契約が少ないこと

一度にいくつかの取引/契約を開始することで、取引を長く続けるための証拠金を確保することができます。取引数が少なければ少ないほど、フリーマージンは大きくなります。そのため、予想される利益を得るために十分な期間、取引を市場で保持することができます。

トレードの回数は、口座残高によって決まります。口座残高が少ない場合、オープントレードは常に1~2に維持する必要があります。

3.リベンジトレーディングの回避

リベンジトレーディングは、初心者に最も多いものです。トレーダーは、損失を出したことで市場に怒りを覚えます。その結果、損失を埋めるために利益を得ようと、すぐに別の取引をしてしまいます。しかし、その取引は戦略に基づかずに行われたものなので、次の損失につながる可能性が高いのです。

4.トレーディング戦略へのこだわり

トレーダーは、数回の負け取引をするのは普通のことだと理解すべきです。トレーダーは100%完璧ではありません。時には、あちこちで損失を出すこともあるでしょう。全体的なリターンが利益であれば、つまり利益が損失を上回っていれば、数回の損失を気にする必要はありません。

トレーダーは、その時点での結果がどうであれ、トレーディング戦略に固執することを学ぶべきです。しかし、そのトレーディング戦略が利益よりも損失の方が多いと判明した場合、トレーダーはその取引戦略を放棄することができます。

とはいえ、仮想通貨デリバティブ取引戦略を使い始める前に、その取引戦略が利益をもたらすものであることを確認する必要があります。そして、それをテストするのに最適な場所は、デモ口座です。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free