Ethernity(ENT)とは? NFT領域に信頼をもたらす

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram

Ethernity ChainとはデジタルアートのためのANFT(authenticated non-fungible token)のマーケットプレイスです。

Ethernityはイーサリアムネットワーク上に構築されており、世界最大の認定ANFTライブラリを構築すると同時に、クリエイターに報酬を与え、慈善活動や組織のために資金を調達することを目的としています。

このプラットフォームはコミュニティを非常に重視しており、そのトークンであるERNの保有者は独自の分散型金融(DeFi)アプリケーションを介して希少なANFTをファームすることができます。ERNの保有者はトークンをステークし、Ethernity Chainのガバナンス提案に投票することも可能です。

EthernityのANFTは、NFT市場であるOpenSeaで頻繁に取引されており、”EthernityChain “という公式アカウントも存在します。

ethernity

NFTとは?

Ethernityとは何かを深く知る前に、まずNFT(ノンファンジブルトークン)について理解することが重要です。

NFTは暗号化された独自のコインなので、ブロックチェーン上の各トークンが識別可能であり、尚且つ小さく分割することができません。例えば、ビットコインのブロックチェーン上のすべてのコインは他のコインと同質であり、BTCは全体の1億分の1程度の小さな単位に分割することができます。一方、NFTは、小さな単位に分割することができない全体の単位を表します。

NFTは消耗しないという性質を持っているため、最近になって主流になってきたデジタルアート作品やデジタルコレクティブルに最適です。NBA Top Shotは全米プロバスケットボール協会の公式デジタルコレクターズプラットフォームであり、ユーザーはNFTの形で「場面」を所有し、Flowブロックチェーン上で取引することができます。グライムスなどのアーティストがNFTのデジタルアート作品を制作し出品しているほか、さまざまな音楽アーティストが参加しています。ノンファンジブルトークンの人気は急上昇しており、テスラのCEOイーロン・マスク氏、ツイッターのCEOジャック・ドーシー氏、ダラス・マーベリックスのオーナーであるマーク・キューバン氏なども強い関心を示しています。

残念ながら、新しいトレンドが主流になると、自ずとそれを利用しようとする詐欺師や不正行為者が必ず出てきます。ノンファンジブルトークンの場合、個人が違法なアカウントで作られた偽造トークンを誤って購入してしまうことがあります。そこで登場するのがEthernityです。このプラットフォームを利用すれば購入者はブロックチェーン技術によって適切に認証された正当なNFTを常に受け取ることができ、そのプロセスの頭文字をとってANFT(authenticated non-fungible tokens)と改称しています。

Non-Fungible-Tokens

Ethernityはどのように機能するのか?

Ethernity Chainはブロックチェーン上で認定された限定バージョンのノンファンジブルトークンを生み出します。しかし、Ethernityのメカニズムはそこまで複雑ではありません。

  1. アーティストがデジタルアートを制作する。
  2. デジタルアートはEthernityで認証を受け、認証済みのアイコンが表示される。
  3. オークションが行われ、決まった数のアート作品が購入される。
  4. オークションを勝ち取ったアカウントがノンファンジブルトークンを生成する。
  5. オークションの収益と将来収益の一部は、特定の慈善団体に寄付されます。
  6. デジタルアート作品の所有者はブロックチェーン上のANFTを所有しているため、自身で作品をオークションに出すことができる。

Ethernityはサービスの開発と拡大を続けるために、営利目的のモデルで運営されていますが、その焦点は慈善活動の支援に向けられています。ユーザーは、デジタルアート作品の購入資金の最大90%を慈善団体に寄付することができ、残りの10%はマーケットプレイス/ガス料金とEthernityに分配されます。

Ethernity Chainトークンとは?ERNはどのように機能するのか?

Ethernity Chainのトークンは2021年3月8日に初回の分散型取引所の募集によって開始されました。IDOはPolkastarterプラットフォーム上で行われ、数分で完売し、合計275,000ドルを調達しました。

仮想通貨取引所でERNと表されるEthernity Chainトークンは、保有者が独自のANFTをファームするERNプールに流動性を提供するために使用されます。ファームによって得られたANFTは、利益や慈善事業のために取引されます。

ERNはガバナンストークンでもあり、プラットフォームを根本的に変える可能性のある提案に対して、ユーザーが分散的に投票できるようになっています。

ERNは現在、時価総額で上位250のコインまたはトークンの外にランクされています。その流通量は現在450万以下で、最大供給量である3,000万トークンには遠く及ばない状況です。つまり、時価総額は1億6,500万ドルと比較的小さいものの、理論上の完全希釈時価総額は11億ドルを超えていることになります。

Ethernityの創始者は?

Ethernity Chainは、環境保護活動家でビットコイン投資家のニック・ローズ氏(Global Wildlife Conservationの幹部)が考案したものです。

しかし現在は、Ethernityのチームに関する詳細はプロジェクトの公式ウェブサイトにも記載されていません。

Ethernityのコミュニティドロップ

2021年3月のローンチの直後、Ethernityは、ディズニーやマーベル・スタジオとのコラボレーションでも知られるオーストラリア生まれのグラフィック・アーティストBossLogicと最初のコミュニティドロップ「Ethernity Chain x BossLogic Collection」を開始しました。このデジタルアート作品のコレクションには2501個のANFTが含まれています。

今後も、注目のデジタルアーティストを起用したコミュニティドロップを実施していく予定です。

The Ethernity Boss Logic Collection #1 on OpenSeaOpenSeaEthernity×Boss Logic コレクション#1 資料OpenSea

まとめ

今日、ノンファンジブルトークンが主流となり、テレビや会話の中で「NFT」という言葉を耳にしない人はいないでしょう。このような急速な成長に伴ってNFT認証の必要性は高まっており、Ethernityはこの分野での先駆者となっています。

Ethernityは新しく立ち上げられたプロジェクトであり、他の多くの仮想通貨関連プロジェクトに比べてチームの詳細は明らかになっていませんが、知名度の高いアーティストとのパートナーシップは、このプラットフォームの正当性をさらに高めるにあたり大いに役立つでしょう。

例えば、NFTのマーケットプレイスであるOpenSeaは独自のトークンを持っていないため、トークンの必要性に懐疑的な人もいるかもしれません。しかしEthernityのERNトークンは保有者がプラットフォームの分散型ガバナンスに参加しながら、希少なANFTを鋳造するためのステークを行うことができます。

今後NFT領域はメインストリームに深く浸透した後、2021年には過当競争になると考えられます。Ethernityは、ANFTの分野で確固たるリーダーとなることを目指していますが、一流のデジタルアーティストとの注目度の高いパートナーシップを通じて、その勢いを維持する必要があるでしょう。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free