Notice: Undefined index: Features in /data/phemex/wp/wp-content/themes/knowall/header.php on line 1412
combobox arrow
Phemex ブログ
Phemex暗号ブログ:ビットコイン先物、ビットコイン取引、仮想通貨デリバティブ取引、およびブロックチェーンテクノロジー関連の最新ニュース、アップデート、および業界の洞察を学びましょう。

ビットコインのメモリプールとは?

Bitcoin Mempool

「メモリプール」という言葉は、ビットコインの話題と本質的に関連して使われています。この記事では、それが何であるか、どのように機能するか、そしてなぜそれが重要なのかを簡単にまとめます。

ビットコインメモリプールとは?

ご存知のように、ビットコインが送金されるたびに、まず利用可能なノードによって取引が検証される必要があります。一度承認されると、実際には「マイナー」によって処理されるまで一定期間、未確認のままとなります。この間、保留中の取引はメモリプールと呼ばれる仮想の待合室に置かれることになります。

つまり、ビットコインのノードには、保留中のトランザクションをマイナーが拾うのを待つための指定されたエリアがあります。これらの待機場所は、ノードによってサイズや容量が異なります。そのため、異なる量の未確認取引を保持する複数のメモリプールが存在します。

ビットコインのメモリプールはなぜ、どのように重要なのか

メモリプールがクリアされるよりも早く満たされると、ジャムが発生し、トランザクションの待ち時間が著しく遅くなります。当然のことながら、未確認のトランザクションをメモリプールからクリアするのが早ければ早いほど、全体的な使用感は良くなります。メモリプールが一杯になると、取引手数料に基づいて取引の優先順位付けが開始されます。最低限の手数料のしきい値を満たさない取引は、単に削除され、無視されます。一般的に、トランザクションの待機期間が数日を超えると、ほとんどの場合、そのトランザクションは復帰し、資金は返却されます。

繰り返しになりますが、ビットコインのメモリプールが混雑すると、待ち時間が長くなり、取引手数料が高くなります。優先度の低い取引の多くは、単に通過せずに元に戻る可能性があります。このシナリオを回避する最善の方法は、高い取引手数料を支払うことです。マイナーは、より高い取引手数料を求めるために、これらの待機リストを調べることができます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free