コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > DeFi > AAVEとは?最上級のDeFiプロトコル >

AAVEとは?最上級のDeFiプロトコル

2021-03-02 04:08:24

Aaveとはイーサリウムブロックチェーン貸し借り機能から分散化したプロトコルです。このAaveが創設されてから、DeFiの発展において多くの成功物語を残してきました。

今回はこのAaveについて紹介します。

AaveはETHLendとして創設され、イーサリウムを基盤とするピアツーピアの借し出しプラットホームです、プラットホームの創設後、ETHLendはロンドンを基盤とする子会社であるAaveを設立しました。Aaveはフィンランド語で“おばけ”という意味になります。

2020年の初めに、ETHLendは終了し、Aaveは分散化流動資産によるオープンソースを創設し、プラットホームとしてのAaveプロトコルを開始しました。

Aaveは現在、上位5つのDeFiプロトコルの中にランクインしており、記事執筆当時にはDeFi全体の約13パーセントの価格を占めています。2020年の8月には、DeFiのなかでは2つ目となる、ETHのなかで最も価値のあるとされるovertake MakerDAOに選ばれました。

Aaveは上記のような成功を遂げてきましたが、まだまだトップになるためのイノベーションや改良の可能性を秘めているのも魅力の1つです。

 

オンチェーン・マネーマーケット

 

2020年1月に始まったAaveには、ユーザーの仮想通貨上での貸し借りを可能にするという、分散型マネーマーケットであるという大きな特徴があります。これは流動プールを基盤として運営されています。

貸し手と借り手のマッチングではなく、貸し手がAave流動プールに資金をデポジットすることによって、借り手の継続的な資金の供給を可能にしています。このプールは、ある一定の割合の資金を保つように設計されており、貸し手がいつでも自分の資金を引き出すことができ、かつ揮発性に対するリスクヘッジを可能にしています。Aaveは現在22のマーケットが展開されており、多種類のイーサリウムトークンとステーブルコインによってカバーされています。

借り手の利子率は、プール内の資金レベルに基づいて増加するアルゴリズムを使用して決定されます。またこのモデルは、資金残高が減った場合は、貸し手がデポジットを増やすことを促し、より多くの利子率が稼げるような仕組みになっています。

プロトコルには借り手の仮想通貨の揮発性を防ぐために、ローンを分散させないことが必要とされます。

Aaveに資金をデポジットした人は全員、デポジット分のaTokenを受け取ることになります。これらは利付きのトークンであり、デジタル資金との価値との比率は1:1で固定されています。また、他のプロトコルもaTokenを支援しています。その例としては、Yearn Financeが2020年9月にaTokenの自動マーケットメーカーを設立したことが挙げられます。これは、ユーザーがaTokenを流動プールにデポジットすることによって、手数料を稼ぐことと、Aave上で利子を発生させることを可能にしました。

aave

フラッシュローン

Aaveは市場においてフラッシュローンによる初めてのプロジェクトです。フラッシュローンは、ユーザーが担保なしで資金を借り入れすることを可能にしました。しかし、これらのローンは、借り入れされている同じイーサリウムの取引内での再支払いを必要とするスマートコントラクトによって管理されています。したがって、ユーザーのアカウントの残高はローンの取引が行われても変化しません。スマートコントラクトは、イーサリウムブロックが承認される前に再支払いを完了させていない場合、ローン取引は行うことができないようプログラミングされています。これはローンが非常に短い時間の中で存在していることになります。

しかし、DeFiトレーダーはフラッシュローンを様々な用途で使用します。アービトラージは異なる通貨、もしくは担保の交換による取引の価格の差によって利益を上げています。

$ 100ウェルカムボーナス

Aavegotchi-混合DeFiと非混合DeFiトークン

 

Aaveから最も最近派生した開発こそが、Aavegotchiです。AavegotchisはERC-721というピクセル化ゴーストを代表する非混合トークンです。クリプトキティのように、どれだけレアかという点によって価値がつけられ、最もレアなAavegotchiこそが、最も価値のあるということになります。

それぞれのAavegotchiは条件付捺印証書内での、eトークンを所有するイーサリウムアドレスを管理しています。これはユーザーがAavegotchiを保有することで利子を稼ぐことを可能にします。このアプリは様々な要素を応用することで、効果的にDeFiゲーム化されています。

Aavegotchiの発行は、未だ新しい試みです。2021年にイーサリウム上での高速かつ、多額の課金によって、Aavegotchiはイーサリウムから2つのマティックネットワークへの移行を承認しました。

もしDeFiやNFTsへの集中が成功すれば、よりこれらのイノベーションや新しいプロジェクトの開発が見込めるという点において非常に好都合になります。

 

AAVE トークン

AAVEトークンはティッカーLENDを正式に使用しており、ETHLendブランドの前身になります。これがAAVEに変わったのは2020年であり、トークン保有者は自分のLENDをAAVEに100:1の割合で交換しました。

AAVEトークンは以前、2つの大きな利点がありました。AAVE保有者は自分のトークンをAaveプロトコルのセーフティーモジュールに投資することができます。このシステムは借り手に再度支払うための資本の不足からAaveプロトコルを保護するために存在します。もし資本の額がある一定の最低ラインを下回った場合、セーフティーモジュールが、投資されているトークンの最大30パーセントを使用し、不足をカバーすることができるようになっています。リスク管理において、AAVE保有者はプラットフォームが日々支払う配当を受け取ることができます。

またAAVE保有者はガバナンスの権利を持っています。彼らは、保存されている資金をどのように管理し、例えば新しいトークンの導入など、マネーマーケット上でどのように応用するかについてなど、経営上の問題に対して提言や投票を行うことができます。

AAVEは最も機能性の高いDeFiトークンの中で、現在は市場投資という点でラップドビットコインやユニスワップの2つにのみ遅れを取っている状況と言えます。

 

AAVE/USDを取り扱い

 

AAVEの規則

DeFiは現在は規制されていません。しかし、Aaveは例外で、イギリスの財政指導機構(FCA)が発行する電子マネー機構資格(EMI)を保有しています。FCAは現在DeFiの活動を規制していません。しかし、この資格はAaveがフィアット貨幣の統合を意図しているという1つのインディケーターであり、FCAに規制されているということを示しています。

Aaveの創立者でありCEOであるスターニ・クレチョブの2020年8月に記録された発言によると、Aaveプロトコルは分散化を保ちつつ、AaveDAOによって支配されると述べられている。しかし、彼はユーザーがAaveのエコシステムへの参入を可能にするために、FDAOに従って資格の取得を目指すということを認めている。

Aaveの背後にあるAave Ltdという子会社では、今後の発展に関するニュースを取り上げている別のウェブサイトを掲示している。

手数料0

まとめ

AaveのDeFiエコシステムへの参入は貸し入れと借り入れの敷居をより高くし、DeFiのマネーマーケットをより洗練されたものにしました。初心者はDeFiでの取引を行うにあたり、より単純なCompoundなどのプラットホームを使用した方がより気楽に取引できます。しかし、DeFiや財政に詳しい人にとって、Aaveはフラッシュローンや利子率の交換などといった点でより魅力的な市場やフィールドを提供する、優れものです。

これらの以上のことをまとめると、AaveはDeFiのリーディングプロジェクトとして、最新鋭のイノベーションが施され、設立されました。これは非常に将来性があり、長続きする重要なプロジェクトであると言えます。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free

 

giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE