コインを購入
マーケット
契約
現物
収益
Web3 new
Phemex学園
Academy > 暗号資産の洞察 > Tron社のTRC-20トークン – 知っておきたい情報 >

Tron社のTRC-20トークン – 知っておきたい情報

2021-05-20 04:35:09

イーサリアムが独自の技術によるERC-20トークン規格を持っているように、他の多くのブロックチェーンも同様です。トロンでは、トークンはTRC-20トークン規格に基づいてプログラムされています。パブリック・ブロックチェーンとして、誰もが同じ基本的なルールを使って自分のTRC-20トークンを発行することができ、そのトークンはTronプラットフォーム上で動作する他のアプリと相互作用することができます。

このガイドでは、TronとEthereumの類似点と相違点を見て、TRC-20トークンがより広範なブロックチェーン・エコシステムの中で果たせる役割を確立します。また、TRC-20トークンの規格のルールや、最大のステーブルコインであるUSDTを含む、Tronを使ってトークンを発行しているアプリについても検証します。

PhemexがUSDT TRC-20をサポートするようになりました、私たちの発表をご覧ください。

Phemex USDT TRC-20のサポート開始。詳しくはこちら: アナウンス

トロン vs. イーサリアム

EthereumとTronの間には多くの類似点があると同時に、いくつかの決定的な違いもあります。TronはEthereumと同様に、プラットフォーム上で実行されるスマートコントラクトのための一種のオペレーティングシステムとして、Tron Virtual Machine(TVM)と呼ばれる仮想マシンを使用しています。また、TVMは、Ethereumと同じSolidityプログラミング言語を使用しています。そのため、トロンで発行されるトークンやスマートコントラクトは、イーサリアムと完全な互換性があります。Tron Foundationは、開発者が既存のアプリやトークンをTronのエコシステムに簡単に移植できるようにすることを意図しているため、この互換性はデザインによるものです。

しかし、トロンとイーサリアムがとても似ているのに、なぜそんなことをしたいのかと思うかもしれません。なぜイーサリアムのままにしておかないのか?ここで、TronとEthereumの決定的な違いが出てきます。イーサリアムはプルーフ・オブ・ワーク型のコンセンサスモデルを採用していますが、これは比較的遅いことで知られています。イーサリアムのトラフィックが増加するにつれ、需要と供給の法則によって取引手数料がますます高くなっています。2月初旬には、イーサリアムの平均手数料が初めて20ドルを超え、価値の低い取引では法外な値段になってしまいました。

トロンDelegated Proof of Stake (DPoS)コンセンサス

これに対し、TronはDPoS(delegated proof of stake)コンセンサスを採用しています。トランザクションを確認するバリデーターが27人しかいないため、はるかに高いスループットと低い手数料でネットワークを処理することができます。そのため、開発者は、優れたスケーラビリティと低い手数料が、ゲームなどの大容量アプリケーションに適していることから、Tronを使用しています。

しかし、Tronの手数料の低さには別の考慮点があります。アプリケーションのスマートコントラクトコードの行数が増えれば増えるほど、実行が複雑になり、より多くの計算能力を使用することになります。したがって、Ethereumの開発者は、コードに不必要な複雑さを導入すると、取引手数料の増加にも反映されることに留意しなければならない。

トロンは手数料が大幅に低いため、開発者はコストが高くてアプリが使えなくなることを心配することなく、より精巧なスマートコントラクトをプログラムする自由度が高い。

DPoSのコンセンサスモデルは、膨大な数のプルーフ・オブ・ワーク・マイナーに比べて検証者の数が相対的に少ないことから、中央集権的すぎるという批判を受けることがあります。しかし、スケーラビリティ、セキュリティ、非中央集権というブロックチェーンの「トリレンマ」は、技術そのものと同じくらい古くからある課題です。そのため、開発者やユーザーは、どのプラットフォームを使うかを決める際に、何が最も重要なのかを常に優先しなければなりません。

