コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > グレースケールのビットコイン・トラスト ビットコインへの機関投資の意味合い >

グレースケールのビットコイン・トラスト ビットコインへの機関投資の意味合い

2021-01-22 07:04:08

ここ数年、多くの機関や組織はビットコインをねずみ講とレッテルを貼ってきました。それが価格に影響を与えただけでなく、クリプト愛好家もサイバーパンクとしてブラックリストに登録されました。しかし、2020年には物語が変わりました。大手の伝統的な機関が今、ビットコインに大規模な投資を行っています。彼らは、グレイスケール・ビットコイン・トラスト(GBT)や最近のグレイスケール・イーサリアム・トラスト(ETHE)のようなCrypto Trust Fundsに投資し、設立しています。

過去数ヶ月の間、ビットコインに対する機関投資家の関心は常にヘッドラインを飾ってきました。重要な要因の一つは、伝統的な機関ができる限り多くのビットコインやその他の暗号通貨を保有していることです。かつてビットコインをねずみ講と呼んでいたDBSのような機関でさえ、今ではその資質を受け入れ始めています。

gbtc grayscale bitcoin

個人投資家と機関投資家の両方が、暗号通貨の普及に果たすべき役割をまとめています。最近のJPモルガンのレポートによると、

我々の見解では、グレイスケール・ビットコイン・トラストの上昇は、ビットコインの需要が個人投資家の若いコホート、つまりミレニアル世代だけでなく、ファミリーオフィスや資産運用会社などの機関投資家にも牽引されていることを示唆しています。

同報告書では認めています。

ビットコインの企業のお墨付き、特に数週間前のPaypalによるお墨付きは、ビットコインへの更なる需要を伝播させているように見える

この傾向は継続しており、MicroStrategy、Square、DBS、その他多くの注目すべき伝統的な金融企業が、仮想通貨、特にビットコインに投資しています。この記事では、グレースケール・ビットコイン・トラストと、伝統的な金融企業のビットコインへの投資の意味合いを探っていきます。まずは、グレースケール・ビットコイン・トラストと機関投資の概念を定義し、理解することから始めてみましょう。

グレースケールビットコイン信託とは?

グレイスケール・ビットコイン・トラストは、バリー・シルバート氏のニューヨークに拠点を置くグレイスケール・インベストメンツLLCの商品です。当初はビットコイン投資信託として知られていましたが、ビットコインへの投資プロセスを容易にするために設立されました。的確投資家は、ウォレットを所有して技術的なことを理解するという比較的厳格なプロセスを経ることなく、信託の株式を購入することでビットコインへのエクスポージャーを得ることができるようになりました。この信託は、最初のデジタル通貨投資ビークルとして認識されています。2020年1月21日にSEC報告会社となりました。

2013年9月25日、グレイスケール・ビットコイン・トラストは、認定投資家への私募のみでスタートしましたが、後にFINRAの承認を受け、株式の公開取引が可能になりました。つまり、投資家はGBTCというシンボルでトラストの公開株を売買することができます。

グレイスケール・ビットコイン・トラストは、取引所取引信託(ETF)ではありませんが、他の人気のあるコモディティ投資商品をベースにしています。SPDRゴールド・トラストは、物理的に担保されたETFの良い例です。2020年11月現在、グレースケール・ビットコイン・トラストは100億ドル以上のクリプトカレンシー資産を運用しています(AUM)。実際には10種類のクリプトカレンシー商品を提供していますが、デジタル・ラージキャップ・ファンド以外はすべてシングル・アセット・トラストとなっています。

グレースケール・ビットコイン・トラストは、2020年に向けて積極的にビットコインを積み立ててきました。過去半年の間に約50%の規模にまで増加しています。数多くのメリットがあるファンドですが、特筆すべきデメリットもあります。

グレイスケール・トラストは現在唯一のファンドであるため、投資家は高額なプレミアムを支払わなければなりません。シトロンリサーチのアンドリュー・レフト氏は、かつてグレイスケールを、高額なプレミアムと年会費のためにビットコインを保有する最も危険な方法だと評したことがあります。2回以上に渡って、グレイスケールの株式は、当時のビットコインの埋蔵量の2倍以上の価格で取引を終了しています。

もう一つの考慮すべき要素は、トラストの集中投資モデルであるといえます。例えば、フォーブスによると、約27社の大企業がトラストに多額の株式を保有しています。彼らのレポートによると、わずか3社の大企業が所有する9社が35億ドル相当の株式を保有しているといいます。これは明らかに中小企業にとって不利な状況となっています。

伝統的な金融会社がビットコインに投資することの意味合い

PayPal、Grayscale、Visaなど複数の金融企業が、公にクリプトカレンシー、特にビットコインに関心を示したり、すでに投資したりしています。しかし、100万ドルの問題は、これが暗号通貨業界にとってどのような意味合いを持つのかということです。

特に伝統的な大手金融企業によるビットコインの組織的な採用が増えていることは、大量採用に向けた重要な一歩となっています。このような著名な情報源からの関心は、これらの資産に対する全体的な信頼を高めます。有名な金融会社がビットコインへの投資を発表しているのを目の当たりにすると、ビットコインはより有利な資産として認識されます。例えば、Paypalは現在、ユーザーがビットコインを送受信できるようになっています。Spendmenotによると、Paypalには約2億8600万人のアクティブユーザーがいるという。このような大規模なユーザーが暗号に参加すれば、大量採用は近い。

