コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Dashとは?迅速かつプライベートな取引のためのデジタルキャッシュ >

Dashとは?迅速かつプライベートな取引のためのデジタルキャッシュ

2021-09-09 09:17:16

2014年1月に発表されたダッシュ(DASH)は、デジタルの分散型通貨であり、2者間の直接的で安価かつ迅速な取引を促進するオープンソースプロジェクトです。現在、Dashは1コインあたり190.68ドルで取引されており、流通量は約1,000万枚、時価総額は約20億ドルに達しています。最も価値のある暗号通貨の50位にランクインしています。

dash-crypto

Dashとは?

“Dash “とは、”Digital “と “Cash “を組み合わせた造語です。その名が示すように、このプロジェクトはデジタルキャッシュシステムとして機能することを意味しています。このコインは、Xcoin(XCO)という名前で発表され、わずか10日後には「DarkCoin」(DARK)に改名されました。しかし、この新しい名前がダークネットでの怪しげな活動を連想させるものであったため、開発者は2015年3月に「Dash」に変更しました。

ダッシュは、ブロックチェーンフォークによってライトコイン(LTC)から生まれました。フォークとは、ブロックチェーンに変更が加えられ、それが2つに分かれてしまうことです。ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)からフォークされたため、ダッシュは間接的にビットコインのプロトコルに基づいています。このように、競合する3つのデジタル通貨には強い共通点があります。

Dashは何をしているのか?

Dashの自称目標は、”世界で最も使いやすく、スケーラブルな決済に特化した暗号通貨になること” です。プロジェクトのホワイトペーパーによると、このコインは、速くて安くて安全なグローバルな取引を促進するために発売され、競合するビットコインやライトコインを凌駕しています。

ダッシュネットワークは、ブロックチェーン上の取引を検証するマイナーに依存しており、マイニングされたダッシュコインの45%が報酬として支払われます。ビットコインをはじめ、多くのネットワークが同じ技術を使っています。ダッシュネットワークの特徴は、マスターノードのネットワークが拡大していることです。マスターノードとは、次のようなネットワーク機能を実現する特別なサーバです。

プライベート送信: ユーザーのプライバシーと匿名性は、Dash の主な目的です。プライベート送信を有効にすると、取引の履歴を辿ることができず、完全にプライベートで匿名性の高いものとなります。これは、ビットコインが、送信者と受信者の公開アドレスや送金額など、すべての取引を一般に見ることができるのとは対照的です。コインの履歴がわからないということは、ダッシュは、どのダッシュコインも他のコインより価値が高くも低くもない、交換可能なデジタル通貨であるということです。.

インスタント送信: インスタント送信がない場合、Dashの取引は完了するまでに2.5分かかります。これは、ビットコインの10分に比べればはるかに速いのですが、この待ち時間は、例えばスーパーで支払いをしようとする日常的なユーザーにとっては、やはり不便なものです。インスタント送信を有効にすると、Proof of Serviceと呼ばれる概念により、取引がほぼ瞬時に検証されます。そして、マスターノードの運営者は、そのサービスに対して少額の報酬を得ます。

マスターノードは、プライベート送信とインスタント送信の円滑な運営に責任を持ち、投票を通じてネットワークの発展方向に影響を与えることができます。マスターノードの運営者になるためには、Dash保有者は1,000Dashの保証金を支払う必要があります。この保証金は運営者が自由に使用できるが、いずれかが使用されると、マスターノードはオフラインになります。また、信頼性の高いPCと固定IPアドレスを持つなど、いくつかの技術的要件を満たす必要があります。2021年5月現在、Dash Networkには4,512のマスターノードが存在します。

採掘者とマスターノード運営者は共にそのサービスに報いられ、採掘されたダッシュコインの45%を受け取ります。残りの10%は、Dashネットワークの改善とネットワーク開発予算の追加に充てられます。例えば、Dashはアリゾナ州にあるASU Blockchain Research Labに直接資金を提供し、Dashネットワークとブロックチェーン技術全体の向上に努めています

Dashの背景には誰がいるのか?

Dashの創業者は、アメリカのソフトウェア開発者であるEvan DuffieldとKyle Haganです。Duffieldは15歳でソフトウェアの開発を始め、金融や広報などの経験があります。中でも、キャリアを通じて、検索エンジンや機械学習のアルゴリズムを開発してきました。2010年にビットコインの存在を知った彼は、ビットコインに魅了されましたが、すぐにビットコインの欠点である、取引時間の長さやコストの高さに気づきました。彼はこれらの問題を解決する方法を考え始め、Dashアルゴリズムを週末に1回でコーディングしたと主張しています。

ヘーガンは発売前からプロジェクトに参加し、2014年にはDarkcoinのオリジナルホワイトペーパーを共同執筆しました。しかし、同年、ダッフィーとの個人的な問題から開発チームを離れました。

マスターノードの投票機能を利用して、Dash Core Groupなどのさまざまな組織が設立されています。ダッシュ・コア・グループは、ネットワークのさらなる発展を支援するダッシュ最大の組織です。