TRC20トークンスタンダードのルール

ERC-20トークン規格と同様に、TRC-20トークンは、必須要素と任意要素を含む一連のルールを遵守する必要があります。

3つのオプション規定と6つの必須規定があります。

オプション規定

o トークン名とは、トークンの完全な表記名を指します(例:Tether)。

o トークンのティッカーとは、トークンに使用される略語を指します(例:USDT)。

o トークンの精度とは、トークンの最小可分単位のことで、最大で18分の1まで。

 

必須規定

o Total supplyは、Tronプラットフォームで発行可能なトークンの最大数を指します。

o Balance Ofは、ユーザーのTronアカウントのトークン残高を返します。

o Transferは、スマートコントラクトからユーザーのアカウントへのトークンの移動を許可します。

o Approveは、他のスマートコントラクトなどの第三者にトークンの転送を許可します。

o Transfer Fromは、別のスマートコントラクトなどの第三者が、ユーザーアカウントからトークンを取り、別の場所に移すことを許可します。

o Allowanceは、第三者が転送できるトークンの残りの数を照会します。

イーサリアムと同様に、開発者はTRC-20トークンに特定のタスクを実行させたい場合、他のルールをプログラムすることができます。ただし、上記のコードラインは、スマートコントラクトがTRC-20に準拠するための最小要件です。

TRC-20トークンスタンダードを使ったアプリとプロジェクト

テザーは、TRC-20トークン規格を使用する最大かつ最も有名なプロジェクトと言えるでしょう。2021年初頭には、Ethereum-USDTよりもTron-USDTの方が人気があり、Ethereumの高い取引手数料が多くのユーザーにとって障壁となっていることを反映して、Ethereum-USDTの取引量がEthereum-USDTの取引量を上回っています

さらに、Tron-USDTとEthereum-USDTを議論する際には、分散化の議論はほとんど無意味になります。なぜなら、分散化の考え方は、信頼性の概念に基づいているからです。USDTのユーザーは、取引がEthereumで行われるかTronで行われるかに関わらず、USDTを発行している会社であるTetherを信用する必要があります。そのため、USDTで取引を行う際には、Tronの低い手数料と早い確認時間を利用することに意味があります。

Revainは、レビュープラットフォームの一部としてTRC-20トークンを使用している別のプロジェクトです。Revainは、TrustPilotのブロックチェーン版のようなものとして運営されています。レビューを残した人は、その投稿の質に応じて報酬を得ることができ、人々が自分の経験について有益で正直なレポートを書く動機付けになります。

JUSTは、トロンをベースにしたMaker DAI stablecoinのバリエーションです。ユーザーは、TRXトークンを担保付き債務ポジションに賭けて、米ドルの価値に固定されたUSDJという安定コインを生成することができます。

また、Tronは、MegaCryptoPolis 3D、Blockchain Cutiesなどのゲームの活気あるエコシステムを持っています。

結論

TRC-20トークンはERC-20トークンと同じメリットをすべて提供します。しかし、イーサリアムは頻繁に混雑に見舞われ、その結果、高額な手数料や劣悪なユーザーエクスペリエンスが発生していますが、トロンベースのトークンは便利な回避策を提供しており、多くのユーザー、特にステーブルコインとの取引を行うユーザーに人気を集めています。Phemexは、迅速な確認と手数料無料のTRC-20 USDTトークンへのアクセスをユーザーに提供し、安定コインのユーザーにさらなる柔軟性を提供できることを嬉しく思います。


問い合わせは support@phemex.zendesk.com までお寄せください。
当社の公式Twitterアカウントをフォローし、最新ニュースを入手してください。
Telegramコミュニティに参加し、当社および他の Phemex トレーダーと交流してください。
フェメクッス | Break Through, Break Free
giftRegister to get $180 Welcome Bonus!
Email
Password
招待コード(任意)
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
  • Telegram
  • Discord
  • Youtube
Subscribe Phemex

フェメックスに登録して、今すぐ暗号化の旅を始めましょう!

サインアップで$180をゲット

Bonus

Pulse Arrives on TON & Create your own group to get 2000 $PULSE