ビットコインの価格上昇について

2008年の創設以来、ビットコインの価格は他のすべての資産クラスを上回るペースで急成長しました。2020年には史上最高値の23,000ドル以上に達しました – 機関投資のおかげもあります。2020年は、より多くの伝統的な金融会社がビットコインやEthereumのような他の暗号通貨に投資した年であることは偶然ではありません。

これらの金融会社が関心を示すと、全体的に信頼感が高まります。

ブロックチェーン技術の導入が増加

ブロックチェーンまたは分散型台帳は、暗号通貨を動かす基盤技術です。ビットコインやイーサリアムはそのようなブロックチェーンの上に構築されていますが、現在では、機関や国もこれらのオプションを模索しています。今日では、J.P.モルガン・チェース・コインのような機関投資家向けのコインが登場し始めています。JPモルガンコインは、ブロックチェーン技術を利用した即時の機関投資家向けの支払い用に設計されたデジタルトークンです。また、中央銀行は、分散型暗号通貨プロジェクトに対抗するためにCBDC(中央銀行デジタル通貨)を展開しています。中国やベネズエラのようないくつかの国は、すでにCBDCを立ち上げる最終段階に入っています。同時に、スウェーデンUAEサウジアラビアなども金融決済のための技術を研究しています。

ブロックチェーン技術の展開の増加は、ブロックチェーンの専門家の需要も増加するでしょう。金融包摂への道を開くだけでなく、新たな雇用と機会をもたらします。

現金の使用が減少したこと

伝統的な金融会社によるビットコインの採用が進むことで、現金の使用が減る可能性が高いと考えられます。その使いやすさに加えて、暗号通貨の取引は、現金での取引よりも安いです。コストの考慮事項は、おそらく交換の標準的な媒体として暗号通貨に多くの人々をリードします。

現在、WordPress、Wikipedia、その他のプラットフォームのようないくつかの大物がすでに暗号通貨を受け入れています。より多くの機関が参加し始めると、これらの資産の日常的な使用ははるかに実行可能なものになるでしょう。

伝統的な金融の未来

ビットコインをはじめとする暗号通貨の登場により、金融業界は急速に進化しています。Statistaによると、国境を越えた取引の総額は2016年の21.78兆ドルから2022年には30.2兆ドルに増加するといいます。

大幅な進歩があったにもかかわらず、金融・決済業界は依然として高い取引手数料と遅い処理能力に悩まされています。伝統的な金融会社が最近ビットコインに関心を持っていることを考えると、この業界に潜在的な混乱が間もなく近づいている可能性があります。そうなれば、以下のような劇的な変化と革新が起こることを期待しています。

簡素化されたプログラム可能な決済システム

PayPalやVisaのような伝統的な金融会社は、どちらもビットコインをサポートし、投資しています。ブロックチェーン技術により、暗号化された取引はほぼ瞬時に実行されます。これらの取引は元に戻すことができないため、支払いにデジタル資産を使用しているユーザーはチャージバックを心配する必要はありません。

今日、ユーザーはすでにほぼ瞬時に取引を楽しむことができ、クレジットカード、ATM、非稼働、当座貸越手数料などの支払い処理費用を最大70%節約することができます。

キャッシュレス社会への移行

従来、支払い方法は現金が主流でした。今日、私たちはますますキャッシュレス社会へと移行しつつあります。ビットコインの人気の高まりと、金融会社や決済会社による迅速な導入は、このプロセスを加速させることは間違いありません。電子ウォレットの利用は、2022年までにPOS(Point of Sale)取引全体の約28%を占めると予想されています。同レポートでは、同期間内に現金が世界の決済の17%を占めるにとどまると主張している。

一般市場に対するヘッジが上手い

長年にわたり、金は株式や債券との相関関係が限定的であることから、世界市場の混乱に対するヘッジとして使用されてきました。ビットコインは、安全資産として金に代わる価値のある選択肢として機能する可能性があります。個人投資家やその他の非金融企業は、ビットコインを積立資産として採用する可能性が高い。我々はすでに、暗号資産にほとんど影響を与えない多くの主要な株式市場の暴落を目撃しています。

この傾向を裏付けるように、下の図に描かれている分析では、より多くの投資家が金からビットコインに移行していることがわかります。

結論

ビットコインのような暗号通貨への機関投資は、伝統的な金融会社が主導する形で、すでに行われています。暗号業界はまだ比較的若いかもしれませんが、このような強力な投資は、来るべき信じられないほどの成長が差し迫っていることを示唆しています。

それにもかかわらず、あなたが暗号市場に自分のお金を投資したい場合は、常にいくつかのデューデリジェンスを実践してください。広範な調査を行い、資金をコミットする前にすべてのファンダメンタルズを理解していることを確認してください。大企業の決定に基づいて盲目的に投資するという過ちを犯さないでください。誰もがエラーや損失の影響を受けやすいのです。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

新しいモデレーターを呼んで報酬を獲得しましょう。近々オンチェーンに登場します