DASHの価格推移

6年以上の歴史を持つダッシュは、古い歴史を持つデジタル通貨の一つです。このコインは2014年1月28日に発売されましたが、最初の2年間はあまり大きな動きはありませんでした。コインは徐々に成長し、2016年8月には12ドルで取引されていましたが、2017年の初めに初めて大きな値動きがあり、109ドルまで急騰しました。これは始まりに過ぎませんでした。2017年12月、Dashは1コインあたり1,500ドルに達し、2017年1月と比較して8000%の増加を示しました。

しかし、2018年のベアマーケットでは、ダッシュの価格は急速に下落しました。大暴騰の約1年後には、65ドルの安値を記録しました。2019年の初めから半ばにかけて、そして2020年の初めに再び100ドルを突破しました。今年初めに2021年のブル・ランの一環として一時的に400ドルを超えた後、現在は200ドル前後で推移しています。

dash price history2014年から2022年までのダッシュの価格推移(出典:Walletinvestor.com)

Dashの行くえは?

Dashは、インスタント送信、プライベート送信などのユニークな機能や、ネットワークの自治と自己資金で成り立っていることなどから、多くの可能性を秘めた人気の暗号通貨です。2017年のブル・ランでは、一部の関係者から「ビットコインのより良いバージョン」とまで言われていました。最も価値のある12の暗号通貨の中でかつての地位を失い、現在は50位にランクインしていますが、複数の点でビットコインを上回っています。特に経済的に弱い国ではデジタル通貨の人気が高まっており、ダッシュは暗号通貨の世界で重要性を増す可能性が大きいです。さらに、ダッシュの総供給量は1,890万コインと限られており、これはビットコインの供給量よりも少ないです。このことがダッシュの需要を高め、より多くのコインが採掘されることで価格上昇の可能性が高くなっています。

Dashは投資に向いているか?

Dashは、価値の貯蔵庫や「デジタルゴールド」ではなく、日常的な取引に使用することを目的とした長期プロジェクトであるため、デジタル決済に関する世界的な変化に大きく影響されます。また、その実用性と取引の速さから、銀行や政府が世界共通のデジタル通貨として採用する可能性も現実的にあります。もし、ダッシュが米ドルのようなフィアット通貨の代替となれば、コインの重要性が高まり、価格の高騰が予想されます。

すでに世界中の多くの企業がダッシュを受け入れており、世界各地のATMでもダッシュを引き出すことができるようになっています。さらに、オンラインでの支払いをより便利にするために、DashPayウォレットの開発も進められています。ダッシュは、従来のオンライン決済に代わる有力な手段であり、現地通貨の価値がほとんどなくなってしまった経済的に苦しい状況では特に有効です。その代表例がベネズエラで、2019年にダッシュが最も人気のあるデジタル通貨と宣言されました。

ダッシュの将来的な発展に影響を及ぼす可能性のあるリスクとして、その匿名性やプライバシーが違法行為に悪用される可能性があります。このような悪用を防ぐための努力がなされる中で、ダッシュは様々な規制の対象となり、その価格が低下する可能性があります。

また、Dashは完全な分散型とは言えないのではないかという懸念の声もあります。理論的には、一人の人間がマスターノードの過半数を所有していれば、投票を支配することでネットワーク全体をコントロールすることができます。しかし、これはすべてのDeFiプロジェクトに当てはまることであり、完全な分散化が行われていないからといって、Dashが特別に不利になるということはありません。完全な分散化はブロックチェーン技術に自動的についてくるものではなく、広く採用されることで時間をかけて改善されていくものです。

他の情報源からは、2014年のローンチ後の最初の2日間に190万枚のダッシュコイン(最大供給量の10%)が意図せずに採掘されたエラーが発生したと批判されています。発売から2ヵ月後、ダッフィーは批判に対して、「このコインの大ヒットを予想しておらず、プロジェクトにエラーがないことを確認するのに十分な時間をかけられなかった」と反論しました。6年以上が経過した現在、Dash Networkはすっかり定着しており、今後同様の事件が発生する可能性は低いと思われます。

まとめ

総合的に見て、Dashはそのオプション機能である、プライベート送信とインスタント送信を提供することで、取引を迅速に、非公開で、安価に行うという目的を果たしています。ここ数年で、最も価値のある暗号通貨のランキングで12位から50位に落ちたものの、特にベネズエラのような経済的に弱く、インフレ率の高い不安定な国では、日常的に広く使われるデジタル通貨になる可能性が大いにあります。

Dashの匿名性と完全な分散化の欠如はいくつかのリスクをもたらしますが、ネットワークの価値ある機能は、そのサービスが悪用される可能性を大きく上回ります。ダッシュは、非常に堅実なユースケースを提示し、取引のプライバシーとスピードに関しては、現在の「暗号の王様」であるビットコインを上回っています。現時点では、Dashの人気と価格は今後も上昇していくと思われます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE